⑤讃岐うどん がもう @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


5軒目  10時29着 10時34分入店  がもう @坂出市加茂町


4軒目の「中村」を食べ終え、高松市内のお店に向かおうと11号線を走っていて、
こちらの近くまで来て、どれくらいの行列が出来ているか怖い物見たさで覗いてみ
ると何と思いの外行列が短く「こりゃ食べていかんとバチ当たるな」と思い急遽訪問
です。

160611-IMG_3254.jpg

この列の後ろに並んで直ぐ、バラバラッと20人くらいのお客さんが並びだし、あっと
いう間に列が延びたので一瞬のナイスタイミングで来たようです。

この時間の釜番は「がもむす」で大将は奥に引っ込んでお役御免というところなんで
しょう。
160611-IMG_3258.jpg

いつもと同じく「そのまま小」と言ってうどんを受け取り、横に移動して揚げさんをうどん
に乗せ、そして支払いを済ませ、天ぷらの後方にある出汁を掛けて頂きます。
160611-IMG_3259.jpg

うどん小150+揚げ100=250円
160611-IMG_3260.jpg

160611-IMG_3265.jpg

うんうんいつものプリンとした心地良い弾力とコシを合わせ持つ極上の麺。
そして出汁も ・・・・・

あれっ、チョットいつものとは違うような感じ。
う~ん私の馬鹿舌では分かりませんが、いつもの円やかさがないような。

まあそれでもメッチャ旨いんやけどね。
ご馳走様でした。
160611-IMG_3267.jpg

食べ終えて行列を見ると先程より遙かに長くなっておりラッキーやったわ。
(この写真では列の長さが分かりませんね。)
160611-IMG_3268.jpg


さて次は高松市内の大好きなうどん屋さんに行こうかな?
とりあえず出発!!



《 讃岐うどん がもう(蒲生) 》

住   所: 坂出市加茂町420-3
電   話: 087-48-0409
営業時間: 8:30~14:00 (麺切れ終了) ※8:15 にはほぼ開店します。
定 休 日 : 日曜日・第3/4月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に大きな駐車場があります)  ・・・・ 昔は今の駐車場の所が田んぼでした。
スポンサーサイト

こんぴらうどん 杉本 @東大阪市友井

2016年6月4日 (土)

本日の麺活は人気店 雅次郎の近くにある「こんぴらうどん 杉本」に初訪問。

実はこちらに来る前、本命の宇野製麺所を目指したんですが何と店内改装中?で
今年3回もフラれてしまいました。

そこで次に向かったのが宇野製麺所から近い雅次郎なんですが、こちらは入口に
張り紙があって臨時休業するとのこと。

もうあかん、今日はうどんを諦めようとしたんですがやっぱりダメで、雅次郎に来る
前にこちらのお店があることを運転中に見つけていて初訪問となりました。

お店は近鉄 弥刀駅から約700mで、近大や前述した雅次郎が近くで、マンション
の1階に寿司屋と介護の店舗の間にありました。
160604-IMG_3075.jpg

昔ながらのうどん屋さんという雰囲気。
160604-IMG_3101.jpg

店舗前にしっかりメニューが案内されています。
160604-IMG_3079.jpg

一歩店内に入ると昭和ワールド全開です。
160604-IMG_3083.jpg

カウンターに座ると目の前にもメニューがあったのでご紹介。
160604-IMG_3081.jpg

160604-IMG_3082.jpg

初めてのお店で注文したのは「ざる」で、大盛りでお願いしました。 
(500+150=650円)

既に茹で上がっていたようで、注文後ほどなくして登場。
160604-IMG_3087.jpg

この麺を見るまで全く期待してなかったんですが、一気にテンションアップです。
160604-IMG_3089.jpg

生姜はピンボケになっていますが、ネギも生姜も新鮮で、ざるうどんとしては鶉の卵が珍しく、
(かじまや以来?)大盛りということもあり薬味もタップリあるのが嬉しいサービスです。
160604-IMG_3091.jpg

シルキーとも思える麺は、麺リフトの写真を撮るのに言うことを聞いてくれません。 (*^o^*)
160604-IMG_3093.jpg

そして一口いただくとこれがどうよ!
ほんまに侮ったらあかんね。

もう剛麺というか、固コシというか、凄く素朴でそれでいてうどんを食べてるなという
実感がひしひし伝わるような印象、こんな麺も好きやな!

またつけ出汁が素晴らしく、流石老舗と思わせるような奥深い旨味十分の味わいで、
うどんを食べてしまった後も、結構濃い出汁だったんですが半分くらいそのまま飲ん
でしまいました。
(つけ出汁の器は結構大きく、またたっぷりと出汁が注がれていました。)

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160604-IMG_3097.jpg

久しぶりに前知識なしに訪問し、美味しいうどんをいただいたんですが、車に戻りネットで
ググってみると、流石この方やこの方は既に訪問されていたんですね。
恐れ入りました、チャンチャン。


160604-IMG_3099.jpg

160604-IMG_3100.jpg



《 こんぴらうどん 杉本 》

住   所: 東大阪市友井2-27-34
電   話: 06-6724-6420
営業時間: 11:30~14:30
        17:30~20:00
定 休 日 : 月曜日・第3日曜日
駐 車 場 : あり (未確認ですが店舗裏に4台分あるよう)

④中村うどん @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


4軒目 9時50分入店 9時57分実食 中村うどん @丸亀市土器町東


先程のお店「山とも」を後にし、ほんの数百メートルくらいの近場、超人気店の「中村うどん」
昨年6月以来、1年ぶり4度目の訪問です。

土曜日の開店時間直前ですがまだ外待ちはなく、と思っていたんですが、既に何人かは
店内で待っていらっしゃいました。
160611-IMG_3241.jpg

入店すると目の前にこのメニューが目に飛び込んできます。
160611-IMG_3252.jpg

いつ来ても分かりづらいシステムです。
160611-IMG_3251.jpg

今日は入店してオーダーを済ませ、その後席に着いて待つように案内され、出来上がりを
待ちました。
160611-IMG_3242.jpg

7分程待っていると出来上がりで呼ばれ、麺を受け取り、天ぷらを取って(先にとっていたが)、
薬味を入れ、そして出汁を入れて席に戻ります。 (会計は後払い)
160611-IMG_3243.jpg

薬味を入れる時や出汁を注ぐ時などの間、お店の方の目が光っている(監視されている)
ようで、余り良い気持ちじゃないですね。 (>o<)

うどんはというと、もう最高の状態で見るからに美味しそう。
また出汁の色合いも最高です。
ひやかけ230円+ちく天100円=330円
160611-IMG_3244.jpg

160611-IMG_3249.jpg

しなやかな細麺で伸びがあり弾力も素晴らしい。
また麺の中心部に歯が当たると押し返すような粘りがありコシ感が心地良く旨いネ。

そして出汁は上品でまろやか、旨味成分出まくりで麺との相性も良くメッチャ旨!!!

そうそうちく天は揚げたてサクサクで甘く、印象深い旨さやったね。
160611-IMG_3245.jpg

何かしら気を使いながらあっという間に完食、ご馳走様でした。
160611-IMG_3250.jpg

お店を出る時まで外待ちはなかったんですが、車に乗り込もうとした際にはぞろぞろっとお店に
向かうお客さん達が。
160611-IMG_3253.jpg

チョットしたタイミングで大変な行列になりますので早めに行くことをお勧めします。

過去いただいた回数は僅かですが、いついただいても安定した旨さがある印象が強く、
うどんとしてはお勧めなんですが、お店の雰囲気や、その他システムが分かりづらい等
の難点があり、総合的にお勧めできるかは難しいところですね。




《 中村うどん 》

住   所: 香川県丸亀市土器町東9-283
電   話: 0877-21-6477
営業時間: 10:00~14:00 (麺切れ終了)
定 休 日 :  金曜日 (祝日でも休み) 
駐 車 場 :  あり (公式では5台ですが、共用駐車場でもっと置ける)

うどん屋 麦 (バク) @姫路市鍛冶町

2016年6月3日 (金)

この日の2軒目は昨年3月Openした「うどん屋 麦」で、ずっと行きたかったんですが
やっと初訪問できました。

お店はJR播但線 京口駅から1kmチョット、姫路城のほど近い昔ながらの佇まいが
残る一方通行の石畳の通路に面し、車で通っているとうどんの幟もないので見逃して
しまうようなところです。

160603-IMG_3053.jpg

160603-IMG_3055.jpg

店内はこんな様子です。
入店してすぐにある厨房前のカウンター席。
160603-IMG_3049.jpg

奥に長い大きなテーブルがどーんとあり、意表を突かれたような感じ。
160603-処理済~IMG_3048

イスの数を数えると20人以上座れるようですが、満席だったら食べにくそう!
160603-IMG_3047.jpg

お店はリノベーションやリフォームをせず、最小限だけ手を加えた様子。
廊下や天井、そして裸電球等昭和の雰囲気を残したようで、皆が集まって
わいわいお酒を飲むのに最適な場所という感じでしょうか。

席に座ってまずはメニューを確認しましょう。

Openして既に1年以上経っていますが潔いメニューに驚き、麺は太麺と
五島の細麺があるようです。
160603-IMG_3027.jpg

160603-IMG_3028.jpg

しっかり待って「しょうゆ」と「ちく天」がやっと登場。 (550+120=670円)
160603-IMG_3038.jpg

もう見ただけで美味しいのが分かります!
160603-IMG_3039.jpg

麺リフトをしなくても上の写真で分かりますよね。
ビシッとしたエッジと綺麗な麺肌がステキです。
160603-IMG_3041.jpg

醤油は既にかけられてある旨の説明があり早速いただきましたが、これが以外と
優しい感じ。
事前のネット調査では剛麺という情報だったので、見た目とも違ったのでビックリ。

ただこの違いが良い方に違っていて、ソフトな麺でグミ感があり、またしっかりした
弾力とコシ感がバッチリでメッチャ美味しく、ほんのり香る小麦の風味も良いですね。

また使っている醤油がうどんと良くマッチしてたのには感心しきりです。

いやぁ~大盛りにすれば良かったと後悔、ご馳走様でした。
160603-IMG_3046.jpg


車族の方のために駐車場の案内です。
お店の前の一方通行を更に進んで下さい。
160603-IMG_3051.jpg

そしてこの赤いお店の看板の先、ツタがあるところが駐車場です。
160603-IMG_3061.jpg

処理済~160603-IMG_3062

2・11・25・26番が「うどん屋 麦」の駐車場。
160603-IMG_3064.jpg

この日は天気が良く、このお店と姫路城が凄く近いので城に行きたかったんですが、
時間の関係でやむなく退散。
「うどん屋 麦」に行かれる際は、ぜひ姫路城とセットで予定されることをお勧めします。



《 うどん屋 麦 》 (バク)

住   所: 兵庫県姫路市鍛冶町2
電   話: 079-227-7997
営業時間: 11:30~14:00
        18:00~21:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店から約200mのところの治部パーキングに4台分) 

③純手打ちうどん 山とも @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり、
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


3軒目  9時33入店 9時40分実食  山とも @丸亀市土器町東


2軒目の「たむら」を食べ終え、車内で次のお店選びに大いに悩み、どういう訳か
そこそこ離れている丸亀市の「純手打ちうどん 山とも」に昨年6月初訪問以来
丁度1年ぶりに訪問しました。
処理済~160611-IMG_3237

入店してすぐ右側のこちらで注文。
160611-IMG_3224.jpg

麺の出来上がりまで少し時間がかかるとのこと、天ぷらをゲットして会計を済ませます。
160611-IMG_3223.jpg

店内奥は小上がりとなっています。
160611-IMG_3225.jpg

こちらは入店して左側のカウンター席、Open当初はスタンディング形式でしたが、
いつの間にか座れるように変えたんですね。
処理済~160611-IMG_3226

席について約7分待ちで出来上がりました。 (番号札を渡される)
勿論セルフなので呼ばれたら、自らうどんを取りに行きます。

今日の注文は「ひやひや」と藤原屋の「げそ天」 (230+130=360円)
※ 宮武系のお店では「ひやかけ」と言わず 「ひやひや」と呼ぶのがお約束ですね。
160611-IMG_3229.jpg

写真で見ても少なそうですが、現物を見るともっと少なく感じます。
160611-IMG_3230.jpg

麺リフトが難しい軟体の細麺。
160611-IMG_3234.jpg

しなやかで柔らかく箸で掴むのも難しいほどの麺。
ほんとに軟体麺でコシ感も探すのが難しいくらい独創的で斬新な感じがします。
うんうんこれはこれでありですね。

ネット上での情報とチョット違うようなんですが偶々なんでしょうか?

☆ 藤原屋のげそ天、ひょっとしたら人生初かな?

いやぁ~そんなことはないよな。とか、記録を調べないと食べた記憶がありません。
でもしっかりした旨味があり美味しかった。
160611-IMG_3228.jpg

うどんを食べるよりげそ天を食べるのに時間がかかりましたね。

ご馳走様でした。
160611-IMG_3235.jpg

お店を出る際の店内の様子。
処理済~160611-IMG_3236

こんな新しい看板が出来ていましたね。
160611-IMG_3220.jpg

流石に初回訪問時のような喧噪はなく、順序だったオペレーションでしたね。
そしてまだまだ変化しそうなうどん。
今後更に飛躍するよう期待しています。



《 純手打ちうどん 山とも 》

住   所: 香川県丸亀市土器町東9-194
電   話: 080-1992-3716
営業時間: 9:00~14:00
定 休 日 : 日曜日 
駐 車 場 : あり (店舗の敷地内)

本場讃岐うどん まつかぜ @姫路市広畑区

2016年6月3日 (金)

今日のランチは姫路市広畑区にある「本場讃岐うどん まつかぜ」に2012年以来
久々の訪問。
お店は山陽電鉄 広畑駅から約20分ほどで、住宅街の静かなところに立地しています。

お店の周辺には相当台数駐車が可能。
160603-IMG_2968.jpg

定刻2分くらい前に暖簾が掛けられました。
160603-IMG_2972.jpg

店内はこんな様子です。
対面式のカウンター横では大将が麺打ちしながらお客さんの様子を窺えるようになってます。
160603-IMG_2974.jpg

奥には小上がりがあり、お子さんずれやお年寄りにも使いやすそう。
また小宴会ができそうですね。
160603-IMG_2976.jpg

讃岐のお店らしくおでんもありました。
160603-IMG_2977.jpg

食べるのは決めていたんですが、一応メニューを見てみると「本日の日替ランチ」が
あったのでそちらに決定。
160603-IMG_2990.jpg

当初海老天ぶっかけに「食べログや、ホットペッパー等を見た」でサービスとなる
ちく天を追加と考えていましたが数量限定にやられ、またかやくご飯も食べてみた
かったので急遽変更です。

約15分待って登場。
160603-IMG_2999.jpg

好きなちく天、そして卵天もあり、またそこそこのボリュームあって良い感じ。
160603-IMG_3000.jpg

麺の状態もバッチリで、出汁はぶっかけとかけの中間ぐらいでしょうか。
160603-IMG_3005.jpg

写真は悪いんですが、エッジのしっかりした色白美人。
160603-IMG_3009.jpg

麺の第一印象はソフトな食感で食べやすいですね。
適度な麺の太さ、適度な弾力、そして適度なコシといずれも心地良い食感で美味しい
ですね。
また出汁はぶっかけですが、ごくごく飲めるようなスッキリ出汁でうどんと相まってこれ
また旨し。

ちく天と卵天はなにか得した気分。

炊き込みご飯は普通かな。
160603-IMG_3003.jpg

ボリューム満点で美味しかった、そしてご馳走様でした。
160603-IMG_3011.jpg

レギュラーメニューのご紹介。
160603-IMG_2981.jpg 160603-IMG_2982.jpg

160603-IMG_2983.jpg 160603-IMG_2984.jpg

160603-IMG_2985.jpg 160603-IMG_2986.jpg

160603-IMG_2987.jpg 160603-IMG_2988.jpg

160603-IMG_2989.jpg

会計の際、レジ後ろを見るとキッチリ「もり家グループ」の証が飾られていましたね。
160603-IMG_3013.jpg

☆ お店の概略図
160603-IMG_3016.jpg

この看板がよく目立ってました。
160603-IMG_2967.jpg


こちらに来る前にすぐ近くにあった「麦っ子」の様子を見てきましたが、建物は
そのままで、入口横の表札には「麦っ子」の名前そのままが残り、暖簾を掛け
たらすぐ営業できるような感じだったんですが、やっぱり閉店したんですね。
あらためて残念に思います。



《 本場讃岐うどん まつかぜ 》

住   所: 兵庫県姫路市広畑区才765
電   話: 079-238-3917
営業時間: 11:00~14:00
        18:00~21:00
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (お店の周辺に10台以上軽くOK) 

②手打うどん たむら @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり、
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2軒目  8時56入店  たむら @綾川町陶


1軒目の「うつ海」を出て、次に向かったのは土曜日は6時から営業していると
思っていた「めんや七福」だったんですが、8時前にお店に行くとまだ営業して
おらず、大将(弟さんかな?)に話を聞くと、開店時間を元に戻して10時にした
とのことで、急遽定番のお店「がもう」に向かいました。

「がもう」には8時40分頃に着いたんですが行列が長くて断念、結局もう一つの
定番のこちら「手打うどん たむら」に訪問しました。

あわてて撮ったので外観はこんなカットだけ。
160611-IMG_3207.jpg

いつも9時丁度くらいの茹であがりだったんで車内で次のお店の検討をしていたら、
なにやら店内で先客が食べているようだったので覗いてみると珍しく定時前に茹で
上げているよう。

早速店内へ。
大将私の顔を見るなり「もうすぐ出来るから・・・・」と。
しばし世間話をしながら待つことに。
160611-IMG_3210.jpg

出汁のうどんも喰ってみたいな、なんてことも考えつつ何時も写真だけ。
160611-IMG_3208.jpg

今日の天ぷら達。
160611-IMG_3209.jpg

結局2~3分待ちで「釜抜きしょうゆ1玉」 (200円) の出来上がり。
160611-IMG_3211.jpg

160611-IMG_3214.jpg


ネギ・生姜をのせ、味の素と七味をふりかけ、そして醤油を少しだけ掛けていただきます。
もう絶句するくらいモッチモチで甘くて旨~~~い!!!

毎度毎度のことなので「旨い」以外の表現は不要でしょう!

もう一杯食べたい衝動をグッとこらえ、ご馳走様でした。
160611-IMG_3218.jpg

そして最後のカットはお約束のこちらでおしまい。
処理済~160611-IMG_3219

食べ終わって車に戻り次のお店をどうするか、暫く悩んでしまいまいした。
やっぱり訪問計画がないと移動距離やら開店時間の関係でメッチャ苦労しますね。
さて次はどこに向かうんでしょうか?



《 手打うどん たむら 》

住   所: 香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
電   話: 087-876-0922
営業時間: 9:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前と自販機の前、そして信号を右折したところ) 

うどん ゆきの @大阪市東住吉区

2016年6月1日 (水)

会社の創立記念日で休みなので平日のランチがお得な、そしてメッチャ美味しい
私の大好きな東住吉区にある超人気店「ゆきの」へ今年1月以来の訪問です。

いつものようにチョットお店から離れた所に駐車し、お店に向かいましたが開店
15分前で何と先客1名いたのにはビックリ。
160601-IMG_2943.jpg

メニューは変わっていませんが一応UPしておきましょう。 (前回ブログのを使用)
160108-DSC03650.jpg

160108-DSC03651.jpg


こちらに来るまで「きつねうどん定食」にするか「天ぶっかけ定食」にするか大いに
悩み結局「天ぶっかけ定食」(980円-平日割引100円=880円)をお願いしました。


入店して約10分でうどんが運ばれてきました。
160601-IMG_2951.jpg

開店時間に合わせてうどんは茹で上げているとはいえ、いつものごとく大将の手際の
良さには目を見張るものがあり、いつも感心しきりです。
160601-IMG_2954.jpg

160601-IMG_2958.jpg

今日は海老天からがぶっ!
軽く揚がってプリプリしていて、甘みもあって美味しいですね。

麺はいつもと変わらずモチモチで適度の弾力が心地良く、プリンとしたコシ感が
素晴らしい。
海老天以外の数多くの天ぷらも、さすがプロの技といった感じでサクッと揚げって
メチャ旨です。

そしてかやくご飯も忘れてはいけません。
最初の一口目は薄味と思ってしまうんですが、食べているうちに良い塩梅になり、
上品な旨味がジュワッと口の中に広がり抜群の美味しさです。

いやぁ~今日も大満足でお腹パンパン、ご馳走様でした。
160601-IMG_2960.jpg


食べ終えて外に出るとやっぱりお待ちのお客さんがいらっしゃいました。
いつ来ても人気ですが、この美味しいうどんが食べられるなら並ぶのも正解でしょう!



《 うどん ゆきの 》

住   所: 大阪市東住吉区山坂3-10-14
電   話: 06-6622-8866
営業時間: 11:00~13:30
        17:30~19:00 (土曜・日曜はお昼のみの営業)
定 休 日 : 月曜日・祝日・第1/第3日曜日 (土曜日が祝日の場合は営業)
駐 車 場 : なし (近隣にCPが少なく、公共交通機関がお勧めです)

①うつ海うどん @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり、
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


1軒目  7時15入店  うつ海うどん @高松市下田井町


本来1軒目は定番の「がもう」と考えていたんですが、家を出るのがいつもより遅かったので、
まずは先に一杯お腹に入れておこうと考え、私の渡讃の際のルート上にあるこちらに3月以来
2度目の訪問です。

160611-IMG_3189.jpg

メニューのご紹介。
160611-IMG_3191.jpg

天ぷらはこんな感じで前回訪問時より少なく、昼に向けてどんどん増やしていくのでしょう。
160611-IMG_3192.jpg

冷やかけが始まっているようですが、さか枝のお弟子さんなのでやっぱり「かけ」を
食べたいですよね。

ということで「かけ小」を注文し、丼に入った麺を受け取り、セルフで湯がきます。
サッと3~4秒の湯煎としました。
160611-IMG_3193.jpg

本来は先に隣の出汁サーバーから出汁を注いでから薬味を入れるんですが、なぜか
順序が後先になってしまいました。 
ねぎが新鮮なのは好感が持てますね。
160611-IMG_3194.jpg

薬味を入れてから出汁を注ぎました。
160611-IMG_3195.jpg

相変わらず他店の軽く1.5玉はありそう、これが後で効いてくるんだな!
しかしこれで190円とはご近所さんが羨ましい限り。
160611-IMG_3197.jpg

元気の良い麺で張りがありぷるんとした弾力は心地良く、コシ感も良いですね。
また出汁はイリコがふんわりと香りスッキリと、麺との相性もバッチリで美味しいですね。

やあ~朝一のうどん、十分堪能させていただきました。
ご馳走様でした。
160611-IMG_3202.jpg

店内は入店時先客2名いたんですが、食べ終える頃は私一人になってしまいました。
160611-IMG_3203.jpg

外に出ると同時に数人が入店したので、この時間の営業ということではボチボチと
いった印象でしょうか。

やっぱりこちらでは「かけ」がお勧めかな?
それにしてもボリュームが凄くて、食べ歩きの最後に予定するのは厳しいのかな?と
思ってしまいます。 (*^o^*)

お店の詳細は前回訪問時のブログをご覧下さい。



《 うつ海うどん 》

住   所: 香川県高松市下田井町359-2
電   話: 087-813-0365
営業時間: 6:00~15:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (お店の前と横に10数台分)

讃岐一番 @堺市南区

2016年5月29日 (日)

本日の麺活は堺市南区にある「讃岐一番」に1月以来、今年やっと2度目の訪問です。
こちらのうどんは定期的に食べないと禁断症状が出てきそうで、我が家から下道で
1時間半かけてやってきました。

11時丁度に開店し、即店内に突入。
160529-IMG_2935.jpg

表のメニューですが、よく見ると色んな種類のうどんがあるんですね。
160529-IMG_2915.jpg

総菜や天ぷら達のラインナップですが、開店時に天ぷらが全て揚がっているのは
最近では珍しいのでは? (*^o^*)
160529-IMG_2916.jpg

天ぷらはタマネギとちくわをいただきましたが、このタマネギの甘かったこと!
ちくわは丸々1本揚げで食べ応え十分。
160529-IMG_2918.jpg

おでんは種類こそ少ないですがしっかりスタンバイ。
160529-IMG_2933.jpg

まずはひやあつを注文。 (本来は前金が基本ですが、いつも最後に払ってます。)
160529-IMG_2919.jpg

写真で見ると優等生的な麺ですね。
160529-IMG_2922.jpg

今日も出汁からズズッとすすってみると「おおっ、これぞイリコやん」と思わずにっこり。
太麺はモッチリと、そして弾力があり抜群のコシ、また適度に暴れまくってくれて口内
暴力が楽しめます。

あっという間に食べてしまい、大将に空の器を渡して替え玉でしょうゆをいただきます。
160529-IMG_2924.jpg

醤油は少しだけで十分。
160529-IMG_2925.jpg

160529-IMG_2926.jpg

この麺のしめ具合、もう旨すぎてなんて表現すればいいのか!
抜群の食感で麺が甘く、また小麦の風味もバッチリです。
う~ん、これまた最高に旨~~~い!!!

これだけ食べて630円とは、なんか申し訳ないような。 (*^o^*)
(かけ280+替え玉150+タマネギ天100+ちく天100=630円)

今日も大大大満足、ご馳走様でした。
160529-IMG_2931.jpg

店内の様子やメニューはこちらをご覧下さい。



《 讃岐一番 》

住   所: 大阪府堺市南区竹城台4-15-25
電   話: 072-292-3525
営業時間: 11:00~15:00
        18:00~21:00 (木曜の夜はなし)
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に共同の駐車場で10台分以上OK)
プロフィール

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR