空飛ぶうどん やまぶき家 @豊中市岡上の町

2015年7月25日 (土)

本日の麺活は阪急 豊中駅近くにある「空飛ぶうどん やまぶき家」に昨年10月以来の訪問。

皆さんご承知の通り、こちらのお店の左隣にはラーメンで有名な「麺哲」があり、ラーメン屋
さんとうどん屋さんが隣同士で共に人気店というのは非常に珍しいのではないでしょうか?

150725-DSC09761.jpg

11時頃撮影して暖簾が掛けられるのを少し待ちましたが、なかなかかけられないのでお店
の前まで行くと何と開店時間が11時半からに変わっているじゃないですか!
150725-DSC09764.jpg

気を取り直して11時半に再訪問で、写真を撮っている間に2組の方が入店されていました。
150725-処理済~DSC09762

扉には本日のおすすめメニューがかけられていました。
150725-DSC09763.jpg

入店してメニューを再確認します。
150725-DSC09765.jpg

150725-DSC09767.jpg

非常に分かりやすいレギュラーメニューです。
150725-DSC09770.jpg

本日のお勧めのうどんをぶっかけに変更できるか確認したらNOだったので「げそ天ぶっか
け大」を注文しました。 (650+100=750円)

今日で開店以来3度目の訪問ですが、毎回同じメニューの注文ばかり、どうも初回が美味
しかったらどうしても忘れられずに同じものを頼んでしまう傾向が私にはあるようです。(*^o^*)

そして暫く待ってうどんの登場です。
150725-DSC09771.jpg

げそ天も美味しそう。
150725-DSC09772.jpg

麺のアップはこんな感じ。
150725-DSC09773.jpg

そして麺リフトをしてパシャ。
今日も麺肌と麺線が綺麗でステキ、またピカピカ輝いています。
150725-DSC09775.jpg

麺は伸びがありグミ感もあってモッチリ感も、そして何よりこの弾力とコシ感がメッチャ良い感じ。
やや細麺ですがその分喉ごし抜群、この出汁と良くマッチして旨~い。

げそ天もサクサクにあがっており、太めの部分は食べ応えあって美味しいね。

いや~大満足の一杯、そして御馳走様でした。
150725-DSC09777.jpg

カウンターの目に付くところにありましたけど、かっこいいロゴ?ですね。
150725-DSC09769.jpg

お店を出た後、阪急オアシス側から撮影してみました。

外待ちのお客さんはまだいませんでしたが店内ほぼ満席でした。
150725-DSC09780.jpg

そしてお隣の「麺哲」の前は!
150725-DSC09779.jpg

今日は高架下の駐車場が空いていて助かりました。
並んで待っているお客さん、暑いでしょうね。



《 空飛ぶうどん やまぶき家 》

住   所: 大阪府豊中市岡上の町2-2-5
電   話: 06-7164-2974
営業時間: 11:30~14:30
        18:00~ 0:30
定 休 日: 月曜日 (祝日の場合は翌日)
駐 車 場: なし (近くにCPあり、また阪急OASISにもあり)
 
スポンサーサイト

四国巡礼その11 ⑤なかむら手打うどん

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

前月と同様1泊2日の予定で、今回も行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くまま自分1人自由に行動
して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


5軒目 10時23分着 10時38分入店  なかむら手打うどん
@高松市太田上町



さて先程の「清水屋」を出て、非常に興味のあったこちらへ。

”なかむら” と言えば丸亀市飯山町の「なかむら」 丸亀市土器町東の「中村」 そして最近
Openした 高松市前田東町の「なかむら屋」がありますが、こちらは昭和52年開業の老舗
「なかむら手打うどん」で今回初訪問です。
 
店舗の外装を工事中で一瞬「閉店したの?」と思ってしまったんですがよく見ると準備中の
様子で失礼しました。
150720(5)-DSC09529.jpg

150720(5)-DSC09533.jpg

お店の前にはこんなんが貼ってあり、日付は書いてませんが今年受賞したんでしょうか?
150720(5)-DSC09534.jpg

店内はまさに ”昭和” の雰囲気が溢れていました。
150720(5)-DSC09535.jpg

150720(5)-DSC09541.jpg

この「いなり寿司」や「ちらし寿司」そして「太巻き」と、どれも美味しそうでしたが連食して
いるのでグッと我慢ですね。
150720(5)-DSC09547.jpg

冷やかけが出来るという案内があったので「冷やかけ」 (250円) を注文。
そこそこ待ってうどんが登場しました。
150720(5)-DSC09542.jpg

いや~期待してなかったけど麺肌・麺線が綺麗な麺でテンションが上がります。
150720(5)-DSC09544.jpg

大きなカマボコが2枚入っていて得した気分。
ネギや天かすはデフォルトで入って出てきました。

いざ実食すると細麺ですが結構なコシがあり伸びもあって喉ごしが素晴らしく、ツルツルと
喉を通っていきます。

出汁はいりこがガツンというようなことはなく、昆布が勝ったような味わいですがこんなんも
ありですね。

最近のうどんとは一線を画した昔ながらのうどんですが、渋い味わいで美味しい一杯でした。

今後も頑張って頂きたいお店だと思います。

それにしてもいなり・ちらし寿司・太巻き、全部美味しそうやったな!

御馳走様でした。
150720(5)-DSC09545.jpg

上の写真で見えるかも?ですが、大きなのを貼り付けておきましょう。
150720(5)-DSC09538.jpg

150720(5)-DSC09539.jpg

150720(5)-DSC09540.jpg



150720(5)-DSC09532.jpg

150720(5)-DSC09546.jpg


《 なかむら手打うどん 》

住   所: 香川県高松市太田上町337-9
電   話: 087-889-4971
営業時間: 10:30~18:00
定 休 日 : 火曜日 (祝日の場合は14時まで営業)
駐 車 場 : あり (お店の前に4台)

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 @尼崎市

2015年7月24日 (金)

またまたやってきました尼崎商店街の中にある「本格讃岐手打ちうどん 穂乃香」
今年既に9度目の訪問となり、昨年の通算回数に並んでしまいました。

今日はこちら側からお店に向かいます。
150724-処理済~DSC09747

150724-DSC09749.jpg

お昼時を半ば過ぎた頃に入店で待ち客なくラッキー。

今日も注文は「冷やかけ1.5玉」と「かき揚げ」 (300+50+100=450円)

少し時間がかかるようなので天ぷらを取り、支払い済ませ、薬味を小皿に入れて席に
移動し、うどんの出来上がりを待ちました。 (お客さんが混んでない場合は番号札なし)

サイドメニューはこんな様子でした。
150724-DSC09750.jpg

余り待つことなくうどんの登場です。
150724-DSC09751.jpg

今日も茹でたて、〆立てのピッチピチの暴れ麺。
150724-DSC09752.jpg

150724-DSC09755.jpg

150724-DSC09753.jpg

食べる前から脳が「茹でたて、〆立てで絶対美味しいやん!」と思い込んでおり、いざ実食
すると更に美味しさ倍増!!

今日のは舌にまとわりつくような、それでいて弾力のある口内暴力の激しい麺で旨~い!
出汁は適度に冷やされており、この暴れ麺とよくマッチしていてトータルで素晴らしい冷や
かけです。

そうそうかき揚げも普通に美味しかった。

今日もご馳走様でした。
150724-DSC09757.jpg

代わり映えしませんが基本のメニューです。
時々スペシャルメニューがあり、今日は「カレーひやひや」だったように記憶しています。
150724-DSC09758.jpg

食べ終わった頃の店内の様子。
150724-処理済~DSC09759

今日もこれを見て帰りましょう。
150724-DSC09760.jpg



《 本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 》

住   所: 兵庫県尼崎市神田中通4-157-1
電   話: 06-6412-9202
営業時間: 10:00~17:00(麺切れ終了)
        日曜・祝日は16:00 まで
定 休 日 :  月曜日
駐 車 場 :  なし (近隣にCPあり)

四国巡礼その11 ④清水屋

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

前月と同様1泊2日の予定で、今回も行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くまま自分1人自由に行動
して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


4軒目 9時41分着 10時ジャスト入店  清水屋 @高松市成合町


さて先程の「穴吹製麺所」を出て次のお店を何処にしようか車を走らせながらあれこれ
考え、向かったのが「手打ちうどん 清水屋」ですが、この方のブログで「冷やしカレー
うどんが始まっている」というのを見たのを思い出して急遽決めました。

回り道をせず直接来ていたらもっと早く到着したんですが、開店20分前でまだ他のお客
さんは来ていないようです。

150720(4)-DSC09503.jpg

同じ敷地内にある「中野うどん学校」です。

駐車場は共用ですが、学校側に来る観光バスが多い場合は、バス優先のため清水屋の
お客さんの車は置けなくなるようです。(駐車場の持ち主が学校側のため)
150720(4)-DSC09505.jpg

大将が出てきて暖簾が掛けられました。
150720(4)-DSC09506.jpg

150720(4)-DSC09507.jpg

まずは店内メニュー紹介です。
150720(4)-DSC09508.jpg

この「ちゃんぽんうどん」というのが "うどラジ” で紹介されてから最近よく出ているようです。
150720(4)-DSC09509.jpg

ここら辺で大将に注文を通しますが、最近始めたばかりの新メニュー 「冷やしカレー小」
(420円) を注文しました。
150720(4)-DSC09510.jpg

150720(4)-DSC09511.jpg

カレーうどんの上に具材を乗せるのに少しだけ時間がかかるようで、後続のお客さんに
チョッピリ申し訳ない感じです。

そしてうどんを受け取り、トッピングの天ぷらを食べるならチョイスします。
150720(4)-DSC09512.jpg

欲しいものがなければお店の方に伝えて下さい。
150720(4)-DSC09514.jpg

私はスルーして支払いを済ませ薬味コーナーで天かす・レモン・梅干しをONさせました。
150720(4)-DSC09515.jpg

そして広々した店内で頂きましょう。
150720(4)-DSC09513.jpg

150720(4)-DSC09516.jpg

出来上がったうどんはこんな感じです。
150720(4)-DSC09517.jpg

まずは麺を引っ張り上げてパシャ。
カレーがよく絡んでいるようです。
150720(4)-DSC09523.jpg

具材はまずレンコン。
150720(4)-DSC09518.jpg

これは後で入れた梅干し。
150720(4)-DSC09519.jpg

素揚げしたナス。
150720(4)-DSC09520.jpg

カボチャ。
150720(4)-DSC09521.jpg

ミニトマト。
150720(4)-DSC09525.jpg

いずれも素材の味がダイレクトに伝わるように工夫され、冷たいカレーと合わさって良い感じ。

麺は相変わらずの剛麺で凄いコシ。

少しスパイシーかなとも感じますが、そんなに辛くもなく(どっちやねん)出汁と融合してメッチャ
旨~い!

この方に習いレモンを搾り入れましたがこの酸味がハマりますね。

いや~美味しかった。
御馳走様でした。

食べ終わって店内を見回すと観光客が結構いらっしゃいました。
処理済~150720(4)-DSC09528


150720(4)-DSC09504.jpg



《 手打ちうどん 清水屋 》

住   所: 香川県高松市成合町8-10-14
電   話: 087-886-3212
営業時間: 10:00~14:00
定 休 日 : 日曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に相当台数OK)

釜あげうどん太郎 @茨木市三島町

2015年7月22日 (水)

本日の麺活は茨木市三島町にある「釜あげうどん太郎」に先月以来通算2度目の訪問
です。

前回訪問時の印象が格別に良かったため再訪問を決めていましたが、都合良くタイミン
グが合い、早い機会に再訪問を果たすことが出来ました。

お店はJR茨木駅と摂津富田駅の中間くらい、最寄りの駅は阪急京都線の総持寺駅と
なるようで10分くらい?、三島小学校と三島中学校の近くです。

今日は雨天時の訪問で開店前の駐車場は自分の車1台だけ。
150722-DSC09730.jpg

150722-DSC09731.jpg

ポールゲットで入店し、笑顔で迎えてくれた大将に撮影許可を頂きパシャ。
店内は珍しいU字型のカウンター約15席となっています。
150722-DSC09732.jpg

150722-DSC09733.jpg

そしてお店のこだわりが書かれているのを改めてパシャ。
150722-DSC09736.jpg

こだわりに書かれているように麺は圧力釜で茹でられていましたヨ。
(食べ終わった後に1枚撮らせて頂きました。)
150722-DSC09744.jpg

写真を撮っていると大将から「大阪好っきゃ麺で廻られているんですか?」というような
声をかけて頂き少しだけお話しさせて頂きました。

笑顔が素敵な大将で話しやすく、私みたいな人見知りでも気兼ねなくお話しできるのは
嬉しいですね。

この右横にはTシャツが掛けられていましたが撮るのを忘れてしまいました。
(上の店内の写真には写っています。)
150722-DSC09735.jpg

メニューの確認です。

釜あげ・釜玉・ざる・生じょうゆ・ぶっかけのメニューが1.5玉&2玉まで同料金で
550円とは太っ腹!
150722-DSC09734.jpg

さて注文は「ぶっかけ2玉と揚げ」をお願いしました。

ぶっかけ550円+麺増量0円+揚げ100円=650円 です。

そんなに待つことなくうどんの登場で、今日も薬味は別皿で提供されていました。
(出汁は既にかけられています。)
150722-DSC09738.jpg

150722-DSC09739.jpg

150722-DSC09740.jpg

いや~やっぱりこの麺好き!

最近のトレンドのようなスマートな麺ではないですが、麺自体に旨味がありそして
無骨で荒々しく、且つどこか繊細なところもありモッチリ感も。

また適度の弾力が素晴らしく、食べていて自然と笑顔になっているような自分が
いて、気がついたら丼が空になっていたって感じです。

勿論揚げさんも適度な甘さがありウマウマでした。

御馳走様でした。
150722-DSC09743.jpg

うどん待ちの時にお客さん1名来られましたが「大阪好っきゃ麺」で廻られているよう
でした。

年内に機会を見つけてもう一度訪問したいと思います。

ホントに素敵なお店です。

150722-DSC09737.jpg



《 釜あげうどん 太郎 》

住   所: 大阪府茨木市三島町1-8
電   話: 072-627-1077
営業時間: 11:00~19:30 (土曜日は17:00まで)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店の前に他店舗との共用で4~5台?)
 

四国巡礼その11 ③穴吹製麺所

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

今回も前月と同様1泊2日の予定で、行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くままに自分1人自由に行
動して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


3軒目 8時36分入店  穴吹製麺所 @高松市上林町


先程のお店「なかむら屋」を出て、何かの拍子でこの店がどうなっているにか気にかかり、
超久々2度目の訪問となりました。

以前訪問した時は分かりづらい田んぼ道を走り、住宅街の中に溶け込んだように記憶が
あるんですが、今回はナビがすんなり案内してくれてお店に到着すると、周囲は新しい住
宅が建ち並び、様変わりしていたのにはビックリしました。

しかしお店は変わってないようで懐かしく感じます。
150720(3)-DSC09488.jpg

150720(3)-DSC09489.jpg

開店時間よりは随分早く到着したんですが「営業中」となっていたのでさっそく入店。
ひょっとして一番客かな?
店内の様子です。

こちらは玉売りが主なので店内の席は僅かです。

卓上の発泡スチロールの中は覗かなかったんですが練り物の天ぷらが入っている
ようです。
150720(3)-DSC09490.jpg

お鍋にはお出汁が温められていました。
150720(3)-DSC09498.jpg

こちらでの注文は「1玉そのまま」で、麺が入った丼を受け取り、卓上のお鍋の出汁を
かけて「ひやあつ」とし、これまた卓上にあった「揚げ」をONし、きつねうどんとしていた
だきました。
(130+80=210円) メチャクチャ安い!

遅く行ったらこの出汁煮詰まってしまうでしょうね。
150720(3)-DSC09491.jpg

150720(3)-DSC09492.jpg

150720(3)-DSC09493.jpg

まず出汁をいただきましたがいりこベースですが、醤油の風味が強く洗練されていない
昔のままの田舎の出汁といった感じで凄く素朴です。

麺はエッジのない独特な感じを受けますがプリンとした弾力があり、田舎風味の出汁と
きつねの甘みが合わさり、何ともほんわかした気分にさせてくれます。

御馳走様でした。
150720(3)-DSC09500.jpg

メニューの紹介です。
かなり昔から値上げしてないような。
150720(3)-DSC09497.jpg

こういうお店を訪ねると讃岐うどん巡りを始めた頃を思い出し、何とも懐かしく思います。

150720(3)-DSC09501.jpg



《 穴吹製麺所 》

住   所: 香川県高松市上林町752
電   話: 087-889-3078
営業時間:  9:00~14:00
定 休 日 :  不定休
駐 車 場 :  あり (お店の横に3台くらいと別の駐車場に10台程度) 

うどん処 夢蔵 @神戸市東灘区

2015年7月19日 (日)

本日の麺活は東灘区にある「うどん処 夢蔵」に2011年以来久々の訪問です。

お店は阪神 御影駅から大体5分くらいのところ、43号線と阪神電鉄の間にあるお店で、
住宅街にあるような雰囲気でしょうか。

今日家を出る時は須磨区のとあるお店に決めていましたが、43号線が結構混んでいて
時間的にポールゲットはおろか、かなり遅くなると予想され、もう少し手前の店にしようと
三ノ宮のS店にと決めましたが(偶然ですが下記の有名ブロガーさんの名前とそっくり)、
ここも混雑さと駐車場の時間との戦いがあり 「あっここを斜めに進んだら夢蔵があるな」
と急遽行き先を変更しての訪問です。

そういえばつい最近、私が何時も参考にさせて頂いている有名ブロガーさんが懐かしい
こちらを紹介されていたのを思い出しました。

いやぁ~本当に懐かしく、古い記録を調べていませんが多分通算4~5度目の訪問だと
思います。

この写真の少し先が阪神 御影駅で、写真は駐車場に車を止めて撮影しました。
150719-DSC09425.jpg

150719-DSC09452.jpg

お店の前のメニューを眺めます。
150719-DSC09428.jpg

150719-DSC09429.jpg

150719-DSC09430.jpg

150719-DSC09432.jpg

こだわりが書かれていました。
150719-DSC09433.jpg

11時30分キッチリに暖簾が掛かりました。
入店して直ぐに大将に許可を頂き店内をパシャ。

お店は2007年のOpenですが、綺麗にされていて気持ちのいいものです。
150719-DSC09434.jpg

写真で見て分かりましたがテーブルなんか結構お金がかかっていそう。
150719-DSC09435.jpg

150719-DSC09439.jpg

さて注文はお勧めの「冷やしきつね」 をお願いしました。 (680円)
150719-DSC09440.jpg

これにしようかとも悩んだんですが。
150719-DSC09441.jpg

10分ほど待ってうどんの登場です。

一番上にのっているのが出汁をかき氷にしたもので、うどんが出てくる前に氷を削って
いる懐かしい音がしてたんですがこれを見て納得です。

また大きなお揚げさん1枚分が適度な細さに刻まれ、丼を覆っているのは圧巻です。
150719-DSC09443.jpg

涼しげな器に結構な量が入っていました。
150719-DSC09444.jpg

具材をずらしての麺リフトですが、太さバラバラの手切り感があって良いですね。
150719-DSC09446.jpg

目をつぶって2つ片付けました。
150719-DSC09447.jpg

これが良い味してるんだな!
150719-DSC09448.jpg

ピンボケでへたくそな写真撮影はお愛嬌です。
150719-DSC09449.jpg

そしてこんなんも入っていましたヨ。
150719-DSC09450.jpg

今日は麺からいただきましたが、私が記憶していたのと違っていて独創的な麺に進化
したようです。

捻りがありモッチリ感もありつつ適度な弾力が良い感じ。

出汁は節系と昆布等旨味がしっかり融合し、そしてきつねや椎茸の甘みがいっぱい出て
いて旨~い!!

出汁のかき氷の存在も最後まで感じられ良い仕事をしてますね!

御馳走様でした。
150719-DSC09451.jpg

お店の名刺を貼り付けておきましょう。
そういえば「あしや夢蔵」も、とんとご無沙汰しています。
150719-DSC09455.jpg

石屋川駅からも近そうですね。
150719-DSC09456.jpg

以前なかった駐車場が出来ていて車族には嬉しいサービスです。
150719-DSC09431.jpg


良い雰囲気のお店なので夜の居酒屋使いも良いでしょうね。
御影市場の「炭火処 ゆめぞう」というお店も同グループであるようです。



《 うどん処 夢蔵 》

住   所: 神戸市東灘区御影本町8-11-18
電   話: 078-821-1234
営業時間: 11:30~14:30
        17:00~21:00 (LO20:30)
定 休 日 :  水曜日
駐 車 場 :  あり (お店の斜め前に2台) 

四国巡礼その11 ②なかむら屋うどん

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

今回も前月と同様1泊2日の予定で、行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くままに自分1人自由に行
動して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


2軒目 8時03分入店  なかむら屋うどん @高松市前田東町


先程のお店「多田製麺所」から、こちらまであっという間に着いてしまいます。
前回訪問はプレオープンの時(5月29日)でチョット残念なうどんに当たったので「近い
うちに再訪問して確かめよう」と思っていたのが案外早く実現しました。

お店は旧「わいんち」があったところで香川医大付属病院に、また高松市立前田小学校
の直ぐ近く、県道30号線沿いに立地します。 (人気店の「あずま」も近くです。)

150720(2)-DSC09472.jpg

150720(2)-DSC09473.jpg

平日は9時開店に変わったようです。
150720(2)-DSC09475.jpg

メニューはプレオープン時と同じでまだ絞っているようです。
150720(2)-DSC09476.jpg

店内の様子です。
150720(2)-処理済~DSC09478

プレオープン時にいたおじさんはヘルプだったんでしょうか今日はいませんでした。
女将さん?が今日も和服姿で頑張っておられました。
150720(2)-DSC09485.jpg

さて大将に「そのまま小」と注文し、麺を受け取って支払いを済ませ自分で出汁を注ぎます。
今日は冷たい出汁を注ぎ「冷やかけ」にして頂きました。
150720(2)-DSC09479.jpg

プレオープン時になかった大根がありましたが、おろしにしたものを用意して欲しいですね。
150720(2)-DSC09480.jpg

出来上がったうどんがこれ。
150720(2)-DSC09481.jpg

150720(2)-DSC09482.jpg

前回と違って「The なかむら」のうどんになっていて一安心。

細麺でしなやか、そして柔らかい中に少し芯を残してあり心地良いコシを感じます。
また出汁は薄味ですがしっかりした旨味がでていて雑味もなく美味しいですね。
これだったら堂々と「なかむら」の看板を背負ることでしょう。

御馳走様でした。
150720(2)-DSC09484.jpg

150720(2)-DSC09486.jpg


《 なかむら屋うどん 》 ・・・・・ 旧「わいんち」の跡地

住   所: 香川県高松市前田東町720-6
電   話: 非公表?
営業時間:  平日 9:00~麺切れまで
         土曜・祝日 8:00~麺切れまで
定 休 日 :  木曜日
駐 車 場 :  あり (お店の前に12台OK) 

うどん 天 @伊丹市寺本 (閉店)

2015年7月18日 (土)

本日の麺活は伊丹市にある「うどん 天」に昨年10月以来の訪問です。

お店は国道171号線の寺本近くの高架下にあり、伊丹寺本郵便局の直ぐ近くです。
また公共交通機関ではバスの利用となり、バス停は「阪急バス 寺本公団前」または
「伊丹市バス アルビス寺本」という2つの路線が隣同士でありました。

前回ブログにも記載しましたがこちらのお店の営業日は土曜日と日曜日のみの週2
日だけとチョット珍しい営業形態となっています。

今日も駐車場に車を止めお店に向かいます。

お店の前は国道171号線で、京都方面に向かって左側の側道沿いにあります。
(高架部分が本線)
150718-DSC09400.jpg

食べ終わってから撮影しましたが暖簾はないようです。
150718-DSC09422.jpg

これを見て「ざる」にしようと決め入店です。
150718-DSC09402.jpg

店内はこじんまりしていて全部で12席、清潔感が溢れていて気持ちが良いですね。
150718-DSC09407.jpg

女将さんがお茶を持ってきた際「ざる2玉とちく天下さい」と注文。

そして注文してから直ぐにこのポップを発見し慌てて注文を変えて頂きました。 
ゴメンナサイ。

「冷やかけ2玉+ちく天」 です。
450(冷やかけ)+100(1玉)+100(ちく天)=650円 でめっちゃリーズナブル!
150718-DSC09406.jpg

10分くらい待ったでしょうか? うどんの登場です。
150718-DSC09414.jpg

ネギはデフォルトでONしていてカマボコが二切れ、何か得したような気分。
150718-DSC09415.jpg

ちく天をアップでパシャ。
150718-DSC09416.jpg

真っ白でしなやかでまた繊細な印象です。
150718-DSC09417.jpg

まず出汁をデッドにいただきましたがイリコは感じず節系と昆布のバランスが絶妙で
旨味がジュワッと全体に出ていて美味しいね。

そして麺は前回訪問時よりも更に細麺になっていたんですがこれがどうよ、喉ごしが
抜群でまた柔らかな感じがありつつ優しいコシがしっかり感じられ旨~~~い!!!

色んなお店のうどんを食べ歩き、こんなブログを書いていて「喉ごし**」と表現する
機会が多々あるんですが、この「喉ごし**」という表現はこの麺のためにあるのか!
と思ってしまうくらい喉ごしが秀逸です。

ちく天もサクサクで甘くて美味しいですね。

どこかのお店で「鯛ちくわ天」と称して良いお値段のやつがたまにありますが、私的には
これで十分です。

2玉食べたんですが、喉ごし良すぎて何時もより食べるのが早かったかな?と思ってしま
うほど。

いや~大満足です、そして御馳走様でした。
150718-DSC09419.jpg

個別のメニューは前回訪問時と変わってないようなので前回ブログをご覧下さい。


駐車場の案内です。
150718-DSC09421.jpg

伊丹市寺本の歩道橋で駐車場はこの手前左側にあり、バス停もこの直ぐ手前にありました。
150718-DSC09397.jpg


150718-DSC09403.jpg



《 うどん 天 》 ・・・・・ 2016/9 閉店

住 所: 兵庫県伊丹市寺本4-35
電 話: 072-779-5165
営業時間: 11:30~15:00
        18:00~20:30
定 休 日 : 月曜日~金曜日
駐 車 場 : あり (お店から約80m離れたところに2台分) 

四国巡礼その11 ①多田製麺所

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

前月と同様1泊2日の予定で、今回も行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くまま自分1人自由に行動
して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


1軒目 7時44分入店  多田製麺所 @木田郡三木町池戸


さて今回の巡礼1軒目に訪問するのは三木町の「多田製麺所」で超久々2度目の訪問です。

暫く遠ざかっていたんですが、最近どなたかのブログを見ていて気になり出し、再訪問して
どういううどんだったのかを確かめたいと思います。

場所は琴電長尾線 農学部前駅から徒歩2~3分くらいで、香川大学の農学部の近くで、
また最近Openしたあの「なかむら屋」も直ぐ近くです。

今朝も早く家を出発し、とあるところで少し時間調整をしてお店の前には定刻の20分くらい
前に到着です。
150720(1)-DSC09461.jpg

定刻より早いんですが暖簾が掛かっていて「営業中」となっていたので早速入店します。
150720(1)-処理済~DSC09470

150720(1)-DSC09469.jpg

この作法に則り行動しましょう。
150720(1)-DSC09462.jpg

メニューと天ぷら(練り物)はこれだけです。
150720(1)-DSC09463.jpg

150720(1)-DSC09464.jpg

注文は「そのまま つけ小」 (180円) をお願いしました。
そして殆ど待つことなくうどんの登場で、このときに支払いは済ませました。

自分の好きな細ねぎ(浅葱?)がデフォルトで出汁にINされています。
150720(1)-DSC09465.jpg

150720(1)-DSC09466.jpg

150720(1)-DSC09468.jpg

麺は少しだけ暖かみがあり、出汁はぬるいようでなんだか凄く中途半端。

普段何気なくいただいている「ひやあつ」の中途半端とはチョット違うようでどう表現したら
いいのか変な違和感です。

麺は柔らかくコシを探すんですがありませんというか探しきれません?

かといってフニャッとしているのではなく、こちらの製麺所独特の昔ながらの製法で作られ
ていて、ご近所の皆さんが毎日食べるのに適したうどんと言えるのでしょう。

御馳走様でした。

処理済~150720(1)-DSC09471



《 多田製麺所 》

住 所: 香川県木田郡三木町池戸2918
電 話: 087-898-5033
営業時間: 8:00~16:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に7~8台くらいかな)
プロフィール

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR