四国巡礼その12(後半3軒)

2014年7月28日

今日はお休みを頂きましたので渡讃して麺活してきました。
今年8回目(そのうち一泊二日は4回)のうどん聖地巡礼となり、タイトルの「その12」は
今年述べ12日目ということでご理解ください。

今回はヤフオクで手に入れた「青春18切符」を使用しての渡讃で、本当は正規の価格で
買って友達同士で行くのが安上がりで良いのですが、残念ながらいつも単独行動なので
正規料金より若干割高になりますが仕方がないところです。



5軒目 11時38分入店   うどん職人 さぬき麺之介 @ 高松市瓦町


さて前半の続きで「うどんダイニングつるまるGee」を出て、こちら「さぬき麺之介」に向かいますが、
場所的には目と鼻の先の距離くらいです。

今年(2014年)3月にOpenしたカウンター4席、1つのテーブル4人掛けで計8席の小さなお店で、
特徴は夜の営業では数種類ある粉をお客さんが指定し、うどんを作っていただけるようです。
(プラス100円となりますが)

お店は表通りから少し路地に入ったところにありました。
140728-DSC08673.jpg

140728-DSC08674.jpg

昼前の入店で先客1名、で直ぐに私の後から2名入店されカウンターは満席です。
お水はセルフでカウンターを通り過ぎた奥に置いてあるのですが、カウンターの後ろが狭く、
先客のお客さんが座っていたのでお水は遠慮しました。

う~んこれはどうなんでしょう。

さて注文は「ぶっかけ小」 200円 をお願いしました。
ここは注文が通ってから茹で始めるようです。(たまたまお昼前だったから茹でてなかったかも?ですが)
10分程待ってうどんが出来上がりました。
140728-DSC08676.jpg

140728-DSC08677.jpg

140728-DSC08678.jpg

どうですか? 
一目で手切りが分かる太さバラバラの麺で若干捻じれているようで、この手の麺は出汁が
良く絡むものと容易に推測できます。

さていただきますと、コシがどうの、伸びがどうの、といううどんとは次元が違う気がしました。
ハマる人はハマるのでしょうね。

言っておきますが決してまずいわけではありません。
お店の圧迫感も含めて自分的に合わなかっただけで、新北町の「いちみ」さんのOpen時と
チョット通じるところがあるのかな?と感じました。

ご馳走様でした。
140728-DSC08679.jpg

メニューはこんな感じです。
140728-DSC08675.jpg

しかしこの価格で、またお客さんの回転率を考えたら、これからずっとやっていけるのか? 
心配になりますね。
140728-DSC08681.jpg



6軒目 11時59分入店   元匠 @ 高松市塩上町


琴電瓦町駅のすぐ近く、踏切を渡ったところにお店があり今回初訪問となります。
「元匠」さんという名のうどん屋さんは他にも数店あるのですが、ここのお店と関係があるのかどうか?
チェーン店なのか関係がよく分かりません。

表で写真を撮っていると丁度昼時で一気に近くのリーマンさん達が入店していきました。
ネットで見ていると「安くて、早くて、旨い」お店のようです。
140728-DSC08699.jpg

140728-DSC08684.jpg

そんなに広い店内ではありませんが、家庭的で活気があり美味しいうどんを食べさせてくれそうな
予感です。

注文は 「ざる」 280円 と 「ごぼうの天ぷら」 100円です。
140728-DSC08691.jpg

140728-DSC08692.jpg

140728-DSC08694.jpg

140728-DSC08693.jpg

やや細麺で、喉ごし良く適度なコシと伸びがあり食べやすいく、出汁はスッキリした味わいで
麺とよく絡み、バランスがいいですね。
そしてごぼうの天ぷらは、一度煮て下味が付いたものを天ぷらにしているようで味わい深い
一品でした。

メニューと店内の様子はこんな感じです。
140728-DSC08685.jpg

140728-DSC08686.jpg

処理済~140728-DSC08695

140728-DSC08690.jpg

140728-DSC08687.jpg

140728-DSC08688.jpg

140728-DSC08689.jpg

ご馳走様でした。
140728-DSC08696.jpg

140728-DSC08697.jpg



7軒目 13時20分入店   植田(旧根っこ) @ 高松市内町


さて最後のお店は高松高等裁判所・簡易裁判所の道路を隔てた前で三越のすぐ近くにあります。
ここは予定に入れてなかったお店ですが三越でトイレを借用し、涼をとっている際に思い付き、近く
なので寄ってみました。

訪問はお昼の混雑時を外すよう時間調整してから伺いましたが、前回訪問した時の屋号は「根っこ」
だったんですが「植田」に変わっていましたね。

前回訪問時からそんなに日にちが経っていないんですが、とっても印象が良かったので再訪問となり
ました。
旧店舗から通算すると今回で3度目になるのかな?
140728-DSC08703.jpg

入店するとこの時間でも先客が十数人いらっしゃったと思いますが、うどんは湯がき立てを提供する
ようで、皆さんうどん待ちのようです。

結構大きな店舗で50人以上は余裕で入れそうですね。

このメニューを見てしばし考えます。
140728-DSC08705.jpg

140728-DSC08706.jpg

さて注文は「かけ小 そのまま」 220円です。
注文してうどんの出来上がりをしばらく席で待ちます。

しっかり待って「かけ小 そのまま の方」と呼ばれてうどんを受け取ります。
受け取った場所に「きつね」があったのでそれをONし、追加料金 120円 を支払い。
140728-DSC08707.jpg

140728-DSC08708.jpg

140728-DSC08710.jpg

丼が小振りですね。
麺は若干細麺ですが、綺麗なエッジでしっかりしたコシと適度な伸びが良い感じです。
出汁はあっさりしていて、きつねの甘みが融合して美味しいです。

いやぁ~美味しかった。
ご馳走様でした。
140728-DSC08711.jpg

店内の様子はこんな感じです。
処理済~140728-DSC08712

140728-DSC08713.jpg

さておなかが一杯になったので帰ることにしましよう。
140728-DSC08715.jpg

140728-DSC08702.jpg

この後帰阪するのですが、お店を出たのが13時30分過ぎで、高松発13時40分の電車があり、
出発に充分間に合うとは思うのですが、この電車だと尼崎駅まで3時間57分かかり、1時間後の
14時40分発だと3時間27分で行けるのでその電車を選択しました。

高松駅改札口の上方にありました。
140728-DSC08721.jpg

140728-DSC08722.jpg

帰りもこのマリンライナーに乗車です。
140728-DSC08724.jpg

発車時刻はほぼ定刻だったと思いますが、電車が動き出したなと思ったら、ほんの少し動いた
(20mくらい?)だけで止まってしまいました。
何やら先の方で踏切事故があったようで結局動き出したのはそこから30分以上経ってから。

あ~あ大失敗。
もう一本前の電車に乗ればよかったのに!

結局尼崎駅には18時30分過ぎで、予定より約1時間遅れの到着となってしまいました。
やっぱり夏季の「青春18切符」でのうどん屋巡りは疲れますね。

自分にお疲れさまでした。

***** おしまい *****
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR