四国巡礼その13 (2/4)

2014年8月29日(金)

今日はお休みを頂き、明日は土曜日で休みなので一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年9回目(そのうち一泊二日は今回を入れて5回)のうどん聖地巡礼となります。
タイトルの「その13」は今年述べ13日目ということで捉えてください。

まず初日は有名どころがメインとなり、そして2日目は西讃をメインに回ってきました。
当ブログでの紹介は軒数が多いので簡単にさせていただきました。
そのつもりでご覧下さい。


3軒目 8時36分着 9:05実食
手打ちうどん たむら @綾歌郡綾川町陶



先程の店「がもう」を後にし、こちら「たむら」を目指しますが、途中混み合うところもなく、
20分もかからずに到着です。
DSC09230.jpg

DSC09233.jpg

ここの開店は9時頃ということですが、お店のドアはありますが真冬以外は開いてますので、
店内には9時前でも入れ、その店内で麺が出来るまで待つことになります。

待っている間に早くから待っている客に対しては先に注文を聞いてくれます。
注文は「冷たいの小」 200円 です。 ・・・・・ 支払いは後払い。

9時5分に出来上がりました。
ここでも常連さんがいるので常連さんのうどんが先に提供されています。

うどんを受け取り、生姜をすって入れ、ネギも入れて醤油をかけてしょうゆうどんの出来上がり。
DSC09244.jpg

DSC09245.jpg

DSC09247.jpg

湯がきたてで水道水で少し締めただけ。
小麦の風味もバッチリでふんわりしていて甘くてモチ感抜群。
もう至極の麺ですね。
麺が量がチョット少なくなったのかな?
ここでは大を頼むことをお勧めします。

ご馳走様でした。
DSC09248.jpg

丼の底に醤油のようなものが残っていますが水切りがあまいから残ったもので
どうってことはありません。

店内の様子とメニューはこんな感じです。
DSC09236.jpg

青い服の方は常連さんで生姜をすっています。
店内では土産用のうどんを販売して、土産用うどんには先代の大将がプリントされています。
DSC09234.jpg

この方が大将で、ここで麺打しています。
DSC09237.jpg

麺の茹で加減はその都度食感で確認されています。
DSC09240.jpg

出汁の入ったタンクです。
DSC09241.jpg

年代物の製麺機が頑張っています。
また製麺機の奥にテーブルがあり食べられます。 (店の正面から見ると右側に見えます)
DSC09242.jpg

薬味とチョットした天ぷらはここにあります。 (これだけです。)
DSC09243.jpg

ここは定期的に訪問したいお店です。
特に開店早々はほんとにビックリするくらい素晴らしい麺がいただけます。

DSC09232.jpg



【 手打ちうどん たむら 】

住   所: 香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
電   話: 087-876-0922
営業時間: 9:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前・道路を渡ったところ・信号を曲がったところ)
 



4軒目 9時22分着 9:30実食
山越うどん @綾歌郡綾川町羽床上


「たむら」さんを後にしてこちらに向かいますが十数分で到着してしまいます。
平日で開店を少し過ぎているので空いているだろうなと考えて来ましたが、今日はまだ
夏休みだったのですね。

そこそこお客さんがいて少しだけ並びましたが、10分も並ばずに入店することが出来ました。

お客さんが多いときは、この写真の左側はずっと並んでいて、ここを曲がって並んでいたら
今日は多いなという感じになります。
DSC09250.jpg

今日外で並んでいるお客さんはこの程度です。
DSC09253.jpg

並んでいる途中にお客さん用にと、傘が用意されていますが、こちらは常にお客さんのことを
大事にされているのが分かります。
DSC09252.jpg

入り口の手前にあるお品書き(メニュー)です。
いつの間にかうどんの大きさを確認できるディスプレイが出来ていました。
DSC09254.jpg

DSC09255.jpg

ここまで来ればもうすぐうどんを受け取れます。
入店したら、ほんとに直ぐおばちゃんから注文を聞かれますので、注文を決めておく必要が
あります。

この写真の真ん中くらいの青いタオルを巻いているおばちゃんの記憶力は凄いです。

並んでいるお客さん数人分を順番に注文を聞いて、渡す順番に来たら間違わず確実に
注文したものを渡してくれます。それが延々と続くのだから大したもんです。
このおばちゃんがいなかったらこんなに早く注文をさばけません。
一見の価値ありです。
DSC09256.jpg

DSC09258.jpg

さて注文したうどんを受け取ったらここで好きなトッピングを選びます。
選んだ後直ぐに会計して好きな席でうどんをいただきます。
DSC09261.jpg

今日は久しぶりに釜玉 250円 を注文しました。
席に着くと直ぐにうどんをかき混ぜないと卵が固まらないので焦ります。
そして写真に写っているコップには「ひやかけ」の出汁が入っています。
これが結構いけるんです。
お勧めです、美味しいですよ。

DSC09262.jpg

DSC09263.jpg

DSC09266.jpg

麺はさすがです。
ふんわりした感じがするものの、優しいコシ、それとモチモチ感と弾力が素晴らしいです。
醤油はほとんど要らないくらいで、このままでも十分美味しいです。

ご馳走様でした。
DSC09267.jpg

連日これだけのお客さんが訪れるのに、品質を維持するという企業努力は相当なもので、
駐車場の拡張もしかり、店内の拡張および庭園化と行く都度何かしら変わっているように
感じ、頭が下がる思いです。

こんな場所で食べることができます。

処理済~DSC09268

DSC09270.jpg

処理済~DSC09271

庭園内でお土産を買うことが出来ます。
処理済~DSC09272

庭園側の出口です。
DSC09273.jpg

周囲はのどかな風景が広がります。
DSC09274.jpg



【 山越うどん 】

住   所: 香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
電   話: 087-878-0420
営業時間: 9:00~13:30
定 休 日 : 日曜日 (年末年始を除く大型連休は開店している場合が多い。お店のHPで確認を)
駐 車 場 : あり (お店のすぐ近くと、少しだけ離れて2ヵ所あり相当台数OK) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR