うどんの花里 @滋賀県高島市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して
帰る予定で、1軒目の「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」を後にして、やってきたのは
琵琶湖の西側、高島町にある「うどんの花里」です。

公共交通機関だったらJR湖西線の新旭駅下車で徒歩約30分といったところ。

結構辺鄙なところで、車で走っていても偶然通りがかるような場所ではなく、店
主のお考えがあり、あえてこの地でOpenさせたのでしょう。

160813-IMG_4980.jpg

とっても落ち着いた雰囲気で、周囲の環境に溶け込んでいます。
160813-IMG_4977.jpg

一歩店内入るとこぢんまりとしたアットホームな感じ。
160813-IMG_4948.jpg

160813-IMG_4946.jpg

160813-IMG_4947.jpg

まずはうどんを注文しつつ、テーブルの上にあった説明を読みます。
160813-IMG_4949.jpg

シンプルなメニュー構成。
160813-IMG_4960.jpg

☆ しょうゆうどん冷 (350円)
160813-IMG_4962.jpg

写真では分かりづらいですが、やや黒みがかっています。
160813-IMG_4964.jpg

表現の難しい麺リフトの写真。
160813-IMG_4971.jpg

しょうゆうどんを選んだのは初めてのお店だし、事前にネットでリサーチしていると、
国内産小麦粉をブレンドしているようで、シンプルで味が分かりやすいので選択。

麺が黒っぽかったので大将に聞くと讃岐の夢2009と、三重県産そして北海道産の
小麦をブレンドしているようで、なるほど讃岐の夢の色が出ていたんですね。

またブレンドした小麦を少し炒って喉ごしを良くしているそうで、勿論手打ち手切りの
完全手作業とのことで、手間暇がかかっています。

さていざ実食すると、まずは小麦の風味がフワッと鼻に抜けていきます。
そして適度な弾力のコシ感が絶妙で美味しいですね。

私の馬鹿舌ではこちらのうどんの本質の美味しさを伝えることが出来ません。
是非近くに行かれる際は食べてみて下さい。

店主のうどんに掛ける情熱のようなものを感じるうどんです。

ご馳走様でした。
160813-IMG_4975.jpg


160813-IMG_4976.jpg



《 うどんの花里 》

住   所: 滋賀県高島町新旭町深溝1435
電   話: 050-3610-4179
営業時間: 11:30~15:00
定 休 日 : 月曜日・火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に3台分)

*************************************************************************
【追加備忘録】

「うどんの花里」を出た後、琵琶湖を一周すべく長浜方面へ向かい、琵琶湖の上の
方にある余呉湖の湖畔をジジイ一人で散策してきました。

160813-IMG_4983.jpg

160813-IMG_4985.jpg

160813-IMG_4986.jpg

連日の暑さで湖面には大量の藻が発生していたのが残念ですが、写真で見ると
夕暮れ時の静かな一時がゆっくり流れているようで良いもんですね。
160813-IMG_4989.jpg

こういう風景を見るのも久しぶりで、夕日の照らされた稲穂がとても印象的だった
ので思わず車を降りパシャっとしてました。
160813-IMG_4995.jpg


-- この後琵琶湖を一周するため、8号線経由で彦根方面を目指しました。--

*************************************************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR