FC2ブログ

手打ちうどん みずき @神戸市垂水区

2018年7月29日 (日)

今日のランチは舞子にある「手打ちうどん みずき」に2016年以来の訪問です。

お店は山陽本線 西舞子駅から2km以上離れた山側で、新興住宅街の静かな
ところに立地し、住宅兼店舗となっているようです。

幟の色が変わったのかな。
180729-IMG_1748.jpg

店舗前に2台、裏側に1台駐車可能です。
180729-IMG_1779.jpg

おっとこの暖簾も変わりましたね。
180729-IMG_1751.jpg

店内の様子です。
180729-IMG_1756.jpg

奥から見ると!
180729-IMG_1755.jpg
女将さんに撮影の許可を頂くとブラインドを更に開けてくれました。

厨房前にもこんな席が!
180729-IMG_1754.jpg

メニューのご紹介
180729-IMG_1760.jpg
前回訪問時と殆ど変わってないようですが定食のご飯物がかやくご飯から
ちらし寿司に変わったよう。

壁にはどなたが描いたのか?可愛いイラストが飾ってありました。
180729-IMG_1758.jpg

メニュー表で気になった「冷やしたぬき」がどんなんか女将さんに聞いてみると、
↓↓を指さし説明してくれました。
180729-IMG_1759.jpg

と言うことで、注文したのは冷やしたぬきうどんを、定食にしていただきました。

☆ 冷やしたぬき定食 (700+280=980円)
180729-IMG_1767.jpg
全てのうどんに+280円でちらし寿司と香の物が付いた定食となるようです。

☆ ちらし寿司
180729-IMG_1769.jpg
一瞬目が点になってもうたやん!!
大好きな??シイタケがこれでもかっというほどのっかっていて、どうしようかなと
考えましたがそこは大人ですから混ぜ混ぜしてしっかりいただきましたヨ。 

酢飯の加減がドンピシャで、シイタケの甘みと生姜の絶妙な甘酸っぱさがマッチし、
またレンコンのシャキシャキ感が心地良くメッチャうま~~~!!

☆ 冷やしたぬきうどん
180729-IMG_1768.jpg
ほうれん草・玉ねぎ・ニンジン・揚げ・そして中央には天かすが麺を覆い隠す
ようにいっぱいのせてありました。

優しい表情で大将の人柄が出ているような!
180729-IMG_1773.jpg

やや平打ち気味の麺はしなやかでとにかく優しい心地の良い食感!

また出汁は元々甘めで、そこに具材から出てくる甘みがプラスされ
益々甘くなるんやけどこれが旨いんよネ!!

具材の一品一品にそれぞれ味付けをされていて、手間暇かかって
いますが食べたらやっぱり分かります。

ほのぼのとした雰囲気でいただく一杯、ご馳走様でした。
180729-IMG_1777.jpg


このプログがアップされるころには必要なくなるかな。
180729-IMG_1764.jpg

優しそうな大将とこれまた気の良い女将さん、
ほのぼのとした雰囲気を醸しだし、ホッコリする良いお店です。




《 手打ちうどん みずき 》

住   所: 神戸市垂水区本多聞7-9-12
電   話: 078-781-6390
営業時間: 11:30~14:30 (LO)
        17:30~19:30 (LO) ・・・・・ 土日祝のみの営業
定 休 日 : 火曜日・水曜日
駐 車 場 : あり (店舗前に2台と裏に1台)

スポンサーサイト



④上田製麺所 @2018 四国巡礼その14

2018年8月11日 (土)

今年10度目のうどん県入りは日帰りで!!

急遽思い立ってのことであり余り遠くへ行かず近い距離内での巡礼とし、
いつものように一人旅で好き勝手に動きたいと思っています。

尚、タイトルの「その14」というのは今年のうどん県滞在が延べ14日目と
いうことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホンマ簡潔に!!



4軒目 8時41分着 9時6分実食 上田製麺所 @高松市太田上町



先程の「源平うどん 一宮店」の次に向かった先は琴電 太田駅近くにある
私の大好きな「上田製麺所」で、5月に訪問して以来、通算33回目の訪問。

車内で開店を待っている際にこういう写真を狙っていました。
180811-IMG_1858.jpg
何故か毎回お店と電車の合体写真を撮ってしまいます。 

ポールで入店するはずが先を越されてしまいました。 
180811-処理済~IMG_1861

今日は開店早々ちく天以外にも揚げっていましたヨ。
180811-IMG_1862.jpg

こちらはご飯物が置かれています。
180811-IMG_1863.jpg
あっ、トッピングがバレてしまいましたネ。 

今回も使用しなかったセルフでの湯煎場と出汁サーバー
180811-IMG_1864.jpg

薬味はこんな感じでやっぱり自家製唐辛子はこの時期ありません。
180811-IMG_1865.jpg

いただいたのは↓↓です。

☆ 冷やかけ & ナス天 (200+110=310円)
180811-IMG_1866.jpg

澄んだ出汁の色が特徴的!
180811-IMG_1867.jpg

別にどおってことはないのかな?
180811-IMG_1870.jpg
でも上田ラブな私にとってはとてつもなく、美味しく見えるんです。 

多分初めて食べるであろう上田の冷やかけ!

やや甘めの出汁を引き連れて喉を通るさまはもうどう表現すればいいのか
言葉が見つからないほどの衝撃で
メチャクチャ旨~~~い!!!


ハリのあるプリンとした麺で甘めの出汁というのが上田の最大の特徴、
冷やかけでも正にその通りで期待を裏切りません。

☆ ナス天
180811-IMG_1868.jpg
こちらも初めて食べたナス天は1本丸々でサクッっと揚がった中に
ジューシーさが際立ち、これまたメッチャうま~~!!

美味しかった、そしてご馳走様でした。
180811-IMG_1873.jpg

私が入店して直ぐに多くのお客さんが来店されました。
その中には観光客らしき方も多く見受けられ、旧店舗にはなかった光景が
連日のように繰り広げられリニューアルして大正解ですネ。


リニューアル後の店内の様子はこちらをご覧ください。




《 上田製麺所 》 ・・・・・ 手打うどん 上田」が正式な店名になったようですが、当ブログは旧店名で続けます。

住   所: 香川県高松市太田上町763-3
電   話: 087-865-8037
営業時間: 9:00~15:00 ・・・・・ 日曜・祝日は14時まで
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : あり (店舗前に5台分、そしてすぐ近くに4台分あり)

酒とうどん 一福 @大阪市中央区谷町

2018年7月28日 (土)

本日のランチは今年の5月28日にオープンした新店「酒とうどん 一福」に2か月
遅れで初訪問。

お店は香川国分寺にある超人気店「さぬきうどん 一福」の直営で大阪初出店。
大阪メトロ 谷町4丁目駅 3番出口から直ぐ、ローソンの筋を少し入るとやや奥ま
った所に出入り口がありました。

180728-IMG_1719.jpg

夜になると目立つのかな?
180728-IMG_1722.jpg

ランチメニューのご案内
180728-IMG_1720.jpg

入店すると左側には10人座れる大テーブルが!
180728-IMG_1728.jpg
その奥にテーブル席と、更に向こう側には厨房がありました。

右側にはゆったり座れるテーブル席。
180728-処理済~IMG_1726
おっとその壁にはロープでippuku(いっぷく)とはお洒落やね。

入店して直ぐの所にお酒が置いてあるけど、日が当たったりして問題ないのかな?
180728-IMG_1727.jpg

メニューはオープニングの時より増えてないようで、このままでいくのでしょうか?
180728-IMG_1730.jpg

180728-IMG_1729.jpg

これは当然季節限定やね
180728-IMG_1731.jpg

山清の鬼びっくり七味と、一福特製の生じょうゆが置いてありました。
180728-IMG_1732.jpg
生姜と天かすも別の容器で準備されてます。


13分くらい待って↓↓の登場です。

☆ ひやかけ半玉増量 (450+半玉増量 0=450円)
180728-IMG_1735.jpg

少し乱れたトルネードはご愛敬!
180728-IMG_1737.jpg
ただ出汁に濁りがあるのが気になるけど!!

写真では細麺だとは分かりませんが結構な細麺で綺麗な麺線がステキです。
180728-IMG_1740.jpg

まずはお出汁からズズッといただきますと、
スッと喉に通る優しい味わい、濁りが気になるけど味的は全く問題なし。

そしてやや平打ちの細麺は伸びやグミ感は殆ど感じず、結構な剛麺という印象。
う~ん、国分寺の一福と比較しなかったらいいんやけど、どうしても比べて
しまいイマイチ物足りないというか、満足感が味わえなかったかな。

トッピングも欲しいところやね!


ご馳走様でした。
180728-IMG_1742.jpg


なんでも渡辺大将、こちらに一時的にしろ居を移してまで大阪の店を立ち上げ
ておられるそうで、水の違いなので相当苦労され、国分寺のレベルまで到達さ
せるのに試行錯誤されているところなんでしょう。

東京にも数店出店されていますが直営ではなく、大阪の店とは力の入れようが
違いますよね。

今日は早かったためかご不在でお目にかかれなかったんですが、頑張り屋の
大将のことやから、きっとレベルを上げるべく仕上げてくるのでしょう。


店内レイアウトを見たら夜をメインと考えているのかな?
180728-IMG_1743.jpg
それにしては夜の営業時間が短いし、実際はどうなんでしょうか?




《 酒とうどん 一福 》

住   所: 大阪市中央区谷町3-5-9
電   話: 06-4792-7188
営業時間: 11:00~14:00
        17:00~21:00
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : なし (近くにCPあるが安くはない)

③源平うどん 一宮店 @2018 四国巡礼その14

2018年8月11日 (土)

今年10度目のうどん県入りは日帰りで!!

急遽思い立ってのことであり余り遠くへ行かず近い距離内での巡礼とし、
いつものように一人旅で好き勝手に動きたいと思っています。

尚、タイトルの「その14」というのは今年のうどん県滞在が延べ14日目と
いうことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホンマ簡潔に!!


3軒目 8時20分入店  源平うどん 一宮店 @高松市一宮町


先程の「うどんの田」の次に向かった先はやはり遠くなく、また早朝から営業
しているところで、且つ以前から名前だけは知っていた店の支店に初訪問。

180811-IMG_1852.jpg

人気No.1のうどんは↓↓
180811-IMG_1836.jpg

かけが220円なのでまあ普通やね。
180811-IMG_1837.jpg

頼んだのは↓↓こちら。

☆ ざるうどん小 (300円)
180811-IMG_1841.jpg

180811-IMG_1842.jpg

麺肌が荒れているような気がしないでもない?
180811-IMG_1843.jpg

まずは何も付けずにいただくと、

あれっ麺の味がしない??

食感も特筆すべきこともなく、ただ一つ言えるのはつけ出汁が

尖っているようで、トータル辛く感じてしまうかな?


ご馳走様でした。
180811-IMG_1848.jpg

店内の様子です。
180811-処理済~IMG_1849

180811-IMG_1850.jpg




《 源平うどん 一宮店 》

住   所: 香川県高松市一宮町761-1
電   話: 087-887-7392
営業時間: 7:00~15:00
定 休 日 : 月曜日(祝日は営業) 
駐 車 場 : あり (店舗の前に相当台数OK)

手打ちうどん 紅屋 @守口市紅屋町

2018年7月22日 (日)

本日のランチは京阪電鉄 滝井駅前にある「手打ちうどん 紅屋」に昨年3月以来の訪問。

今日も猛暑が続いており、駅前の陰のあるところで暖簾がかけられるのを待っていると
先を越され4人目の入店となってしまいました。
180722-IMG_1699.jpg

おっと人気№3が変わったのかな。
180722-IMG_1702.jpg
前回も、その前も「あげちく天うどん」が3番目の人気だったんですが、それが
「海老天きつねうどん」に変わったんやね。

今日は久しぶりにキーマカレーうどんにしようかなっと思い、駐車場で時間調整
している時に前回のブログを確認したら「あれっ前回食べたんや」となり、オーソ
ドックスに↓↓を注文。

☆ ちく玉天ぶっかけ冷 (820円)
180722-IMG_1703.jpg
そんなにもお腹が空いてることもなく、また腹具合も絶好調では
なかったため大盛りは遠慮しました。
まあ、大盛りにするとチョット割高になりすぎると感じるのもあったけどネ。 

あれっ、出汁の色ってこんな感じやったんかな?
180722-IMG_1705.jpg
かけと、ぶっかけの中間くらいの色合いで、もり家系に似ているよう。

適度な太さの麺は品行方正の優等生!!
180722-IMG_1710.jpg

しなやかでツルツルッとした伸びの良い麺で心地の良いコシ感が素晴らしく、
旨味の詰まったぶっかけ出汁との相性も良く、メッチャうま~~~!!

カイワレ大根がええアクセントになり、やや揚げすぎた感のあるちく天が香ば
しくって美味しかった。



ご馳走様でした。
180722-IMG_1711.jpg



180722-IMG_1713.jpg




《 手打ちうどん 紅屋 》

住   所: 大阪府守口市紅屋町5-4
電   話: 06-6991-6252
営業時間: 11:00~15:00 ※ 麺切れ終了
        18:00~22:00 (LO21:30) ・・・・・ 現在(7/中より)夜の営業は休止中のよう     
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : なし (少し離れてCPあり)

②うどんの田 @2086 四国巡礼その14

2018年8月11日 (土)

今年10度目のうどん県入りは日帰りで!!

急遽思い立ってのことであり余り遠くへ行かず近い距離内での巡礼とし、
いつものように一人旅で好き勝手に動きたいと思っています。

尚、タイトルの「その14」というのは今年のうどん県滞在が延べ14日目と
いうことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホンマ簡潔に!!


2軒目 8時3分入店  うどんの田 @高松市寺井町


1軒目の「うつ海」を出て次に向かった先は土曜日だけ早朝6時から営業していて、
仏生山の住宅街に佇むこちらは豚の角煮うどんが有名で、2016年9月以来、
3回目の訪問です。

180811-IMG_1814.jpg

前回訪問時と暖簾が変わっているよう。
180811-IMG_1815.jpg

エエ感じのテラス席やけど、この暑さでは朝早くてもチョット無理!
180811-IMG_1817.jpg

夏のお勧めメニューらしいけど、後で見たらこれを注文しても良かったかな?
180811-IMG_1818.jpg

メニューはこんな感じです。
180811-IMG_1822.jpg

チョット雑っぽいけど大将1人やからしょうがないかな。
180811-IMG_1825.jpg

店内の様子ですが、この後旅行中と思われるご家族ずれの方々が入店し
賑やかになりました。 
180811-IMG_1820.jpg

☆ かけ小(そのまま) (200円)
180811-IMG_1826.jpg

男らしい麺でエエ表情してまっせ!!
180811-IMG_1829.jpg

お出汁は鰹と昆布がほどよく香るもチョットしょっぱ目かな。

そして太さバラバラの男麺はハリがあり心地よいコシ感がバッチリで、

しっかりした濃い出汁との相性も良く、しみじみと旨いネ!!!



美味しかった、そしてご馳走様でした。
180811-IMG_1832.jpg


「笑門」そして渋い暖簾、素晴らしいですネ!
180811-IMG_1834.jpg




《 うどんの田 》 (でん)

住   所: 香川県高松市寺井町38-1
電   話: 087-889-2930
営業時間: 平日 10:00~14:00
        土曜  6:00~14:00
定 休 日 : 日曜日 
駐 車 場 : あり (店舗の前に15台分くらいOK)

饂飩工房 うばら @大阪市天王寺区

2018年7月21日 (土)

今日のランチは上本町界隈の人気店「饂飩工房 うばら」に昨年8月以来、
ほぼ1年ぶりの訪問です。

ここ暫く酷暑が続いていて、この時間でも相当暑かったのでコインパーキング内で
時間調整、そして5分前にお店に行くと、Oh No 
180721-処理済~IMG_1683
既に7~8人並んではるやん。 


そして定刻に開店し、列が進んだところでパシャ。
180721-IMG_1684.jpg
来る前からこのB定食に決めていたのでこれを見て一安心!

開店早々店内ほぼ満席で、今日は奥にある5人くらい座れるカウンター席へ。
店内写真など撮れるはずはなく、20分チョット待っていると↓↓が登場です。

☆ B定食で選べるうどんはぶっかけ冷の大盛り (950円)
180721-IMG_1685.jpg
こちら大盛り無料でオーダーを取る際、全てのお客さんにキッチリ大盛り無料のことを
説明され、どうするのか聞いているのは凄く好印象で素晴らしい接客です。

ぶっかけ出汁をかけてパシャ。
180721-IMG_1688.jpg

今日の麺も見ただけで美味しいのが分かるやつ!!
180721-IMG_1692.jpg

しなやかな細麺はグニュムニュとした食感で抜群の喉ごし!!
またコシという面では主張してないようやけど、粘りゴシが
しっかりとあり、王道のぶっかけ出汁との相性も良く、
メチャクチャ旨~~~い!!!

☆ ミニ天丼
180721-IMG_1690.jpg
海老の他、ナス・サツマイモ・ししとう・海苔と盛り沢山。
またこの丼汁の甘さったら自分的にはドストライクで
メッチャうま~~~!!

いやぁ~今日も大満足、ご馳走様でした。
180721-IMG_1694.jpg

11時30分過ぎにお店を出たころには13~4人のお客さんが!!
180721-処理済~IMG_1695

皆さん、このくそ暑い中よう並んではるわ。
という自分もその一人なんやけど、やっぱり美味しいうどんを食べるん
やったらこれくらいは覚悟せなあかんのやろネ。 


お店の詳細やレギュラーメニューはこちらをご覧ください。




《 饂飩工房 うばら 》

住   所: 大阪市天王寺区東高津町9-19
電   話: 06-6764-3157
営業時間: 11:00~14:30 (LO14:15)
定 休 日 :  日曜日・祝日
駐 車 場 :  なし (周辺にCPあり)

①うつ海うどん @2018 四国巡礼その14

2018年8月11日 (土)

今年10度目のうどん県入りは日帰りで!!

急遽思い立ってのことであり余り遠くへ行かず近い距離内での巡礼とし、
いつものように一人旅で好き勝手に動きたいと思っています。

尚、タイトルの「その14」というのは今年のうどん県滞在が延べ14日目と
いうことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホンマ簡潔に!!


1軒目 7時22分着 7時27分実食  うつ海うどん 
@高松市下田井町



まずは1軒目、当然早朝から営業しているお店を選択しますがこちらは6時から、
後々予定しているお店の開店時間を考慮するともっと遅くても良かったんですが
はやる心は抑えきれず。 
2017年6月以来、4回目の訪問となりました。

180811-IMG_1794.jpg

オープン当時より変わりがないような?
180811-IMG_1797.jpg

↓↓の天ぷら等を見つめつつ、麺が追いついてないようでラッキーなことに
こちらで注文待ちとなりました。 
180811-IMG_1796.jpg

かけの場合は湯がくのと温かい出汁を入れるのはセルフでどうぞ。 (今回は関係なし)
180811-IMG_1798.jpg

薬味を入れて出来上がり。
180811-IMG_1799.jpg

☆ 冷やかけ小 (210円)
180811-IMG_1800.jpg
5分ほど待って出来上がり、出汁は入れた状態で渡されます。

理想的な麺の太さで元気なやんちゃ坊主!!
180811-IMG_1802.jpg

麺は余り〆てないようで、出汁もキンキンに冷えてないためモッチリ感が
しっかり残っていて心地のエエ食感が素晴らしく、あっさりしたイリコ風味の
旨味溢れる出汁と相まってメッチャうま~!!

早朝からボリューム満点の美味しい冷やかけ、ご馳走様でした。
180811-IMG_1806.jpg
このボリュームが後で効いてくるんよネ。 

食べ終わってから撮ったもので、数名の方とご近所の玉買いのおばさんが
帰ったあとで、ちょっぴり少なくなったお客さん。
180811-処理済~IMG_1807


180811-IMG_1795.jpg


お店の様子は初回訪問時のブログをご覧下さい。




《 うつ海うどん 》

住   所: 香川県高松市下田井町359-2
電   話: 087-813-0365
営業時間: 6:00~15:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と横に10数台分)

うどん居酒屋 麦笑 @大阪市東成区

2018年7月18日 (水)

今日のランチは森ノ宮にある人気うどん店「うどん居酒屋 麦笑」へ昨年6月以来、
ほぼ1年ぶりの訪問です。

流石に13時20分頃では外待ちはなしやね。 
180718-IMG_1659.jpg
しかし店内はまだ2/3以上お客さんで埋まっており、人気の程が窺えます。

日替わり定食は「ミニとり天丼」 残念ながらアウトやね。 
180718-IMG_1660.jpg

カウンター席の正面にも同じようなPOPがあり、この左側に興味あり。
180718-IMG_1668.jpg

ぶっかけと冷やかけと、どちらにするのか悩みながら↓↓の上から3番目に決定!!
180718-IMG_1669.jpg

そして約20分後に着丼です。

☆ 穴子天ひやかけ大盛り & 高菜ご飯 (970円)
180718-IMG_1671.jpg
ランチタイムは全て大盛り無料、庶民の味方やね!

食欲をそそるお出汁の色と綺麗に揃えられた麺!!
180718-IMG_1672.jpg

180718-IMG_1677.jpg

まずはお出汁をズズッといただきましたが、
う~ん、今日の出汁もメッチャ強烈なイリコ感というか煮干し感!!
これはホンマに凄いネ!!!

麺はやや平打ちで喉ごし良く、出汁をいっぱい引き連れて喉を通って
いくさまはメッチャエエ感じ。

優しい食感ながら反発力のある麺は、独特な出汁との組み合わせも
面白く最後の一本、一滴まで楽しませていただきました!!

☆ 穴子天たち
180718-IMG_1674.jpg
穴子天の他、小さいながらもナス・ししとう・カボチャ等もあり全て美味しかった。

☆ 高菜ご飯
180718-IMG_1675.jpg
白ご飯の上に普通の高菜の漬け物みたいなのが乗っているだけと思っていたら、
高菜が炒めてありエエ味出しまくり!
メッチャ美味しかったわ。 

イリコの補給バッチリ完了です、ご馳走様でした。
180718-IMG_1680.jpg

レギュラーメニューが変わっていたのでご紹介。(全て税抜き価格表記)
180718-IMG_1661.jpg

180718-IMG_1662.jpg

180718-IMG_1665.jpg

180718-IMG_1666.jpg

180718-IMG_1663.jpg

180718-IMG_1667.jpg


「ああ もううどん食べたい」 ホンマその通りやわ。 
180718-IMG_1682.jpg

私が食べている途中でも入れ替わりにお客さんが入店されており、
食べ終えてお店を出る際には「麺切れ終了」となっていました。
近くのリーマンさん達が羨ましいナ!!


店内の様子はこちらをご覧ください。




《 うどん居酒屋 麦笑 》

住   所: 大阪市東成区中道1-10-19
電   話: 06-6971-0972
営業時間: 11:30~14:30 (LO14:00)
        17:30~麺切れまで (ラスト22:00)
定 休 日 :  日曜日 (祝日は不定期で営業する)
駐 車 場 :  なし (近隣にCPあるが満車の場合が多い) 

情熱うどん 伊和正 @川西市東畦野

2018年7月16日 (月)

3連休の最終日のランチは川西市にある「情熱うどん 伊和正」へ昨年4月以来の訪問。
15分程前に到着しましたが、国道173号線沿いの駐車場はまだセーフでした。

先客2人で入店時は3名だけ。
180716-IMG_1656.jpg

坐った目の前にはこんなんあったけどパスやね。
180716-IMG_1648.jpg

他の気になるPOPもなく、また冷やかけもないかと確認したけど
やってなくて、オーソドックスに↓↓を注文。

☆ ちく玉天ぶっかけ冷の大盛り (820+100=920円)
180716-IMG_1651.jpg

180716-IMG_1653.jpg

適度な太さの麺は伸びが良く、グミ感もあってエエ感じ。
また独特なコシも心地良く、王道のぶっかけ出汁と相まって
メッチャうま~~!!

ちく天も半熟卵天も美味しゅうございました。

ご馳走様でした。
180716-IMG_1655.jpg


レギュラーメニュー等はこちらをご覧ください。




《 情熱うどん 伊和正 》

住   所: 兵庫県川西市東畦野5-3-10
電   話: 072-795-2377
営業時間: 11:30~15:00 (LO14:30)
        17:30~19:30 (土曜日のみ) 
定 休 日 :  月曜日・第3火曜日
駐 車 場 :  あり (お店の近くに3台分)
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR