FC2ブログ

こだわり自家製麺 うどん小屋 @大阪市住吉区

2015年4月12日 (日)

本日の麺活は住吉区にある「うどん小屋」へ昨年12月に訪問して以来、通算3度目の訪問です。
お店は「あびんこ商店街」近く、地下鉄「あびこ駅」から徒歩4~5分ほどの距離のようです。

実のところ今日の訪問予定は堺市の某店に行こうとしていたんですが、そのお店の近くで
時間調整していた際、最新情報を確認をしていると本日定休日ということが分かり、急遽
変更して比較的近いこちらへの訪問となった次第です。

DSC04115.jpg

DSC04116.jpg

前回のブログでも書いたんですがカレーが人気のようですね。
DSC04117.jpg

DSC04139.jpg

開店して5分後くらいの入店ですが、既に奥の客席には先客がいらっしゃいました。
今日もカウンターの2番目の席に着席し、店内をパシャ。

この後お客さんが次々入店され奥の席も詰まり、カウンター席にも来られて人気が
根付いているようです。
DSC04119.jpg

奥のテーブル席です。
DSC04120.jpg

目の前には色々なポップがあり、目を楽しませてくれます。
DSC04121.jpg

このポップを見て決めてしまいました。
この「彩り野菜のかき揚げぶっかけ」 790円 を注文です。
DSC04122.jpg

他も賑やかです。
DSC04128.jpg

一味も七味も置いてあり、左の壺には天かすが入っていました。
DSC04127.jpg

店内落ち着いた感じで待っていても居心地が良いですね。
そしてさほど待った感じはなく「かき揚げぶっかけ」の登場です。

どひゃ-。
DSC04130.jpg

DSC04131.jpg

丼も大きいんですがかき揚げも巨大です。
DSC04132.jpg

数種類の野菜がぎゅっと詰まったかき揚げですね。
DSC04133.jpg

出汁をかけて頂きます。
DSC04134.jpg

品行方正な優等生的な、そして綺麗で上品な印象です。
DSC04137.jpg

まずはかき揚げをずらして麺をいただきますと、ぐにゅ~と伸びグミ感・弾力と適度のコシが
良い感じ。

そしてかき揚げは巨大すぎて食べづらいんですが、箸で割っていただくと色々な野菜の甘み
が口の中いっぱいに広がり美味しいですね。

ただ巨大すぎて衣が出汁を吸ってしまい出汁が少なく感じますし、食べ終えての麺の印象は
薄くなり、代わりにこのかき揚げの印象ばかりが残ってしまった感じです。

また食べている途中、チョット飽きてくる感もあり、更に巨大さが故に油が重く感じてしまい、
やはり凄くインパクトはあるんですがほどほどが良いんではないでしょうか?

前回のブログを見ると同じものを注文していたとは、余程かき揚げ好きなんでしょう!

ご馳走様でした。
DSC04138.jpg

何故か大盛りでもないのにお腹パンパンです。
減量中で食が細くなっかな?


メニューはこんな感じです。
DSC04123.jpg

DSC04124.jpg

DSC04125.jpg

DSC04126.jpg

そしてこだわりと注意書き。
DSC04129.jpg

お店の名刺です。
DSC04141.jpg

DSC04142.jpg


このブログ書いてたら師匠のうどんが食べたくなって来た~!



《 こだわり自家製麺 うどん小屋 》

住   所: 大阪市住吉区苅田7-1-19 
電   話: 06-6693-5858
営業時間: 11:30~14:30
        18:00~21:00 (LO20:30)
定 休 日 :  火曜日・第3水曜日
駐 車 場 :  なし (近くにCPあり)

四国巡礼その5 ⑤釜あげうどん 岡じま 高松店

2015年3月27日 (金)

今回の巡礼は「青春18きっぷ」を使って行ってきました。

今年4回目でその内、一泊二日が一度あり「四国巡礼その5」というのは、今年の四国滞在
期間が述べ5日目ということでご理解下さい。

今回は初訪問店が多く、その内1軒はつい最近新規Openしたお店も有りあり楽しみです。
しかし1月に青春18きっぷでの巡礼後、帰宅して「もうしんどいから青春**では行かない!」
って決めたのに、何故かまた同じ行動を起こしてしまうというのはバカですね。


5軒目 11時34分入店  岡じま 高松店 @高松市寿町


先程のお店「麦蔵」を出て、高松駅方向に進み、今年3月7日に新規Openしたこちらに向かいます。

ご承知の通り本店は丸亀市塩屋町にあり、新興勢力ながら破竹の勢いで実力を伸ばして
いて、とうとう高松市内の一等地にお店を開店させました。

しかし良くもこんな場所が空いていたもんですね。
DSC03934.jpg

お店の右隣は「すき家」で、高松高等検察庁の手前でJR高松駅から徒歩5分くらいで、高松
築港駅から200M位の所に立地しています。

入店して右手の注文口に進みます。
DSC03938.jpg

最初に目に飛び込んでくるのが他のセルフ店では見られない、釜揚げ専用の徳利が専用の
マシンで常に温められており、釜揚げを注文するお客さんには1本付き、出汁が追加で入れる
ことが出来る珍しいシステムです。
DSC03939.jpg

もちろんおでんもありました。
DSC03940.jpg

最近あじが高騰しているのにフライが100円とはお得感がありますね。
DSC03941.jpg

DSC03942.jpg

丸亀製麺と同じくらい大きなかき揚げで、昆布のかき揚げは珍しくしかも安いですね。
DSC03943.jpg

うどんを受け取り、天ぷらをとり、ここでおにぎりやご飯類を取って会計を済ませます。
DSC03944.jpg

天かすはこちらで入れておき、席に移動します。
DSC03945.jpg

店内でお土産も販売していました。
DSC03946.jpg

席はこんな感じで全てカウンター、機能性重視でよく考えられているもんですね。
DSC03937.jpg

DSC03947.jpg

DSC03948.jpg


さてさてこちらでは「ぶっかけ小」と「ちく天」を注文。 ( 290+100=390円)
DSC03949.jpg

ネギとおろしはデフォルトで入っていました。
DSC03950.jpg

ごくごく普通のちく天ですね。
DSC03951.jpg

麺リフトの写真はありませんが、麺は見た感じ優等生のようですが、釜揚げや温系の一点に
焦点を合わせて茹で時間を調整しているかのようで、剛麺とは違った固さがあり自分としては
違和感を感じました。

ぶっかけ出汁は無難な味で逆にインパクトに欠けるかな。
ここではやはり釜揚げか釜玉を食して再評価すべきでしょうか?

ご馳走様でした。
DSC03952.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC03954.jpg

テイクアウトができるようです。
DSC03953.jpg

さて、まだ5軒しか食べてなくてお腹に余裕があり、さらに12時前なんだけど減量中ということも
ありこの辺で終了としましょうか。

ということで今日は12時10分高松発のマリンライナーで帰路につくことに。



《 釜あげうどん 岡じま 高松店 》

住   所: 香川県高松市寿町1-4-3
電   話: 087-813-3918
営業時間: 10:30~19:30
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : なし (お店の近くのCPは高い) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 番 外 編 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


何時ものように出発は尼崎駅 5時07分発で出発です。
DSC03864.jpg

途中「西明石」 「姫路」 で乗り換えして「岡山駅」で更に乗り換え、マリンライナーに乗車
しますが、この時間マリンライナーの出発時間(8時41分発)直前にこのアンパンマン
列車が向かいのホームに到着します。
DSC03865.jpg

DSC03866.jpg

DSC03867.jpg

9時39分 定刻に高松駅到着です。
DSC03868.jpg

DSC03869.jpg

DSC03871.jpg

DSC03870.jpg

お馴染みJR高松駅舎です。
DSC03872.jpg

駅前の様子です。
DSC03873.jpg

DSC03874.jpg

駅前地下レンタサイクルの様子です。
左側の「歩行者専用」のところから入っていきます。
DSC03956.jpg

かなり自転車は出払っていますが奥にはまだまだ一杯ありますよ。
DSC03959.jpg

この精算機にカードを挿入し、料金を前払いして出て行きましょう。
DSC03957.jpg

今日はまだ3月27日ですが、?桜は市内のあちこちで綺麗に咲いていました。
DSC03904.jpg

DSC03955.jpg

高松城跡の裏手から高松駅方面を見たところです。
DSC03932.jpg


これは帰りの高松駅、12時10分発で帰ります。
DSC03961.jpg

左手の列車は「石鎚」ですね。
DSC03962.jpg

DSC03964.jpg

このマリンライナーに乗車しました。
DSC03963.jpg

DSC03965.jpg

この後の写真はありません。
尼崎駅 15時37着 で帰宅です。
しかし往復約7時間の乗車はメッチャしんどいわ!

四国巡礼その5 ④手打うどん 麦蔵

2015年3月27日 (金)

今回の巡礼は「青春18きっぷ」を使って行ってきました。

今年4回目でその内、一泊二日が一度あり「四国巡礼その5」というのは、今年の四国
滞在期間が述べ5日目ということでご理解下さい。

今回は初訪問店が多く、その内1軒はつい最近新規Openしたお店も有りあり楽しみです。
しかし1月に青春18きっぷでの巡礼後、帰宅して「もうしんどいから青春**では行かない!」
って決めたのに、何故かまた同じ行動を起こしてしまうというのはバカですね。


4軒目 11時03分入店 11時18分飲食  麦蔵 @高松市福岡町


先程のお店「大吉」を出て、屋島方面に少し戻り、こちら「麦蔵」に向かいます。

「大吉」からチャリンコで2~3分もあれば到着で、こちらも場所的に恵まれているとは言えない
ところですが、皆さん美味しいうどん屋さんをよくご存じです。

この湾が切れたところ当たりがお店の場所で、写真正面には屋島がくっきり見えていますね。
DSC03922.jpg

DSC03923.jpg

開店早々次々にお客さんが入店されたのは、予想はしていたけどやっぱり人気店なんですね。
(満席になる前に入店早々パシャ)
DSC03925.jpg

客席は厨房前のカウンターとその背側にあるカウンターのみです。
DSC03926.jpg

メニューはこれだけで、はりやと同じく「かしわざる」が名物で有名。
聞いていると皆さんの注文の半数以上はこの「かしわざる」のようです。
DSC03924.jpg

私の注文は「ざる」 360円 で、そう ”かしわ” は残念ながら食べられません。

こちらは開店してから茹で始めるようでしっかり待ってざるが登場しました。
DSC03927.jpg

茹でたてで麺がピカピカ輝いていて見ているだけで美味しそう!
DSC03928.jpg

DSC03929.jpg

麺は剛麺ではありませんが粘り腰が凄く、舌に纏わり付くような食感で、結構密度の高い
感じで弾力も良く、伸びもあって美味しいですね。

出汁はキリリとして甘みは抑えられていて、自分的にはもう少し甘くても良く、ざるとしての
総合点は若干下がってしまう感じかな? (あくまでも自分基準です。)

かなり久々の訪問となりましたが麺はやはり相当なレベルですが、ネット上ではさほど頻繁
に登場しないのが不思議に思うほど、私だけが見逃しているのでしょうか?

間違いなくお勧め出来る一軒です。

ご馳走様でした。
DSC03930.jpg



《 手打うどん 麦蔵 》 (むぎぞう)

住   所: 香川県高松市福岡町1-482-5
電   話: 非公開
営業時間: 11:00~14:00
        18:00~20:00(日・祝はなし)
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (お店の前にお弁当屋さんと共用で数台分) 


----- 独り言 -----

姫路市広畑区の「麦っ子」さんが昨年(2014年)9月末で閉店されのを知りました。
ショックです。
創業約30年と伺っていて、昨年8月初訪問して非常に印象に残っているうどん屋さんで、
あのうどんが食べられないのが残念、また祭り好きの大将のお話が聞けないのが残念、

たった一度しか訪問してしなくても、強烈に印象が残っていて、そろそろ伺おうかとしていた
ところで閉店を知ってしまいました。

色々と諸事情があったのでしょう。
大将お疲れ様でした。

四国巡礼その5 ③手打うどん 大吉

2015年3月27日 (金)

今回の巡礼は「青春18きっぷ」を使って行ってきました。

今年4回目でその内、一泊二日が一度あり「四国巡礼その5」というのは、今年の四国
滞在期間が述べ5日目ということでご理解下さい。

今回は初訪問店が多く、その内1軒はつい最近新規Openしたお店も有りあり楽しみです。
しかし1月に青春18きっぷでの巡礼後、帰宅して「もうしんどいから青春**では行かない!」
って決めたのに、何故かまた同じ行動を起こしてしまうというのはバカですね。


3軒目 10時51分着  大吉 @高松市鶴屋町


先程のお店「一平」を出て、当初次の予定は「あさひ」(旧店舗名はしんせい 福岡店)だった
んですが、1軒目が予定外だったので「あさひ」(旧店舗)は訪問済ということもあり飛ばし、
途中にある「麦蔵」も過ぎ「大吉」に向かいます。

場所はことでん「片原町駅」より徒歩5分くらいの所で、周囲は殺風景ながら距離的には
繁華街の近くにあります。

出入り口は表と裏の2か所あるようですが、両方確認していないので確実なことは・・・・
DSC03905.jpg

DSC03906.jpg

DSC03921.jpg

ここでは「きつねうどん」とネットで情報を集めて決めていました。
DSC03907.jpg

朝早いんですがトッピング類はしっかり揃っているようです。
DSC03908.jpg

注文は「かけそのまま」を受け取り、目の前にあった「お揚げ」を乗せて「きつねうどん」
180+60=240円 ??? 
DSC03909.jpg

DSC03910.jpg

ここの麺良いな!!

やや細めで喉ごし抜群、伸びも良く優しいコシがしっかり感じられ、モッチリ感もあって
美味しいですね。

きつねはしっかりした甘めの味付けで、あっさり出汁と相まってこれまた旨し。

ご馳走様でした。
DSC03912.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC03913.jpg

DSC03914.jpg

DSC03915.jpg

DSC03916.jpg

このボードを見ると「きつねうどん」は300円になっていて、その下の写真を見たら「きつねうどん」
のきつねは2枚乗っているようなので、上に記載した値段は合っているんですね。

こら~良いお店やわ。

次回も青春18きっぷを使用する機会がもし?あるならば、必ず再訪したいお店と
なりました。

入店して直ぐに左手にあるおにぎり・おでん等。
DSC03917.jpg

DSC03919.jpg

DSC03918.jpg

開店早々で時間はさほど経っていませんが、お客さんはパラパラと入店しているようです。



《 手打うどん 大吉 》

住   所: 香川県高松市鶴屋町2-8
電   話: 087-821-0337
営業時間: 10:30~15:30
定 休 日 : 日曜日・年末年始
駐 車 場 : あり (お店の前と裏に数台)

瀬戸内製麺710 @大東市赤井

2015年4月5日 (日)

本日の麺活は大東市にある「瀬戸内製麺710」で、昨年4月以来1年ぶりの訪問です。

公共交通機関だとJR片町線「住道駅」からゆっくり歩いて10分くらいで、車だと京橋から
阪奈道路を目指し、途中にある「赤井」の交差点の少し手前、右側に立地していますが、
メインの道路から少しだけ路地を入った所で、スギ薬局大東赤井店の直ぐ横にお店はあり
ます。

10時30分くらいに着いて車内で待期、開店10分ほど前にお店に行くと既に1組のお客さんが。

DSC04048.jpg

11時ジャストに入店しましたが、そのとき既に14~15人以上のお待ちでしたので相変わらずの
人気です。

一番客が2人連れで、私は2番目の客だったので、入店して直ぐ目の前のカウンター席に案内され
ましたが、よくよく考えてみると2011年のopen以来、今回で6度目の訪問ですがこの席以外座った
ことがないですね。

店内は少々入り組んでいて写真が撮りにくいアングル、またお客さんがいらっしゃったので撮影を自粛し、
代わりにこんな写真をパシャ。

北海道産の小麦粉を使用されているようです。
DSC04054.jpg

こちらのうどんは本格手打ち釜抜きの「大阪さぬきうどん」です。
開店当時は讃岐うどんだったと思ったんですが、途中から路線を変えたようですね。
DSC04053.jpg

さて注文は「冷やかけ」が出来るようだったので「冷やかけ」と「ちく天」をお願いしました。
780+150=930円 です。
単品でこの価格はチョットお高いですね。

お店の奥の方に使用している素材(節類)が大きく表示されていたので ”なるほど” とは
思いましたが、それにしても高いという印象を強く感じます。

待っている間、厨房内では注文の確認やで大将の怒号が飛んでいましたね。
約15分待ってうどんの登場です。

おやっ器が変わったようです。 (えっもっと以前から???)
DSC04055.jpg

結構な量が入っていました。
DSC04056.jpg

DSC04059.jpg

ちく天は1本揚げではなくなったようで、粗塩が付いていました。
DSC04057.jpg

おネギは新鮮そのもの。
DSC04058.jpg

DSC04060.jpg

まず出汁を頂こうとしたんですが、この器なので今日は上品にレンゲを使って一口。
でも二口目からはデッドに頂きましたが、う~ん複雑な味わい。
スッキリさわやかとはチョット違うようで表現が難しいですね。

麺はニュルチュルといった感じのソフトな麺で、喉ごしが良く勢いよく喉を通っていくようです。
ちく天は至って普通かな。

Open当初の麺とは大きく方向転換した麺で、お店の代名詞である ”大阪さぬきうどん” という
のを強く意識しているかのようで、讃岐と大阪の中間より、大阪寄りかなっと思うような麺でした。

自分的には善通寺の師匠の麺に近い方が好きかなと言うのが正直な感想です。

ご馳走様でした。
DSC04062.jpg

メニューですが前回見たようなのがなく、これだけだとぶっかけもありません?
DSC04051.jpg

DSC04052.jpg

それにしても凄い人気で、私が食べ終えて11時20分頃お店を出る時はお待ちのお客さんが
並んでいて、やっぱり食べログ高得点のお店ですね。
処理済~DSC04064

DSC04050.jpg



《 瀬戸内製麺710 》

住   所: 大阪府大東市赤井3-1-28
電   話: 072-874-4425
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 火曜日 (祝日の場合営業)
駐 車 場 : なし

讃岐うどん はま @八尾市北久宝寺町

2015年4月4日 (土)

本日の麺活は八尾市にある老舗「讃岐うどん はま」で、実に2005年以来の訪問です。

場所は近鉄大阪線 久宝寺口駅から約500mで久宝寺中学校の直ぐ近くです。
DSC04046.jpg

DSC04026.jpg

いや~それにしても久しぶりですね。

過去の記録を探してビックリ、何故か2005年は3度も訪問しているのに、その後は今日
まで一度も来ていないなんて不思議です。

表の感じが以前来た時から変わったのかな?
現在は表に面して麺打ちが見えるようになっていますが、過去はなかったような気がしま
すが定かではありません。

店内は変化がないように思いましたが、よく見たら変わっていますね。
以前はもっと年季がはいった感じでしたね。
DSC04043.jpg

入店して直ぐ右側にある麺打ち台です。
DSC04028.jpg

さて注文ですが来る前から決めていて「ざる」 620円 にしました。
以前来た時にはざる大が900円だったので値下げしたのかな?

ざるは余り待つことなく運ばれてきました。
DSC04037.jpg

DSC04038.jpg

DSC04039.jpg

DSC04041.jpg

麺は平打ちで捻れが入っていて瑞々しくピカピカ輝いています。
喉ごし抜群で優しいコシ、でも決してコシが弱い訳ではなく、最後に若干抵抗するような感じが
たまりません。

そして秀逸なのがこの出汁で、素材は馬鹿舌なので分かりませんが、適度な甘辛さで麺との
相性も良く、出汁だけを飲んでも喉が渇くようなことはなく、これは美味しいですね。
今減量中なので大盛りが食べられなかったのが心残りです。

ご馳走様でした。
DSC04042.jpg

メニューを紹介しますが、最近の讃岐うどんとは一線を引いた感じです。
DSC04030.jpg

DSC04032.jpg

DSC04033.jpg

DSC04034.jpg

DSC04035.jpg

DSC04036.jpg

壁にはこんな限定商品の案内がありました。
DSC04031.jpg

これは店舗前ですが一目見た時の見やすさはないように感じました。
DSC04044.jpg


駐車場はお店の直ぐ横に2台分確保されていて、車で移動する方にとっては助かります。
(写真の信号の向こうにある建物は久宝寺中学です。)
DSC04024.jpg

さて次回訪問はいつになるのかな?



《 讃岐うどん はま 》

住   所: 大阪府八尾市北久宝寺町1-4-3
電   話: 072-991-4240
営業時間: 11:00~15:00
        17:00~19:30
定 休 日 :  不定休
駐 車 場 :  あり (お店の横に2台分)


四国巡礼その5 ②うどんの一平

2015年3月27日 (金)

今回の巡礼は「青春18きっぷ」を使って行ってきました。

今年4回目でその内、一泊二日が一度あり「四国巡礼その5」というのは、今年の四国
滞在期間が述べ5日目ということでご理解下さい。

今回は初訪問店が多く、その内1軒はつい最近新規Openしたお店も有りあり楽しみです。
しかし1月に青春18きっぷでの巡礼後、帰宅して「もうしんどいから青春**では行かない!」
って決めたのに、何故かまた同じ行動を起こしてしまうというのはバカですね。


2軒目 10時30分着  一平 @高松市福岡町


先程のお店「エコぽん太」を出て向かったのはこちら「うどんの一平」、チャリンコで5分くらい
かな?

当初はこちらが本日の最初の訪問店になる予定だったんですが、電車の到着時間と開店
時間の関係でチョット危ないかな?と思ったこともあり、こちらを2軒目として今回初訪問。

お店の場所はことでん志度線「沖松島駅」より徒歩約10分、車だと高松市内から屋島方面
に向かい、イオン高松東店を過ぎた所にある出光のガソリンスタンドを右折し、その先更に
左折したところ。

うどん屋さんとの距離感は「あさひ」(旧しんせい 福岡店)のすぐ近くです。

表通りに面してなく、人通りの少ないところに立地しています。
DSC03892.jpg

DSC03893.jpg

一般店のようですがセルフサービスです。
処理済~DSC03902

そしてこの価格表を見て超ビックリ。
DSC03894.jpg

ネットで見て事前に知ってはいたんですが、現在もかけ小が100円とは驚愕のお値段です。

そして注文は「かけ小そのまま」で、トッピングはとらず、100円 だけお支払いしました。
後で考えたらトッピングはとるべきだったのかなと。

大きなかき揚げが見えていますがこれも100円とか。
DSC03895.jpg

このタンクからかけ出汁を注ぎ、席に移動して頂きます。
DSC03896.jpg

DSC03897.jpg

DSC03899.jpg

やや細麺で太さはバラバラ、写真で見るほどエッジはなく喉ごしの良いチュルチュル麺という
感じ。

出汁はチョット醤油が勝ったような感じで麺は少なめなので3~4回も箸を動かせばなくなります。
いやぁ~うどん県恐るべき、色々なうどん店があるものです!

ご馳走様でした。
DSC03900.jpg

これだけ食べ歩いても毎回新たな発見があり、なかなか四国巡礼はやめられそうもありません。



《 うどんの一平 》

住   所: 香川県高松市福岡町3-6-23
電   話: 非公開
営業時間: 10:00~14:00
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店の前2~3台)
 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR