こだわりうどん どん太郎 @堺市北区

2016年4月21日 (木)

今日は堺市駅から徒歩8分くらいのところにある「こだわりうどん どん太郎」に初訪問。

かなり前から私のうどん住所録には記録されていたんですが、何分皆さんのブログでの
紹介がないのでほったらかしにしていましたが、平日休んだこともあり普段行かない所に
行こうと決め初訪問となりました。

160421-IMG_1637.jpg

中長尾町という交差点にお店は立地しています。
160421-IMG_1677.jpg

店舗前には一押しでしょうか? お勧めのアピールです。
160421-IMG_1642.jpg

店内の様子です。
160421-IMG_1644.jpg

カウンター席の左側には小上がりがありました。
160421-IMG_1647.jpg

お得なセットはうどんが「きつね」「ざる」「ぶっかけ温or冷」から選べ大盛り無料。
ということで注文したのは「野菜天と竹輪天のぶっかけ丼セット」でぶっかけ冷大盛り。
160421-IMG_1655.jpg

160421-IMG_1656.jpg

160421-IMG_1654.jpg

160421-IMG_1652.jpg

夜のメニュー、遅くまで営業しているので夜は飲み屋さんになるのでしょう。
160421-IMG_1651.jpg

暫く待って出てきたのがこれ。
出汁は別容器で提供され、やっぱり大盛りだけあってボリューム感があります。
160421-IMG_1660.jpg

ネギ・天かす・大根おろしはデフォルトでONされていました。
160421-IMG_1661.jpg

ゴチャゴチャのっていて、天ぷらの種類がナス以外、ぱっと見て何か分かりません。
160421-IMG_1663.jpg

細麺ですがエッジはしっかりとしていました。
160421-IMG_1669.jpg

卵黄を混ぜたらこんな感じ。
160421-IMG_1674.jpg


麺はかなり細くて伸びはなく、また弾力もありません。
かといってボソッとすることはなく、麺密度が高く固コシと思ってしまうかも知れませんが、
茹であがりのタイミングは大将がしっかり指で確認しているのでそんなことはないでしょう。
まあ讃岐うどんと大阪うどんの中間くらいということでしょうか?


丼は小さな野菜天(ナス・シイタケ)とちく天がのり、また綺麗な色の卵の黄身だけが
のっていましたが、ご飯がベチャッとしていて、全ての天ぷらも軽くなく、う~んという感じ。

全体的にどうなんでしょう。
う~んかな?

ご馳走様でした。
160421-IMG_1675.jpg

随分遅くまで営業してますね。
160421-IMG_1653.jpg



《 こだわりうどん どん太郎 》

住   所: 大阪府堺市堺区中長尾町2-5-16
電   話: 072-255-8168
営業時間: 月~土 11:30~14:30 / 18:00~翌2:30
        日 ・ 祝  11:30~14:30 / 18:00~翌1:00
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : なし (比較的近くにCP2か所あり)
スポンサーサイト

③岡田うどん @2016 四国巡礼その6

2016年4月22日 (金)

今年5度目の渡讃、1泊2日の予定で大好きな讃岐うどんを楽しみます。

今回はあらかじめピックアップしていたお店と、実際に食べたお店が相当違っていて、
久しぶりに現地で両日ともどうしようか?と相当悩んでしまいました。

まあでも最終的には自分一人だけの巡礼なのでいつも通り大好きな讃岐うどんを一人
気ままに食べ歩きたいと思います。
尚「その6」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


3軒目 9時30分着  岡田うどん @まんのう町西條


先程のお店「たむら」を出て、全く順番が狂いましたが「岡田うどん」に初訪問です。

前夜訪問予定のお店のピックアップと、訪問順序をえいやって決めていたんですが、
がもうの開店待ちの間に今日の予定を確認していると、どういう訳かゴロッと変わって
しまいました。 (*^o^*)

160422-IMG_1741.jpg

160422-IMG_1723.jpg

なんでも元祖どじょううどんのお店だそうで昭和31年創業の老舗、近くの学校に
麺を卸していて、お店に前には「岡田製麺所」という看板も掲げられていました。
160422-IMG_1724.jpg

160422-IMG_1725.jpg

入店すると昭和にタイムスリップしたような、古き良き時代の味わいのある佇まい。
処理済~160422-IMG_1729

160422-IMG_1730.jpg

この時計は動いているようです。
160422-IMG_1728.jpg

食べてはいませんが、いなりにしても、ちらし寿司にしても絶対美味しいんでしょう。
160422-IMG_1739.jpg

メニューはこんな感じです。
160422-IMG_1726.jpg

メニューをじっくり見てあれっと思いませんか?
他店では絶対あるはずの「かけうどん」が見当たりません。
どうもこちらでは「かけうどん」=「かやくうどん」のようですね。


「どじょううどん」 (1,000円) いかがですか?
160422-IMG_1727.jpg

さて注文は「かけ小 そのまま」と言って、おばちゃんと二言三言お話しすると冷やかけが
出来るようなので冷やかけ=かやくうどん冷(220円)を注文しました。
160422-IMG_1733.jpg

大きなカマボコが2切れ、わかめもタップリ入っていてネギもONされています。

これが意外にも綺麗な細麺でビックリ!
160422-IMG_1736.jpg

まずは出汁からズズッと。
これがどうよ、イスからずり落ちそうになるほど美味しいじゃないですか。
イリコと昆布が上手く融合されていて、田舎出汁という感じだけどこの麺にピッタリ。

麺は上述したようにしっかりした細麺で、綺麗なエッジがビシッとしていて、力強さの
ある素晴らしい麺で出汁と良くマッチしていて美味しいですね。

いやぁ~ビックリしたな。
失礼ながら全く期待してなかったんですが、良い意味で裏切られました。 (*^o^*)
これだから巡礼は楽しいんだな!

ご馳走様でした。
160422-IMG_1738.jpg

かやくうどんが食べ放題で800円、いかがでしょうか。
160422-IMG_1740.jpg

地図で確認すると近くには、「やましょう」「太郎うどん」「歌月」があり、「小縣家」「長田うどん」
などともそんなに離れてなく、結構なうどん激戦区の地域のようです。



《 岡田うどん 》

住   所: 香川県まんのう町西條576-3
電   話: 0877-75-2571
営業時間: 5:30~15:00 (開店が余りにも早いので確認したら間違いのないようです。)
定 休 日 : 日曜日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前に約10台分) 

自家製うどん 和匠 @大阪市天王寺区

2016年4月17日 (日)

本日の麺活は昨年9月にOpenした「自家製うどん 和匠」(わしょう)に昨年10月以来
2度目の訪問です。

お店は天王寺駅から約500m程のところ、南河堀の交差点から直ぐで、天王寺中学校の
道路を隔てたところに立地します。

写真正面が大阪市立天王寺中学校です。
160417-IMG_1592.jpg

この日は風が強く、普段なら店舗前に出している案内板が全て店内に仕舞ってありました。
160417-IMG_1633.jpg

店内の様子です。
160417-IMG_1609.jpg

カウンター席の目の前にはこんなPOPがあり、もうこれを見て決定です。
ちく玉天セット(ひやひや+かやくご飯)が 800円とメッチャ安!
160417-IMG_1597.jpg

これも食べたいな。
160417-IMG_1596.jpg

魅力のある新しいメニューが目白押し。
160417-IMG_1601.jpg

これも美味しそう。
160417-IMG_1602.jpg

暫く待ってちく玉天セットが登場。
160417-IMG_1612.jpg

琥珀色?の出汁の色が素晴らしく食欲をそそります。
160417-IMG_1615.jpg

写真で見るより実物の方が大きくボリュームがあります。
160417-IMG_1620.jpg

器は小さいんですが、タップリと入っていました。
160417-IMG_1623.jpg

ネギはチョット固かったような。
160417-IMG_1617.jpg

やや細麺ですがメチャクチャきれいな麺で見るからに美味しそう!
160417-IMG_1626.jpg

まずは出汁から。
イリコを主張しすぎず、しっかりと他の節類とバランスが絶妙。
スッキリとそれでいて深い旨味が口の中にじわっと広がりメッチャ旨!

しなやかな細麺はのど越し良く、そして力強くてコシ感がたまりません。
いやぁ~、それにしてもしみじみ旨いな!!!

名物「かやくご飯」は上品ながらしっかりとした味わいで実に旨し!!

そうそう大きなちく天は甘くて美味しいんですが、今日は玉子天に感動です。
160417-IMG_1631.jpg

コスパ抜群の素晴らしいランチ、ご馳走様でした。
160417-IMG_1632.jpg

レギュラーメニューのご紹介。
160417-IMG_1604.jpg

こちらは定食メニュー。
160417-IMG_1606.jpg

寡黙な大将。
流石の経歴は味が証明しています。

素晴らしいお店でもっと足繁く通いたいんですが、なにせ未訪問店がいっぱいある
もので、なかなかそうはいきませんね。

160417-IMG_1608.jpg



《 自家製うどん 和匠 》

住   所: 大阪市天王寺区北河堀町2-10
電   話: 06-7173-8850
営業時間: 11:30~15:00 (LO14:30)
        18:00~21:00 (LO20:30)
定 休 日 :  不定休 (お店のホームページで確認下さい)
駐 車 場 :  なし (店舗前の一方通行の反対側に1か所、そして信号渡って
            天王寺中学校の一通方向に入っていくと3か所ありました)

②手打うどん たむら @2016 四国巡礼その6

2016年4月22日 (金)

今年5度目の渡讃、1泊2日の予定で大好きな讃岐うどんを楽しみます。

今回はあらかじめピックアップしていたお店と、実際に食べたお店が相当違っていて、
久しぶりに現地で両日ともどうしようか?と相当悩んでしまいました。

まあでも最終的には自分一人だけの巡礼なのでいつも通り大好きな讃岐うどんを一人
気ままに食べ歩きたいと思います。
尚「その6」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


2軒目 8時34分着  8時58分実食  たむら @綾川町陶


先程のお店「がもう」を出て、定番のコースで「手打うどん たむら」に向かいます。

初めて見る青い幟は右側にも立っているんですが、写ってないですネ。
160422-IMG_1696.jpg

「さぬきの夢」の黄色い幟は反対を向いているので直そうとしましたが、風の影響があり
ダメでした。
160422-IMG_1698.jpg

代わっていませんが一応メニューをパシャ。
160422-IMG_1701.jpg

今日の天ぷらのラインナップ。
160422-IMG_1702.jpg

こちらは開店時間の9時に一番釜が茹で上がるようにされていて、今日は2分前に出来上がり。
160422-IMG_1705.jpg

美味しさが伝わるでしょうか?
160422-IMG_1706.jpg

この不揃いの、ねちゃっとした感じの麺なんですがこれが旨いんだな!
160422-IMG_1713.jpg

もうコメントは不要でしょう。
モッチリとして、麺が甘くて抜群の旨さです。

ご馳走様でした。
160422-IMG_1714.jpg

最後はこのカットでおしまい。
160422-IMG_1717.jpg

しかし国内産小麦粉と言えど、神の手にかかるとこうも美味しくなるんですね。
もう一杯のお代わりをグッと我慢するのが大変ですが次へ進みましょう。



《 手打うどん たむら 》

住   所: 香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
電   話: 087-876-0922
営業時間: 9:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前と自販機の前、そして信号を右折したところ) 

麦きり トクオカ @明石市魚住町

2016年4月16日 (土)

本日の麺活は明石市にある「麦きり トクオカ」へ昨年2月以来久しぶりの訪問です。
お店はJR山陽本線 土山駅から徒歩4~5分、車だったら第二神明道路 明石西から
2~3分程の所に立地し、近くにはイオンモール土山店があったりします。

160416-IMG_1583.jpg

店舗裏の駐車場ですが、免許取り立ての方にはチョットしんどいかも分かりません。
160416-IMG_1541.jpg

到底うどん屋さんには見えないですよね。
160416-IMG_1581.jpg

今日のお勧めは?
160416-IMG_1578.jpg

この日はどういう訳か開店時間を11時45分と勘違いし、時間調整してお店に着くと
既に開店してるじゃないですか。

もう慌てて入店しましたヨ。

カウンターの端っこの座り、店内のPOPをまずチェック。
160416-IMG_1549.jpg

この「海老天カレーうどん」というのが気になりますが、こちらに来る前から注文品は
決まっています。
160416-IMG_1551.jpg

注文したのは何時もと変わらず「釜玉」+「ひやひや」+「ちく天」で、まずは釜玉から登場。
(釜玉410+ひやひや460+ちく天130=1,000円)
160416-IMG_1554.jpg

ネギ・天かす・かつお節はデフォルトでうどんの上にのって提供されます。
160416-IMG_1555.jpg

角度を変えてパシャ。
160416-IMG_1556.jpg

やや太めの麺かな?
160416-IMG_1559.jpg

素早く混ぜていただきましたが、こちらの釜玉は既に卵がある程度混ぜられているので
多少撮影に時間がかかっても卵が麺に絡まないということはなく安心です。

久しぶりに食べたけどやっぱり絶品やね!
適度な塩分が口の中に広がり、モッチリ感と絶妙なコシ感がたまりません。

またかつお節が普通だったら全く不要と思ってしまうんですが、これが邪魔せずにプラス
アルファの良い仕事をするんですわ。
旨~~~い!!!

いやぁ~やっぱりメチャ旨いネ。
ご馳走様でした。
160416-IMG_1560.jpg


釜玉を食べ終える頃に「ひやひや」と「ちく天」を持って来たけどカウンターに
乗れへんやん。 (>o<)

あと数秒もあったら食べ終えるのが見たら分かるはず、店員さんもそれくらい
気を利かして欲しいな!
(慌てて食べて、厨房の中の店員さんにお盆を渡しましたヨ。)

「ひやひや」にはスダチ酢が一緒に提供されます。
160416-IMG_1563.jpg

食欲をそそるビュジアルで美味しそう。
160416-IMG_1564.jpg

ちく天は一ひねりしてあり、サクッと甘くて美味しい!
160416-IMG_1567.jpg

写りは悪いけどしっかりエッジが立ち、えくぼもバッチリ。
160416-IMG_1573.jpg

まずは出汁からズズッと。
うんうん、これこれ。

旨味が凝縮されたスッキリ出汁、雑味は一切なく深い味わいでこれまた旨~い。
そして麺は釜玉のとはごろっと変わって凄いコシ、剛麺と表現するのがピッタリと
くるよう。

うどんを食べていると麺の中心部分には凄い反発があり、心地良い口内暴力が
楽しめます。

余りにも美味しいので一心不乱に食べてしまいました。
ご馳走様でした。

そういえば釜玉の器と違うんですね。
160416-IMG_1574.jpg

どうも「一寸ぼうし」の開店時間と間違ってったみたい。
160416-IMG_1576.jpg

店内の様子やメニューは前回ブログや、前々回ブログをご覧下さい。



《 麦きり トクオカ 》

住   所: 兵庫県明石市魚住町清水2189
電   話: 078-943-3644
営業時間: 11:30~14:30 (LO)
定 休 日 : 水曜日・第3火曜日
駐 車 場 : あり (お店の裏側に数台分)

①讃岐うどん がもう @2016 四国巡礼その6

2016年4月22日 (金)

今年5度目の渡讃、1泊2日の予定で大好きな讃岐うどんを楽しみます。

今回はあらかじめピックアップしていたお店と、実際に食べたお店が相当違っていて、
久しぶりに現地で両日ともどうしようか?と相当悩んでしまいました。

まあでも最終的には自分一人だけの巡礼なのでいつも通り大好きな讃岐うどんを一人
気ままに食べ歩きたいと思います。
尚「その6」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


1軒目 7時58分着  8時12分入店  がもう @坂出市加茂町


何時もの開店前ののどかな風景、写真を見ているだけでもホッコリするような気がします。
160422-IMG_1680.jpg

今日の出足は常連さんも早く、開店前の店内にどんどん吸い込まれています。
そして車で待機していたら一般のお客さんも並び出すのが早く、慌てて2番手で
並びました。 (ポールのお客さんは4人組)
処理済~160422-IMG_1681

チョット見づらいんですが5月1日~5日を休業する旨の案内がありました。
この期間余りにもお客さんが多すぎて、駐車場があふれてしまい、安全面等も考慮して
休業されるようです。
160422-IMG_1682.jpg

ほぼ通常通りの開店(一般客に開放)で8時12分、これも常連さん次第やけどね。
今日も大将にチョコッと挨拶して「そのまま小」と告げうどんを受け取ります。
160422-IMG_1683.jpg

色々な種類があるんですが、ここでは揚げさんしか取ったことはないんです。 (×_×)
うどんの上に揚げをONして支払いを済ませます。 (150+100=250円)
160422-IMG_1684.jpg

こちらで出汁を入れ、ネギをONすればきつねうどんの出来上がり。
160422-IMG_1685.jpg

今日は特等席の製麺機の前が空いていたのでそちらで実食。
160422-IMG_1687.jpg

160422-IMG_1689.jpg

今日のうどんも旨~~~い!!!
麺も出汁も揚げも最高で言うことなし。
ほんまに美味しいんです。

四国に来る度、毎回のように訪問していますがそれだけの価値がありますね。
ご馳走様でした。
160422-IMG_1692.jpg

食べた後、奥の席から店内をパシャ。
こんな感じで店内狭いので何時もごった返しているようです。 (*^o^*)
160422-処理済~IMG_1693

食べ終わった後の待ち客を確認するとこんな様子でした。
これぐらいだったら10分くらいでうどんにありつけることでしょう。
160422-処理済~IMG_1694

前回にも書いたけど、何時食べても最高のパフォーマンスでS級店といったおごりは
一切ありません。
常に安定した最上級のうどんがいただけます。



《 讃岐うどん がもう(蒲生) 》

住   所: 坂出市加茂町420-3
電   話: 087-48-0409
営業時間: 8:30~14:00 (麺切れ終了) ※8:15にはほぼ開店します。
定 休 日 : 日曜日・第3/4月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に大きな駐車場があります)  ・・・・ 昔は今の駐車場の所が田んぼでした。

麺くいやまちゃん @堺市堺区

2016年4月15日 (金)

(※ 5周年を迎える4月21日までにUPするつもりでしたが忘れてしまいました。)

堺市の「麺くいやまちゃん」でランチをいただきました。
前回訪問が昨年の5月なので、約1年ぶり通算3度目となります。

お店は南海高野線 堺東駅から徒歩約10分くらい、車だと国道310号線の
一条通交差点付近の高架わきにあります。

お店のすぐ横がコインパーキングで車族には便利な立地です。
160415-処理済~IMG_1537

5分前くらいに到着して待っていると開店時間ジャストに暖簾が掛けられました。
160415-IMG_1504.jpg

私を除いて鶏の嫌いな方って多くないと思いますが、もし食べられたら美味しいんでしょうね。
160415-IMG_1500.jpg

カウンター7~8席のこぢんまりしたお店です。
160415-IMG_1507.jpg

本日のサービスは「とりなんうどん+玉子かけご飯」
う~ん、これはアウト。
160415-IMG_1512.jpg

レギュラーメニューの中から「天ぷらぶっかけ」を大盛りでお願いしました。 
(980+100=1,080円)
160415-IMG_1513.jpg

上のレギュラーメニューの裏。
160415-IMG_1514.jpg

光って見づらいですが天ぷらのメニュー。
160415-IMG_1511.jpg

お店のこだわりが、国内産小麦100%使用!
160415-IMG_1510.jpg

「こだわりの水」 うどんが来るまでに飲みましたが確かに美味しいですね。
そう思うと余計美味しく感じ、3杯以上飲んだのかな?
160415-IMG_1517.jpg

暫く待ってうどんが登場しましたが、凄い天ぷらの迫力です。
下手な写真でこの迫力をお伝えできないのが残念です。 (*^o^*)
160415-IMG_1519.jpg

ひと目見ただけで美味しさが伝わってきます。
160415-IMG_1523.jpg

エッジがビシッと立った麺がステキです。
160415-IMG_1526.jpg

しなやかな麺は伸びがあり喉ごし良く、ツルッツルッとのどを通ります。
モッチリと、また弾力のある麺はスッキリ出汁と相まってメチャ旨!!

☆ 海老天:立派な海老天は存在感があり、プリッとして甘くて美味しい。
160415-IMG_1527.jpg

☆ なす天:これぐらいのサイズだったらしっかり旨味を感じます。
160415-IMG_1528.jpg

☆ 大葉天:サクッとして口当たりが素晴らしい。
160415-IMG_1529.jpg

☆ カボチャ天:大きくて甘い。
160415-IMG_1530.jpg

☆ ちく天:大きなちく天は旨味が詰まってこれまたメチャ旨。
160415-IMG_1531.jpg

いやぁ~、全てがメッチャ食べ応えがあり美味しくて大満足、ご馳走様でした。
160415-IMG_1533.jpg

4月21日で10周年になるようですね。
おめでとうございます。
160415-IMG_1516.jpg

店舗前にも10周年の案内がありました。
160415-IMG_1503.jpg

昨年訪問時は土日が休みだったのでなかなか訪問するのはハードルが
高かったんですが、昨年の関西讃岐うどん巡礼の参加店になった影響
からか休みが変わり訪問しやすくなりましたね。



《 麺くい やまちゃん 》

住   所: 大阪府堺市堺区一条通16-24
電   話 : 072-238-8883
営業時間: 11:30~14:00 (麺切れ終了)
        18:00~21:00 (月曜の夜はなし)
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : なし (店舗横および近隣にCPあり)

四國うどん 石津寝屋川店 @寝屋川市河北東町

2016年4月14日 (木)

先日4月3日に行こうと思っていたけど開いてなく、今日は平日だから絶対開いて
いると思いそのお店に再訪問しました。

ところが開店時間を過ぎても開く様子はなく電話をしてみたところ、なんとご主人が
亡くなって閉店したようです。

こちらのお店のことは最近知り、是非訪問したかったんですが非常に残念です。
ご冥福をお祈りします。
160403-IMG_1112.jpg


ということでやってきたのがこちら「四國うどん 石津寝屋川店」です。
お店は国道170号線(外環状線)沿いにあり、最寄りの駅はJR 四條畷となるようで、
駅から6~700mくらいでしょうか。

お店の存在は随分古くから知っていましたが、なぜか大きなお店ということもあり、訪問
しようとは思っていませんでした。

まっ今日は偶々と言うことで初訪問。
処理済~160414-IMG_1468

160414-IMG_1471.jpg

店内1階の様子です。
処理済~160414-IMG_1472

入店してビックリ。
年季の入っているのは予想通りですが、席がカウンターばかりで、またU字型のが3列
あり、これは珍しいですね。

カウンター上にあったこのメニューを見てすぐ決定です。
ぶっかけ冷で1.5玉をお願いしました。 (880円)
160414-IMG_1476.jpg

お勧めうどんはお得ですね。
160414-IMG_1477.jpg

レギュラーメニューです。
160414-IMG_1478.jpg

160414-IMG_1479.jpg

暫く待ってうどんが登場しました。
空きの小皿は「レモンを搾った後、こちらをお使い下さい」との説明がありました。
160414-IMG_1483.jpg

うどんの上に温泉卵がのっていましたが自分的には不要。
160414-IMG_1485.jpg

結構大きな菜の花の天ぷらは季節感を感じるだけ?
160414-IMG_1491.jpg

やや細麺でエッジを感じさせない大阪うどん寄りか?
160414-IMG_1489.jpg

麺は伸びがなく、コシもさほど感じなく田舎麺といった感じで素朴です。
出汁はしっかりと節の旨味が十分に引き出されたもので、麺との相性もバッチリです。

菜の花の天ぷらは上述したように個の味としてはなく、春を感じるだけのような味わいです。

ご馳走様でした。
160414-IMG_1493.jpg

注文してから気づいたんですが、食べたら良かったかな?とやや後悔。
160414-IMG_1480.jpg

2階にも席があるようです。
160414-IMG_1495.jpg


あっそうそう、こちらは「四國うどん」ですが、「饂飩の四国」とは全く別の会社組織です。
それと食べている途中に数組のお客さんが入店していましたが、年齢層は高めですね。



《 四國うどん 石津寝屋川店 》

住   所: 大阪府寝屋川市河北東町1-18
電   話: 072-824-0001
営業時間: 平日・土曜 11:00~22:30
        日曜・祝日 10:00~22:30
定 休 日 :  無休
駐 車 場 :  約20台 (店舗前にあり) 

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 @尼崎市

2016年4月13日 (水)

健康診断がやっと終わり、梅田か難波でランチをと考えていたんですが、ある事情で
尼崎に戻ることになり、久しぶりに尼崎商店街にある「穂乃香」へ今年初訪問です。
昨年は12度も訪問したのに、なんと今日まで未訪問とはどうしたことなんでしょう?

今日はこちら方面から突撃です。
160413-IMG_1448.jpg

まだお昼前なのでお待ちの方は店内外いらっしゃいません。
160413-IMG_1450.jpg

天ぷらをとって会計を済ませ、そして薬味を小皿に入れていたらうどんが
お盆に乗せられました。
160413-IMG_1451.jpg

160413-IMG_1452.jpg

160413-IMG_1453.jpg

160413-IMG_1454.jpg

このかき揚げ、サクッとはしているけどそれだけやね。
160413-IMG_1455.jpg

160413-IMG_1458.jpg

まずは出汁をズズッと飲んでみるとイリコがガツンと力強く効いていて、うどん県を
思い出してしまいそう。
麺は相変わらずの平打ちの剛麺、少し捻れが入ったようにも見え、モッチリと
そして凄いコシ感が堪りません。

良い意味で「う~ん」と唸ってしまいたくなるような素晴らしいうどん。
旨~~~~~い!!!

ご馳走様でした。
160413-IMG_1463.jpg

一応メニュー紹介。 (前回訪問時の写真使い回し)
151216-DSC03085.jpg

そうそう目の前にはPOPが貼ってありお弟子さんのお店をきっちりPR!
160413-IMG_1464.jpg

そういえば昨年末、プレオープンの時に訪問しましたが、正式オープン後は
未訪問なんです。
そろそろ行かねば!

「穂乃香」の店内の様子は前回ブログをご覧下さい。



《 本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 》

住   所: 兵庫県尼崎市神田中通4-157-1
電   話: 06-6412-9202
営業時間: 10:00~17:00(麺切れ終了)
        日曜・祝日は16:00 まで
定 休 日 :  月曜日
駐 車 場 :  なし (近隣にCPあり)

手打ちうどん 浅右衛門 @京都市伏見区

2016年4月10日 (日)

本日の麺活は伏見区の「手打ちうどん 浅右衛門」に初訪問。

実は前日、今日は神戸方面のとあるお店に伺う予定にしてたんですが、早起きして
ネットで情報を収集していたら、何時も私が麺活の参考にさせて頂いているこの方の
ブログ
を拝見したとたんビビッときて「あっこのうどん食べたいな!」と思ったら、早速
お出かけの準備を整え、急遽予定を変更して京都に向かって走っていました。 (*^o^*)

場所を確認すると土地感のあるところですが、お店には駐車場がないので少し早めに
コインパーキングを探してお店に向かいます。

160410-IMG_1402.jpg

160410-IMG_1404.jpg

160410-IMG_1407.jpg

「さぬきうどん 浅右衛門」となってますが、現在は形態を変えているようです。
160410-IMG_1409.jpg

「只今天ぷら、丼物の提供はしておりません」とのこと。 (お店の形態変更のため)
160410-IMG_1406.jpg

店内はこんな感じで、入ってすぐの所にテーブル席が、そして奥にカウンター席がある
こぢんまりしていて落ち着いたお店です。
160410-IMG_1411.jpg

160410-IMG_1426.jpg

160410-IMG_1427.jpg

冷たいのを食べようと、メニューでぶっかけか、ざるを探してもありません。
大将に確認すると「つけ麺」で提供するのを基本としていて、冷たいメニューはなく、
この方と同じく「カレーつけうどん」をお願いしました。
こちら大盛り無料と太っ腹、注文時確認されたので1.5玉でとお願いしました。

暫く待って茹でたて、〆たての麺と、カレーのつけ出汁の登場です。
160410-IMG_1428.jpg

黒っぽく見えますが、全粒粉の麺とのこと。
160410-IMG_1431.jpg

このカレ-、ルウタイプでドロッとしています。
160410-IMG_1433.jpg

160410-IMG_1436.jpg

まずは麺そのままでいただきますと、小麦の香りがフワッとして、食感もしっかりと、
結構な歯ごたえが良い感じ。

そして麺をカレーのつけ出汁にくぐらせていただくと、カレーの旨味がバッチリ!

つけ出汁の中には大きめの玉葱やお肉がタップリと入っており、カレーに絡めて
麺をいただくと旨~い!!

麺は一旦水でしめたのを常温で提供され、カレーのつけ出汁はそんなに温かく
ないので、最初あれっと思ってしまうんですが、脳がそのように判断するとこれが
結構クセになる感じで、ルウの粘度が高いのでズルズルッとはいきませんが1.5
玉あっという間に完食です。

残ったルウにはセルフでポットから出汁を加え、カレースープとしてきっちり最後
まで残さずいただきました。

ご馳走様でした。
160410-IMG_1441.jpg

メニューのご紹介。
160410-IMG_1415.jpg 160410-IMG_1416.jpg

160410-IMG_1417.jpg 160410-IMG_1419.jpg

160410-IMG_1420.jpg 160410-IMG_1422.jpg

2005年創業?
160410-IMG_1410.jpg

こんな無料券を頂きましたがこの期間での再訪問は無理でしょうね。
160410-IMG_1446.jpg

こちらの近く両替町には「饂の神」があり、また伏見区には「纏」 「大河」 「福来たる」や
「けんどん屋」等があり、結構激戦区でどこに行こうか迷ってしまいそうです。



《 手打ちうどん 浅右衛門 》

住   所: 京都市伏見区平野59
電   話: 075-602-9208
営業時間: 11:00~14:30
        18:00~20:00
定 休 日 : 火曜日 (祝日の場合は翌日)
駐 車 場 : なし 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR