FC2ブログ

こだわり自家製麺 うどん小屋 @大阪市住吉区

2014年12月21日 (日)

本日の麺活は「うどん小屋」へ昨年5月末Openの後、6月に訪問して以来、今年初めての訪問。
最寄りの駅は地下鉄「あびこ駅」で徒歩4~5分ほどの距離のようです。

開店早々に訪問しました。
DSC01975.jpg

DSC01996.jpg

お店の前にはこんな案内がありました。
DSC01978.jpg

DSC01977.jpg

お店に入ると右手に厨房がありその前にカウンターが、そして奥にテーブル席があり落ち着いた
雰囲気です。
メニューを眺めるとカレー系を推してるようですが、注文は私の目にとまったこのポップを見て決定。

「彩り野菜のかき揚げぶっかけうどん」の麺大盛りで 790+100=890 円です。
DSC01979.jpg

暫く待って目の前に着丼したのがこれ。
DSC01985.jpg

写真の写りは悪いんですが綺麗な麺で、美味しそうなのが伝わってきます。
DSC01988.jpg

かき揚げが思っていたより凄いボリュームです。
DSC01986.jpg

更にかき揚げマウンテンの様子。
丸亀製麺のような隙間のあるようなかき揚げではなく、密度の濃いホントに凄いボリュームです。
DSC01992.jpg

麺リフトですが良い感じですね。
DSC01991.jpg

この麺良いですね。
適度なコシと弾力、伸びもあってグミ感がたまりません。
何か師匠の麺と似ているように感じたのは私だけでしょうか?

前回の印象は「麺は良いけど出汁が尖っている」というものでしたが、今回の出汁は随分まろ
やかになり、麺と旨く相まって良い感じでした。

かき揚げはホントに食べ応えあるんですが、やはりチョット大きすぎてサクサク感が物足りない
感じです。
しかし味的には甘くて美味しかったですね。

食べ終えてお支払いをしている際、大将が「麺は固くなかったですか?」と麺の状態を確認され
ていました。

この時期に「冷」の麺を提供するのに気を使うんでしょうね。
とても美味しかったです。

ご馳走様でした。
DSC01994.jpg

メニューはこんな感じです。
Open当時とはかなり変わっています。
DSC01981.jpg

DSC01982.jpg

DSC01983.jpg

DSC01984.jpg

昨日の「うどんらんぷ若蔵」を食べた後にも感じたんですが、今日の「うどん小屋」を食べた後にも
同様に思ったのは「あ~それぞれの師匠のうどんが食べたいな」ですね。

DSC01997.jpg

DSC01998.jpg

DSC01999.jpg

正月のお休みの案内です。
DSC01980.jpg



《 こだわり自家製麺 うどん小屋 》

住   所: 大阪市住吉区苅田7-1-19 
電   話: 06-6693-5858
営業時間: 11:30~14:30
        18:00~21:00 (LO20:30)
定 休 日 :  火曜日・第3水曜日
駐 車 場 :  なし (近くにCPあり)

うどんらんぷ若蔵 @寝屋川市八坂町

2014年12月20日 (土)

本日の麺活は寝屋川市にある「うどんらんぷ若蔵」に4月のOpen以来2度目の訪問です。
京阪 寝屋川市駅から徒歩5分くらいで「八坂町歩道橋」がある交差点に位置します。

DSC01943.jpg

DSC01949.jpg

店内入って正面が厨房で、厨房前にはカウンターがあり、右側にテーブル席、左側にはコの字型の
カウンターがあります。
DSC01971.jpg

DSC01951.jpg

さて今日の注文は「野菜天ぶっかけ大」 680+100=780円 です。
開店早々の入店でお客さんはまだ来ていません。
暫く待ってうどんの登場です。
DSC01956.jpg

DSC01957.jpg

角度を変えてパシャ。
DSC01958.jpg

薬味が別皿で提供というのはポイントアップですね。
DSC01959.jpg

見るからに麺の状態が良さそうで、出汁の色合いも食欲をそそります。
DSC01960.jpg

綺麗な麺肌と麺線がステキです。
DSC01962.jpg

舞茸天です。
DSC01964.jpg

サクサクの大葉でお菓子感覚でいただけます。
DSC01965.jpg

肉厚のタマネギ天です。
食べ応えあり甘くて美味しかった。
DSC01966.jpg

サツマイモです。
DSC01967.jpg

ナス天ですがちょっとアップ過ぎました。
DSC01968.jpg

麺はOpen当時も良かったんですが、今回いただいたのはそこから更にレベルアップしていて
コシ・伸び・弾力と素晴らしい食感。

出汁も「これぞぶっかけ出汁だ」と思わせ、麺とのバランスが良いですね。

そして天ぷらですが、種類も多く一つ一つが大きく食べ応えがあり、軽く揚がっていて素材の味が
生きていて全部美味しかった!! 

ご馳走様でした。
DSC01969.jpg

4月に訪問した時よりメニューが変わっていましたが、シンプルで分かりやすいですね。
DSC01952.jpg

DSC01953.jpg

DSC01954.jpg

DSC01955.jpg

食べ終えてお店を出るとこんな案内がありました。
入店する時に見ていたら、これを頼んでいたんだろうと思います。
DSC01973.jpg

写真中央が「うどんらんぷ若蔵」ですが、このコンビニの手前に安いコインパーキングがあります。
DSC01942.jpg

DSC01972.jpg



《 うどんらんぷ若蔵 》

住   所: 大阪府寝屋川市八坂町25-7
電   話: 072-828-8103
営業時間: 11:00~15:00
        17:00~21:30
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : なし (近くにCPあり)
 

本格手打うどん 大河 @京都市伏見区

2014年12月19日 (金)

今日のお昼はこちらでいただきました。
何故か今年は縁があって3度目の訪問となります。

DSC01924.jpg

写真左手がコインパーキングです。
DSC01937.jpg

DSC01925.jpg

まだお昼前の時間帯で比較的空いたので、カウンターにすんなり座ることが出来ました。
さて注文は表の案内や、店内にもお勧めがありましたのでそれに決めました。

本日のAセット「3種の天ぷらとうどんセット」 で、とろろしょうゆうどん冷とかやくご飯をお願いしました。
DSC01926.jpg

暫く待って出てきたのがこれ。
DSC01927.jpg

生姜の下の白いのがとろろだったのですね。
DSC01928.jpg

かやくご飯を頼んだつもりがジャコご飯になっていました。
美味しそうだったのであえてお店には言いませんでした。
(伝票にはふりかけと記載・・・つまりジャコご飯)
DSC01929.jpg

麺リフトの良い写真が撮れませんでした。
この写真を見ると麺肌・麺線荒れている感じです。
DSC01931.jpg

天ぷら3種の一つ、舞茸天です。
写真の裏側は撮る前に少しかぶってしまいました。
DSC01932.jpg

生姜天。
この生姜天美味しかった。 チョットべちゃっとしていたかな?
DSC01933.jpg

ちく天。
DSC01934.jpg

麺は優しいコシで伸びがあって美味しいですね。
ただ「とろろ」の粘りけが強くうどんと旨く絡まず、とろろうどんとして食べるには食べにくさが
邪魔しているようで、逆に「とろろ」がない方が麺の味がストレートに味わえるのにと思ったり
しました。

天ぷらの3種はいずれも大きく食べ応えありましたが、大きすぎてサクサク感が不足している
のが残念です。

次回訪問する際はお出汁のうどんをいただきましょうか?
ご馳走様でした。
DSC01935.jpg

DSC01939.jpg

正月の2日・3日が開いているのは嬉しいですね。
DSC01938.jpg

DSC01941.jpg

大将のブログをご覧下さい。
色々つぶやいていらっしゃいます。



《 本格手打うどん 大河 》

住   所: 京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電   話: 075-641-4877
営業時間: 11:00~14:30 (LO14:00) 土日祝は15:00まで
        18:00~21:30 (LO21:00)
定 休 日 :  火曜日
駐 車 場 :  なし (お店の前にCPあり)

四国巡礼その18 ⑤手打ちうどん はりや

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、
前回から1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネック
なのが香川に行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって
今回の巡礼も頭が回らず、初日は初訪問のお店は残念ながらありません。

5軒目 10時10分着 11:00入店 11:07飲食  はりや @高松市郷東町

先程の「マルタニ製麺」を後にして、普段なかなか来れない郷東町の超人気店の
こちらに訪問。
今年2度目の訪問で通算でもまだ5度目ですが、超人気店故こちらを候補に入れ
たら、他のうどん店訪問が大きな犠牲を虐げられる結果となることもあり、なかなか
ハードルの高いお店です。

今日は満を持して時間調整したにも関わらず、かなり早く着いてしまいました。
開店前の様子ですが、お客さんが早くから並ぶのを想定して10時半から並びました。
DSC01652.jpg

店舗両横の駐車場や、更にその横の駐車場にも、1台も車が止まってないのを
初めて見ました。
DSC01650.jpg

開店時間ピッタリに暖簾が掛けられ入店します。
普段はお客さんが一杯で、こんな写真は滅多に撮れないので貴重な写真でしょう。
DSC01667.jpg

店内はカウンター席だけで、いつもは開店と同時にカウンター席全てが埋まり、更に
カウンターの直ぐ後ろに約20人が並ぶというもので、店内に入りきれなければ外で
待つこということになります。
私の数少ない経験では開店時には平日でも少なくて20人以上は並んでいたと思う
んですが・・・・

ところが今日はどういうわけかお客さんメッチャ少なく店内もこんな様子。
処理済~DSC01655

ウォーターサーバーのお水をセルフで汲みに行き、席に戻る途中にパシャ。
このピンぼけの袖のない白衣?を着ているのが大将です。
DSC01657.jpg

私はこの大将の客さばきが好きなんです。
どんな忙しい時でも、小さな子供がゆっくり食べていても、また年配の方が
ホントにゆっくり食べていても決していやな顔一つせず、優しさがあふれるように
接客する姿が印象的です。

かつてこんな風景を見たことがありますか?
DSC01656.jpg

さて今日の注文は「生醤油+イカ天」で 300+450=750円 です。
ここではざる以外初めての注文となりました。

暫く待ってまずはイカ天からの登場で、つけ出汁でいただきます。
DSC01660.jpg

どうこのボリューム!
値段だけを見ると高そうな感じを受けますが、現物を見て、また食べてみて
納得です。 
DSC01661.jpg

いつものように瑞々しい綺麗な麺!
DSC01662.jpg

DSC01663.jpg

DSC01664.jpg

醤油を少々かけていただきましょう。
はりや独特の弾力とグミ感、またビヨーンと伸びつつ十分なコシが楽しめて
良いですね。

ただ「生じょうゆうどん」としては水切りが悪く、器の底に水が残り最後の方は
水くさくなったのは残念でした。
皆さんこちらでは半数以上の方が「かしわ天ざる」か「イカ天ざる」を注文する
のでこういう心配は不要なのでしょうね。

メニューはこんな感じです。
DSC01658.jpg

DSC01659.jpg

DSC01653.jpg

この時期はどこのうどん屋さんも狙い目ですね。
ただ寒いからだけなのかな?
しかしもうすぐ学生さん達の冬休みが始まるのでそれまでがチャンスです!



《 手打ちうどん はりや 》

住   所: 高松市郷東町587-174
電   話: 087-882-3301
営業時間: 11:00~売り切れまで
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (店舗両横とその横にも) 

四国巡礼その18 ④さぬきうどん マルタニ製麺

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが
香川に行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が
回らず、初日は初訪問のお店はありません。


4軒目 9時30分入店 マルタニ製麺  @高松市円座町


先程の「たむら」を後にして、予定では郷東町の超人気店に伺う予定だったのですが、時間が
相当余るので、急遽こちらに伺うことにしました。
1人で行動しているので何でもありですわ。
DSC01633.jpg

DSC01634.jpg

DSC01635.jpg

店内はこの時間帯、常連さんがポツポツいらっしゃいました。
さて注文はネットで気になっていた「カレーうどん 麺そのまま」で 350円です。

私自身、普段食べ歩いている中でカレーうどんは殆ど食べませんが、某ブロガーさんのネット上の
カレーうどんが気になって仕方ありませんでした。

今日はその正体を確かめるべくしっかり味わっていただく所存です。 (カタイでしょ)
結構待ってカレーうどんが登場しました。
DSC01643.jpg

どろっとしたカレールーが麺に良く絡み、スパイシーさも相まって旨~ですね。
DSC01645.jpg

開店から時間が経ってないせいなのか、まだお客さんが注文してないせいなのか、注文してそこそこ
待ちましたが、出てきたカレールーは非常にぬるく、麺も冷たいので悲惨なものでした。

ただ救いはカレールー自体スパイシーでメッチャ美味しく、麺も申し分ないので全体としてはそんなに
ひどいものではありません。 (麺が熱いのだったら丁度良かったのかな?)

あっそうそう、お肉も相当量入ってましたね。
ここは安定した麺を出していただけるので大好きなお店ですが、今日だけはチョット残念でした。

ご馳走様でした。
DSC01647.jpg

これも気になりますね。
DSC01648.jpg



《 さぬきうどん  マルタニ製麺 》

住   所: 香川県高松市円座町1023-1 
電   話: 078-886-6814
営業時間: 9:00~14:00
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と横に約15台分あり)

ちゃんぽん亭総本家 能登川店 @東近江市林町

2014年12月16日 (火)

今日のお昼は超々久しぶりに「ちゃんぽん」をいただきました。
場所はJR能登川駅より徒歩5分くらいの所で、近江ちゃんぽんと中華そばの専門店です。
「超々」という表現をしたのは、かれこれ約10年前に長崎に行った際に食べて以来でホントに「超々」です。

DSC01921.jpg

DSC01907.jpg

お昼前チョット前に入店できまだ空いていて、1人なのでカウンターに案内されました。
何やら女性のスタッフばかりで切り盛りされているようで、厨房内も女性スタッフが担当されていました。

さて初めてなので何を食べてよいのか分からないので「普通のちゃんぽん」をお願いしました。
暫く待って出てきたのがこれ。 702円です。
DSC01916.jpg

野菜が結構多く入っていて美味しそう!  (キクラゲが余分やな)
DSC01917.jpg

麺は中細麺ストレートというのでしょうか?
DSC01918.jpg

まずスープ(うどんだったら出汁なんですが・・・)をいただくと野菜の甘みが溶け込み優しい味わい良いですね。
麺は適度な茹で加減で、野菜と一緒にいただくとこれまたうま~です。

半分ぐらいいただいたところでお店のポップに案内のあった食べ方で、お酢を入れてみましたが、これ正解
ですね。味が微妙に変化してこれまた美味しくなりました。
DSC01919.jpg

たまにはうどん以外も食べるべきですね。
ご馳走様でした。

店内はお昼を少し廻って満席になっていて、私が出る時にはお待ちのお客さんがいらっしゃいました。
地元の人気店なんですね。

DSC01908.jpg



《 ちゃんぽん亭総本家 能登川店 》

住   所: 滋賀県東近江市林町627 
電   話: 0748-42-5844
営業時間: 11:00~23:00 (LO22:30)
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (お店の横にあり)

四国巡礼その18 ③手打うどん たむら

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に
行ったら「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、
初日は初訪問のお店はありません。


3軒目 8時38分着 9時00分飲食  手打ちうどん たむら @ 綾川町陶


【 手打うどん たむら 】 ・・・・・ (田村うどん店? 漢字表記やひらがな表記がありどれが正解?)


2軒目の「がもう」を出て、私自身の最近の決まり文句のようにこちらに向かいます。
あっという間に到着しますが、いつも道中のとあるお店の存在が気になりますがなかなか行けません。
DSC01613.jpg

冬場は右のシャッターは開けないのでしょうか?
DSC01614.jpg

DSC01618.jpg

いつものように釜が茹で上がるのを粛々と待ちましょう。
待っている途中、大将から何を注文するのか聞かれ「温いん小」と答えます。 200円です。
常連の方々はそばを食べられているようです。

年季の入った釜や製麺機がどんなうどんが出来るのかワクワクさせてくれます。
手前に大きな「だんご」が置いてありました。
DSC01624.jpg

大将から「もうチョット待ってな」と笑顔と共に一言。
釜の温度が上がるのにそこそこ時間がかかりますが、麺自体の茹で時間はそんなに待たなくて
良いようです。

暫く待って暖かい麺を受け取ります。
DSC01627.jpg

今回も出汁はかけずに生姜とねぎををオンし、うま味調味料を少々。
また醤油も少しだけかけていただきます。
DSC01631.jpg

う~ん旨い!
ねじれの入った太麺は優しさの中に男気を感じさせ、モッチリ感を味わってしまうともうノックアウト寸前。
小麦の風味も抜群で、甘くてたむらマジックそのものやね。

実は私が最初に四国巡礼に来始めた頃、こちらの麺をいただいても印象はあまり良いものではありません
でした。
ところがいつの間にか、たむらファンになってしまっている自分がここにいます。

ご馳走様でした。
DSC01632.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC01621.jpg

入口入ってすぐの飲食スペースはこんな感じです。
DSC01622.jpg

DSC01623.jpg

年末年始の情報です。
DSC01625.jpg

離れの駐車場の案内です。
DSC01616.jpg

DSC01617.jpg



《 手打うどん たむら 》

住   所: 香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
電   話: 087-876-0922
営業時間: 9:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (お店のすぐ前と自販機の前、そして信号を右折したところ) 

讃岐うどん茶屋 古蝶庵 @大津市大将軍

2014年12月14日 (日)

本日の麺活は実に3年ぶりの訪問となる「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」です。
最寄り駅はJR「瀬田駅」で徒歩10分くらい。
通りに面していますが静かな住宅街にあるような感じです。
DSC01795.jpg

DSC01829.jpg

お店に到着したのは11時10分くらいでしょうか、駐車場に車を置くとまもなく店員さんが車まで来て
「開店時間は11時30分ですが・・・・・」とのことを言いに来て下さいました。

お店がお客様のことを大事にされているのが感じられ気持ちが良いですね。
色んなうどん屋さんを訪問してますがあまり経験しません。
あっそういえば、先日の「鈴庵」ではありましたね。

そんなことを考えていると11時15分頃、早めに開店されたので入店します。
店内の様子はこんな感じです。
DSC01796.jpg

処理済~DSC01797

DSC01824.jpg

久しぶりなのでメニューをじっくり眺めましたが色々多くて悩みます。
結局冷たい麺を選ぶべく「梅とワカメのぶっかけ大」にしました。 700+100=800円 です。
暫く待ってうどんが登場しました。

えっ! 何この器の大きさは。
うどんが少なく見えますが決してそんなことはありません。
DSC01813.jpg

これを見れば分かります。
DSC01814.jpg

麺もワカメもネギも実に瑞々しですね。
DSC01815.jpg

綺麗な麺肌と麺線。
うわっ! このブログを書きながらもよだれが出てきそう。
これを見るだけで美味しいのが十分伝わりますよね。
DSC01818.jpg

麺をずずっといただくと思わず笑みがこぼれます。
滑らかな伸びのあるグミ感抜群の麺でこれは秀逸ですね。
ワカメはしゃきっとし、出汁もあっさりしていながらコクがあり味わい深く良いですね。

そうそう梅は良いのを使っていて、梅と麺を一緒に食べたらこれまた旨~です。
麺の量は大にしたので結構ありましたけどこの美味しさなのでぺろっと完食です。

ご馳走様でした。
DSC01820.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC01798.jpg

DSC01799.jpg

DSC01800.jpg

DSC01801.jpg DSC01802.jpg

DSC01803.jpg DSC01804.jpg

DSC01805.jpg DSC01806.jpg

DSC01807.jpg DSC01808.jpg

DSC01809.jpg DSC01810.jpg

DSC01811.jpg DSC01812.jpg

隣の方が注文したちく天の乗ったうどんを見たんですが、そのちく天の大きさに
ビックリしました。
メッチャ大きくて、写真だけ撮らせていただこうとも思いましたが小心者なので
言えません。
今は閉店してしまった「春菜」のちく天を2倍くらい大きくした感じかな?
次回訪問時はこのちく天とやっぱり鯖寿司を頂きたいですね。
もっと近くにお店があれば通いたくなるお店です。

DSC01828.jpg

DSC01822.jpg

DSC01823.jpg



《 讃岐うどん茶屋 古蝶庵 》

住   所: 滋賀県大津市大将軍1-15-9 
電   話: 077-544-6471
営業時間: 11:30~15:00
        17:30~21:00
定 休 日 : 第3火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に約15台分)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 番外編 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彦根城に初めて行きました。
参考までに写真だけを貼り付けておきます。

お城周辺のお店は雰囲気もよく、春か秋の季節の良い時に行くと木々も美しく良いと思いますよ。
「名勝 玄宮園」というのは高松の「栗林公園」に似たような感じでしたね。

DSC01830.jpg

DSC01832.jpg

DSC01834.jpg

DSC01837.jpg

DSC01838.jpg

DSC01843.jpg

DSC01846.jpg

DSC01851.jpg

DSC01853.jpg

DSC01854.jpg

DSC01860.jpg

DSC01862.jpg

DSC01864.jpg

DSC01868.jpg

DSC01869.jpg

DSC01871.jpg

DSC01872.jpg

DSC01874.jpg

DSC01878.jpg

DSC01882.jpg

DSC01883.jpg

DSC01884.jpg

DSC01887.jpg

DSC01888.jpg

DSC01890.jpg

DSC01892.jpg

DSC01893.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四国巡礼その18 ②讃岐うどん がもう

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から1ヶ月後の
渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に行ったら
「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、初日は初訪問の
お店はありません。


2軒目 8時00分着 8時14分入店  讃岐うどん がもう @坂出市加茂町


先程の「古奈や」を後にして、大好きなお店に向かい、30分弱走って到着です。
8時頃の到着なのにお客さんがいないのにはビックリ。
DSC01594.jpg

DSC01595.jpg

カーテンは閉まってますが常連さんは既に入店されていて先に食べ始めます。
DSC01599.jpg

今日も挨拶しておきました。
DSC01593.jpg

いつも8時15分頃開店するんですが、今日もほぼその時間に入店できました。
今日は大将の顔を見たとたん「つめたいのん大」と言ってしまってました。 250円です。
うどんを受け取り出汁を入れネギをオンし、奥の特等席(製麺機の前)でいただきます。
DSC01600.jpg

相変わらず惚れ惚れする麺です。
DSC01601.jpg

DSC01603.jpg

やっぱり旨いな!
麺は柔らかい中でもしっかりしたコシと弾力、伸びもあってモッチリして美味しいですね。
出汁は最近ほんのチョット以前と違って違和感がありますが、それでも問題なくうま~です。
大ですがあっという間に完食、ご馳走様でした。
DSC01604.jpg

こんな製麺機の前でいただきました。
DSC01607.jpg

特等席から店内を覗くとこんな様子です。
処理済~DSC01608

こんな天ぷらがありましたよ。
DSC01609.jpg

大将に挨拶してお店を後にします。
DSC01610.jpg

お店の前の案内です。
DSC01596.jpg

DSC01597.jpg

年末年始の案内がありました。
DSC01598.jpg

お店を出てお客さんが並んでないのを20度目の訪問にして初めて体験しました。
DSC01612.jpg

駐車場もこんなにガラガラでした。
DSC01611.jpg

さあ次いこか。



【 讃岐うどん がもう(蒲生) 】

住   所: 坂出市加茂町420-3
電   話: 087-48-0409
営業時間: 8:30~14:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・第3/4月曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に大きな駐車場があります)  ・・・・ 昔は店のすぐ前が直ぐ田んぼでした。

四国巡礼その18 ①古奈や

2014年12月12日 (金)

またまた一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年12回目(そのうち一泊二日は今回を入れて7回)のうどん聖地巡礼となり、前回から1ヶ月後の
渡讃です。
タイトルの「その18」は今年述べ18日目ということで捉えてください。

もうそろそろどこに行って良いのか分からないようになってきました。
新たに行きたいお店があっても開店時間や場所の問題があり、更に一番ネックなのが香川に行ったら
「この店とこの店は絶対に行きたい」という思いもあって今回の巡礼も頭が回らず、初日は初訪問の
お店はありません。

まず1軒目は「がもう」の開店までの時間調整で、6時30分から開店しているお店で、久々「うわさの麺蔵」に
行きましたが、開店時間を過ぎているのに開店してなく、結構近くにあるこちらに向かいました。


1軒目 7時23分着  古奈や @高松市勅使町


DSC01579.jpg

入口は2か所あり、この入口は上の写真の右側ですが、セルフの順序からいくと左側の入口から入った方が
スムーズに進みます。
DSC01580.jpg

お店は結構広く、私の前に丁度4人組の方が入店されました。
処理済~DSC01583

こんな席もあります。
DSC01582.jpg

天ぷらは少しありましたが我慢します。
DSC01587.jpg

さて順番が来たので注文しましょう。
「かけそのまま小」 うどんを受け取り、薬味を入れ会計して席に座ります。 190円です。
DSC01588.jpg

良い感じの太さでエッジも綺麗です。
麺はモチ感が素晴らしく溫でもコシがしっかりしています。
出汁も綺麗な色でバランスがとれていて、麺との絡み具合も良く合っていて美味しいです。
DSC01589.jpg

朝一番のうどん、しっかり頂きました。
ご馳走様。 
DSC01591.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC01584.jpg

DSC01585.jpg

DSC01586.jpg

年末年始の情報です。
DSC01581.jpg

DSC01592.jpg



【 古奈や 】

住   所: 高松市勅使町302-7
電   話: 087-866-3339
営業時間: 7:00~15:00
定 休 日 : 日曜日
駐 車 場 : あり (メッチャ広い)
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでもつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR