四国巡礼その3 ①大島製麺

2015年2月27日 (金)

本日の麺活は橋を渡って四国巡礼、今年3回目で今回は1泊2日での予定です。

新規のお店も結構あり、前回巡礼でフラれた未訪問店や、他の新しいお店と組み合わせ、
私の大好きなお店も当然訪問することにして、2日間で食べ歩きたいと思っています。

余り長文になると編集に負担がかかるので簡潔にまとめたいと思っていますがどうなることやら。


1軒目 7時14分着 大島製麺 @高松市太田上町


今回はAM3時過ぎに我が家を出発し、何時ものように高速は出費を減らすため最小限の
利用となるように須磨ICで乗って鳴門ICで降り、後は一般道で目的地まで向かい、途中で
少しだけ休憩しましたがほぼ予定通り1軒目に到着です。

随分前に一度訪問していますが、チョット前にRNC西日本放送の「特選うどん遍路」で紹介
され、興味のあったメニューが出てきたので早朝営業ということもあり1軒目に選択しました。

DSC03271.jpg

DSC03261.jpg

店内はこんな感じで入店してすぐに、自分で湯煎する所と出汁があり、その横にはおでんが
ありました。
DSC03270.jpg

メニューです。
この上の右から2番目がお目当てで注文しました。
「焼きあげぶっかけ」小で260円。
DSC03263.jpg

注文する時、メニュー表を見て「焼きあげぶっかけ」と言ったのにお店の方には通じず、
店の方が「これか?」とポップを指さし、うんと答えてやっと注文が通りました。

結局店内ではただの「ぶっかけ」と呼んでいましたね。(笑)

ぶっかけ出汁は丼に入って渡され、薬味は全てデフォルトで入っていました。
DSC03265.jpg

「焼きあげ」薄揚げの炙ったのが入っています。
DSC03266.jpg

DSC03268.jpg

湯がきたての麺とハッキリ分かる弾力と、プリンとした食感が良い感じです。
「焼きあげ」はそんなには主張していませんが良いアクセントになり、炙ってるところが香ばしく、
あっさり出汁と相まって美味しいぶっかけうどんでした。

ご馳走様でした。
DSC03269.jpg

私が入店した時は先客3名いらっしゃり、皆さん常連のようで新聞を見ながらとか、テレビを
見ながら食べていましたね。

これが香川の出勤前のいつもの風景なんですよね。
何とも羨ましい!

そうそうこちらのお店はスーパーに袋麺を卸しているので、私が頂いている時はまだまだ
忙しく製麺されていましたよ。

またプチ情報として、こちらの2男が今の馬淵手打製麺所の大将で、またその奥さんが
綺麗というのは内緒の話です。

さてお腹も落ち着いたし私の大好きな店に行こか!

DSC03260.jpg

DSC03264.jpg



《 大島製麺 》 ・・・・・ 「有限会社 大島製麺」が登録名で「大島うどん」とも呼ばれています。

住   所: 香川県高松市太田上町1058
電   話: 087-866-8383
営業時間: 7:00~16:00
定 休 日 : 正月3が日
駐 車 場 : あり (店舗横に3台分?) 前後に止めるようになっていて何台駐車出来るかは?
スポンサーサイト

無常うどん ま @大阪市中央区

2015年2月18日 (水)

本日も麺活2軒目は昨年12月にOpenした「無常うどん ま」で初訪問です。
お店は堺筋本町駅から約5分で、先程のお店「喜一座」からゆっくり歩いて10分くらい
でしょうか?

中央区役所の直ぐ隣でビジネス街にあります。
DSC03131.jpg

DSC03112.jpg

大将は玉造にある繁盛店「極楽うどんTKU」で修行され、お店の名前は大将の好きな言葉
「無常」と、それと間が抜けてしまわないようにと「ま」を組み合わせて付けたそうです。


お店の前には本日の定食とそのディスプレイが置いてありました。
DSC03113.jpg

お店の前にあったメニューです。 (いか天がなくなってる)
DSC03114.jpg

入店すると目の前におもちゃのような小さな券売機があり、食券を購入して席に着きます。
下の写真で見たら小ささは分かりにくいですが、本物を見るとあれっと思ってしまいます。
DSC03117.jpg

店内は背中合わせにカウンター席があり、全部で10席くらいでしょうか、何でも以前の
イタリアンの店舗をそのまま使った内装で、カウンター半分は大将手造りのようです。
処理済~DSC03128

実用的なコップがステキです。
DSC03120.jpg

黒ごまは珍しいですね。
DSC03119.jpg

こちらでの注文は「ぶっかけ」の食券を買って「生じょうゆ」で出して頂きました。 400円 です。
大阪市内でこの価格はメッチャ良心的ですね。

先客もいて殆どの方が定食を注文していたようで、しっかり待ってうどんが登場しました。
DSC03121.jpg

ぶっかけうどんの出汁なしなんでワカメが乗っていたのでしょうか?
これはこれで嬉しいですね。
DSC03122.jpg

いただく前はじっくり見ていなかったんですが、この写真で見ると鋭いエッジですね。
麺が暴れているようにも見えてきます!
DSC03123.jpg

卓上の醤油を少し掛けていただきました。
するとどうでしょう!
えっ何この麺、凄い剛麺じゃないですか?

いや~こんな剛麺とも知らずに食べたもんだから、ビックリ仰天しました。
凄いコシで、小麦の香りは少ないものの、口内暴力がたまりません。
またワカメが良いアクセントになっていて醤油とも良くマッチしていて美味しいですネ。

ただおろしがデフォルトでうどんにONされていましたが、辛み大根で混ぜてしまうと麺本来
の味が分からなくなってしまったのは残念でした。

ご馳走様でした。
DSC03127.jpg

この器は好き嫌いが分かれそうですね。

DSC03116.jpg

中央区役所前にあった梅ですが、一部は咲いていました。
DSC03110.jpg



《 無常うどん ま 》

住   所: 大阪市中央区久太郎町1-2-16
電   話: 06-6227-8984
営業時間: 11:00~15:00
        17:00~21:00
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : なし (CPは近くにあるが市内価格でお高いです)



・・・・・ 番外編 ・・・・・

「無常うどん ま」を出てかなりご無沙汰していた心斎橋筋近くにある「とうがらしや」に
行きましたが、お店は閉まっていました。

閉店した感じがするんですが、実際はどうなんでしょうか?
ここの「ざるうどん」旨かったな!

DSC03132.jpg

DSC03133.jpg

DSC03134.jpg

DSC03135.jpg

うどん ももたろう @寝屋川市

2015年2月26日 (木)

” うどん ももたろう ” 復活です。
DSC03238.jpg

2012年5月にOpenしたお店ですが、ここ2年くらいは前大将のご病気により閉店(休業)
されていましたが、この度息子さんが後を継ぎ、お店も新築されて3月2日に目出度くリニュ
ーアルオープンされることになり、今日プレオープンされることを知り、丁度会社にお休みを
頂いていたこともあって訪問してきました。

お店は京阪 香里園駅から商店街を歩いて約300mと近く、車だと国道170号線 大日方面
から寝屋川に向かって走り「木屋南」の交差点(マツダや典礼会館のある所)を右折、少し
したら歩道橋のある交差点を左折(時間によって入れない場合あり)したところの近くにあります。
DSC03224.jpg

DSC03225.jpg

私は車で行ったんですが、この辺駐車場が少ないので歩道橋をチョット過ぎたところにある
スーパーのトップワールドの駐車場に置いて歩きました。
(有料駐車場 600円/時間で、500円以上買い物をすると90分無料となる)
DSC03253.jpg

細い商店街を京阪の線路を背にして、先程の表通りの歩道橋に向かって歩きます。
DSC03220.jpg

DSC03221.jpg

ここ「ファミリーマート」と「やまふみ整形外科医院」の所を入ると病院の横がお店です。
DSC03222.jpg

以前お店の隣に前大将が経営されていた八百屋があったんですが閉店されていて、
お店の跡形もなく病院になっていたのには事前に情報を知っていても驚きました。

11時半頃の入店で前客2名いらっしゃいましたが、両名とも以前のお店の常連さんの
ようで、気楽にお店の方とお話しされていましたね。

大々的にプレオープンを知らせてないこともあり、後からのお客さんもそうですが、偶然
前を通りかかったらお店が開いていたので入ったという感じでした。

店内はL字型のカウンターと、地元の年配者の方を考慮した小上がりがあり、広々して
いてまた清潔感がありアットホームな感じがして落ち着きます。 
(小上がりの部分の写真を撮ったんですが誤って消去したみたい)
DSC03229.jpg

DSC03226.jpg

この木のカウンターがナイス!
DSC03230.jpg

メニューはこれだけ!
で、野菜天ぶっかけを注文しました。
DSC03228.jpg

新大将は「今から麺を湯がくので14分ぐらいかかりますが・・・・」と聞いて下さいます。
勿論OKで湯がきたてをいただけるのは願ったり叶ったりで、うどんファンとしては大変
有り難いことです。

そしてまず登場したのが野菜天。
ステンレス製?のざるにキッチンペーパーを敷いて出てきました。
ド~ン!
DSC03232.jpg

回転させてパシャ。
巨大なかき揚げ・カボチャ・サツマイモ・三度豆・大きな舞茸と盛り沢山です。
DSC03233.jpg

横の角度からもパシャ。
DSC03234.jpg

続いて大きな器に入ったうどんの登場です。
DSC03235.jpg

アップでパシャ。
写真で見るとやや平打ち麺になっていますが、細麺ということもあり食べていて全く気に
なりません。
DSC03237.jpg

器を横の角度からパシャ。
DSC03236.jpg

器だけが大きいのではなく、うどんも結構な量がデフォルトで入っているようです。
(300g以上は確実にありますね。)
DSC03239.jpg

いただきますとチュルチュルと喉を通り、凄く滑らかな喉ごしの良い麺というのが第一印象。
コシ重視ではなく、毎日食べても飽きないうどんといった感じのスタンスで製麺されているん
でしょうか?

凄く食べやすく、香川のなかむら系に似た感じで、どこかあの行列店の「一福」の麺に共通
しているものがあるように思い、出汁も喉が渇くことなく麺との相性も良く美味しいですね。

天ぷらは全てサクサクで軽く揚がっており、種類があってボリュームもありこれまた旨し!
そして天ぷらの極めつけはこの巨大なかき揚げ。
DSC03242.jpg

どうですこの厚み!
丸亀製麺のかき揚げよりデカいです。
DSC03243.jpg

この大きなかき揚げや全ての天ぷらを食べても軽く揚がっているのでもたれるようなことは
ありません。
今日は麺増量にしなくて正解でした。

普通天ぷらがのったぶっかけうどんは、天ぷらが先になくなるもんですが、ここのは違います。
うどんを食べてしまったあと、残りの天ぷらを食べる始末で、天ぷら好きにはたまりません。

いや~大満足です、そしてご馳走様でした。
DSC03244.jpg

食べ終わった後、ボードに書いてあったワンコインを用意していたんですが、なんとお代は
いらなくて、感想を教えて欲しいとのこと。

出てきたうどんや天ぷらもそうなんですが、こんな太っ腹でいいんでしょうか!
ということは、3月2日のOpenの際は、前店舗と同じようにワンコインで営業するので
しょうか?

新大将は実直そうで、人見知りのする私にも気さくに話しかけてくれて良い感じ、前大将
の男前なところを受け継いでやっていかれることになりそうです。

また前大将は引退されていますが、体調の良い時はお店に顔を出されるとのことでした。

私がうどんを待っているときにはなじみのお客さんが来られ、やっぱりよく知った感じで
お話をされていて、ご近所の方々に愛されているお店というのは直ぐに分かりました。
是非とも頑張って頂きたいお店です。

正式にOpenしたらまた食べに行きたいと思います。

歩道橋の横にはこの大きなマンションがあり、お店はこのマンションの裏手になります。
DSC03256.jpg



《 うどん ももたろう 》

住   所: 大阪府寝屋川市香里南之町34-5
電   話: 072-835-0236
営業時間: 11:00~14:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 水曜日・日曜日・祝日
駐 車 場 : なし (近くにCPあるが、利用しづらい) 

本格讃岐うどん 穂乃香 @尼崎市

2015年2月25日 (水)

今日のお昼は尼崎の商店街にある「穂乃香」で約1か月ぶりにいただきました。
12時半頃の到着でお店の外に2名様のお待ちです。
DSC03203.jpg

店内こんな感じでした。
処理済~DSC03206

ここスッキリしたと思いませんか?
でも以前の方がメニューが大きくて分かりやすかったと思うけど・・・・
DSC03219.jpg

入店してもまだお客さんが麺待ち状態で、注文までにチョットだけ時間かかったかな?
今日は「冷やかけ」半玉追加と「かき揚げ」です。 (300+半玉追加50+かき揚げ100=450円)
この価格ほんまに値打ちあるね!

注文後2番の札を受け取り、席で待っているとうどんの登場です。
DSC03208.jpg

今日の麺も相変わらず暴れまくっています。
DSC03212.jpg

かき揚げはこんな感じで以前よりサクッとして良くなったかな?
DSC03211.jpg

麺が暴れているので麺リフト難しいこと。
何枚か撮ったけど結局3本掴んだやつが一番よくて、それ以上掴んだやつは全くダメでした。(笑)
DSC03215.jpg

まずは出汁からいただきましたがイリコが結構効いていて、かつ雑味がなく深い味わいで旨いネ。
麺は太さバラバラの極太で、凄い弾力と凄いコシ、こんな極太麺大好き!
伸びもグミ感もなく、チュルチュルとは喉に通りませんがこれが旨いんだな。

こちらの1玉は300gあり、1.5玉でもお腹一杯になりました。

ご馳走様でした。
DSC03216.jpg

メニューは変わってないと思うけど一応アップしておきましょう。
たまに限定メニューをするので大将のTwitterをチェックしてから訪問するのもいいかもね。
DSC03205.jpg

DSC03217.jpg

さて次の訪問はまた1か月後くらいかな?



《 本格讃岐うどん 穂乃香 》

住   所: 兵庫県尼崎市神田中通4-157-1
電話   : 06-6412-9202
営業時間: 10:00~17:00(麺切れ終了)
        日曜・祝日は16:00
定 休 日 :  月曜日
駐 車 場 :  なし (近隣に安いCPあり)

四国巡礼その2 ⑦手打ちうどん 若潮

2015年1月29日 (木)

四国聖地巡礼今年2度目で、1月10日に続いての渡讃で麺活をしてきました。
今回は車での移動で何時ものように1人で行動しますが、またまた急に思い立っての渡讃
なので訪問先がなかなか決まらず、えいやっという感じで大まかに決め、後は思いつきで
動こうと思っています。


7軒目 13時43分着  若潮  @さぬき市


先程のお店「上田製麺所」を出て、お腹もそこそこ膨れたので帰るべく何時ものように高松市内
からバイパス(さぬき東街道)を通って下道で鳴門インターを目指しつつ走りますが、途中に
2013年のOpen以来気になりながら一度も行けてなかったこちらへ急遽訪問しました。
DSC02808.jpg

過去数度訪問予定に入れていたんですが、こちらに来る前にいつもお腹が一杯になってしまい
スルーしていたもので、やっと訪問することが出来ました。

お昼もかなり過ぎた時間帯ですのでお客さんは自分以外に先客2名だけで、大きな店内は
ガラーンとしていました。

この写真は私が店を出る際に撮ったもので、私の後で2名入店されていました。
処理済~DSC02816

カウンターに進むまでに置いてあったのでお勧めかな?
DSC02817.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC02811.jpg

時間帯のことを考慮し冷や系にしようと思って「ざる」を注文。 290円 です。
天ぷら類は殆ど残ってなかったのでパス。
DSC02812.jpg

麺は時の経過を感じる食感でコシはなく、また麺自体無味で出汁も薄い感じでう~ん。
自分のお腹が膨れているせいなのか?
次回訪問する機会があればもう少し良い時間帯にしたいと思います。

DSC02819.jpg



《 手打ちうどん 若潮 》

住   所: 香川県さぬき市大川町田面1199-1
電   話: 0879-29-3303
営業時間: 10:30~15:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に相当台数OK)

四国巡礼その2 ⑥上田製麺所

2015年1月29日 (木)

四国聖地巡礼今年2度目で、1月10日に続いての渡讃で麺活をしてきました。

今回は車での移動で何時ものように1人で行動しますが、またまた急に思い立っての渡讃
なので訪問先がなかなか決まらず、えいやっという感じで大まかに決め、後は思いつきで
動こうと思っています。


6軒目 12時12分着  上田製麺所  @高松市太田上町


先程のお店「竜雲」を出て、こちらも予定になかったんですがどうしても食べたくなって
来てしまいました。
処理済~DSC02803

DSC02806.jpg

入店すると直ぐ目の前に飛び込んできます。
手前が湯煎するところで、奥のタンクに出汁が入っています。
処理済~DSC02792

こちらのしっぽくは珍しく牛肉の入ったやつで、根菜類も盛りだくさん入っていてメッチャ
美味しいんですが、これ一杯食べるだけでお腹にググッとくるので食べ歩きにはご注意を。(笑)
DSC02794.jpg

DSC02793.jpg

さて注文は「つけ小」 200円 です。
付け出しがメッチャ甘めなので生姜を若干多めに、また天かすを少し入れることをお勧めします。
DSC02795.jpg

この素朴な麺が旨いんだな!
DSC02796.jpg

やや細麺でしなやかで喉ごしが良いんです。
DSC02798.jpg

いつ食べてもこの甘~い出汁と、チュルチュルの麺が抜群の相性で激しく美味しいですね。
こちらは地元のお客さんが殆どで、食べ歩きの客はさほど多くなく、昼時に行っても回転が
速いので並んでいてもそんなに待つことはなく、間違いなくお勧めできる一軒です。

ご馳走様でした。
DSC02800.jpg

2月のお休みです。
DSC02801.jpg

駐車場の案内ですが、琴電 太田駅前の駐車場からこちらに変わって近くなり、4台駐車可と
なりました。
DSC02802.jpg

DSC02807.jpg



《 上田製麺所 (うどん) 》 ・・・・・ 「手打うどん上田」とも「上田うどん」とも呼ばれています。

住   所: 香川県高松市太田上町763-3
電   話: 087-865-8037
営業時間: 9:00~15:00
定 休 日 : 第1・3・5 日曜日
駐 車 場 : あり (お店の近くに4台分)

情熱うどん 伊和正 @川西市東畦野

2015年2月22日 (日)

本日の麺活はご存じ情熱グループの長男格「伊和正」へ昨年1月以来の訪問です。
公共交通機関だと能勢電鉄 畦野駅(うねのえき)からゆっくり歩いて10分くらいで、
国道173号線沿いにあります。

DSC03173.jpg

DSC03174.jpg

DSC03202.jpg

開店時間少し前に到着しポールゲットで入店し、次のお客さんが来るまでに店内をパシャ。

まずは正面にあるカウンター席。
DSC03176.jpg

家族連れ等、チョット人数が多い場合に利用する席。 (入店して直ぐ左側)
DSC03177.jpg

カウンター席から見たテーブル席。 (入店して直ぐ右側)
DSC03178.jpg

壁には色々なポップが貼ってあります。 (一部だけ紹介)
DSC03187.jpg

DSC03180.jpg

DSC03188.jpg

さて私の注文はオーソドックスに「ちく玉天ぶっかけ」の麺大盛りです。 (820+100=920円)
暫く待ってうどんの登場ですが、店主のお父様とお見受けする方がうどんを運んで下さいました。
DSC03189.jpg

大きな器に綺麗に盛られたトルネード盛りの麺がステキです。
DSC03190.jpg

出汁は別容器で提供されるので、麺にかけちゃいましょう。
DSC03192.jpg

手切り感が出ていて、えくぼが良いですね。
DSC03194.jpg

麺は結構な太さがあり、グミ感が抜群で伸びも申し分なく、当然コシも良い感じ。
また食べている際、太さは大体揃っていますがその中でも太めの麺があったりして、
口内暴力が面白く良いですね。

ちく天は揚げ具合が丁度良く、サクサクで甘くて美味しい。
DSC03196.jpg

玉子も半熟具合が良い感じでこれまた旨し。
DSC03197.jpg

いや~大満足の一杯となりました。
ご馳走様でした。
DSC03200.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC03181.jpg

DSC03183.jpg

DSC03184.jpg

DSC03185.jpg

DSC03186.jpg


国道173号線を篠山方面に向かって左側にお店はあり。駐車場はその手前にあります。
DSC03171.jpg

情熱グループ恐るべし!
どこで食べてもハズレなし。



《 情熱うどん 伊和正 》

住   所: 兵庫県川西市東畦野5-3-10
電   話: 072-795-2377
営業時間: 11:30~14:00
        17:30~20:00 (LO19:30) 日曜は夜営業なし 
定 休 日 :  月曜日・第3火曜日
駐 車 場 :  あり (お店の近くに3台分) 

麦きり トクオカ @明石市魚住町

2015年2月21日 (日)

本日の麺活は明石市にある「トクオカ」へ昨年5月以来の訪問です。
今日は朝起きた時から天気が良く、こんな日はドライブを兼ねて遠出したい気持ちになり、
何時ものように高速を使わずに下道でのんびり走りました。

で着いたのが開店10分前、11時20分ごろでポールゲットです。
DSC03170.jpg

相変わらずうどん屋とは思えない外観です。
DSC03168.jpg

おすすめメニューの案内がありました。
DSC03139.jpg

定刻と同時に入店して何時もの席、カウンターの一番左の隅に座り、後ろ側のテーブル席と
カウンターの所だけパシャ。
処理済~DSC03143

こちらは入口入って左側になるんですが、右側にもテーブル席があります。
DSC03142.jpg

そしてカウンター前の様子です。
DSC03145.jpg

さて注文は何時もと同じの「釜玉」と「冷やかけ」と「ちく天」を同時にお願いしました。 
410+460+130=1000円 です。
店員さんはどちらのうどんを先に出すかと聞いてくれるんですが、一緒でもOKと返事して
おきました。

暫く待って「釜玉」だけ先に登場しました。
DSC03152.jpg

何時ものようにかつお節がタップリかかっていますが、速く混ぜないと!
DSC03153.jpg

写真を撮って素早く混ぜ混ぜ、良い具合に卵が固まりました。
DSC03155.jpg

温でもしっかりしたコシでモッチリ感があり、適度な塩分が残っていて、それとかつお節が
良い塩梅に塩加減を調整してくれて、またそこに旨味のタップリの醤油を少し垂らしていた
だくと、もうたまりません。

天かすも持ってきて頂いてますが、全く入れることなくあっという間に食べてしまいました。
DSC03157.jpg

そして釜玉を食べ終わってほんの少しして「ひやひや」と「ちく天」が登場しました。
(こちらでは”冷やかけ”を本場と同じように”ひやひや”と表現しています。)

ネギと生姜は別皿での提供で、スダチ酢が付いてきました。
DSC03158.jpg

食欲をそそるビュジアルで、結構な量ですね。
DSC03159.jpg

ビューティフル&ワンダフル!
DSC03163.jpg

出汁はエグミが全くなく、旨味だけが口の中に広がり旨~い!
温麺と比べて更にコシが強く、それでいて喉ごしよく、スルスルと喉の奥に通って行きます。
いつ食べても安定した美味しさで、満足感一杯でお腹もパンパンです。

あっそうそう、ちく天は捻れが入り甘くて美味しかった。
DSC03164.jpg

ご馳走様でした。
DSC03166.jpg

お店の開店と同時にお客さんがどんどん入店され、私がお店を出る際はほぼ満席でした。
相変わらずの人気店ですね。

メニューはこんな感じです。
DSC03148.jpg

DSC03149.jpg

カウンター横にはこんな写真がありました。
(カウンター前にはもっと他の写真があったんですが、他のお客さんがいらっしゃったので遠慮しました。)
DSC03146.jpg

DSC03147.jpg

駐車場はお店の裏手にあり、数台停められます。
DSC03138.jpg

さて今年もう一度来られるかな?
DSC03141.jpg

DSC03169.jpg

DSC03140.jpg



《 麦きり トクオカ 》

住   所: 兵庫県明石市魚住町清水2189
電   話: 078-943-3644
営業時間: 11:30~14:30 (LO)
定 休 日 : 水曜日・第3火曜日
駐 車 場 : あり (お店の裏側に数台分)

自家製麺 うどん田助 @大阪市西区

2015年2月20日 (金)

今日のお昼は大阪市西区にある「田助」に初訪問です。

お店は京阪 中之島または地下鉄 阿波座からいずれも徒歩10分圏内で、土佐堀通りと
阿弥陀池筋の交差点「土佐堀2丁目」の直ぐ近くで、バス停「土佐堀2丁目(西)」がお店
の前にあります。

写真の方向を真っ直ぐ行くと、肥後橋→ 桜橋 → JR大阪駅 となります。
P1050875.jpg

お店の前のバス停です。
P1050876.jpg

お隣の焼き肉屋さんは流行っているように見えました。
P1050879.jpg

お店の前のメニューです。
P1050878.jpg

これがお勧めなのかな?
P1050880.jpg

お昼の繁忙期を過ぎた時間帯に入店、先客は2名のみでした。
さて注文は「ちく玉天ぶっかけ大」でお願いしました。 (720+100=820円)

メニューはこんな感じですが、お店の前の看板もそうだし、店内でも分かりやすいメニューは
なく、初めてのお客さんは何を注文して良いのか迷ってしまうでしょうね。
P1050881.jpg

小さなディスプレイです。
P1050892.jpg

P1050891.jpg

暫く待ってうどんが登場しました。
P1050883.jpg

P1050884.jpg

今日の麺リフトもピンぼけ!
P1050886.jpg

チョット風変わりな器が珍しく、生姜がそこの部分に乗っていましたね。
麺はやや細めですが、グニュッとした食感が印象的で弾力が素晴らしく、また伸びもあって
喉ごしが良いですね。

出汁は見た目は濃い感じですが、スッキリしていて雑味なく後味が良くて、飲み干しても喉が
渇くようなことはありません。

ちく天は揚げすぎで甘みもなく、どってことはないかな?
玉子天は良い具合に半熟でしたが、これも普通。

食べ終わったころ、結構お腹が膨れていたのにはビックリ。
そこそこボリュームがあったのでしょう。

ご馳走様でした。
P1050888.jpg

店内は20席未満とこじんまりしていて、アットホームな印象ですが、もう少し今風なメニューや
トッピングがあっても良いのかなと思ったりして、お店を後にしてもこれといった印象が残らな
かったのが本音です。

P1050887.jpg

P1050893.jpg



《 自家製麺 うどん田助 》

住   所: 大阪市西区土佐墓降り3-2-8
電   話: 06-6443-8898
営業時間: 11:30~14:30
        18:00~21:00
定 休 日 :  土曜日
駐 車 場 :  なし (お店の裏側にCPあるが満車が多い)

丸亀製麺 京都伏見店 @京都市伏見区

2015年2月19日 (木)

今日のお昼はまたまた来てしまった国道1号線沿いの「丸亀製麺 京都伏見店」です。
今年既に4度目の訪問。

昼休みで時間に制限がある場合はコンビニで済ますか、こちらかどっちかになってしまう
今日この頃。
処理済~P1050865

今日も店内に入るとすぐにこの大きPOPが目に付きます。
IMG_2916.jpg

今日の注文は決めていました。
そう丸亀で初カレーうどん、麺大にレンコン天をトッピングしました。 (490+110=600円)
P1050866.jpg

もっと出汁が入ったシャバシャバかな?と思っていたんですが、案外ドロッとしていました。
P1050867.jpg

レンコン天は普通やね。
P1050872.jpg

かけ出汁も生姜とねぎを入れて頂きましたが、丸亀のかけ出汁、結構いけますね。
P1050871.jpg

これまたピンぼけですが、良いビジュアルです。
P1050870.jpg

カレーは辛くもなく甘くもなく、万人受けするような辛さ加減で子供でもいけるのかな?
麺は湯煎して貰ったけどちゃんとコシは残っていて良い感じ。
へぇ~なかなか美味しいやんか。

麺を食べた後、カレーのルーが結構残るので小さなご飯があれば良いかもね。
ご馳走様でした。
P1050873.jpg

今日は周囲を見ると、「Wカツカレー」を食べている方が結構いましたね。
丸亀の戦略にみんなハマってしまったか?

P1050874.jpg




《 丸亀製麺 京都伏見店 》

住   所: 京都市伏見区下鳥羽平塚町156
電   話: 075-612-2040
営業時間: 11:00~22:00 (土日祝は10:00~)
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR