手しごと讃岐うどん 讃々 @川西市緑台

2014年12月31日 (水)

今年最後の麺活は川西市の「讃々」へお邪魔しました。

朝ご飯を食べた後、皆さんのブログを見ていてここの記事があって今日まで営業していることを知り、
家の用事をバタバタと済ませ、急いでやってきて到着したのは11時30分。

普段だったら座るところを心配するんですが、お店の裏口に来て駐車場が空いていたのにはビックリ。
ということで今日も裏口からの入店です。

お店の裏には2台駐車できます。
DSC02251.jpg

年越しうどん?
DSC02252.jpg

裏口にあったメニューをパシャ。
DSC02253.jpg

DSC02254.jpg

店内お客さん少なめで、いつものカウンター席へ。
限定メニューや魅力的なメニューがいっぱいです。
DSC02257.jpg

豚・牡蠣は食べられません。
DSC02258.jpg

「ぶっかけカレーうどん」というのがあったんですね。 
DSC02259.jpg

さて注文は「野菜天ぶっかけ大」 麺は当然冷たいのをお願いしました。 800+100=900円
今日は開店早々の入店ではないので比較的早く出てきました。

天ぷらの数の多さにビックリ!
DSC02261.jpg

角度を変えて。
DSC02262.jpg

ぶっかけ出汁を入れて。
DSC02263.jpg

天ぷらをかき分け麺リフト。
麺肌・麺線が綺麗で瑞々しい。
DSC02265.jpg

野菜天の数々でまずはナス。
DSC02267.jpg

カボチャ。
DSC02268.jpg

レンコン。
DSC02269.jpg

ニンジン。
DSC02270.jpg

マイタケ。
DSC02271.jpg

サツマイモ。
DSC02272.jpg

天ぷらをのけて麺を見た時、えっいつもこんなに多かったっけ?
以前より明らかに麺の量が多くなっていて、今日のはビヨーンと伸びる感じで喉ごしが良く適度な
コシがあって美味しい!
出汁は甘さ控えめであっさりしていて麺と良く絡みます。

そして野菜天の数々ですが、どれも新鮮で特にニンジンが甘くて美味しかったな。
いや~今年最後の一杯大満足です。

ご馳走様でした。
DSC02273.jpg

今日のうどんを入れて、今年通算322丼となりました。(普通盛りでも大盛りでも1丼と計算して)
2005年から記録を取り始めて直近の5年では一番少ない数ですね。
ちなみに 2013年:334丼 2012年:353丼 2011年:365丼 2010年:413丼
というように年々減っているようで、今後益々少なくなっていくような予感です。
(でも食べ過ぎですね)

最後に今年の誕生日からブログをスタートさせましたが読んでいただいた方々、本当に
有り難うございました。

自分でブログを書いていて分かったことは、ボキャブラリーが明らかに不足していて、また
自分で読んでいても文章がまじめすぎて面白みが全くないことを痛感します。

また馬鹿舌ゆえ、正確に味の表現が出来ず歯がゆくてたまりません。
それでももう少し続けようと思います。

来年はもう少しリラックスした内容で、かつ簡潔にまとめていきたいと考えていますがさて
どうなることやら。

皆様良いお年をお迎え下さい。



《 手しごと讃岐うどん 讃々 》

住   所: 兵庫県川西市緑台2-2-121 多田グリーンハイツ
電   話: 072-792-8887
営業時間: 月~木 
11:00~15:00
        金・土・日・祝
        11:00~14:30  17:00~20:30
定 休 日 :  火曜日
駐 車 場 :  あり (店舗裏に2台と少し離れて商店街の共同駐車場が8台)
 
スポンサーサイト

四国巡礼その19 ⑤セルフうどん 天狗 

2014年12月13日 (土)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その19」は今年述べ19日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが
香川に行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も
頭が回らず、初日は初訪問のお店はなく、2日目の今日はどうなったでしょうか?


5軒目(6杯目) 11時43分着  セルフうどん 天狗 @高松市小村町


4軒目の「こだわり八輻」を出て、須崎では2杯食べ、お腹も結構膨れていることもあり、早めに
帰ろうと思って帰路についていた時、このお店が目の前に飛び込んできました。

以前よりこの場所にあるのは知っており、まだ12時前で駐車場もざっと見る限り止められそうで、
まだ1杯くらいなら軽く食べられそうだったので急遽お邪魔することにしました。

DSC01774.jpg

DSC01775.jpg

丁度お昼前で大箱な店内ですが、家族連れやらカップルやらで結構席が埋まっていました。
処理済~DSC01776

処理済~DSC01793

処理済~DSC01794

セルフなので列に並びここでは「かけそのまま」とし「げそ天」もゲットしました。
180+80=260円 で、メッチャ安いですね。

並んでいる所にあるメニュー表です。
DSC01777.jpg

DSC01778.jpg

DSC01779.jpg

DSC01780.jpg

DSC01781.jpg

DSC01782.jpg

麺は自分で温めます。
DSC01783.jpg

次に出汁を注ぎます。
DSC01784.jpg

その横で薬味を入れて出来上がり。
DSC01785.jpg

DSC01786.jpg

出汁の色が良いですね。
DSC01787.jpg

トッピングはげそ天にしました。
DSC01788.jpg

チェーン店のお店にしては安定した美味しい麺が提供されています。
DSC01792.jpg

恐るべし「平本店グループ」
旨い・安い・早い の3拍子そろっています。
いつ食べても安定した美味しいうどんが食べられます。
「天狗」は初訪問ですが、他のグループ店と同様、安心していただけるうどんでした。

げそ天はチョット固かったかな。
今日こちらを初訪問しましたが、まだ平本店グループ(かすが町市場・キリン・天狗・さくら製麺・
とんぼ・エコぽん太)の中で「さくら製麺」と「エコぽん太」が未訪問です。

いつ行けるのかな?



《 セルフうどん 天狗 》

住   所: 香川県高松市小村町168-1
電   話: 087-848-6984
営業時間: 10:00~19:00 (土日祝は20:00まで)
定 休 日 : 無休 (正月のみ)
駐 車 場 : あり (店舗周辺に相当台数OK) 



*********************************************************************************
・・・・・ 番外編 ・・・・・

「こだわり八輻」から我が家へ帰る道中、丸亀に美味しいマフィンのお店があるのをネット上で知り、
チョット寄り道して購入して帰りました。
DSC01768.jpg

DSC01769.jpg

DSC01771.jpg

お店はメイン道路から外れた所にあり、創業90数年の歴史のあるお店で、マフィン自体和菓子と
洋菓子を合わせたような感じで、自宅に持って帰り店内のポップにあったように、レンジで少しだけ
チンしていただきました。
素朴な味わいで美味しかった。

お店に行ったのは10時45分頃であんのマフィンは余り残っていませんでした。
もっと早い時間に行くべきですね。
DSC01772.jpg

DSC01773.jpg

DSC01770.jpg


《 北川製あん所 》

住   所: 香川県丸亀市西本町2-7-12
電   話: 0877-22-5288
営業時間: 8:00~16:30 
定 休 日 : 水曜日・日曜日
駐 車 場 : なし

手打ちうどん いわしや @西宮市山口町

2014年12月29日 (月)

本日の麺活は西宮市の「いわしや」へ訪問しました。

西宮市と言っても山口町で、中国自動車道の西宮北インターチェンジに近く、決して交通の便が
良いところではありませんが、皆さん美味しいうどん屋さんをよくご存じで今日もたくさんの方々が
来られていました。

DSC02216.jpg

処理済~DSC02250

DSC02218.jpg

今日も11時丁度に暖簾がかけられて開店、2番手での入店となりました。
店内に入ると直ぐに天ぷらやおにぎりが置いてあります。
DSC02227.jpg

もしここに欲しい天ぷらがない場合はレジでうどんを注文する際に頼み、支払いを済ませて番号札を
貰い席で待ちましょう。

店内はこんな感じです。
DSC02225.jpg

DSC02226.jpg

処理済~DSC02231

お店の奥はこんな感じです。
DSC02232.jpg

さて今日の注文は来る前から決めていました。
「釜玉」 440円 と 「冷やかけ」 380円 です。
当然ながら「釜玉」から来ると思っていたんですが、どういうわけか「ひやかけ」が先となりました。

ネギは最初から入って渡され、生姜と天かすは好みで入れましょう。
DSC02237.jpg

見るからに美味しそう。
DSC02238.jpg

相変わらずの太麺でエッジがビシッと立っていて剛麺健在です。
どストライクの好きな麺で、出汁もイリコを感じながらもスッキリとしていて飲みやすく美味しいですね。
細麺ではないのでズルズルッと一気には食べられませんがそれでもあっという間に完食です。
DSC02241.jpg

DSC02243.jpg

次は「釜玉」をいただきましょう。
実際には「冷やかけ」がもう少しで食べ終わりそうな時に呼ばれました。
DSC02242.jpg

生姜をオンして急いで卵を混ぜましょう。
DSC02244.jpg

醤油は釜玉用のものが卓上にありますのでそれをかけましょう。 (左から3番目です)
DSC02236.jpg

適度な塩っ気が残っていて卵と混ぜると良い塩梅、麺はモチッとした中でふんわりとしてこれまた
美味しいですね。

麺リフトの写真を撮りましたが湯気で旨く撮れませんでした。(相変わらずへたくそです)
天ぷらも食べたかったけど最近体重が増えてきていますのでググッと我慢しましたよ。

ご馳走様でした。
DSC02247.jpg

メニューはこんな感じでどれもリーズナブルです。
DSC02229.jpg

DSC02228.jpg

DSC02230.jpg

年内は今日が最後でしたね。新年は4日からです。
DSC02222.jpg



《 手打ちうどん いわしや 》

住   所: 兵庫県西宮市山口町下山口3-1-20
電   話: 078-903-3981
営業時間: 11:00~16:00
定 休 日 : 水曜日 (祝日の場合は営業で翌日休み)
駐 車 場 : あり (店舗前に10台くらいはOK)

手打ちうどん ひさや @和歌山県橋本市

2014年12月28日 (日)

本日の麺活は和歌山県橋本市にある「ひさや」で今回初訪問です。

お店は紀伊山田駅から約5分くらいの所にあり、大将は香川で修行したとのこと。
かなり前からこの地で営んでおられていたそうなんですが最近になってお店のことを知り、
今日やっと訪問することが出来ました。

我が家から下道で約2時間、さすがに年末の日曜日とあって道路は空いていてスイスイと
渋滞なく来ましたが、こんな所にうどんやさんがあるの? といった感じの場所にありました。

DSC02187.jpg

DSC02188.jpg

お店の前にはこんな案内がありました。
DSC02190.jpg

開店早々入店し、食べ終えるまで私1人で店内はこんな様子、
DSC02191.jpg

DSC02196.jpg

メニューはこんな感じでありました。
DSC02192.jpg

DSC02193.jpg

この季節でも「冷やかけ」の案内があり、思わずこの「天ぷら冷やかけうどん」を注文。
DSC02194.jpg

そこそこ待って涼しげな器に入ったうどんが登場。
DSC02202.jpg

角度を変えてパシャ。
DSC02203.jpg

海苔の天ぷらです。
DSC02204.jpg

綺麗な包丁が入ったナス天です。
DSC02205.jpg

へたくそな写真でゴメンナサイ。 結構大ぶりな海老天でこれが2匹も入っていて感動。
DSC02208.jpg

サクサクの大葉です。
DSC02209.jpg

麺はこんな感じでした。
DSC02207.jpg

やや細麺で喉ごしの良い、それでいてしっかりしたコシがありこれは美味しいですね。
冷やかけの出汁はあっさりしていて、それでいて深い味わいがありこれまたいけますね。

天ぷらは揚げたての熱々なんですが、出汁の中に浸かっていて私的には残念です。
これが別皿で提供されたんならもっとクオリティーがアップしたのにと思ってしまいました。

最初チョット値段が高いんでは?と思いましたが、この大きな甘い海老天が2匹入っていて納得。
ただ麺の量がチョットすくないのかな?
でも総じて非常にレベルの高いうどんでしたね。

他のうどんも食べてみたいですね。
ご馳走様でした。

今の時期、この器はどうなんでしょうか?
DSC02210.jpg

ランチメニューもそろっていました。
DSC02198.jpg

このかやくご飯の案内が気になりました。
DSC02195.jpg

ここの年越しそばも食べてみたいな。
DSC02212.jpg

DSC02214.jpg

DSC02211.jpg



《 手打ちうどん ひさや 》

住   所: 和歌山県橋本市神野々221-3
電   話: 0736-33-1100
営業時間: 11:00~14:00
        17:00~21:00
定 休 日 :  火曜日
駐 車 場 :  あり (店舗前と直ぐ横に数台OK)

四国巡礼その19 セルフうどん こだわり八輻 ④善通寺市善通寺町

2014年12月13日 (土)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その19」は今年述べ19日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが
香川に行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が
回らず、初日は初訪問のお店はなく、2日目の今日はどうなったでしょうか?


4軒目 10時12分着  セルフうどん こだわり八輻 @善通寺町


3軒目の「須崎」で2杯食べて向かったのが善通寺町のこちらで今回2度目の訪問です。
善通寺の直ぐそば「大師うどん きむら」の斜め前にお店はあり、大将はあの「たむら」で修行した
折り紙付きの腕利きで、可愛い奥さんと共に頑張っておられます。

DSC01749.jpg

DSC01767.jpg

DSC01751.jpg

こちらはセルフでお店に入って直ぐに注文します。
注文は ぶっかけ温+ちく天=270+90=360円 です。
DSC01756.jpg

うどんを受け取り薬味コーナーでネギ・大根おろし・生姜・レモン・天かすをオンしました。
DSC01757.jpg

ちく天は磯辺揚げになっていて、甘くて海苔の影響での味の変化があって美味しい。
DSC01761.jpg

見るからにまじめな麺です。
温のぶっかけを生まれて初めていただきました。
しっかりしたコシがあり、モチ感もあって美味しいですね。

出汁はあっさり系で麺と良く絡み、喉ごしが良いのでズルズルいただけます。
ただやっぱり自分的には冷の麺の方が好きですね。
DSC01760.jpg

ご馳走様でした。
DSC01762.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC01752.jpg

DSC01753.jpg

DSC01754.jpg

店内の様子です。
DSC01755.jpg

DSC01763.jpg

処理済~DSC01764

DSC01765.jpg

こちらの若奥さんもご多分に漏れず可愛くてステキです。
香川でも私が知っているだけでも「めんや七福」や「馬淵手打製麺所」の若奥さんも同じくステキですね。
関西のうどん店もそうですが、香川のお店も同様ステキな奥さんが多いです。

DSC01748.jpg



【 セルフうどん こだわり八輻 (はちや) 】

住   所: 香川県善通寺市善通寺町1059-1
電   話: 0877-62-8818
営業時間: 10:00~15:00
定 休 日 : 金曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に結構な台数OK) 

四国巡礼その19 ③須崎食料品店

2014年12月13日 (土)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その19」は今年述べ19日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが
香川に行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も
頭が回らず、初日は初訪問のお店はなく、2日目の今日はどうなったでしょうか?


3軒目 8時47分着 9時過ぎ飲食  須崎食料品店 @三豊市高瀬町


さて「天満製麺所」を後にして今回の四国巡礼のメインのお店ととらえている世界一旨いうどん屋
さんを目指します。
と言っても食料品店という名の田舎のよろずやスーパーなんですが・・・・・

善通寺市から三豊市のここまで距離はそこそこありますが、田舎道なんでスイスイ走れて30分も
かかりません。

とその前にとある所に寄り道したんですが、須崎には9時前に到着してしまいました。

考えていたのは9時半頃の到着だったら一番客が食べ終えて、その後は空いているはずと
思っていたのでチョット早く着きすぎました。

DSC01744.jpg

うどんの方の入口は右側で、左側はスーパーの入口です。
DSC01745.jpg

処理済~DSC01747

店内に入るとこんな感じです。
手前の人のいるところで注文し、うどんを受け取り薬味を入れ外に出ていただきます。
(私は店内で行列が出来てなかったら、写真手前の絨毯の所に腰掛けていただきました)
DSC01743.jpg

まずは温かい麺を受け取ります。
真っ白でふんわりしていて小麦の風味抜群です。
DSC01733.jpg

卵を混ぜネギと生姜を少しのせます。
DSC01735.jpg

そこに出汁醤油を少量かけ、もう一度混ぜ釜玉にしていただきました。
DSC01736.jpg


うま~~~~~~~~い!

いや~温の麺は久々でしたがやっぱり美味しいですね。
麺が甘くてもっちり、そして弾力が素晴らしい。


そして当初の予定通り冷たい麺もいただきます。
DSC01738.jpg

七味も少しかけていただきました。
DSC01739.jpg

これも激しく旨いですね。
冷の方が麺の甘さが強く感じられますね。しかしもう詳細な表現は不要でしょう。
最初の頃のような感動こそありませんが、やっぱり須崎のうどんは世界一ですね。

薬味と卵(温泉卵と普通の卵)はこんな感じで置いてあります。
醤油のかけ過ぎには注意しましょう。 殆どの方は醤油のかけ過ぎです。
DSC01737.jpg

メニューと価格です。
ここでは大か小か、それと溫か冷かを言って注文します。
DSC01740.jpg

DSC01741.jpg

後払いですので間違いのないように自己申告しましょう。
DSC01732.jpg

最近、大将が会計を担当する時はチョットいやな気分になることがあります。
自己申告で「2杯と卵1個」と申請し、430円支払ったら「卵は生卵?」と言ったような質問を受けます。

以前も同じように客を信じてないような質問をされたことがあり、せっかく美味しいうどんをいただいて、
気分良く帰りたいのにチョット残念です。
そんなに信用できないなら前金にすればいいのにと思ったりします。

ついでに書くと価格の設定でもしかりですね。
外に僅かなイスを置いたりはしていますがあくまでも店内に席はない訳で、他のお店と比較しても
この店の値段の付け方(上げ幅も他店と比べても大きい)がイマイチ納得できないところもあり、
何か訪問するたびに高くなっているように思えて仕方がありません。

昔のようにのんびりとした雰囲気が懐かしいです。
最後は辛口になってしまいましたがうどんは間違いありません。
今回の訪問が23度目となり、最初の頃のように頻繁には来れていませんが、今後も定期的に
訪問すると思います。

とにかく須崎のうどんは大好きです。
ご馳走様でした。

DSC01746.jpg

DSC01730.jpg



【 須崎食料品店 】

住   所: 香川県三豊市高瀬町上麻3778
電   話: 0875-74-6245
営業時間: 9:00~11:30 (麺切れ終了)
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前にかなりの台数OK) 


*************************************************************************
・・・・・ 番外編 ・・・・・

須崎に訪問する際、ほぼ決まってこちら「JA産直 あさの市」に先に伺います。

香川県内で色々なところの産直売り場に行きましたが、こちらが一番安いのではと私は勝手に
思っています。

新鮮さは勿論ですが、種類も豊富でいつも買うのに迷ってしまいます。
DSC01723.jpg

DSC01725.jpg

DSC01726.jpg

「逢慈蹉良」(あじさい)はこの産直市場の駐車場内にありますし、「おかむら」も目と鼻の先の
距離なんです。

近くに訪問の際は一度訪問されてはいかがでしょうか?
あの松井うどんも比較的に近いかな?

四国巡礼その19 ②天満製麺所

2014年12月13日 (土)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その19」は今年述べ19日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に
行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、
初日は初訪問のお店はなく、2日目の今日はどうなったでしょうか?


2軒目 8時6分着  天満製麺所 @琴平町五條


1軒目の「よしや」を後にして向かったのが琴平町のこちら、マイ丼・マイ醤油・マイ箸が必須です。

製麺所は琴平町にありながら喧噪とは全く別世界、細い路地にあって看板もなく、初めての方は
お店を見つけるのが難しく、ハードルが高いでしょうね。

でも最近ではネット上にお店の写真が出てたりして、そういう点では探すのが以前に比べて格段
に楽になりましたね。

製麺所はこんな感じです。
初訪問の時、この扉を開けるのにドキドキしたのを思い出します。
DSC01714.jpg

DSC01712.jpg

DSC01713.jpg

扉を開けると昭和の雰囲気がそのまま残っています。
写真で見たら釜が新しくなっているようですね。
DSC01715.jpg

店内に入っておばちゃんを呼び、うどん1玉をいただき、チョット離れたところに駐車した車に戻り、
車内でいただきます。
尚、価格はずっと据え置きで70円のままですね。

今日の麺を見ると若干時間が経っているようで、瑞々しさが少し欠けているように見受けました、
DSC01719.jpg

DSC01720.jpg

醤油と七味だけをかけていただきます。
DSC01722.jpg

時間が経っているようですが小麦の風味が抜群、やや細麺ですが凄いコシ、弾力そしてもっちり
していて美味しいですね。

以前に比べ、おばちゃんが年老いた感じに見えたのは気のせいでしょうか?
ご主人と共にいつまでもお元気で、美味しいうどんを作り続けて頂きたいと思います。

DSC01711.jpg



【 天満製麺所 】

住   所: 香川県仲多度郡琴平町五條773
電   話: 0877-75-3325
営業時間: 8:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 不定休
駐 車 場 : あり (お店の斜め前のカーポートに1台分・・・・しかしないと思って下さい) 

四国巡礼その19 ①純手打うどん よしや

2014年12月13日 (土)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その19」は今年述べ19日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に
行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、
初日は初訪問のお店はなく、2日目の今日はどうなったでしょうか?


1軒目 7時31分着  純手打うどん よしや @丸亀市飯野町東二


今日のメインは世界一旨いうどん屋さんに行くことなんですが、泊まっていたホテルからそちらに
向かうにはまだ早過ぎて、こちらのお店はいい方向にあり、更に早朝から開店しているので、また
また訪問することになりました。

という書き方をするとついでに訪問しているようですが、決してそんなことはありません。
今回で通算15度目の訪問となります。

自分以外のお客さんの車はありません。
DSC01696.jpg

DSC01698.jpg

注文カウンターの上にあり、非常に分かりやすいメニューの表示です。
DSC01700.jpg

この時間帯の天ぷらはこれくらいが並んでいました。
しかし写真で見たら、ちく天のオンパレードですね。
DSC01699.jpg

上の写真の右端にある「目玉焼きの天ぷら」を取り、注文は「かけ小そのまま」 をお願いしました。 
230+100=330円 です。
席はどこでも空いているのでいつもの席でいただきましょう。
DSC01701.jpg

面白い組み合わせでしょ。
DSC01702.jpg

DSC01703.jpg

DSC01704.jpg

他店では絶対に真似できない麺で、全て手作業のなしえる技でしょうか?
麺が踊っているようです。
DSC01706.jpg

この目玉焼きの天ぷらは面白い発想ですね、初めていただきました。
DSC01705.jpg

店内私1人が客というのも寂しい気がしますが、こんな繁盛店でゆっくりいただけるのは有り難いことです。
麺はいつものようにねじれが健在で、素晴らしいコシとなり、弾力も抜群で口内暴力がたまりません。

出汁もイリコがガツンと効いていながらエグミはなく、バランスの良い仕上がりで美味しいですね。
ただひやあつにしたせいか、チョット出汁がぬるすぎるのが残念だったかな?

この季節、ひやあつにするとこういう状態になりやすく、可能ならば「ひやあつ」と「あつあつ」の中間の
温度でいただけたら最高ですね。
でも美味しかったです。 

ご馳走様でした。
DSC01708.jpg

DSC01697.jpg



【 純手打うどん よしや 】

住   所: 香川県丸亀市飯野町東二343-1
電   話: 0877-21-7523
営業時間: 7:00~15:00
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と横に約15台) 

讃岐 Dining & Horse Bar frankel (フランケル) @宝塚市仁川北

2014年12月23日 (火)

本日の麺活は、阪急今津線「仁川駅」徒歩1分にある「フランケル」に初訪問です。
お店は2012年11月にOpenされていて、存在自体は当時より知っていて私自身の住所録にも
登録していたんですが、つい最近とある方のブログを見て訪問するに至りました。

正面が仁川駅で、お店は右手の建物(さらら仁川北館)の1階にあり「うどん」の幟が目印です。
DSC02047.jpg

表の幟の横にはこの目立つ看板がありました。
DSC02017.jpg

入口だけを見ていると喫茶店のような感じです。
DSC02018.jpg

お店の前にもメニューの案内が。
DSC02019.jpg

店内は明るくてとてもお洒落、感じの良い若いご夫婦で営業されています。
カウンターは8席かな?
DSC02021.jpg

DSC02041.jpg

奥にはテーブル席がありました。
DSC02040.jpg

さて注文は「海老もちぶっかけ」 麺大盛りでお願いしました。 780+100=880円 です。
「10分ほどかかりますけど大丈夫でしょうか?」と言われましたが勿論喜んでお待ちしますよ。
暫く待って出てきたのがこれ。
DSC02030.jpg

真っ白な器というのは珍しいですね。
DSC02031.jpg

薬味が別皿というのはポイントアップですね。 
ただネギが新鮮なように見えないのは気のせいかな?
DSC02032.jpg

角度を変えてパシャ。
DSC02033.jpg

ぶっかけ出汁を入れてパシャ。 軽いトルネード盛り?
DSC02034.jpg

出てきた麺を見てビックリしました。
へぇ~このお店の雰囲気でこんなエッジがビシッとしてる麺が出てくるんや!
DSC02037.jpg

食べてみてもビックリで、良い意味で裏切られました。

密度の濃い剛麺で、強めのコシで伸びは少ないものの弾力もあり、自分的にはストライクです。
いや~美味しいですね。
どこか道久製麺所の麺に通じるところがあると思ったのは私だけでしょうか?

出汁は見た目、どうしても醤油が勝っているような印象を受けるのですが意外とあっさりしています。
ただどうでしょうか、ぶっかけ出汁がもう少しインパクトがあれば更に美味しいぶっかけになるのに、
と思ったのが正直な感想です。

海老とお餅も普通すぎかな?
ついでにボリュームも少なめかな。

ご馳走様でした。
DSC02038.jpg

メニューはこんな感じで、もう少しスッキリしたメニューの方が見やすいでしょうね。
またランチメニューが欲しいところです。
DSC02025.jpg

DSC02026.jpg

DSC02027.jpg

お店の名前の「フランケル」というのはイギリスの名馬の名前のようでした。
阪神競馬場に近いので、競馬開催中は競馬ファンで昼も夜も競馬の話で盛り上がるんでしょうね。
(今日の訪問は開催中でないことを確認して行きましたよ)

レジ横にあったお馬さん。
DSC02028.jpg

カウンターの前にあったお馬さん。
DSC02029.jpg

コースターは本物の蹄ですね。
DSC02024.jpg

壁にはサインがずらっと。
DSC02022.jpg

名前は知りませんが恐らく名馬たちなんでしょう。
DSC02043.jpg

DSC02042.jpg

DSC02039.jpg

また定期的に訪問したいお店が増えてしましました。



《 讃岐 Dining & Horse Bar frankel (フランケル) 》

住   所: 兵庫県宝塚市仁川北2-5-1
電   話: 080-3858-9242
営業時間: 11:00~23:00
定 休 日 : 月曜日 (祝日は営業)
駐 車 場 : なし (商業施設内のパーキングか近くの道路沿いにもあり)

四国巡礼その18 ⑥セルフうどんの店 竹清

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に
行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、
初日は初訪問のお店はありません。


6軒目 11時32分着  竹清 @高松市亀岡町


先程の「はりや」を後にして、私が香川でうどんをいただく際に大いに参考にさせていただいている
ブログ「{^L^}が食べたもん」で度々登場するうどん店「讃岐一番 一宮店」のあるメニュー(ECOメニュー)
が気になり、今日予定に入れていたんですが、このお店の前を通った際、この時間帯も関わらず行列
はなく、また店舗横に駐車場が新しく出来ていて、また空いていたので急遽訪問することにしました。

ホントにこんなことは滅多にありません。 
私自身今回でまだ5度目の訪問ですが初めての光景です。
DSC01670.jpg

DSC01669.jpg

店舗横に出来た新しい駐車場です。
処理済~DSC01692

ここは普段なかなか来れないハードルの高いお店です。
お店の休みは結構変わりますが、たまたま今日空いていてラッキーでした。
(ちょっと前までは金曜日は休みだったはず?)

店内はこんな感じでそれ程大きなお店ではありません。
DSC01684.jpg

お店を入って直ぐ右側にある天ぷらを揚げているブースです。
DSC01683.jpg

出来合いの天ぷらもありますよ。
DSC01682.jpg

入店するといつものように天ぷらは何にするか聞いて下さいます。
皆さんご存じのようにここは揚げてたの天ぷらがいただけるお店で、その中でも半熟玉子天と
ちく天が定番となっていて、観光客の大半が頼んでいるのではないでしょうか。
今日は「ちく天」だけをオーダーしました。

すると既に出来ていたようで直ぐに持ってきてくれて、うどんを注文する際には横にありました。
さて注文は「1玉」で、天ぷらとうどんの代金と共に支払い、自分好みのうどんを各自で完成させます。
今日の支払いは 170+100=270円 です。
それにしても超安いですね。ここは高松市内のど真ん中ですよ。

麺を温めたい人はここで温めます。

いつもはひやあつでいただいていたんですが、少し寒いこともあり約5秒程麺を温め「あつあつ」と
「ひやあつ」の丁度中間の温度を目指しました。
DSC01681.jpg

薬味コーナーでワカメがあるのは嬉しいサービスですね。
DSC01672.jpg

ワカメ・ネギ・生姜・天かすをオンしました。
DSC01673.jpg

ワカメが美味しそう。
DSC01674.jpg

麺は余り主張していませんがこれが美味しいんです。
DSC01675.jpg

このちく天、やっぱりうま~です。
素材の甘さと揚げ具合が絶妙でサクサク&甘~でメッチャ美味しい。
DSC01676.jpg

優等生の麺の状態です。
DSC01678.jpg

ここはネットや雑誌では天ぷらが強調されていますが、それはそれで美味しいんですが、実は麺が
秀逸なんです。
細麺でしなやか、柔らかそうな感じですがしっかりしたコシがあり、モチ感もよく弾力があり美味しいです。

出汁もこれまた強調はしませんが優しい味わいで麺と相まってこれまたうま~です。
そうそう無料のワカメをトッピングしましたがこれがまたシャキシャキしていて美味しいんです。

いや~急遽突撃して大満足の一杯となりました。
ご馳走様でした。
DSC01679.jpg

店内と店外のポップを紹介しておきます。
こちらでの注文は、この玉数だけ伝えて下さい。
DSC01680.jpg

DSC01686.jpg

DSC01688.jpg

DSC01689.jpg

DSC01690.jpg

DSC01691.jpg

DSC01687.jpg

近くには「さか枝」や「めんや七福」と自分の好きなお店があり、ハシゴするのもお勧めです。
またタイミングを見て来たいと思います。



《 セルフうどんの店 竹清 》

住   所: 高松市亀岡町2-23
電   話: 087-834-7296
営業時間: 11:00~14:30
定 休 日 : 月曜日・火曜日・定休日 (休みはよく変わるので事前に情報収集して下さい)
駐 車 場 : あり (お店の横に3台と、少し離れて数台はまだあるのかな?)
プロフィール

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR