FC2ブログ

①中西うどん @2016 四国巡礼その17

2016年10月14日 (金)

今年12度目の渡讃は前回からまだ20日ほどしか経過してないけど、行ける日に
行っておこうと思い立ち、大好きなお店を3軒予定に組み、あとは一応予定は立て
ていますがいつものように臨機応変に行動したいと思います。

尚「その17」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


1軒目 6時5分入店 中西うどん @高松市鹿角町


本来の目的としていた1軒目は定番の「がもう」なんですが、早く着きすぎてしまうので、
その前に1軒と瞬間に「さか枝」を思い出し11号線からその方向にハンドルを切ったん
ですが、急遽こちらにはしばらく来てないなと思いグルッとUターンし中西へ。

今回の訪問が7度目なんですが、過去渡讃する際は橋代が高かったこともあり、フェリ
ーで5時半に高松港へ着いた時には1軒目でよく利用したものですが、最近はフェリー
を利用しなくなり、その分足が遠のいていましたが、久しぶりの訪問でなにか遠い昔を
思い出したような気がします。

(記録を調べたら前回訪問は2014年の3月だったようです。)

いつの間にか開店時間が平日は6時からになったんですね。
1601014-IMG_6653.jpg

2012年にすぐそばの前店舗から移って広くなりましたが、清潔に保たれています。
1601014-IMG_6656.jpg

流石動線を意識した位置に置かれていて、勝手に目に飛び込んできます。
1601014-IMG_6657.jpg

創作系はなく、オーソドックスなメニュー体系。
1601014-IMG_6658.jpg

1601014-IMG_6659.jpg

注文口で「かけ小」を注文し、麺の入った器を受け取りレジで支払いを済ませます。
280円ですが、度々香川でうどんを食べているので割高に感じてしまいますね。 (>_<)
それにしてもチョット無愛想やね。

こちらは完全セルフ、まずは麺を少しだけ温めます。 (自分の感覚では3~4秒ほど)
1601014-IMG_6660.jpg

そして横に移動し出汁サーバーから出汁を注ぎます。
1601014-IMG_6662.jpg

更に横に移動し、薬味を入れて出来上がり。
1601014-IMG_6663.jpg

麺の量が多そうに見えますが普通ですね。
1601014-IMG_6665.jpg

朝一番の麺はすこぶる調子が良さそう。
1601014-IMG_6671.jpg

まずは出汁をズズッと。
うん? 麺を少し温めたのに出汁がチョットぬる過ぎ。
これが分かっているんやったらもうチョット麺を温めるべきやったね。

麺は太さにバラツキがあり、一時より太麺になっていて力強い印象。
そしてモッチリと、またて弾力もあり心地良いコシ感で旨~い!

でも塩分がやや多いかな?

ご馳走様でした。


何度か営業時間が変わったような気がしていましたが、こちらが現在の営業時間です。
1601014-IMG_6655.jpg




《 中西うどん 》

住   所: 香川県高松市鹿角町899-3
電   話: 087-885-1568
営業時間: 平日    6:00~15:00
        土・日・祝 7:00~14:00
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (店舗前に相当台数OK)

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 @尼崎市神田中通

2016年10月6日 (木)

本日のランチは尼崎商店街にある「本格讃岐手打ちうどん 穂乃香」に今年8度目
の訪問です。

今日もチャリンコだったのでこちら側からやね。
1601006-IMG_4590.jpg
    (by iphone6)

今日はうどんを食べる予定をしてなかったんですが、朝からTwitterでがもうの
うどんの写真が投稿されていて、思わずうどんモードになってしまいました。 (*^o^*)

12時半頃の訪問ですが外待ちなく、店内は3/4くらいの入りだったでしょうか。
1601006-IMG_4592.jpg

久しぶり?のメニュー。
1601006-IMG_4594.jpg

今日の外気温は結構高かったんですが、来る前から決めていました。
肉うどんを、ひやあつで1.5玉注文。 (420+50=470円)
1601006-IMG_4595.jpg

相変わらずの肉のボリューム、それと脂身がないのが自分的には好きなところ。
1601006-IMG_4596.jpg

今日の麺も元気いっぱい。
1601006-IMG_4607.jpg

ひやあつにして丁度良い温さ具合で食べやすいね。
モッチモチの麺は弾力抜群で温かい麺でもコシ感バッチリ!

また肉の旨さは言うに及ばず、イリコ風味の出汁と肉の甘さが
混ざり合い、暴れん坊の麺と相まってメッチャ旨~い!!

今日は天ぷらを取らなかったけど1.5玉でお腹いっぱい、ご馳走様でした。
1601006-IMG_4608.jpg

8月1日から始まった「めいどいん尼崎リレー」がまだ続いてます。
1601006-IMG_4609.jpg

10月10日~16日の間は、塚口の「悠々」が担当のようで、モッチリ焼きうどんを
提供するようですが、このブログアップの際には既に終わってますね。
1601006-IMG_4610.jpg

お店を出る際は店内ほぼ満席でしたが、外待ちはありませんでした。
1601006-IMG_4611.jpg


さてさて、今年あと何回来るのかな? (*^o^*)




《 本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 》

住   所: 兵庫県尼崎市神田中通4-157-1
電   話: 06-6412-9202
営業時間: 10:00~18:00(麺切れ終了)
        日曜・祝日は16:00 まで
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : なし (近隣に安いCP沢山あり)

⑤讃州 ほそかわ @2016 四国巡礼その16

2016年9月24日 (土)

今年11度目の渡讃は前回から約1か月ぶり、今回は一泊二日で予定を立て、
1日目のお目当ては9月末で閉店するお店と未訪問店、そして2日目は高松
市内に出来た新店(移転と店名変更)をメインにし、他は臨機応変に行動しよ
うと思っているんですがどうなることやら!

尚「その16」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 5軒目 11時19分入店 ほそかわ @東かがわ市


先程のお店「くすがみ」を出て、何を隠そう今回巡礼の一番の目的のお店「讃州うどん 
ほそかわ」に初訪問です。

お店は平成5年開業で結構年数は経っているんですが、ネット上にほとんどあがること
はなく、全くノーマークだったんですが、9月末の閉店が決まってからにわかにネット上
を賑わすこととなり、どうしても訪問したくなって、最後に訪問することになりました。



東かがわ市から徳島県阿波方面に抜ける国道318号線沿いにあり、普段巡礼で通る
ことは全くなく、ご覧のように非常に素晴らしいロケーションの所に立地します。
160924-IMG_6265.jpg

暖簾の横に張り紙が。
160924-IMG_6267.jpg

高齢者問題なのでしょうか? 残念ですね。
160924-IMG_6268.jpg

入店してすぐある注文口、メニューに年季を感じます。
160924-IMG_6270.jpg

天ぷらやおにぎりがそこそこ並んでいました。
処理済~160924-IMG_6271

開店してまだ時間が経っていませんが、常連らしき方達が大勢いらっしゃり、また
写真を撮っている最中にも沢山のお客さんが入店されていて人気店なんですね。
処理済~160924-IMG_6272

こちらでいただいたのは有名なぶっかけとげそ天です。 (300+100=400円)
160924-IMG_6273.jpg

160924-IMG_6274.jpg

食べ応えのあるげそ天で美味しかった。
160924-IMG_6275.jpg

写真を見ていて生唾ものですね、ビューティフル!!
160924-IMG_6277.jpg

ぶっかけ出汁は見た目濃いめですが、独特な香りがあり旨味が凝縮されている
ようで、毎日食べても飽きないような優しい、そしてしっかりとコシが感じられる麺
と合わせると、もうメチャクチャ旨~~~い!!!

しかしこのぶっかけうどんはクセになりそうで、もう一度食べたくなるんですが
残念ながら閉店するんですよね、いやぁ~残念やね。

ご馳走様でした。
160924-IMG_6282.jpg

上の客席の写真では写ってなく、小さなカウンターで頂きましたが、そこに
「うどんの喰いの極意」たるうんちくが貼ってありましたのでご紹介!
160924-IMG_6283.jpg

160924-IMG_6284.jpg

160924-IMG_6285.jpg

残念ながらもう来ることはありません、長らくお疲れ様でした。
処理済~160924-IMG_6287

それにしてももっと早く訪問しておくべきでしたね。
こんなに美味しいうどん屋さんがなくなるとは寂しい限りです。 (>_<)




《 讃州うどん ほそかわ 》 ・・・・・ 2016年9月末閉店

住   所: 香川県東かがわ市白鳥2266-3
電   話: 0879-25-2646
営業時間: 10:00~15:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (店舗周辺に相当台数OK)

竹松うどん店 @京都府綾部市

2016年10月2日 (日)

今日の麺活は綾部市にある「竹松うどん店」に2011年以来、4度目の訪問。

実はまだ早いかな?とは思うけど、どこかで「黒枝豆」売ってるんちゃう?と思い、
うどんを食べるのを主目的として篠山方面へ行こうと、173号線沿いにあるお店
を目指しましたが、道中黒枝豆を売っている気配は全くなく、また予定していたう
どん屋には1時間も前に着いてしまい、あまりにも待ち時間が長すぎるし、また天
気も良かったのでチョット足を伸ばし綾部市までレッツゴー。

竹松うどん店に2度目の訪問の際も今日と全く同じ状況だったと記憶しています。

我が家から下道利用で約3時間半。

志賀の郷(しがのさと)と呼ばれる集落にお店はあります。
1601002-IMG_6486.jpg

1601002-処理済~IMG_6432

右側の建物は昔からあった蔵で、そこに隣接するようにお店を建てられましたが、
屋根以外は殆どご主人が手作りされたとかで、店内至る所にこだわりや、苦労
されたような面影が残っています。
1601002-IMG_6480.jpg

※ 店舗前に食べるスペースがあるのを食べた後に知りました。
  (前回2011年訪問時にはなかったはず?)

入店すると正面が厨房で、その手前にあるこのメニューが真っ先に目に入ります。
1601002-IMG_6436.jpg

注文も支払いも済ませて席に移りますが「冷やかけ」と「しょうゆ」と「ちく天とごぼう天」
をお願いしましたが「小でよろしいでしょうか?」と聞かれ、条件反射で「並にして下さい」
と言ったんですが、後で確認すると「並」は1.5玉だったんですね。

入店してすぐ左にあるテーブル席。
1601002-IMG_6437.jpg

厨房前にはお茶やお水、そして天かすやスダチ等が置かれていて全てセルフです。
1601002-IMG_6438.jpg

蔵の中に入ったことがなかったので、今日は蔵でいただくことに。
(というか、外で食べられるのを知らなかったので)

☆ 蔵の中をご紹介
1601002-IMG_6440.jpg

1601002-IMG_6441.jpg

後で皆さんが入ってこられると思い、一人なのでこの2人用のテーブルを使用。
1601002-IMG_6447.jpg

※ ここが結構暗くて下手くそな写真が一層ダメになりました。 (*^o^*)

この時計、レンコンを表現しているのかな?
1601002-IMG_6449.jpg

注文後番号札?を渡されますが、札ではなく和紙に数字が書かれているんです。
1601002-IMG_6451.jpg

20分ほど待って出来上がり、ネギはデフォルトで入っていました。
(冷やかけ350+並100+しょうゆ300+並100+天ぷら100*2=1,050円)
1601002-IMG_6453.jpg

光の加減もあるのでしょうけど、麺はやや黒づんでいるのかな?
国産小麦を使用しているようなのでその加減か?
1601002-IMG_6462.jpg

手切り感が伝わってくるようで、良い感じのエッジです。
1601002-IMG_6464.jpg

出汁は常温でイリコを感じずカツオが強いのでしょうか?
麺はというと優しい食感というか軟体麺で、麺の中心部にかけて優しいコシが
あるようですがう~んどうなんでしょう。

☆ しょうゆうどん
1601002-IMG_6454.jpg

しょうゆうどんは小麦の風味が感じられると思っていたんですが、私のバカ舌、
バカ鼻ではダメで、麺の甘さも分からずじまい。
これもどう表現して良いのか?

☆ ちく天とごぼう天
1601002-IMG_6455.jpg

このごぼう天、素材が活きていてメッチャ美味しかった!

こんな感じでご馳走様でした。
1601002-IMG_6477.jpg


振り返ると初めて訪問したのが間借りしている仮店舗で、今の場所から割と近い
所で始められ、2010年5月に初訪問し、2度目はその1週間後、そして3度目は
2011年3月、それ以降は訪問の候補にもあがらずの状態でした。

1回目の短感
○ しょうゆ ・・・・・ 風味が出ていて良い感じ、新店舗が出来たら再訪問必至と考え
            ていた。
○ 釜揚げ ・・・・・ 出汁がダメで自分には合わない。

2回目の短感
○ しょうゆ ・・・・・ スダチがあれば美味しくなるかも、しかし前回ほど感動なし。

3回目の短感
○ 釜玉   ・・・・・ 卵が全く固まらず、麺もぬるいし、丼もぬるくシャバシャバ状態。
○ しょうゆ ・・・・・ 好き嫌いがハッキリする麺で自分には合わない。

ということで4度目の訪問を暫くしてなかったんですが、年月が忘れさせたのかな?
やっぱり年のせいやね。
お店に着いても以前のことをすっかり忘れていたのが本音です。


辛口でゴメンナサイ。
あくまでも個人の感想で、食べログでは3.52ポイントなっていたので評判はいい
ようで、自分に合わなかっただけ。
なのでこんなコメントは無視して下さい。




《 竹松うどん店 》

住   所: 京都府綾部市志賀郷町儀市13
電   話: 0773-21-1665
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 7と8と9の付く日
駐 車 場 : あり (店舗横に10台以上OK)
 

④麺匠 くすがみ @2016 四国巡礼その16

2016年9月24日 (土)

今年11度目の渡讃は前回から約1か月ぶり、今回は一泊二日で予定を立て、
1日目のお目当ては9月末で閉店するお店と未訪問店、そして2日目は高松
市内に出来た新店(移転と店名変更)をメインにし、他は臨機応変に行動しよ
うと思っているんですがどうなることやら!

尚「その16」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 4軒目 9時53分着 10時1分入店 くすがみ @高松市楠上町


先程のお店「上田製麺所」を出て、今日の主目的のお店「麺匠 くすがみ」に初訪問。

こちらのお店、以前高松市香川町で「釜からどん」という店名で営業していたんですが、
今年6月に閉店し、9月10日に店名を変えて新規Openしたもので、色々と話題性の
あることでうどんファンの間で賑わっているお店です。

定刻に暖簾が掛けられましたが、私の他にもう一人いらっしゃいました。
160924-IMG_6244.jpg

店舗前に写真付きの大きなメニューがありましたが見えないですね。
160924-IMG_6240.jpg

こちらのPOPでは一般的なメニューだけ、価格が表示されています。
160924-IMG_6241.jpg 160924-IMG_6242.jpg

160924-IMG_6243.jpg

店内の様子です。
160924-IMG_6263.jpg 処理済~160924-IMG_6262

この大きなテーブルの厨房前に着席。(座っているお客さんの対角の席)
160924-IMG_6246.jpg 160924-IMG_6245.jpg

店内メニューが写真に撮りづらかったので、この部分だけ撮ってみました。
160924-IMG_6247.jpg

前店舗から2人の職人と共に、店員さんもそのまま移動されたのかな?
160924-IMG_6248.jpg

しっかり待って「しょうゆうどん」(400円)が着丼しました。
160924-IMG_6252.jpg

しかし私の座った厨房前の席ですが、開店早々と言うこともありお客さんがまだ少なく、
私のすぐ後ろに店員さんが立っていてずっと見られているようで、うどんが出てくるまで
居心地の悪かったこと。

音楽でもかかっていれば少しはリラックス出来たんだけど、気の使いすぎかな?
というか必然的に気を使ってしまうやろ!!

気を取り直してうどんのアップ!
メッチャ綺麗で見とれてしまいそう!
160924-IMG_6255.jpg

薬味はこのような状態で提供されますが、値段に比例してネギも生姜も新鮮そのもの。
160924-IMG_6256.jpg

うわぉワンダフル!! 麺肌とえくぼがステキです。
160924-IMG_6258.jpg

居づらい席で出来上がりまで15分ほど待ちましたが、待った甲斐がありますね。
瑞々しくしなやかで、そして透き通るかのごとく綺麗で惚れ惚れします。

まずはそのままツルツルッといただくと、ほのかに小麦の香りが口の中いっぱいに
広がります。

そして醤油と薬味を少し入れて一気にズルズルッとすすってみると、優しくソフトで
また舌に吸い付くような粘り腰が実に心地良く旨いネ!!
スダチがあればもっと美味しいやろね。

こうして見たら強烈な個性の器ですね。
あぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160924-IMG_6261.jpg

栗林公園駅から近く、また周囲に高層マンションがあり、高松市内の高級そうな土地
柄で、店舗前に10台以上の駐車場が確保されているなんて、なかなかやりますね。
160924-IMG_6264.jpg

こちらは中華そばも有名で、今日来たお客さんも私以外、中華そばの注文率が多く、
当然うどんよりそばの方が早く出来上がるので、私より後に来たお客さんに中華そば
が運ばれていくのは仕方がないけど、それが美味しそうで目の毒やね。



《 麺匠 くすがみ 》

住   所: 香川県高松市楠上町2-6-36
電   話: 087-880-5496
営業時間: 10:00~15:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (店舗前に11台分)

讃岐うどん 美曽乃 @堺市堺区

2016年10月1日 (土)

本日の麺活は堺区にある老舗「讃岐うどん 美曽乃」に2012年以来久々訪問で、
通算4度目かな?

お店はJR阪和線 堺市駅より徒歩3~4分ほど、駅前にある東雲公園(しののめ
こうえん)を出たところで、スーパー玉出のすぐ近くです。

1601001-IMG_6391.jpg

いつの間にか開店時間が変わっていて11時30分になっていました。 (>_<)
1601001-IMG_6392.jpg

ほぼ定刻に開店し入店しましたが、うどん好きが私の前に1人いらっしゃって、
座ろうと思っていたこの写真の手前の席がキープ出来ませんでした。 (>_<)
1601001-IMG_6394.jpg

相変わらずパチンコ台が置かれていますネ。
1601001-IMG_6395.jpg

店内に貼ってありましたが大将のイメージです。
1601001-IMG_6403.jpg

注文したのは「ぶっかけ冷の大盛り」+「ちく天」で、注文後30分弱で着丼です。
(700+大盛り0+ちく天150=850円)


注文してから着丼するまで30分ほどかかりましたが当然の結果です。
というのも、注文を受けてから麺を伸ばし、切って、そして茹でる、すなわち①打ちたて
②切りたて ③茹でたて の3拍子で出来たてを提供する貴重なお店で、うどん好きに
は時間がかかっても嬉しいこの上ない最上級のサービスです。

1601001-IMG_6409.jpg
(またまたカメラの設定を誤り白飛びしてしまってます) (・_・)(._.)

1601001-IMG_6411.jpg

こんな薬味出したらあかんやろ!!
老舗のブランドがかすんでしまいそう。
1601001-IMG_6412.jpg

出汁を掛けてパシャ。
1601001-IMG_6418.jpg

元気いっぱいの麺はたやすく麺リフトを許してくれません。 (>_<) (*^o^*)
1601001-IMG_6419.jpg

力強い太麺はモッチリ感が強く、勿論弾力もあって心地良いコシ感。
また小麦の風味があり、手切り感もあって食べ応えが凄く新鮮で素晴らしいですね。

またちく天は素材が良いのでしょう、自然な甘みがあってウマウマです。

ただぶっかけ出汁がこの極上の麺と合ってないのが非常に残念。
更に上述しましたがあのような薬味が提供されるのはいかがなものか?
食べる前にテンションが下がってしまいました。

ご馳走様でした。
1601001-IMG_6426.jpg

☆ レギュラーメニューのご紹介
1601001-IMG_6396.jpg 1601001-IMG_6397.jpg

☆ 壁メニューのご紹介
1601001-IMG_6404.jpg 1601001-IMG_6405.jpg

1601001-IMG_6406.jpg 1601001-IMG_6407.jpg

1601001-IMG_6408.jpg


大将が修行されたお店が紹介されていますね。
1601001-IMG_6428.jpg

1601001-IMG_6429.jpg




《 讃岐うどん 美曽乃 》

住   所: 大阪府堺市堺区東雲西町1-8-72
電   話: 072-238-7488
営業時間: 11:30~14:30
        18:00~21:30
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : なし (近くにCPあり)

③上田製麺所 @2016 四国巡礼その16

2016年9月24日 (土)

今年11度目の渡讃は前回から約1か月ぶり、今回は一泊二日で予定を立て、
1日目のお目当ては9月末で閉店するお店と未訪問店、そして2日目は高松
市内に出来た新店(移転と店名変更)をメインにし、他は臨機応変に行動しよ
うと思っているんですがどうなることやら!

尚「その16」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 3軒目 9時21分入店 上田製麺所 @高松市太田上町


先程のお店「空海房」の次に向かったのは私の大好きな「上田製麺所」で
8月訪問
に続き、通算22度目の訪問です。

当初は空港通り沿いにあるお店を3軒目としてはさむ予定だったんですが、
開店時間の都合で飛ばしてこちらへ。

160924-IMG_6216.jpg

麺と出汁を受け取り薬味を入れて席に移ります。
160924-IMG_6220.jpg
※ 薬味の場所が変わり、また ”つけ” もこちらで受け取るようになっていました。

久しぶりの「つけ」(200円)
160924-IMG_6222.jpg

見た目どうってこともない麺ですが、これがあーたビックリするくらい旨いんだから!
160924-IMG_6224.jpg

うわぁ~この写真見てたらメッチャ食べたくなってきた~!!
160924-IMG_6230.jpg

心地良い弾力のあるコシ感で、喉ごし良くツルツルッと喉を通りますが、出汁が
思いっきり甘くて、甘いのが苦手な方にはきついかも?ですが、私なんかこの甘
さに取り憑かれいて、とにかく旨いんです!!

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160924-IMG_6233.jpg

そばも一度は食べてみたいな~。
160924-IMG_6232.jpg

そして最後はこのカットを狙って電車の来るのを待ってパシャ。
160924-IMG_6236.jpg




《 上田製麺所 (うどん) 》 ・・・・・ 「手打うどん上田」とも「上田うどん」とも呼ばれています。

住   所: 香川県高松市太田上町763-3
電   話: 087-865-8037
営業時間: 9:00~15:00
定 休 日 : 日曜日
駐 車 場 : あり (お店の近くに4台分)

釜たけうどん @大阪市中央区

2016年9月30日 (水)

今日のランチは難波の超人気店「釜たけうどん」に昨年9月以来、ジャスト1年ぶり
の訪問。

いつものコインパーキングに車を置き、お店の前まで行くと凄い行列が、と思ったん
ですが、行列は隣のお店「ダイニング あじと」のものでした。 (*^o^*)

11時5分ごろ入店すると既に数名のお客さんがいらっしゃいました。
160930-IMG_6363.jpg

店員さんがメニュー表を持って来てくれたので、手早く撮ってしまいましょう。
160930-IMG_6364.jpg 160930-IMG_6365.jpg

160930-IMG_6366.jpg 160930-IMG_6367.jpg

160930-IMG_6368.jpg 160930-IMG_6369.jpg

韓国からのお客様が多いのか、韓国語のメニューもありました。(一部だけ掲載)
160930-IMG_6370.jpg 160930-IMG_6371.jpg

そして注文したのが「梅きつねぶっかけ」(910円)で、注文して3分後には着丼です。
160930-IMG_6372.jpg

早く出てきましたけど、丁重な盛りつけで好感が持てますね。
そしてOpen当初から変わらず、新鮮なアサツキが目を引きます。

160930-IMG_6375.jpg

もう食べる前から「この麺美味しいぞ!」とアピールしていますね。
160930-IMG_6378.jpg

フワッとして、そしてモチモチっと、いわゆるフワモチの麺は適度の伸びがあり、
弾力のあるコシ感が最高です。

またいつもと変わらぬ王道のぶっかけ出汁に混じってきつねのジューシーさが
加わり、メチャクチャ旨~~~い!!!

☆ 天かす
160930-IMG_6382.jpg

この天かす、サクッとしてインパクトがあり、途中で投入していただくと味に
深みが出て美味しいですね。
お弟子さんの「釜ひろ」も同じような天かすがあるのを思い出してしまいます。

☆ この「きつね」 どストライクの甘さ加減でメッチャうま~。
160930-IMG_6384.jpg

一時のように平日でも開店早々に満席になることはなくなったようですが、
それでもすぐに席が埋まり人気ぶりが窺えます。

いやぁ~私がうどん好きになった原点のうどんがこちらにはあり、食べ終
えてから新鮮な気持ちになったりして変な感じです。
(うどん好きになった原点のうどん屋さんはもう1軒、門真市の「旧更科」
で、今の「三ツ島 真打」です。)

年に1度程度しか訪問出来ませんが、毎年必ず訪問させて頂きたい大事
な、そして大好きなお店です。


食べ終えてお店を出るとこんな様子でした。
160930-IMG_6388.jpg

釜たけのお隣の開店時間は11時30分なんですね。
160930-IMG_6386.jpg



《 釜たけうどん 》

住   所: 大阪市中央区難波千日前4-20
電   話: 06-6645-1330
営業時間: 11:00~16:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 月曜日 (祝日でも休み)
駐 車 場 : なし (近くにCPあり)

②讃岐うどん 空海房 @2016 四国巡礼その16

2016年9月24日 (土)

今年11度目の渡讃は前回から約1か月ぶり、今回は一泊二日で予定を立て、
1日目のお目当ては9月末で閉店するお店と未訪問店、そして2日目は高松
市内に出来た新店(移転と店名変更)をメインにし、他は臨機応変に行動しよ
うと思っているんですがどうなることやら!

尚「その16」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 2軒目 8時17分入店 空海房 @高松市香南町


先程の「うどんの田」の次に向かったのは「讃岐うどん 空海房」で実に2010年
の初訪問以来かなりのご無沙汰です。

過去を調べてみるとお店のOpenが2010年10月5日で、初訪問が3日後の10
月8日と素早く行動していたんですね。

お店は193号線バイパス沿いにあり、高松空港から比較的に近く、高松市内か
ら塩江温泉に向かって走っていると途中にある感じです。

160924-IMG_6191.jpg

160924-IMG_6192.jpg

入口近くにメニューが貼ってありました。
160924-IMG_6193.jpg

店内は結構広く、約150席あるようです。
160924-IMG_6195.jpg

小上がりもしっかりと。
160924-IMG_6211.jpg

天ぷら類も充実した品揃え。
160924-IMG_6196.jpg

母体の生創石丸(株)が販売している「空海の泉」というお水が店内数カ所に
ウォータークーラーのような感じで置いてあります。
160924-IMG_6197.jpg 160924-IMG_6198.jpg

飲んでみましたが、気のせいか?美味しく感じます。 (*^o^*)

こちらでは「ぶっかけ」と「半ちくわ天」を注文。 (270+70=340円) 
160924-IMG_6200.jpg

作り置きでしたが時間が経ってないのか、状態の良い麺。
160924-IMG_6204.jpg

いざ実食すると何と優しい食感、というか頼りないというか。
喉ごし、伸び、弾力いずれも中途半端で、やっぱり時間経過していたのかな?
ぶっかけ出汁も含めて主張をおさえた感じ。

ちく天は磯辺揚げになっていて、勿論のりの味はしっかりするけど冷めていて
普通やね。

う~んどうなんやろ、残念ながらうどんの印象は残らなかったね。
お水は美味しかったけど。 (*^o^*)

ご馳走様でした。
160924-IMG_6206.jpg

どんな蒸気釜なんやろう? 見ておくべきやったね。
160924-IMG_6215.jpg


駐車場の横は「専妙寺」という立派なお寺がありました。
160924-IMG_6213.jpg




《 讃岐うどん 空海房 》

住   所: 香川県高松市香南町岡199
電   話: 087-879-1403
営業時間: 6:30~15:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (店舗の前に40台分以上OK)

和采うどん快 @城東区東中浜

2016年9月29日 (木)

この日のランチは城東中央病院近くで、9月26日にOpenした「和采うどん快」に
訪問です。

お店は地下鉄中央線 緑橋駅から徒歩約6分、JR片町線 鴫野駅からは約13分
ぐらいのとろこに立地し、今里筋沿いの交差点に面しておりディスカウントストア
「ジャパン」が目印です。

160929-IMG_6325.jpg

こちらに来る前に地図を見ると「ここら辺にうどん屋があったな」と思い出し、
到着するとやっぱり正解で、以前は「うどん工房 桜」のあったところです。

開店祝いの胡蝶蘭が綺麗に咲いていました。
160929-IMG_6327.jpg

店内は何となく前店舗のイメージが残っていて(ハッキリ覚えてませんが)、
入店するとすぐ左側に4人掛けのテーブル席、正面にカウンターで6席。
処理済~160929-IMG_6349

そして2人掛けのテーブル席が3つと、合計16席とこぢんまりした店内です。
処理済~160929-IMG_6333

13時を大きく過ぎての入店で、もうそんなにお客様は来ないだろうと思い、
2人掛けのテーブル席に着席。

窓の外を眺めると「ジャパン」がカラフルでよく目立ちます。
160929-IMG_6334.jpg

☆ ランチメニュー&レギュラーメニュー
160929-IMG_6336.jpg 160929-IMG_6329.jpg

160929-IMG_6330.jpg 160929-IMG_6331.jpg

この日は炊き込みご飯が売り切れらしく、注文はメニューに載ってなかったんですが
ちく天ぶっかけが出来るのを確認し、大盛りでお願いしました。
(750+1玉増量100=850円) 0.5玉増量は50円増しとのこと。

15分以上キッチリ待ってうどんが登場です。
160929-IMG_6340.jpg

写真はこれだけ、アップにしたのがあったんですが編集ミス。 (>_<)

麺リフトがやりづらくてこんな写真だけ、でもそれだけ元気の良い麺
だったんでしょうと言い訳ばっかり。
160929-IMG_6347.jpg

麺を一口食べて「あれっ、こんな麺好き!」と思わずにっこり。

手切り感のある麺は瑞々しくてつやっ艶、そしてグミ感が良い感じ。
また適度な弾力のコシ感が心地良く、スッキリ出汁と相まって旨~い!!

ちく天は半分にカットしてのが2つのっていたんですが、素材の旨味は感じず、
揚げ方に一工夫が必要かな?

それでも新店にすれば十分納得のいくパフォーマンス、ご馳走様でした。
160929-IMG_6348.jpg

「快」というのはどういう意味で店名になったんでしょうか? どなたかフォローして下さい。
160929-IMG_6352.jpg

そしてもう一つ気になるのが「紀州鴨」の意図するところ??
160929-IMG_6351.jpg

会計後スタンプカードを下さり、その裏に地図が記載されていたのでご紹介。
160929-IMG_6353.jpg

大将は今雪ご出身らしいですが、まだまだ美味しくなりそうな予感です。
あかん、またまた再訪問したいと思うお店が増えてしまって大変やわ。 (*^o^*)



《 和采うどん快 》 (かい)

住  所: 大阪市城東区東中浜2-3-27
電  話: 06-6967-2388
営業時間: 11:30~14:30
        17:00~23:00
定 休 日 : 未定(1か月間は無休で営業するそう)
駐 車 場 : なし (ジャパンの横にCP6台分あるけど満車率が高そう)
 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでもつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR