釜あげうどん そば 松吉 @滋賀県彦根市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して帰る
予定で、1軒目は「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」 2軒目は琵琶湖の西側の高島町に
ある「うどんの花里」 そして今日の3軒目は「釜揚げうどん そば 松吉」で勿論今
回初訪問となります。

お店は彦根城の直ぐ近く、表通りから1本入った一方通行の裏通りにあり、JR湖
西線 彦根駅より約10分くらいの所に立地します。

18時48分に着きましたが前客はいらっしゃいません。
160813-IMG_4998.jpg

店内は変形コの字型のカウンター席のみで16席くらい。
160813-IMG_5009.jpg

この注意書きをよく読んでおかねば! (古い字体を使ってますね)
160813-IMG_5010.jpg

こちらもしっかりチェックしておきます。
160813-IMG_5008.jpg

そばもうどんもあり、両方の組み合わせでお得なサービスとなるようです。
160813-IMG_5005.jpg

ざる小(500円)を注文すると暫くして、まずは薬味とつけ出汁が登場しました。
160813-IMG_5013.jpg

注文後11分でざるうどんの出来上がり。
160813-IMG_5016.jpg

細麺ではなく極細麺ですね。
160813-IMG_5019.jpg

一口いただくと凄く喉ごし良く、食べやすいですね。
勿論極細麺なので当然かも知れませんが、エッジを殆ど感じないのが一層食べ
やすくなっているかも?で、コシ感云々という次元のものではなく、喉ごしでいただく
ざるうどんで、つけ出汁の旨味が際立っているのでとっても美味しく、あっという間に
なくなってしまいました。


食べ終わった後はそば湯割りではなく、うどん湯割りして、つけ出汁を最後まで飲み
干します。
160813-IMG_5020.jpg

このうどん湯割り、出汁が元々美味しいだけにグビグビ飲んでしまいました!


ご馳走様でした。
160813-IMG_5021.jpg

お店を出る際は、すっかり日が落ちて良い雰囲気が漂っていました。
160813-IMG_5022.jpg



《 釜あげうどん そば 松吉 》

住   所: 滋賀県彦根市立花町2-37
電   話: 0749-26-4991
営業時間: 11:30~20:00
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に5台分?)
スポンサーサイト

③手打うどん たむら @2016 四国巡礼その14

2016年8月16日 (火)

大型連休6日目の麺活は、今年10度目の渡讃、日帰りで聖地巡礼をしてきました。

もともと17日の水曜日限定で営業するお店に行こうと考えていたんですが、よくよく
考えると17日は私の大好きな「たむら」が休業するので仕方なくこの日に決定。

なにぶん、急遽四国行きを決めたのでじっくりとプランを立てられず、私の好きなお店
を5店ピックアップし、後は成り行きで行動する予定です。

尚「その14」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


3軒目 8時22分着 8時59分実食  たむら @綾歌町陶


先程のお店「がもう」の次に向かったのは、これまた大好きなお店、綾歌町の
「手打うどん たむら」で、先月の7月25日以来の訪問です。

今日は「がもう」の開店が早かったので、必然的にこちらへ来るのもいつもより
チョット早く8時20分過ぎに到着。
160816-IMG_5176.jpg

前回訪問時、この張り紙を見てなかったら明日の17日に四国へ来たかったん
だけど、しょうがないよね。
160816-IMG_5179.jpg

久しぶりに店内風景のご紹介。

この横にもテーブル席(そんな大したテーブルではない)があり、お客さんが多い時は
私はそちらでいただくようにしています。
160816-IMG_5180.jpg

大将が麺打ちしていたのでパシャ。
(大将、モザイクかけておいたよ!)
処理済~160816-IMG_5183

大きな釜も元気よく働いていますね。
160816-IMG_5184.jpg

今日も冷やかけの出汁がスタンバイ。 (写真は前回訪問時のを流用)
160725-IMG_4436.jpg

天ぷら達のラインナップ。
そういえば1度も食べたことがないですね。
160816-IMG_5181.jpg

いつものように釜から麺を取って貰って「釜抜きしょうゆ」でいただきます。 (200円)
160816-IMG_5186.jpg

このねっとりとした感じに見える麺が超旨いんだから!!
160816-IMG_5191.jpg

うんうん、いつもと変わらない甘~いうどん。
旨~~~い!!!

モッチリと、ふんわりと、そして小麦の風味もあり、そして甘くと。
とにかく旨いんだな。

これ以上の表現はいらないよね。

ご馳走様でした。
160816-IMG_5192.jpg


そしてラストのカットはこちらですが、今日はプチ行列が出来ていましたね。
160816-処理済~IMG_5194



《 手打うどん たむら 》

住   所: 香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
電   話: 087-876-0922
営業時間: 9:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前と自販機の前、そして信号を右折したところ) 

うどんの花里 @滋賀県高島市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して
帰る予定で、1軒目の「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」を後にして、やってきたのは
琵琶湖の西側、高島町にある「うどんの花里」です。

公共交通機関だったらJR湖西線の新旭駅下車で徒歩約30分といったところ。

結構辺鄙なところで、車で走っていても偶然通りがかるような場所ではなく、店
主のお考えがあり、あえてこの地でOpenさせたのでしょう。

160813-IMG_4980.jpg

とっても落ち着いた雰囲気で、周囲の環境に溶け込んでいます。
160813-IMG_4977.jpg

一歩店内入るとこぢんまりとしたアットホームな感じ。
160813-IMG_4948.jpg

160813-IMG_4946.jpg

160813-IMG_4947.jpg

まずはうどんを注文しつつ、テーブルの上にあった説明を読みます。
160813-IMG_4949.jpg

シンプルなメニュー構成。
160813-IMG_4960.jpg

☆ しょうゆうどん冷 (350円)
160813-IMG_4962.jpg

写真では分かりづらいですが、やや黒みがかっています。
160813-IMG_4964.jpg

表現の難しい麺リフトの写真。
160813-IMG_4971.jpg

しょうゆうどんを選んだのは初めてのお店だし、事前にネットでリサーチしていると、
国内産小麦粉をブレンドしているようで、シンプルで味が分かりやすいので選択。

麺が黒っぽかったので大将に聞くと讃岐の夢2009と、三重県産そして北海道産の
小麦をブレンドしているようで、なるほど讃岐の夢の色が出ていたんですね。

またブレンドした小麦を少し炒って喉ごしを良くしているそうで、勿論手打ち手切りの
完全手作業とのことで、手間暇がかかっています。

さていざ実食すると、まずは小麦の風味がフワッと鼻に抜けていきます。
そして適度な弾力のコシ感が絶妙で美味しいですね。

私の馬鹿舌ではこちらのうどんの本質の美味しさを伝えることが出来ません。
是非近くに行かれる際は食べてみて下さい。

店主のうどんに掛ける情熱のようなものを感じるうどんです。

ご馳走様でした。
160813-IMG_4975.jpg


160813-IMG_4976.jpg



《 うどんの花里 》

住   所: 滋賀県高島町新旭町深溝1435
電   話: 050-3610-4179
営業時間: 11:30~15:00
定 休 日 : 月曜日・火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に3台分)

*************************************************************************
【追加備忘録】

「うどんの花里」を出た後、琵琶湖を一周すべく長浜方面へ向かい、琵琶湖の上の
方にある余呉湖の湖畔をジジイ一人で散策してきました。

160813-IMG_4983.jpg

160813-IMG_4985.jpg

160813-IMG_4986.jpg

連日の暑さで湖面には大量の藻が発生していたのが残念ですが、写真で見ると
夕暮れ時の静かな一時がゆっくり流れているようで良いもんですね。
160813-IMG_4989.jpg

こういう風景を見るのも久しぶりで、夕日の照らされた稲穂がとても印象的だった
ので思わず車を降りパシャっとしてました。
160813-IMG_4995.jpg


-- この後琵琶湖を一周するため、8号線経由で彦根方面を目指しました。--

*************************************************************************

讃岐うどん茶屋 古蝶庵 @滋賀県大津市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、大津市にある「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」に
2014年12月以来、通算3度目の訪問です。

お盆休み中の混雑を予想して、我が家を7時半に出発。
小市民ゆえ高速を使用せず、ずっと下道でレッツゴ-。

途中少しだけ渋滞がありましたが約3時間で到着、時間調整してお店の駐車場には
11時前に着いて開店を待ちましょう。

JR東海道本線 瀬田駅から徒歩約10分のところで、静かな住宅街にあるお店です。
160813-IMG_4893.jpg

今日も駐車場に早くに着くと、店員さんが直ぐ出てきて開店時間まで暫くかかる旨の
説明をしてくれます。
160813-IMG_4899.jpg

明るい広々とした店内、奥には大人数用のテーブル席があります。
160813-IMG_4900.jpg

今日はこちらのカウンター席に案内されました。
処理済~160813-IMG_4902

店舗奥にあるテーブル席。
160813-IMG_4918.jpg

お勧めセットがありましたがパス。
160813-IMG_4904.jpg

注文したのは「ちく玉天ぶっかけ」と「とろ鯖寿司」
(ちく天ぶっかけ880+とろ鯖寿司650=1530円)
160813-IMG_4920.jpg

このちく天の大きさは、過去最大です。
160813-IMG_4921.jpg

この注文をしたのは前回訪問時、私の横で食べていた方のちく天の大きさを見て
ビックリし、次回訪問時は必ずこれを食べようと考えていたものでやっと実現しました。

とろ鯖寿司はこちらの名物ですが、実はお値段を知ったのは食べ終わって精算
した時で「へぇ~そんな高いんや」とこれまたビックリ。
160813-IMG_4922.jpg

実食すると肉厚で濃厚な旨味が詰まっていて旨いネ。
チョットお高いけど納得かな?



今日の麺も品行方正でステキな感じです。
160813-IMG_4927.jpg

透き通るかのごとく綺麗な細麺は瑞々しくてしなやか。
そして伸びがあり、グニュッグニュッとしたグミ感は心地の良い食感として脳に伝わり
思わずにやり。

旨~~~い!!!

超ビッグサイズのちく天は丸々1本ものですが、完全に火が通るように裏側に切り込
みが入れてあり、天ぷら粉が生のままの嫌な思いをすることがなく安心です。
160813-IMG_4932.jpg

これはごく普通。
160813-IMG_4934.jpg

久しぶりに頂きましたけど大満足のランチとなりました。
そしてご馳走様でした。
160813-IMG_4937.jpg


メニューのご紹介。
160813-IMG_4905.jpg

160813-IMG_4906.jpg 160813-IMG_4907.jpg

160813-IMG_4908.jpg 160813-IMG_4909.jpg

160813-IMG_4910.jpg 160813-IMG_4911.jpg

160813-IMG_4912.jpg 160813-IMG_4913.jpg

160813-IMG_4914.jpg 160813-IMG_4915.jpg

160813-IMG_4916.jpg 160813-IMG_4917.jpg

食べ終わってお店を出る際は、店内外にお待ちのお客さんがいらっしゃいました。
160813-IMG_4938.jpg


駐車場もグチャグチャで、まだ道路上にも数台待っている状況。
処理済~160813-IMG_4939

遠いけど来る価値のあるお店ですね。
下道でも約3時間で来ることが分かったので、1年後くらいに
また訪問することに決定。



《 讃岐うどん茶屋 古蝶庵 》

住   所: 滋賀県大津市大将軍1-15-9 
電   話: 077-544-6471
営業時間: 11:30~15:00
        17:30~21:00
定 休 日 : 第3火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に約15台分)

②讃岐うどん がもう @2016 四国巡礼その14

2016年8月16日 (火)

大型連休6日目の麺活は、今年10度目の渡讃、日帰りで聖地巡礼をしてきました。

もともと17日の水曜日限定で営業するお店に行こうと考えていたんですが、よくよく
考えると17日は私の大好きな「たむら」が休業するので仕方なくこの日に決定。

なにぶん、急遽四国行きを決めたのでじっくりとプランを立てられず、私の好きなお店
を5店ピックアップし、後は成り行きで行動する予定です。

尚「その14」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2軒目 7時21分着 7時57分入店  がもう @坂出市加茂町


1軒目の「さか枝」で食べ終え国道32号線を走って約40分、坂出市の「讃岐うどん 
がもう」に到着です。

先月食べられなかったので久々?、6月24日以来となりました。 (*^o^*)

お盆休みということもあり、混んでることを想定して早く着いたんですが、この時間で
もう既にお店の前で待っているお客さんがいてビックリ。

流石に早いですね!

まずはいつものようにご挨拶を。
160816-IMG_5155.jpg

私もお店の前に行って並び出すと、列がどんどん延びていきましたヨ。
160816-IMG_5156.jpg

今日は7時57分に開店したんですが、その直前の列は土産の販売所のすぐ前まで、
こんなにお客さんが多い日に来たのは初めてです。
処理済~160816-IMG_5159

入店して大将にご挨拶。

いつものルーティンで「そのまま小」と言ってうどんを受け取り、揚げをONして
支払いを済ませ、出汁を掛けて出来上がり。
160816-IMG_5160.jpg

トッピングのラインナップ。
160816-IMG_5172.jpg

熱いかけ出汁とネギはこちらです。
冷たい出汁は天ぷらの横と、テーブル席に置いてあります。
160816-IMG_5171.jpg

今日は特等席(奥の製麺機の前)でいただきました。
(小150+揚げ100=250円)
160816-IMG_5161.jpg

美味しいのが分かっているのに、こんな麺リフトは不要かな?
160816-IMG_5165.jpg

一口食べて、
旨~~~い!!!

もうなんていう旨さなんでしょう!!
麺も出汁も絶好調。
今日の出汁は100点満点かそれ以上やね。

とにかく旨いんです。
コメントはこれ以上ありません。

いやぁ~やっぱりがもうは最高やわ!!

ご馳走様でした。
160816-IMG_5170.jpg

この時間、常連さんと観光客が入り交じって店内大混雑。 (*^o^*)
160816-処理済~IMG_5163

開店してからもどんどんお客さんがいらっしゃいます。
160816-処理済~IMG_5173

もうあと30分もしたら駐車場は満車になるのでしょう。
160816-IMG_5175.jpg

そうそう大将とチョット話をしたけど 「今日は10時くらいで閉めるよ」 とのこと。
最後尾の方は9時半頃に並んでギリギリ食べられるかどうかかな?

皆さん暑い中、お疲れ様です!



《 讃岐うどん がもう(蒲生) 》

住   所: 坂出市加茂町420-3
電   話: 087-48-0409
営業時間: 8:30~14:00 (麺切れ終了) ※8:15 にはほぼ開店します。
定 休 日 : 日曜日・第3/4月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に大きな駐車場があります)  ・・・・ 昔は今の駐車場の所が田んぼでした。

うどん よつ葉 @神戸市須磨区

2016年8月12日 (金)

大型連休2日目の麺活は神戸市須磨区にある「うどん よつ葉」に昨年8月以来
ジャスト1年ぶりの訪問です。

丁度大将が開店準備をされていて、私がお店に到着と同時に開店となりました。

県道21号線沿いで須磨警察の近くです。
160812-IMG_4864.jpg

開店準備が整ったところで、まだドアは開いたまま。
160812-IMG_4866.jpg

お店のこだわり、営業時間やメニューやら、このボード1枚に色んな情報が詰まっています。
160812-IMG_4867.jpg

「日替定食」って前からあったのかな?
160812-IMG_4868.jpg

カフェのような店内は変わってないですね。
160812-IMG_4875.jpg

入店とほぼ同時に注文した品は約27分後に着丼です。
(きつねぶっかけ690+大盛り100+ちく天150=940円)
160812-IMG_4876.jpg

上品な甘さのきつねは見た目以上に沢山入っていて美味しかった!
160812-IMG_4878.jpg

追加でトッピングしたちく天はごくごく普通、150円が高く感じてしまう小市民です。
160812-IMG_4887.jpg

変わらずまじめそうな麺で美味しそう。
160812-IMG_4881.jpg


大盛りをいただき、そこそこボリュームでお腹一杯、そしてご馳走様でした。
160812-IMG_4889.jpg

レギュラーメニューですが、白色から黄色っぽくなりましたね。
価格は据え置き?
160812-IMG_4874.jpg

160812-IMG_4873.jpg

片側2車線の道路は結構な交通量、普通の速度で走ってしまうと素通りして
しまいそうな所に立地します。
160812-IMG_4891.jpg



《 うどん よつ葉 》

住   所: 神戸市須磨区大田町7-2-2
電   話: 078-736-3628
営業時間: 11:00~15:00 (LO14:30)
        17:00~20:00 (LO19:45)
定 休 日 :  月曜日・不定休あり (こちらで確認して下さい)
駐 車 場 :  なし 

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 @尼崎市

2016年8月11日 (木)

今日から大型連休の始まりで、連休1日目のランチは8月1日より始まっている
「めいどいん尼崎リレー」に参加されている「本格讃岐手打ちうどん 穂乃香」に
今年6度目の訪問です。

このリレーは「1週間ずつ13店舗でめいどいん尼崎な調味料を使ったオリジナル
メニューでのリレーコラボ!」ということで、穂乃香は8日から14日までの担当。

ポスターによると「ひろたのぽんず」「尼の生醤油」「ワンダフルソース」の3種が
案内されていましたので、当然穂乃香では「尼の生醤油」を使ったものになるの
でしょう。



今日は車なのでコインパーキングに止めてこちら側から伺います。
160811-処理済~IMG_4833

11時過ぎの訪問で外待ちはありません。
160811-IMG_4862.jpg

今日の目的はこれ「ブラックひやかけ」
160811-IMG_4860.jpg

早い時間なのでガラガラと思っていたんですが半分くらいの入りでしょうか。
160811-処理済~IMG_4838

天ぷら達は勢揃いしています。
うどんはこちらで注文、釜待ちなので精算した後、席で待つことに。
160811-IMG_4840.jpg

ブラックひやかけ1.5玉+満願寺唐辛子天+ゲソ天をいただきます。
(400+0.5玉50+万願寺唐辛子天100+ゲソ天120=670円)
160811-IMG_4845.jpg

ネーミングの通りですが、思っていたより黒っぽかったのでビックリ!
また上にのっているイリコがニクい演出やね。
160811-IMG_4846.jpg

手打ち感一杯の不揃いの麺は今日も暴れまくっていましたよ。 (*^o^*)
160811-IMG_4853.jpg

まずは出汁からグビッといただきますと、適度に冷たく、スッキリしたクリアな味わい。

そして円やかで旨味だけをぐぐっと抽出したようでまとまりがあり、喉を通ったあと、口
の中に広がる何とも言えない余韻が良いですね。

もちろん麺はというと前述のごとく暴れん坊でそれでいてモッチリと、心地良いコシ感が
あってこれぞ「穂乃香の麺やな」と、この麺と貴重なブラックひやかけと合わさると、この
うえないマッチングで旨~~~い!!!

☆ 万願寺唐辛子天+げそ天
160811-IMG_4847.jpg

天ぷらも頂きつつ食べ進め、途中でうどの上にのっていたイリコをがぶり。
160811-IMG_4855.jpg

これだけで日本酒が一杯飲めそう。 (*^o^*)

途中で薬味を投入。
160811-IMG_4848.jpg

生姜がいいアクセントとなり一段と美味しくなってうま~!!
160811-IMG_4856.jpg

出汁はタップリとありましたが当然全汁、ご馳走様でした。
160811-IMG_4858.jpg


9月18日&19日は尼崎市制100周年記念事業として「食の祭典 尼が咲く」と
いうイベントが阪神尼崎駅前であるようです。
160811-IMG_4841.jpg


今年あと何回来るのかな?
160811-IMG_4861.jpg



《 本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 》

住   所: 兵庫県尼崎市神田中通4-157-1
電   話: 06-6412-9202
営業時間: 10:00~17:00(麺切れ終了)
        日曜・祝日は16:00 まで
定 休 日 :  月曜日
駐 車 場 :  なし (近隣に安いCP沢山あり)

①手打ちうどん さか枝 @2016 四国巡礼その14

2016年8月16日 (火)

大型連休6日目の麺活は、今年10度目の渡讃、日帰りで聖地巡礼をしてきました。

もともと17日の水曜日限定で営業するお店に行こうと考えていたんですが、よくよく
考えると17日は私の大好きな「たむら」が休業するので仕方なくこの日に決定。

なにぶん、急遽四国行きを決めたのでじっくりとプランを立てられず、私の好きなお店
を5店ピックアップし、後は成り行きで行動する予定です。

尚「その14」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


1軒目 6時32分着 さか枝 @高松市番町


前回訪問は昨年9月なので随分久しぶり、通算14度目の訪問です。
160816-IMG_5153.jpg

6時半過ぎですが、常連客と観光客の入りが半々といったところでしょうか。
処理済~160816-IMG_5137

処理済~160816-IMG_5151

メニューは至ってシンプル、こちらで注文して麺を受け取ります。
処理済~160816-IMG_5150

朝一番、やっぱりかけ小(180円)を注文。
そしてこちらで2~3秒だけ麺を温めます。
160816-IMG_5138.jpg

出汁もセルフで、大きな出汁サーバーのタンクから注ぎ入れます。
160816-IMG_5139.jpg

こちらで薬味を入れて出来上がり。
このネギ用のスプーンが小さくて、しょうがないのかな。
160816-IMG_5140.jpg

シンプルなかけうどん。
160816-IMG_5141.jpg

いつもの安定した麺でプリンとした弾力があり、ハリもあってコシ感も抜群。
上品なスッキリ出汁と相まってメチャクチャ旨~い!!

朝一番、絶品のかけうどんをいただき大満足。
ご馳走様でした。

ここでいつもだったら空の器の写真を張り出すんですが ・・・・・
がっついていたのかな?



店舗直ぐ横のコインパーキング内無料駐車場です。
160816-IMG_5134.jpg



《 手打ちうどん さか枝 》

住   所: 香川県高松市番町5-2-23
電   話: 087-833-6291
営業時間: 5:00~15:00
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (店舗裏に4台と横のCP内に12台) 

手打ち讃岐うどん かぐら @明石市大久保町

2016年8月7日 (日)

本日の麺活2軒目は先程のお店「さぬき路」より約15分で到着した「手打ち讃岐
うどん かぐら」で2014年5月以来久々の訪問です。

本来1軒だけの予定だったんですが、先程のざる大盛りのボリュームがチョット
物足りなく、もう一軒と思い近くのこちらへ訪問となりました。

160807-IMG_4828.jpg

160807-IMG_4808.jpg

入店すると一番最初に目に飛び込んでくるところ。
160807-IMG_4811.jpg

丁度12時の訪問なんですが天ぷらが寂しいですね。
160807-IMG_4812.jpg

客席の様子。
160807-IMG_4813.jpg

☆ 冷やかけ中とゴボウのかき揚げ (350+150=500円)
160807-IMG_4814.jpg

こちらでは中サイズが1玉くらいのボリュームです。
160807-IMG_4815.jpg

ゴボウとニンジンがミックスされたかき揚げはサックサク。
160807-IMG_4816.jpg

今日もシルキーな感じでエッジがキレッキレ。
160807-IMG_4823.jpg

うどんは注文後暫くして席に運んで頂きましたので茹でたてで、麺リフトに苦労
するほどの暴れん坊で、剛麺好きにはたまらないですね。

ただ前回いただいた時のようなパッキパキの固さではなく、心地の良い弾力を
持ち合わせているので食べやすく、きっちり冷えた出汁との相性も抜群で美味し
いですね。

出汁はイリコの甘みがほんのりと、また雑味なく最後の一滴まで全汁です。

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160807-IMG_4826.jpg

メニューの一部です。
160807-IMG_4817.jpg

160807-IMG_4818.jpg


2号線沿いに立ってる大きなこの看板が目を引きます。
160807-IMG_4829.jpg



《 手打ち讃岐うどん かぐら 》

住   所: 明石市大久保町松陰1115-1
電   話: 078-936-0038
営業時間: 11:00~15:00 (LO14:30)
        17:00~20:00 (LO19:30) ・・・・・ 平日は昼営業のみ
定 休 日 : 月曜日(祝日は営業)
駐 車 場 : あり (店舗前に共同の大きな駐車場あり)

手打ちうどん さぬき路 @明石市硯町

2016年8月7日 (日)

本日の麺活は明石市にある「手打ちうどん さぬき路」に初訪問。

お店は1982年創業の老舗で、JR「山陽本線 西新町駅より5分くらいで、国道
2号線を岡山方面に進んでいくと川崎重工業 明石工場の少し手前に立地します。

実はこの店の直ぐ近くにOpenした新店に行こうとしていたんですが、開店時間に
なっても閉まったまま、ネットでググると「都合により現在休業中」とのことで、急遽
こちらの存在は相当以前より知っていたのでこちらに決定。

国道2号線のこのお店、皆さん多分見たことはあるでしょうね。
160807-IMG_4830.jpg

1階は駐車場になっていてこのくそ暑い中、駐車するのに陰になって助かります。
160807-IMG_4806.jpg

期間限定のサービス定食の案内がありましたが、注文は入店前からネットで
情報収集して決めていたので無視しましたが、このブログを書いていて、う~ん
失敗したと少し後悔。

これ食べたかったな。
160807-IMG_4784.jpg

結構大箱で落ち着いた店内はテーブルごとに仕切りがあって古風な感じです。
160807-処理済~IMG_4805

こだわりとか、メニューを見つめつつ出来上がりを待ちましょう。
160807-IMG_4788.jpg

待つこと7~8分でざるうどんの大盛りが登場しました。 (560+大100=660円)
160807-IMG_4794.jpg

美しいうどんですね。
160807-IMG_4796.jpg

薬味も新鮮でポイントアップ。
160807-IMG_4797.jpg

弱冠細めのうどんはエッジもそこそこ、また綺麗な麺肌で美味しそう。
160807-IMG_4803.jpg

瑞々しくしなやかな麺は持ち上げてつけ出汁に入れやすいような長さで
麺カッター等は不要で実に食べやすい。

モッチリと、そして優しいコシをしっかり感じて万人受けするような麺なん
ですが、これといった特徴もなく、ちょっとインパクトに欠ける感じ。

しかしつけ出汁は老舗の貫禄十分、実に深い味わいで麺との相性抜群、
このつけ出汁に麺をくぐらすと総合点がぐんとアップするくらい秀逸です。

麺を食べ終えてつけ出汁が残りましたが、余りの美味しさに全汁してしまい
ましたが、喉が全く渇くことなく後味が素晴らしいというのは流石です。

大盛りですがチョットボリューム不足かな?

ご馳走様でした。
160807-IMG_4804.jpg


メニューのご紹介。
注文してからじっくり眺めていると、今風のメニューも結構あるようです。
160807-IMG_4787.jpg 160807-IMG_4789.jpg

160807-IMG_4790.jpg 160807-IMG_4791.jpg

160807-IMG_4792.jpg 160807-IMG_4793.jpg


☆ 8月の営業情報
160807-IMG_4780.jpg

こちらのお店、鍋物や一品料理の提供もされており、慶事や法事での会席なども
あったりして、今日も年配の方々が集まって、楽しくゆっくりと食事されていたのが
印象的でした。



《 手打ちうどん さぬき路 》

住   所: 兵庫県明石市硯町1-4-16
電   話: 078-922-7057
営業時間: 11:00~15:00
        17:00~21:00
定 休 日 : 月曜日の夜・火曜日
駐 車 場 : あり (10台くらい?)
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR