四国巡礼その16 ④ さぬきうどん 一福

2014年10月11日 (土)

昨日(10月10日)の金曜日はお休みを頂き、今日は土曜日で休みなので一泊二日で
渡讃して麺活してきました。

今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。

タイトルの「その16」は今年述べ16日目ということで捉えてください。

昨日は「がもう」からスタートし、自分の好きなお店中心にセレクトしたので新規のお店は
1軒だけでした。
こういうのは初めてじゃないかな?

そして今日も自分の好きなお店からスタートするので、今後どういう展開になるか?
でも今回の渡讃では余りどころか、殆どプランを練らなかったのでついつい過去に行った
ことのあるお店中心となってしまったのは内緒の話です。

4軒目  10時11分着 10時30分飲食  さぬきうどん 一福 @ 高松市国分寺町


先程の「玉吉 国分寺店」を出て、こちらに向かいますが、10分もかからずに到着です。
こちらのお店はなかむら系で、私自身は本家「なかむら」や「中村」より、また「安並」よりも
好きなお店です。

丁度開店直後でお店に入りきれないお客さんが結構待っていましたね。
処理済~DSC00224

DSC00223.jpg

こんな張り紙がありました。
皆さん注意しましょう。
DSC00225.jpg

これに激しく惹かれたんですが・・・・
DSC00227.jpg

かなり気を遣って撮影しています。
DSC00228.jpg

DSC00230.jpg

DSC00231.jpg

この ”金時豆” 思わず取ってしまいました。
DSC00232.jpg

さて大将に「冷やかけ小」を注文して ”金時豆” の天ぷらをチョイスし、うどんを受け取って
支払いを済ませます。 (220+110+330円)

レジ前のこちらで薬味を入れ席に移ります。
DSC00233.jpg

DSC00234.jpg

細麺ながら力強いコシ、それと黄金色の出汁が特徴です。
DSC00235.jpg

金時豆の天ぷらといいながら衣は殆どなく、金時豆そのままをいただいているようです。
DSC00236.jpg

綺麗な麺肌と麺線。
DSC00238.jpg

まず出汁をいただきますと上品なイリコが香り雑味は全くなく美味しいですね。
麺はいつものように細麺ながら、凄い弾力で噛んだら押し返してくるような感じで、また喉ごしも良く
これはたまりません。

この金時豆の天ぷらが好きなんですが、前述しているように天ぷらの衣が殆どなく、金時豆そのまま
いただいているようで、もの凄く甘いんですが、自然な甘さで後味が抜群です。

いや~いつも通りの旨さで一福の細麺ワールドを堪能させていただきました。
ご馳走様でした
DSC00239.jpg

お店を出る頃には混雑が一段落していたようで、それにしても人気店ですね。
車のナンバーを見ていると四国各県は勿論、県外ナンバーがずらりと並んでいました。
DSC00241.jpg



【 さぬきうどん 一福 】

住   所: 香川県高松市国分寺町新居169-1
電   話: 087-874-5088
営業時間: 平日 10:00~14:00
        土日祝 10:00~15:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 基本的には金曜日だが、最近は金曜日も営業している。
駐 車 場 :  あり (店舗前に約25台分ある) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR