②こんぴら製麺 工場併設店 @2016 四国巡礼その12

2016年7月24日 (日)

今年9度目の渡讃は前回から丁度1か月ぶり、今回も一泊二日で巡礼する
予定を立て、日曜日を1日目にしたのは日曜日しか営業していないお店に
訪問することを主目的に、またちょっとマニアックなお店を訪問しようかなと
思ったりしています。

例によって単独行動なので一応訪問予定のお店はリストアップしていますが
道中色々と変更が出るものと予想します。

尚「その12」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2軒目 7時16分入店  こんぴらうどん 工場併設店
@琴平町西山



超難関の1軒目「大平製麺」を出て琴平町の目的地2軒に向かいますが、時間的なことを
考慮し、まずは「こんぴらうどん 工場併設店」に、かなり久しぶりで2度目の訪問です。

160724-IMG_4248.jpg

160724-IMG_4251.jpg


店内の様子です。

この日は日曜日で本来7時半の開店なんですが、ご近所さんはよくご存じで既に
食べていらっしゃいます。
処理済~160724-IMG_4255

こちらが注文口カウンターです。
160724-IMG_4267.jpg

カウンターの奥は製麺工場ですが、注文後蒸籠に入った麺をおばちゃんが丼に入れ、
客の注文に応じますが、製麺作業は完全に終了しているようです。
160724-IMG_4254.jpg

こちらでの注文は「かけ小 そのまま」(170円)です。
160724-IMG_4256.jpg

160724-IMG_4258.jpg

既に茹で上がった麺でしたがそんなに時間は経過しておらず、プリンとした食感で
ハリがあり、適度な弾力とコシ感もあって「あれっ旨いやん!!」と全く期待していな
かったので嬉しい誤算。

出汁も雑味のないやや甘めで麺との相性も良く美味しゅうございました。

ご馳走様でした。
160724-IMG_4263.jpg

店内では土産も売っていて結構な品揃えです。
160724-IMG_4265.jpg

こんな重厚感のある認証を初めて拝見しました。
160724-IMG_4268.jpg

☆ 8月の営業情報
160724-IMG_4253.jpg



《 こんぴらうどん 工場併設店 》

住   所: 香川県琴平町西山680
電   話: 0877-73-3128
営業時間: 平日 8:00~17:00
       土日祝 7:30~17:00
定 休 日 : 火曜(祝日の場合は営業)
駐 車 場 : あり (店舗前に3台くらい)
スポンサーサイト

山元麺蔵 @京阪百貨店 守口店

2016年7月12日 (月)

あの京都の超人気店「山元麺蔵」が京阪百貨店 守口店の8階催事場に「京阪沿線
 美味と技」で出店していることを知り、最終日に行ってきました。

160712-IMG_4026.jpg

この提灯はお店からわざわざ持って来たようですね。
処理済~160712-IMG_4021


8階催事場の片隅に山元麺蔵のブースがあり、この日は13時30分過ぎに到着。

食券を購入し、このPOPを眺めつつ待ちますが、隣のブース「牛カツ専門店 勝牛」が
凄く気になり、思わず浮気しそうになったぐらい。
160712-IMG_4024.jpg


約10分待ちで入場し、そこから更に16~7分待ってうどんの登場です。

☆ 土ごぼう天ざると炊き込みご飯 (1200円)
160712-IMG_4027.jpg


もう見るからに美味しそうで生唾が出てきそう!
160712-IMG_4028.jpg


☆ カレー塩が添えられた土ごぼう天
160712-IMG_4030.jpg


☆ 大好きな?そして大きなかしわがいっぱい入っていた炊き込みご飯
160712-IMG_4029.jpg


瑞々しくしなやかな麺は舌に纏わり付くようで心地良いですね。
また優しくて、それでいて凜としたコシ感は言いようがないくらい素晴らしい食感。

土ごぼう天はカレー塩に付けてもヨシ、またつけ出汁に付けて頂いてもヨシと、
たまらん旨さやね!!

ていうか、ビールも飲まんとこんな美味しい天ぷら食べていたら罰あたるんちゃう
と思ってしまうほど。

そして炊き込みご飯は上品な旨味が凝縮した美味しさなんですが、如何せん私の
大好きな?かしわが大きすぎてチョット難儀したのは内緒の話。



しかしこの山元麺蔵のうどんが大阪府内で、またこれくらいの待ち時間で食べられ
るって凄いことやね。

結構なボリュームでしたが美味しすぎてあっという間に食べてしまいました。

ご馳走様でした。
160712-IMG_4035.jpg


そうそう入場待ちの時や、うどんを待っていて気づいたけどこの「山元麺蔵」というお店、
人気店になるだけのことはしっかりしてはるわ。

「いらっしゃいませ」 「有り難うございました。お気を付けて」 「天ぷら多かったらお持ち
帰りできますのでおっしゃって下さい」 等々、とにかくきめ細かい気遣いで接客が素晴
らしい!!

大将もずっと大きな声を出し続けていて、チョット声がかれていたようで、私が帰る際も
キッチリ笑顔で送っていただきました。

数度しかお店には訪問出来ていませんが、大将が私を覚えていてくれているような感じ
がしたけど勘違いかな?

京都のお店での接客は折り紙付きですが、こういう催事の会場でもいつものように変わ
ることなく、しっかりとお客さんのことを考え営業されているのは立派で拍手を送りたい!!




《 山元麺蔵 》 ・・・・・ 平安神宮近くにあるお店の情報です。

住   所: 京都市左京区岡崎南後世町34
電   話: 075-751-0677
営業時間: 11:00~19:45 (水曜日は14:30まで)
定 休 日 : 木曜日・第4水曜日(祝日の場合は翌日)
駐 車 場 : あり (近くのモータープール内に3台分)


①大平製麺 @2016 四国巡礼その12

2016年7月24日 (日)

今年9度目の渡讃は前回から丁度1か月ぶり、今回も一泊二日で巡礼する予定を立て、
日曜日を1日目にしたのは日曜日しか営業していないお店に訪問することを主目的に、
またちょっとマニアックなお店を訪問しようかなと思ったりしています。

例によって単独行動なので一応訪問予定のお店はリストアップしていますが道中色々と
変更が出るものと予想します。

尚「その12」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


1軒目 6時29分入店  大平製麺 @善通寺市与北町


まず1軒目は今回巡礼の一番の目標のお店?にまず向かいます。
(お店と表現するには違和感がありすぎで製麺所ですね)

お店?は善通寺市内からやや外れた住宅街にあり、営業時間が日曜日の7時から8時
までの1時間と超難関です。

お店?の外観は普通の農家のようで、看板もうどんの幟もなく、事前にネット上の写真等
で確認していなければ到底たどり着くことはできないでしょう。

こちらはかなり昔から知っていて今回で6度目の訪問。
暫く訪問していなかったのと、最近どなたかのブログで見かけ、懐かしくなり調べてみると
何と営業日が日曜だけとなっているじゃないですか。

ということで今回久しぶりに絶対に食べたいと思い、何と我が家をAM1時に出発し、途中
で仮眠してお店に向かおうと行動を起こしました。

ルートは何時ものように自宅(尼崎)を出発し43号線→2号線で須磨まで行き、第2神明
の須磨ICから高速に乗り、鳴門ICで降りてひたすら下道で行く超節約コースで、5時半に
は到着していて近くのコンビニで時間調整しました。

お店?の営業時間はネット上では7時からとなっているようですが、大抵6時半頃には既に
出来上がっているはずなので、チョット早いんですが店内に突入します。

どう見てもこちらでうどんが食べられるとは・・・・・
160724-IMG_4224.jpg

こちらが製麺所の入口です。
最初は不安ですが勇気を持って入ってみて下さい。
処理済~160724-IMG_4229

入口入ったところにこんなテーブルセットが出来ていました。
160724-IMG_4244.jpg

奥へ進むとこちらが製麺室で、奥さんに注文します。
160724-処理済~IMG_4241

製麺室の中にもきちんとした食べるスペースが出来ていました。
160724-IMG_4242.jpg

まだ茹でてる途中なのでまずは蒸籠にある分、1玉をそのままで丼に入れて貰って
受け取ります。
160724-IMG_4238.jpg

あとはこちらにかけ出汁と醤油があるのでどちらかで食べることになりますが、久しぶり
なので鍋に入っている出汁を注ぎ「かけ」でいただきました。
160724-IMG_4233.jpg

160724-IMG_4234.jpg

優しい麺と愛情のこもった出汁が融合し、この上ない美味しさで、

メッチャ旨~~~い!!!

ご馳走様でした。
160724-IMG_4235.jpg


食べ終わる頃には新しい麺が茹で上がりそうだったので暫く待つことに。

私の直ぐ後ろ側にはこのような状態で団子が伸ばされ、次の段階を待っていました。
160724-IMG_4232.jpg

ここで大将の初登場ですが、大釜の麺を混ぜているようです。
160724-IMG_4231.jpg

大将が先程の団子から伸ばしたのをこちらの年代物の機械で切っていて、また奥さんが
大釜の中で泳いでいる麺を最終確認しています。
160724-IMG_4236.jpg

食べ終わって釜を見ていると奥さんが察知してくれて、釜から私の分の麺を取り分けて
くれました。
160724-IMG_4237.jpg

こちらはしょうゆをかけ「釜抜きしょうゆ」としていただきました。
160724-IMG_4239.jpg

熱々の麺はモッチリとしていて先程にも増して優しい食感。
コシがどうのこうのという次元ではなく、とにかく素朴で美味しいですね。

あまりにも美味しくあっという間に完食、ご馳走様でした。
160724-IMG_4240.jpg

あっそうそう、お代は2杯食べて140円というのは大きな声では言えません!!


いやぁ~久しぶりに頂きましたが、このシチュエーションでいただくうどんはもう
最高です。
ご高齢のご夫婦なので大変だとは思いますが、いつまでも頑張って頂きたい
ですね。


気をつけて下さい、来週の日曜日(7月31日)は臨時休業となるようです。
160724-IMG_4230.jpg


ご夫婦高齢につき、いつ営業をやめられてもおかしくないと思っています。
興味のある方は早めに行かれることをお勧めします。




《 大平製麺 》

住   所: 香川県善通寺市与北町696
電   話: 0877-62-8996
営業時間: 7:00~8:00頃
定 休 日 : 日曜日以外(日曜日のみの営業)
駐 車 場 : なし (お店周辺は住宅街でPはなし)


************************************ 番 外 編 *********************************

【 せい麺や 】 (善通寺市弘田町)

大平製麺に訪問する前に、早朝6時から営業している「せい麺や」で久しぶりに頂こうと
思って6時過ぎに行くと、何やらお休みというか「閉店」を感じさせる雰囲気でノックアウト。

店舗前にあった自動販売機もなくなっているようです。
160724-IMG_4223.jpg

※ 実際のところはどうなんでしょうか?
  ご存じの方がいらっしゃったら「食べログ」にでも閉店のコメントをアップして下さい。

*****************************************************************************

手打ちうどん いわしや @西宮市山口町

2016年7月10日 (日)

本日の麺活は西宮市山口町の「手打ちうどん いわしや」へ1月以来の訪問です。

実はもっと早く来たかったんですが、176号線が橋桁落下の事故で一定区間、通行止が
続いており、その影響で混雑が予想されたため暫く我慢していましたが、昨日通行止がや
っと解除されたので早速行ってみることに。

隣に焼き肉屋が出来てる。
確か前は布団屋ではなかったかな?
160710-IMG_3985.jpg

11時ジャストに暖簾が出ましたが、この時点で既に20人以上のお客さん。
160710-IMG_3994.jpg

店内の様子です。
160710-処理済~IMG_3995

定位置に座ってパシャ。
160710-処理済~IMG_4005

こちらは奥のカウンター席。
160710-IMG_4001.jpg

メニューのご紹介。
160710-IMG_3997.jpg

160710-IMG_3998.jpg

160710-IMG_3999.jpg

残念ながら前回訪問時より40~50円値上がりしていますね。
まあそれでもまだ他店と比較すれば安いのでしょうがないですよね。


さて今日は「釜玉」と「冷やかけ」を注文で、天ぷらは揚がっていたやつを皿にのせお会計。
(釜玉480+冷やかけ430+ゲソ天150+生姜天90=1150円)

薬味はネギと天かす、そして生姜が準備されていますが、ネギはデフォルトでONされてます。
160710-IMG_4000.jpg

支払いを済ませ席に着き、暫くするとまずは冷やかけの出来上がり。
160710-IMG_4003.jpg

麺リフトを撮りたいけど、剛麺はいうことを聞いてくれません。 (*^o^*)
160710-IMG_4008.jpg

いやぁ~半年ぶりに食べたけどやっぱり「いわしや」の独創的な麺は健在ですね。

シルキーなバッキバキの麺は、夏バージョン?でか、やや細くなったものの凄いやんちゃ
坊主という感じで暴れまくり。

これは剛麺ではなく超剛麺と呼ぶに相応しいメッチャ男前!!

この超剛麺にイリコの甘みを旨く引き出した出汁と合体させるともうどうよ、
メッチャ旨~~~い!!!


旨味出まくりの出汁がタップリ、そして全汁するとお腹にグッとくるものがありますが、
最後まで飲みきりご馳走様。
160710-IMG_4011.jpg

☆ ゲソ天と生姜天
160710-IMG_4004.jpg

うどんが早く出来たので天ぷらは不要だったかな?
特に生姜天は好きなので選んでしまったけど、うどんと一緒に食べたら繊細な出汁の
味が分からなくなるので失敗ですね。

まあ選んだのは失敗ですが、生姜天もゲソ天も美味しかった。



釜玉が先に出てくると思ったけど後に出てきて、しかも冷やかけを食べている途中に
出来上がったので忙しかった。 (*^o^*)
160710-IMG_4009.jpg

慌てて撮ったのでこの写真を見ても釜玉って分からないですね。
この後マゼマゼして玉子が固まるのを待ち、醤油をかけて更にウェイティング。
(冷やかけの残りをかっ込みました。)


釜玉はチョット麺がおとなしくなり、麺リフトがしやすくなったかな。 
160710-IMG_4017.jpg


適度な塩分が残った麺はモッチリ感がでて、先程のバッキバキとはかなり違った印象。
それでも力強い弾力は残っていて凄いコシ感もバッチリ。
これまた美味しいですね。

2杯食べ結構なボリュームでお腹パンパン、ご馳走様でした。
160710-IMG_4018.jpg


食べ終わって店を出ると10人くらいの外待ちが。
Open当初から変わらぬスタンスで麺作りをされているのが評価されているのでしょう。

やっぱり好きやな!
「いわしや」さん。




《 手打ちうどん いわしや 》

住   所: 兵庫県西宮市山口町下山口3-12-20
電   話: 078-903-3981
営業時間: 11:00~16:00
定 休 日 : 水曜日 (祝日の場合は営業で翌日休み)
駐 車 場 : あり (店舗前に10台くらいはOK)

⑥谷川製麺所 @2016 四国巡礼その11

2016年6月25日 (土)

今年8度目の渡讃は前回から約2週間ぶり、今回は一泊二日でじっくり巡礼する
予定を立て、1日目のお目当ては観音寺の「黒田うどん」でようやく実現でき、2日
目はこれまたとっても楽しみにしていたお店です。

今回はある程度予定を立てて行動に移しましたが、例によって単独行動なのでど
うなることやら!

尚「その11」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 6軒目 12時13分入店 谷川製麺所 
@高松市東植田町



先程のお店「ふる里うどん」を出て、最後にもう一軒とこちらは特に予定はしてい
なかったんですが久しぶりにあのしっぽくうどんが食べたいと思い訪問しました。

お店の住所はは高松市となっていますが、市内中心部からはかなり離れていて、
非常にのどかなところにあり、昨年4月以来の訪問となりました。

丁度お昼時ということもあり常連さんでいっぱい。
処理済~160625-IMG_3753

自販機の横から店内に入りますが看板や幟は一切なく、この青い屋根瓦が目印です。
160625-IMG_3771.jpg

メニューはこれのみで年中しっぽくうどんとなります。
160625-IMG_3769.jpg

こちらで麺の大きさを告げ代金を支払い、麺を丼に入れて貰います。
そして「ひやあつ」でいただく場合はこの寸胴にある出汁をうどんに掛けて出来上がり。
160625-IMG_3758.jpg

麺を湯煎する(温める)場合はこちらです。
但し大将が横で作業している場合があり、その場合は一声掛けて下さい。
160625-IMG_3757.jpg

そして出来上がったしっぽくうどんがこれ。 (季節により具材が変わります。)
160625-IMG_3759.jpg

角度を変えてパシャ。
160625-IMG_3760.jpg

麺は別にどうってことはありません。
160625-IMG_3764.jpg

うどんの見栄えはどうでしょうか?
写真で見ると結構な具材があるようですが、私の直ぐ後ろに数人並んでいたのでじっくり
と鍋の底から具材をすくえなかったんですが、これだけ乗っていれば十分です。

具材は鍋の底に沈んでいますので良くかき混ぜてすくうことをお勧めします。 (*^o^*)

今日の具材は大根・ナス・人参・あげ等いずれもしっかり煮込んであり柔らかく、素材の
旨味と甘みが出汁に溶け込み、素朴な麺と相まってメチャクチャ美味しいですね。

今回はほんの少しだけ麺を温めましたが、出汁がぬるかったのでもう少し温めた方が
良かったように思います。

そうそう卓上にある唐辛子は自家製で、結構パンチがあって持ち帰りたいくらい素晴ら
しい一品です。

今日は昼時の訪問で食べるスペースを探すのが大変でした。

ただ食べている途中に空席が出来だしたので、混雑時はほんの少しだけ時間をずらし
入店することをお勧めします。


店内の様子は前回訪問時のブログをご覧下さい。



《 谷川製麺所 》

住   所: 香川県高松市東植田町2139-1
電   話: 087-849-1628
営業時間: 11:00~14:00
定 休 日 : 無休 (但し年末年始は休み)
駐 車 場 : あり (お店の裏に約15台OK)

讃岐屋 雅次郎 @八尾市美園町

2016年7月9日 (土)

本日の麺活はまたまた八尾市の「讃岐屋 雅次郎」に訪問しましたが、前回訪問からまだ
2週間も経ってないんですね。

11時45分頃の到着で、お店の前の駐車場は満車でしたが道路を隔てたところは空いて
いてラッキー。

160709-IMG_3969.jpg

この時間でも珍しいことに外待ちなく、また店内の待合室にもお客さんがいなくてすんなり
席に着くことが出来ましたが、雨の影響でしょうか?

待合室にはこんなんが貼ってありましたが以前からあったのでしょうか。
160709-IMG_3970.jpg

席について直ぐに注文しましたけど、今日もスタッフ不足でメニューを絞っているようで、
注文したのは馬鹿の一つ覚えの「小海老と揚げ餅のぶっかけ」ではなく、「肉温玉ぶっかけ
(和牛)」を大盛りでお願いしました。 (890+大盛り0=890円)

しっかりどころか約25分待ってうどんが登場。
160709-IMG_3971.jpg

見るからに上質なお肉がタップリと盛られていました。
160709-IMG_3974.jpg

ぶっかけ出汁を掛けてパシャ。
160709-IMG_3975.jpg

わお~、この写真見ていたらまた食べたくなって来た!!


いつも通りの安定したウマウマ麺。
160709-IMG_3979.jpg

うんうん、しなやかでグニョーンと伸びがあり、また適度なコシ感があって美味しいネ。
この濃いめの出汁と良くマッチしています。

そしてこのお肉。
160709-IMG_3981.jpg

自分が苦手な脂身がほとんどなく、甘辛い味付けが実に旨し!!

美味しいうどんが減っていくのは寂しいもんですね、ご馳走様でした。
160709-IMG_3982.jpg



食べ終わってお店を出ることにはやっぱり外待ちのお客さんが。
さすが人気店ですね。
160709-IMG_3983.jpg



《 讃岐屋 雅次郎 》

住   所: 大阪府八尾市美園町4-59
電   話: 072-925-1120
営業時間: 11:30~14:30
        17:30~21:30
定 休 日 : 月曜日 (祝日の場合は翌火曜日)
駐 車 場 : あり (お店の前に7台と、道路を隔てた所に3台分)


********************************** 番 外 編 *************************************

【宇野製麺所のプチ情報】

今年何回か食べに行くも閉店していて、6月4日には店内改装している様子を確認。

そして6月26日にはこんな張り紙が。
160626-IMG_4241.jpg

本日(7月9日)前店舗から更に近大に近い(18号館前)場所に「うどん 宇野麺」を確認。
11時に開店するだろうと思っていたら開かず、11時半の開店になったのかな?
と思い11時半に訪問するも閉まったまま。 (仕方がないのでまたまた雅次郎に訪問)
160709-IMG_3967.jpg

160709-IMG_3964.jpg

160709-IMG_3962.jpg

160709-IMG_3963.jpg

今日は偶々お休みだったのでしょうか?
好きなお店なので訪問したいんですが、なかなか思うようにいかず、ネットで
探したりしているんですが詳細な情報は残念ながら分かりません。

どなたか新しいお店に行かれた方がいらっしゃったら情報をお待ちしています。

********************************************************************************

⑤ふる里うどん @2016 四国巡礼その11

2016年6月25日 (土)

今年8度目の渡讃は前回から約2週間ぶり、今回は一泊二日でじっくり巡礼する
予定を立て、1日目のお目当ては観音寺の「黒田うどん」でようやく実現でき、2日
目はこれまたとっても楽しみにしていたお店です。

今回はある程度予定を立てて行動に移しましたが、例によって単独行動なのでど
うなることやら!

尚「その11」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 5軒目 11時00分入店 11時16分実食 ふる里うどん 
@高松市川島東町



先程のお店「めんさ 木太店」を出て、今回の巡礼の目玉となる一店「ふる里うどん」に
初訪問。

食べログで開店時間を確認すると10時になっていたので当初3軒目の「上田製麺所」で
食べ終え、こちらに向かいましたが店頭のPOPを見ると11時開店ということが分かり
「めんさ 木太店」の後で訪問することになりました。 (食べログ訂正の投稿済)

160625-IMG_3747.jpg

こちらは食べ終えてから、一瞬店舗前の車がなくなった際に撮影。
160625-IMG_3750.jpg

店舗前のメニューですが下記写真を含めて豊富なラインナップです。
160625-IMG_3722.jpg

160625-IMG_3724.jpg

160625-IMG_3725.jpg

店内にも更にメニューがありましたが、「肉すい」なんて大阪で有名なお店のメニューまで。
160625-IMG_3732.jpg

座った席の目の前には初めて見る「あんちくわ天ぷら」なるものが。
160625-IMG_3731.jpg

店内の様子ですが、まずは入店してすぐ左側にあるカウンター席。
160625-IMG_3726.jpg

開店してすぐにこれだけのお客さんが入店されました。
処理済~160625-IMG_3728


こちらでは厨房前でうどんと天ぷらを注文をし、出来上がったらうどんを受け取りに行き、
また食べ終わったら食器を返して精算するシステムで、常に通し揚げのようです。

注文したのは「冷やかけ」+「あんちくわ天」 (250+100=350円)
160625-IMG_3733.jpg

綺麗な出汁の色でメッチャ美味しそう!
160625-IMG_3734.jpg

綺麗な麺肌と麺線がス・テ・キ!
160625-IMG_3741.jpg

茹でたての提供なので入店後10分以上待ちましたが納得のうどんです。
凄い剛麺なんですが固いだけということはなく、心地良い弾力と麺の中心部にかけての
歯を押し返す反発力はただ者ではありません。

また出汁はイリコの甘みが口の中をフワッと広がり、深い旨味が出まくりで麺との相性も
バッチリでメチャクチャ旨~~~い!!!


そうそう「あんちくわ天」はこのような形での提供です。
160625-IMG_3735.jpg

そしてちくわの穴の中には当然のごとくあんこが入ってましたヨ。
160625-IMG_3744.jpg

う~ん、これはどう表現したらいいのでしょう。
”あり” と言えば ”あり” だし、別にちく天だけの方が良いかな?とも思ったり、でもこれは
これで美味しかった!


いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160625-IMG_3745.jpg

2012年に春日町から現在地に移転して4年経つようで、このブログがUPされる頃
には既に4周年のくじ引きは終わっていますが、情報はタイムリーにTwitterで流させ
て頂きました。
160625-IMG_3729.jpg

FBやスタンプカードの説明もしっかりありました。
160625-IMG_3730.jpg


こちらは私が見ているネット上では良く登場するお店で、しかも魅力タップリの情報が
流されていましたがなかなか訪問することができず、今回の巡礼では必ず訪問しよう
と思っていてやっと実現することができました。

しかも食べてみて久々感動する一杯をいただき、またお店の雰囲気も良く、お店の方
がお客さんを大事にされているのが実に良く分かる接客で素晴らしいお店でした。

ただ場所的なのと、開店時間の関係でそう簡単には再訪問は難しいだろうとは思い
ますが、是非もう一度伺いたいお店が増えてしまいました。



《 ふる里うどん 》

住   所: 香川県高松市川島東町523-4
電   話: 080-6399-9509
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 第1・3水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に共同で相当台数OK)

丸亀製麺 伊丹南町店 @伊丹市南町

2016年7月8日 (金)

この日は昼前に歯医者に行き、ランチは昨年3月にOpenした尼崎の「神津うどん」で食
べようと思いお店の前まで行くと何やらおかしな雰囲気。

そう残念ながら閉店か移転したようで、以前お店があった場所は別の店舗となっていて
ビックリ。

そういえばスタッフの体調不良や人員不足で休業されていたのでその影響でしょうか?
残念です。

ということで気を取り直して伊丹市の「千舟屋」に行こうと、車をコインパーキングに置き
お店には13時半頃到着したんですが、何とまだ4~5人外待ちしてるじゃないですか。

まあ少し待てば良いんでしょうけど「穂乃香」にでも行こうと、直ぐに車に戻り尼崎の商店
街を目指して出発。

そして走り出したところでこちらのお店が目に入り「穂乃香」だったら車をコインパーキン
グに置いてお店まで行かなければならないんですが、こちらだったら店舗前に駐車場が
あって歩かなくても良く、また雨が降っていたことも、更に時間的なこともありこちらでい
ただくことに。

160708-IMG_3943.jpg

入店前にこちらで冷やかけがあるのを確認。
160708-IMG_3944.jpg



もちろん「冷やかけ」大盛りと「かき揚げ」を注文。
この日もスマホに入れている丸亀製麺のアプリで、天ぷら50円引きのサービスを
使用させて頂きました。

160708-IMG_3945.jpg


当然ですが写真だけ見ると普通のかけうどんに見えてしまいますね。
160708-IMG_3947.jpg


160708-IMG_3950.jpg

こちらの冷やかけは全体的に無難な味っていうのか、印象がないっていうのかう~ん。

温かいかけ出汁は美味しいんですが、冷やかけは普段頂いてる丸亀以外のお店の
レベルが高すぎるのでどうしても評価は難しくなりますよね。


ご馳走様でした。
160708-IMG_3953.jpg


天ぷら50円引きのレシート。
160708-IMG_3957.jpg




《 丸亀製麺 伊丹南町店 》

住   所: 兵庫県伊丹市南町3-19-1
電   話: 072-784-8255
営業時間: 11:00~22:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり

④めんさ 木太店 @高松市木太町 

2016年6月25日 (土)

今年8度目の渡讃は前回から約2週間ぶり、今回は一泊二日でじっくり巡礼する
予定を立て、1日目のお目当ては観音寺の「黒田うどん」でようやく実現でき、2日
目はこれまたとっても楽しみにしていたお店です。

今回はある程度予定を立てて行動に移しましたが、例によって単独行動なのでど
うなることやら!

尚「その11」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2日目 4軒目 10時25分入店 めんさ 木太店 @高松市木太町


先程のお店「上田製麺所」の次に向かったのは、今年2月に閉店した「高雄」跡に
4月にOpenした新店「めんさ 木太店」で、磨屋町にある「讃岐めんさ」の支店の
ようです。

外観のスレートは前店舗「高雄」のまんまというか、それ以前の工場のまま。
160625-IMG_3698.jpg

店内のテーブルは白を基調にしてスッキリしましたね。
160625-IMG_3702.jpg

奥の小上がりはそのままで?お子さん用の遊び道具が沢山ありました。
160625-IMG_3717.jpg

こちら出口方面からの店内。
160625-IMG_3718.jpg

うどんはこちらで注文し受け取ります。
160625-IMG_3703.jpg

160625-IMG_3704.jpg

薬味の様子ですが、天かすが実際に揚げた残りなので味が付いていてお勧めです。
160625-IMG_3705.jpg

どなたかのブログでしょうゆが紹介されており、「青唐辛子」が付いてくるというので
注文してみました。
160625-IMG_3707.jpg

こちらはレジで精算する際に説明付きで渡して頂きました。
160625-IMG_3708.jpg

まずまずの麺の様子。
160625-IMG_3713.jpg

まずは麺そのままでいただきますと、うん?

開店してそんなに時間が経ってないので作り置きではないはずですが、麺に元気が
なく、また小麦の香りもほとんど感じません。

そこで青唐辛子を麺に混ぜいただきましたが、辛さは(自分的には)全くなく、風味だ
けがプラスされたようで食べやすくなりました。

うどんを食べた後の印象が残りません。
う~んどう評価したら良いのでしょう?

ご馳走様でした。
160625-IMG_3714.jpg

店舗横の駐車場です。
見えている扉は「高雄」時代、出口専用だったんですが今はどう使っているのでしょうか?
160625-IMG_3720.jpg




《 めんさ 木太店 》

住   所: 香川県高松市木太町3623-2
電   話: 087-821-3393
営業時間:    平日 11:00~14:00
        土・日・祝 10:00~14:00
定 休 日 : 第1・3水曜日
駐 車 場 : あり (お店の横に7~8台分くらい)

うどん直 @神戸市灘区

2016年7月3日 (日)

本日の麺活は6月25日にOpenした新店「うどん直」に訪問しました。

お店はJR六甲道駅より徒歩4~5分ほど、阪急神戸線 六甲駅からでも10分程の
距離にあり、通りに面しているので分かりやすいでしょう。

160703-IMG_3903.jpg

160703-IMG_3904.jpg

160703-IMG_3905.jpg

お店の前には開店祝いの胡蝶蘭が綺麗に咲いていました。
160703-IMG_3913.jpg

こだわりが説明されています。
160703-IMG_3935.jpg

店内の様子ですが、まずは入店してすぐのカウンター席。
160703-IMG_3914.jpg

こちらは左側のテーブル席で、奥には厨房前にカウンター席がありました。
160703-IMG_3915.jpg

メニューのご紹介。
160703-IMG_3916.jpg

160703-IMG_3919.jpg

160703-IMG_3918.jpg

さて新店で注文したのは「ちく玉天ぶっかけ」の大盛りです。 (680+100=780円)

暫く待って出てきたのがこれ。
160703-IMG_3922.jpg

ちく天は半身が2つあり、丸々一本分の提供。
160703-IMG_3932.jpg

上のちく天は印象ないけど、この「大分県蘭王」は色も綺麗で味が濃く美味しかった。
160703-IMG_3933.jpg

讃岐を意識してないような感じ。
160703-IMG_3927.jpg

しなやかな細麺で、いただくと実に優しい食感。

伸びや弾力、そしてモッチリ感とどれも主張することはありません。

出汁は少し甘めの自分の好きなタイプで麺との相性は良い感じです。

う~ん、どうなんでしょう。

自分的にはイマイチ物足りなく感じ、どういう方向を目指しているのか
現時点では分かりませんでした。

でもまだ開店1週間ですからこれから大きく変わっていくことでしょう。

ご馳走様でした。
160703-IMG_3934.jpg

結構静かな住宅街の中にあり、コインパーキングは一本裏道に入ると数カ所ありました。
160703-IMG_3940.jpg


JR六甲道駅近くには4月にOpenした「うどん もんや」もあり、両店共頑張って
頂きたいですね。



《 うどん直 》 

住   所: 神戸市灘区六甲町1-1-7
電   話: 078-858-7550
営業時間: 11:00~15:00
        17:00~21:00 (LO20:30)
定 休 日 : 不定休
駐 車 場 : なし
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR