四国巡礼その16 ③ セルフうどん 玉吉 国分寺店

2014年10月11日 (土)

昨日(10月10日)の金曜日はお休みを頂き、今日は土曜日で休みなので一泊二日で
渡讃して麺活してきました。

今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。

タイトルの「その16」は今年述べ16日目ということで捉えてください。

昨日は「がもう」からスタートし、自分の好きなお店中心にセレクトしたので新規のお店は
1軒だけでした。
こういうのは初めてじゃないかな?

そして今日も自分の好きなお店からスタートするので、今後どういう展開になるか?
でも今回の渡讃では余りどころか、殆どプランを練らなかったのでついつい過去に行った
ことのあるお店中心となってしまったのは内緒の話です。


3軒目 9時54分着 セルフうどん 玉吉 国分寺店 @ 高松市国分寺町


先程の店「富永」を出て次の目的地「一福」に向かっていましたら、前から気になっていたこの
お店「玉吉」が対向車線に見え、「一福」の開店時間を考えて、急遽Uターンして入店しました。
ここの店名ですが「たまよし」と呼ぶそうですね。

今までこの店の前を何十回と通っていて、「たまきち」とばかり思っていました。
また国分寺店と暖簾に書いてあったのでチェーン店だったのには二度ビックリしました。
DSC00206.jpg

DSC00207.jpg

DSC00205.jpg

10時前と中途半端な時間で、店内のお客さんはゼロだったんですが、私が入店して直ぐに2組の
お客さんがいらっしゃいました。

この大きなメニューの下で注文します。
DSC00209.jpg

DSC00210.jpg

DSC00211.jpg

DSC00213.jpg

DSC00212.jpg

注文は「ぶっかけ小」と「カニ蒲鉾」 290+100=390円です。
結構広い店舗で貸し切り状態で奥の席に座りいただきます。

天かす以外デフォルトで入っていました。
写真で見るとネギは干からびてますね (笑)
DSC00214.jpg

DSC00215.jpg

目に引いたのがカニ蒲鉾の天ぷらですが、これ初めて食べましたが美味しいですね。
また大きくて食べ応えありで、今後もし他店でこの天ぷらが置いてあったら絶対取ってしまうでしょう。

麺は大型セルフ店並で、特に可もなく不可もなくで、チョット表現が難しいですね。
ご馳走様でした。
DSC00220.jpg

店内はこんな感じです。 
店舗奥に子供連れで飲食できるスペースが確保されています。
DSC00208.jpg

次回仮に訪問する機会があったら ”かけ” をいただくことにしましょう。
DSC00221.jpg



【 セルフうどん 玉吉 国分寺店 】

住   所: 香川県高松市国分寺町国分寺132-2
電   話: 087-875-1811
営業時間: 10:00~20:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 :  あり (店舗前に相当台分ある) 
スポンサーサイト

四国巡礼その16 ②うどん富永

2014年10月11日 (土)

昨日(10月10日)の金曜日はお休みを頂き、今日は土曜日で休みなので一泊二日で
渡讃して麺活してきました。

今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。

タイトルの「その16」は今年述べ16日目ということで捉えてください。

昨日は「がもう」からスタートし、自分の好きなお店中心にセレクトしたので新規のお店は
1軒だけでした。
こういうのは初めてじゃないかな?

そして今日も自分の好きなお店からスタートするので、今後どういう展開になるか?
でも今回の渡讃では余りどころか、殆どプランを練らなかったのでついつい過去に行った
ことのあるお店中心となってしまったのは内緒の話です。


2軒目 9時18分着 うどん富永  @ 丸亀市川西町北


一軒目の「兵郷」を出て、久しぶりにこちらへ向かいました。
大体30分くらいかかったでしょうか?
お店は畑の真ん中にあるイメージで、外観はどう見ても普通の民家です。
141011-DSC00183.jpg

青い「うどん」の幟と、パトライトが廻っているのでかろうじてうどん屋と分かります。
141011-DSC00184.jpg

141011-DSC00185.jpg

こちらが入り口です。
141011-DSC00187.jpg

こちらが玄関ですが ”土足” のまま上がります。
141011-DSC00188.jpg

中に入っても全く民家の部屋にテーブルを置いただけという感じの何ともユニークな店舗。
畳の部屋だけを見ると、八尾市にあった「やかた庵」に似ているように思いました。
141011-DSC00189.jpg

今日は窓際のテーブルに着席しました。
店内は自分一人だけ、ゆっくりと時間が流れているようで凄くリラックス出来ますね。
141011-DSC00190.jpg

141011-DSC00191.jpg

141011-DSC00201.jpg

141011-DSC00202.jpg

ここでうどんを注文しましょう。
141011-DSC00192.jpg

141011-DSC00193.jpg

注文は「”ひやあつ”に”きつね”を乗せて下さい」と頼みましたが”きつね”がなかったようで
うどん単品になりました。 (180円)

一般店なのに、メッチャ安いですね。
ご夫婦2人で切り盛りされていて、余り利益のことを考えずに営業されているように見受けます。

注文後一般家庭でするように、一人前の出汁を鍋で温めていたのが微笑ましく印象的でした。
さてうどんを受け取り、着席していただきましょう。

うどんの他、小さなお皿に梅干しと出汁を取った後の昆布がサービスでついていましたよ。
141011-DSC00194.jpg

141011-DSC00195.jpg

DSC00195.jpg

麺リフトはちょっとピンぼけでしたね。

麺はソフトというか柔らいんですが、優しいコシが感じられます。
出汁は残念ながらエグミが出ているようで、う~んという印象です。
141011-DSC00198.jpg

そしてうどんを食べている途中に、「食後のコーヒーに砂糖とミルクを入れますか?」と聞いて
くるじゃないですか?

セルフで無料サービスというのは知っていたけど、ここまでサービスしてこんな価格で良いの?
と本当に心配してしまいます。

ここ1軒だけならのんびり、ゆっくりといただくのですが、何せ次の店が待っているので食べたら
直ぐに退散です。

ご馳走様でした。
141011-DSC00200.jpg

ちなみにこの店と宮武は現在は全く関係ないようですね (こんな話はどうでも良いか?)
玄関を出るとこんな風景が広がっています。
141011-DSC00204.jpg



【 うどん富永 】

住   所: 香川県丸亀市川西町北806-4
電   話: 0877-23-0446
営業時間: 火~土 9:00~14:00
        日・祝  9:00~15:00
定 休 日 : 月曜日(祝日の場合は営業)
駐 車 場 :  あり (店舗横に数台分ある) 

四国巡礼その16 ① さぬきうどん 兵郷

2014年10月11日 (土)

昨日(10月10日)の金曜日はお休みを頂き、今日は土曜日で休みなので一泊二日で
渡讃して麺活してきました。

今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から
1ヶ月後の渡讃です。

タイトルの「その16」は今年述べ16日目ということで捉えてください。

昨日は「がもう」からスタートし、自分の好きなお店中心にセレクトしたので新規のお店は
1軒だけでした。
こういうのは初めてじゃないかな?

そして今日も自分の好きなお店からスタートするので、今後どういう展開になるか?
でも今回の渡讃では余りどころか、殆どプランを練らなかったのでついつい過去に行った
ことのあるお店中心となってしまったのは内緒の話です。


1軒目  8時07分着 8:38飲食  さぬきうどん 兵郷 @ 坂出市寿町


今日のスタートのお店は「兵郷」です。
「よいち」をスタートにする予定にしてたのですが、朝一はここでかけを食べたいと思い
急遽変更しました。

チョット早めの到着で当然一番乗りです。
141011-DSC00163.jpg

食べるところですが、この長イスと、その奥にテーブルがあり一つあり、写真の白いボードの
左手に、下のような食事処といった感じの部屋があります。

この部屋にかけ出汁のタンクが置いてあります。
141011-DSC00165.jpg

141011-DSC00167.jpg

141011-DSC00168.jpg

長いすに座って待っていたんですが、いつもはもう少し早くからお客さんが集まるのですが、
この日はチョット遅いのであれっと思っていましたが、ボードをよく見ると開店時間がいつの
間にか8:45開店に変更されていました。 
(以前は案内が8侍30分からで、大体8時15分に開店していたんですが・・・・・)
141011-DSC00166.jpg

粗相があってはいけないので、再度ルールを確認しておきましょう。
141011-DSC00169.jpg

丼はこのケースに入っていて、左の黄色いケースの丼が1玉用、その右側が2玉用です。
141011-DSC00170.jpg

シンプルなメニューですね。
141011-DSC00171.jpg

さすがに8時半を過ぎると地元の方や、そうでない方々がぞろぞろと集まりだし、8時38分に
一番客の私が呼ばれ、釜の前に行って注文しました。

丁度茹で上がったところなので「温いのん1玉、玉子入れて」 そう気が変わって釜玉に変更。
丼に麺と玉子が入った状態で受け取り、支払い(180+50=230円)を済ませ、かけ出汁の
タンクのある食事処?に移動します。
141011-DSC00172.jpg

そして写真を撮ったら急いで玉子をかき混ぜます。
が、丼の温度が低いからか玉子が旨く固まってくれません。
141011-DSC00173.jpg

141011-DSC00175.jpg

釜玉としてはチョット残念だったんですが、朝一の麺はハズレはありません。
プリンと弾けるような食感で喉ごし良く、スルスルと喉を通っていきます。

玉子の固まりが良かったら最後までそのままいただくのですが、今日は途中でかけ出汁を
入れてみました。
141011-DSC00176.jpg

するとどうでしょう、この出汁がメチャクチャ旨い!
イリコが効いていて節とのバランスも見事、朝一番のうどんを美味しくいただくことが出来ました。

やっぱりここは ”かけ” がお勧めやな!
ご馳走様でした。
141011-DSC00177.jpg

開店前の駐車場の状況です。
141011-DSC00162.jpg

食べ終えてからの駐車場の状況で、この右側の車の後方にも2台置けます。
141011-処理済~DSC00179



【 さぬきうどん 兵郷 】

住   所: 香川県坂出市寿町3-2-9
電   話: 0877-46-2869
営業時間: 8:45~14:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (店舗横の一般の駐車場内に数台分ある) 

自家製麺 うどん讃式 @京都市東山区五条

2014年10月24日 (金)

1軒目の「山元麺蔵」をあとにして、次に向かったお店は鴨川にかかっている五条大橋の
近くにあり、今年3月にOpen した新しいお店で、なんでも高松市の繁盛店「うどんバカ一代」
で修行されたようで、行きたいお店の候補にあげていたのですが、やっと訪問することが
出来ました。

最寄り駅は京阪電鉄 清水五条駅となるようです。

写真手前が鴨川方向で、山が写っている方は清水寺の方向です。
141024-DSC00494.jpg

141024-DSC00496.jpg

お店の前には基本的なメニューの案内がありました。
141024-DSC00498.jpg

お昼のセットは、この界隈では良心的な価格設定ですね。
141024-DSC00497.jpg

丁度お昼時だったのですが運良く前客が出たところ、タイミング良く入店することができ
ラッキーです。

店内入ってすぐ左手にテーブル席があり、また奥には階段を少しあがったところにも
テーブル席があるようです。

食べている途中に席が一瞬空いたのでパシャ。
141024-DSC00512.jpg

こちらの席には外人さん2組がいらっしゃって、お箸を器用に使って食べられていましたよ。
お店の方も片言の英語でお話しされていて国際的なお店ですね。(笑)
141024-DSC00513.jpg

こちらの奥の右手にテーブル席があるようです。 (見てないんですが・・・・)
私は2人掛けのテーブル(下の写真、雑誌の前の席)が空いていたのでそこに着席をし、
メニューを眺めます。
141024-DSC00514.jpg

メニューはこんな感じです。
141024-DSC00501.jpg

141024-DSC00502.jpg

141024-DSC00504.jpg

やっぱりセットものは特にコスパが良いですね。
また中盛り無料サービスも、大食感の方々(自分もやけど)には嬉しいかぎりです
141024-DSC00500.jpg

さて注文は ”ちく玉天ぶっかけ中盛り” 750円 です。
どうもこの ”ちく玉天ぶっかけ” という注文率が自分的には高いかなと思ってしまいます。
(気のせいかな?)

暫く待ってうどんの登場ですが、綺麗な盛りつけですね。
141024-DSC00506.jpg

うどんに海苔は自分的には不要、またゴマの苦手な方は要注意です。
141024-DSC00507.jpg

綺麗な麺肌と麺線が素晴らしい。
141024-DSC00508.jpg

やや細麺で優しいコシ、またしなやかで喉ごしが良いですね。
ただ伸びやもち感はあまり感じられず、自分的にはもう一つ印象が薄いというのが正直な感想です。
ちく天はサクッと揚がっており、また玉子天の火の通し方は絶妙で美味しかったですね。

ご馳走様でした。
141024-DSC00510.jpg

お店を出ても良い天気が続いており、また時間にも余裕があったので清水寺に参拝する
ことにしました。



【 自家製麺 うどん讃式 】

住 所: 京都市東山区五条橋東2-9-4
電 話: 075-531-7775
営業時間: 月曜      11:00~15:00
        木曜~日曜 11:00~21:00
定 休 日 :  火曜日 (祝日の場合は営業)
駐 車 場 :  なし 

-----------------------------------------
【 番外編 ・ 清水寺 】 ・・・・・ 殆ど写真ばかりなので無視してください。

讃式を出て、山の方向に歩きます。
141024-DSC00516.jpg

五条坂です。ここから上がって行きましょう。
141024-DSC00520.jpg

若い女性の着物姿は大好きです。
京都市内は若い女性の着物姿が多く、皆さんレンタルしているようで、外人観光客の
アベックの着物姿も多く見受けられましたよ。
141024-DSC00521.jpg

141024-DSC00523.jpg

141024-DSC00524.jpg

☆ 赤門(仁王門)
141024-処理済~DSC00527

☆ 仁王門
この日は平日なんですが凄く観光客がが多く、特に修学旅行生と外国人観光客が目立ちました。
141024-処理済~DSC00528

☆ 田村堂
141024-DSC00537.jpg

☆ 本堂
こちらに「出世大黒天」が鎮座しています
141024-DSC00542.jpg

141024-DSC00543.jpg

音羽の滝を上から見ています。
141024-DSC00545.jpg

141024-処理済~DSC00547

141024-DSC00549.jpg

☆ 清水の舞台
141024-DSC00556.jpg

141024-DSC00559.jpg

☆ 音羽の滝
141024-処理済~DSC00566

141024-処理済~DSC00567

☆ 下から見た清水の舞台
141024-DSC00570.jpg

メインの参拝路ですが、平日なのに凄い人々。
141024-処理済~DSC00576
141024-処理済~DSC00577

河原町駅まで歩いている途中に舞妓さんを見かけました。
この細い路地で出会ったカメラ持ちの方が撮影していたのを、かなり遠くから私も撮影させて
いただきました。

舞妓さん、きちんと撮影に協力されていましたが、日常茶飯事なのでしょうか?
141024-DSC00579.jpg

141024-DSC00580.jpg

たまに京都に来るのも良いものですね。
特に今日のような秋晴れの日には最高です。

もう少し寒くなってからもう一度来ることになるのでしょう。
そう「山元麺蔵」さんへ今年4回目の訪問、絶対に行きたいですね。

--------------------------------------------

釜たけ流うどん 駅前食堂 @大阪市北区大深町

2014年10月15日 (水)

本日の麺活は「釜たけ流うどん 駅前食堂」です。
お店はJR大阪駅前にあるヨドバシカメラの8Fの飲食フロアーの一角にあります。

今日はチョット外出することがあり、またヨドバシカメラにも用事があって、あまりお昼の時間が
なかったので、同ビルの8Fで食事をすませました。

DSC00313.jpg

DSC00314.jpg

店内はお昼チョット前ということもあり、先客2組だけでした。
今日も一人なので入り口を入っての直ぐの所にある大きなテーブルに着席しました。

席に着いてメニューを眺めていると注文を聞きに来て下さいました。
注文は「いか天ぶっかけ大」 800+120=920円 です。
うどんが出来上がるまでメニューを眺めて待つことにします。

セットものがあったんですね。
価格は場所的なものがあり、若干高めですね。
DSC00316.jpg

DSC00315.jpg

暫くしてうどんが登場しました。
DSC00317.jpg

麺は ”大” に相応しい量が入っていましたね。
DSC00318.jpg

天ぷらは別盛りで、いか天が3つ、インゲン豆、それと小さなナス天がありました。
DSC00320.jpg

DSC00323.jpg

麺からいただきましたが優しいコシでモチ感があり、また伸びもあって良い感じです。
出汁と絡ませていただきますと、これぞぶっかけという感じになり美味しいです。

天ぷらは揚げたてホカホカで美味しいはずだったのですが、私自身の不調(歯がぐらついている)で
残念ながらよく分からなかったのが実情です。
でも美味しかったと思ううどんでした。

ご馳走様でした。
DSC00326.jpg

丁度食べている際に、先客がお店を出られたので店内の一部を撮らしていただきました。
DSC00324.jpg

DSC00325.jpg

こういう場所で写真を撮るのは勇気が要るものですね。
あー恥ずかしかった。
DSC00328.jpg

お店の名刺を紹介しておきましょう。
DSC00336.jpg

DSC00335.jpg

いつの間にやら東京まで進出していますね。
たけちゃん不在で本店「釜たけ」の味が変わらなければ良いんですが・・・・・



《 釜たけ流うどん 駅前食堂 》

住   所: 大阪市北区大深町1-1 (ヨドバシカメラ梅田店 8F)
電   話: 06-6359-9056
営業時間: 11:00~23:00 (LO 22:20)
定 休 日 :  ヨドバシカメラに準じる
駐 車 場 :  ヨドバシカメラの有料駐車場

うどん 天 @兵庫県伊丹市寺本

2014年10月26日 (日)

本日の麺活は伊丹市にある「天」さんです。
場所は国道171号線の寺本近くの高架下にあり、伊丹寺本郵便局の直ぐ近くにあります。

いや~超久々の訪問で、前回訪問記録を調べたら2011年でそれ以来になりました。
久しぶりに行くのでネットで情報を集めると、なんと営業日は土曜日と日曜日のみで、他の
曜日は営業していないようです。

車での訪問なのでお店の駐車場に車を止め、お店に向かいました。
写真は駐車場から出たところで、この道路は171号線で、神戸方面を向いています。
DSC00610.jpg

白いうどんの幟が見えています。
店舗前の道路は高架下の、神戸方面から京都方面行きです。
DSC00611.jpg

お店には10分前に到着して待っていましたが、やや早く開店しました。
店内はこじんまりしていて、4人掛けテーブル2つと、2人掛けテーブルが2つで、合計12名で
満席となるようですが、落ち着いた感じで居心地がが良いですね。
DSC00619.jpg

DSC00625.jpg

DSC00621.jpg

今日の注文は ”ちく玉天ぶっかけ” 1.5玉 でお願いしました。 650+50(半玉追加)=700円。
メニューを見てみると結構良心的な価格設定のようです。

少し待ってうどんが登場しました。
薬味と出汁は別皿でポイントアップですね。
DSC00633.jpg

こうして見ると盛りつけも気を使ってらっしゃいますね。
DSC00634.jpg

ゴマが苦手な方は要注意です。
DSC00635.jpg

DSC00636.jpg

DSC00638.jpg

やや細麺でやや柔らかい印象ですが、適度なモチ感があり喉ごし良くするするっと入っていきます。
ちく天はサクッと揚がっていて甘く、また玉子天は写真には残していませんが半熟の具合が程良く
美味しいですね。
1.5玉ですがあっという間に完食です。

ご馳走様でした。
DSC00640.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC00626.jpg

DSC00627.jpg

DSC00628.jpg

DSC00629.jpg

DSC00630.jpg

DSC00631.jpg

駐車場の案内です。
DSC00632.jpg

この横断歩道橋の手前を左折すると駐車場があります。
DSC00644.jpg

この営業日どうですか?
DSC00624.jpg

開店後の様子ですが、暖簾はないようですね。
DSC00642.jpg

我が家からは比較的近いんですが、なかなかこれないのが現状です。
そうそう開店早々私が入店して直ぐに、3人+3人+1人のお客さんが入店されすぐに満席となりましたよ。



【 うどん 天 】

住   所: 兵庫県伊丹市寺本4-35
電   話: 072-779-5165
営業時間: 11:30~15:00
        18:00~20:30
定 休 日 : 月曜日~金曜日
駐 車 場 : あり (お店から約80m離れたところに2台分)
 

さぬき手打ち うどん屋 晴れ @奈良市南京終町

2014年10月25日 (土)

本日の麺活は奈良市にある「うどん屋 晴れ」さんです。
9月18日にOpen したお店で、約1か月経過したのでそろそろ落ち着いたかなと思い初訪問
してきました。

場所的にはJR「京終駅」から400~500mくらいでしょうか?
「サンプラザ南京終」というマンションの一角にあり、今日は車で行きましたが、お店が道路から
少し奥まった所にあり、若干分かりづらく行き過ぎてしまう始末です。

道路側に「うどんの幟でもあれば良いのにな」と思ったりしましたし、また営業上絶対必要だと
思いました。
DSC00583.jpg

処理済~DSC00582

処理済~DSC00584

店内はL字型カウンターのみで、10名くらいのキャパでしょうか?
前店舗から居抜きでお使いになっているような感じです。
処理済~DSC00586

厨房はこんな様子ですね。
DSC00602.jpg

メニューはまだ絞っているようですね。
ざるがおすすめなんでしょうか?
DSC00585.jpg

DSC00587.jpg

DSC00603.jpg

さて注文ですが、こちらに来る前までは ”げそ天ざる” にしようと思ってたんですが、メニューを見ると
冷やかけがあるようなので ”きつねうどん大冷” と ”鯛ちくわ天” を注文しましたが ”鯛ちくわ天” はなく、
また ”きつね” が出来たてでまだ熱いとのことだったので普通の ”冷やかけ大” と ”特上ねり天” に
変更しました。 
500(冷やかけ)+100(大)+200(ねり天)-150(10/30まで割引) = 650円 です。

待っていたら女将さんがこんな小さなテレビを持ってきて下さいました。
こんな小さいテレビがあるんですね。
DSC00590.jpg

暫く待ってうどんの登場です。
DSC00593.jpg

小さめの丼ですが、結構量は入っているようです。
ネギ・天かす等はデフォルトで入っていました。
DSC00594.jpg

DSC00595.jpg

DSC00599.jpg

DSC00596.jpg

さて実食です。
丼が小振りなので出汁が少ないように思い(決して少ないことではない)麺からいただきました。

麺はやや細麺で優しい感じですが、麺の中心にはしっかりとしたコシが感じられ、また喉ごし良く
美味しいですね。
手切り感が伝わってくる麺です。

また出汁ですが、イリコを主張することなく、通常のかけ出汁を冷やしたような感じで、特別な印象を
持つことはありませんが、なにかホッとするように思います。

特上ねり天は、白身の上品な蒲鉾ですが、格別どうってことはありません。
宇和島の蒲鉾でしょうか?
食べ終わった後、チョット物足りないなと思っていたのですが、車の乗る頃にはお腹がはち切れそうに
なってきました。

奈良市まで来たのであと一軒と思っていたのですが、不覚にもお腹が膨れてきたのであきらめることに
しました。チョット残念。
そしてご馳走様でした。

次回は ”げそ天ざる” を絶対いただくことにします。
DSC00600.jpg

お店はイケメンの大将と、可愛い奥さん、そして厨房にもうひとり。大将の身内でしょうか、いまの
ところ3名で切り盛りされています。
ほっこりするお店なので、これから地元の方に愛されるようになって、リピータが付いてくることでしょう。
頑張って欲しいお店です。

それにしてもうどんの幟は必須ですよ!!!
現状はこれのみ。これでは知らないお客さんを呼び込むのは難しいでしょうね。
DSC00581.jpg

まだ一か月先の話ですが臨時休業の告知がありました。
DSC00605.jpg



【 さぬき手打ち うどん屋 晴れ 】

住   所: 奈良市南京終町7-522-2
電   話: 080-4760-0111
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に十数台)

手打ちうどん 山元麺蔵 @京都市左京区 

2014年10月24日 (金)

本日の麺活は京都市左京区の平安神宮近くにある「山元麺蔵」さんです。
こちらのお店は皆様ご承知の通り、普段から行列が絶えない超有名店で、それこそ土日や祝日には
すざましい行列必至のお店で、これまた超イケメンの大将が独自のうどんを提供されています。

今日は平日の金曜日ですがお休みをいただき、こちらのお店の開店時間1時間前の10時に到着する
つもりで、朝早くから家を出て麺活してきました。

今日の出発は7時50分に家を出て、尼崎市バス→阪急塚口→阪急河原町→八坂神社経由→山元麺蔵
のルートで公共交通機関を使っての移動です。

まずは阪急河原町駅を出て八坂神社に向かいます。
八坂神社の正面です。
DSC00424.jpg

八坂神社横の道から山元麺蔵を目指します。
DSC00426.jpg

途中茶店の前にこんなものがありました。
DSC00427.jpg

知恩院が見えてきました。
DSC00429.jpg

何やら工事中のようです。
DSC00432.jpg

これも知恩院の入口?
DSC00433.jpg

青蓮寺の木々が立派でした。
DSC00435.jpg

DSC00437.jpg

DSC00438.jpg

DSC00439.jpg

平安神宮手前の大鳥居です。
DSC00442.jpg

この周りは歩いていてホントに気持ちが良いですね。
DSC00445.jpg

平安神宮です。
DSC00447.jpg

「山元麺蔵」の開店前の店舗の様子です。
DSC00450.jpg

趣のある表情をしています。
DSC00453.jpg

お店に到着です。余裕でポールゲットだったんですが、まだほかのお客さんが来ていなかったので、写真を
撮ったりしてゆっくりしていたら、若いカップルに先を越されてしまいました。
DSC00454.jpg

外で待っている時にメニューを渡されます。
DSC00458.jpg

DSC00459.jpg

DSC00460.jpg

DSC00461.jpg

DSC00462.jpg

DSC00463.jpg

DSC00465.jpg

DSC00466.jpg

DSC00467.jpg

DSC00468.jpg

店内はこんな感じです。
入口入ってすぐのテーブル席、4人掛け×2 です。
DSC00469.jpg

開店前に撮影しているのでテーブルの上に色々と乗ってますね。
カウンターは約9席です。
DSC00470.jpg

修行中の若い衆が天ぷらを揚げていました。
DSC00472.jpg

さてうどんをいただきますが、待っている際に注文は聞かれています。
ここでは冷たいうどんが”ざる”しかないので今日も”ざる”で、土ごぼう天ざるうどん 920円 です。
注文の際に、お出汁のうどんで”ひやあつ”に出来るか聞いてみたのですがダメみたいでした。

七味等が入っています。
DSC00471.jpg

定刻の少し前に席に案内され、少し待ってうどんの登場です。
DSC00473.jpg

うどんの上に乗っている黄色いものは麺切り器です。
こちらのうどんは長いので、必要に応じてこれで切ったりします。
DSC00474.jpg

薬味ですが、黄色の皿には”カレー塩”が付いていて、お好みで土ごぼう天につけていただきます。
DSC00475.jpg

いや~本当に綺麗な麺で、見ているだけで惚れ惚れします。
DSC00477.jpg

いざ実食すると、舌に纏わり付くような独特な麺で、柔らかいけど中心部にしっかりとしたコシがあり、
噛み切ろうとしたら押し返してくるような強烈な弾力があり、心地よい伸びも手伝ってもういつものこと
ですが、食べている途中ずっと満足感を感じています。
本当に美味しい麺です。

またこの土ごぼう天もサクサクで、そのままで良し、カレー塩を付けても良し、また麺汁につけても良しと
これまた美味しいです。
ガツガツ食べている感じであっという間に完食です。
ご馳走様でした。

DSC00478.jpg

うどんを食べ終えると小さいですが”杏仁豆腐”が出てきます。
DSC00480.jpg

食べ終わって一番最初にお店を出ましたが、これくらいの行列が出来ていました。
少ないくらいですね。
DSC00483.jpg

10月29日は臨時休業となるようです。
DSC00455.jpg

それにしても良いお店です。
うどんの美味しいのは勿論のこと、とに角接客が素晴らしく、本当にお客さんを大事にしているなと
感じ、食べ終わってお店を出てからも、なにか凄く気持ちよくお店を後にすることが出来ます。

こんな景気を見ながら次のお店を目指しました。
天気が良いので鴨川沿いを歩いて行くことにしましょう。
DSC00486.jpg

川向こうに見えるのが「先斗町歌舞練場」です。
DSC00489.jpg

DSC00490.jpg

説明不要な鴨川ですね。
今日の川の水は、空と同じように綺麗に澄んでいましたね。
DSC00493.jpg



【 手打ちうどん 山元麺蔵 】

住   所: 京都市左京区岡崎南後世町34
電   話: 075-751-0677
営業時間: 11:00~19:45 (月・火・金~日)
        11:00~14:30 (水)
定 休 日 :  木曜日・第4水曜日(祝日の場合は翌日)
駐 車 場 :  あり (モータプール内に3台分あり)

四国巡礼その15 ⑧ 橋村生麺所

2014年10月10日 (金)

今日はお休みを頂き、明日は土曜日で休みなので一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から1ヶ月後の
渡讃です。
タイトルの「その15」は今年述べ15日目ということで捉えてください。

今回も「がもう」をスタートの店にしましたので必然的に行くお店が決まってしまいます。
っていうか、お店選びが邪魔くさいのと、またどうしても好きなお店に行きたいので、だいたい毎回同じ
ようなお店選びになってしまいます。


8軒目 11時37分着   橋村生麺所 @ 三豊市財田町

先程の店「おかむらうどん」を出て、まだお腹に余裕があり美味しい天ぷらが食べたかったので、
少し距離はありますが、「橋村生麺所」を目指します。

場所は三豊市財田町の財田支所の前にあり、のどかなところにある製麺所型うどん店です。

お店は写真の真ん中当たりにあるプロパンガスボンベの少し先にあります。
141010-DSC00145.jpg

こちらが出入り口です。
141010-DSC00146.jpg

「橋村うどん」? 営業時間はお昼の2時間だけ。
141010-DSC00147.jpg

店内に入り直ぐ注文しようとしましたが、先客の注文がまだだったようで、それを待って注文しました。
冷やかけ小と告げ、うどんを受け取り、ちく天を皿に乗せ精算してから席に着いていただきます。
(200+80=280円)
141010-DSC00150.jpg

自家製の特製唐辛子が良い仕事をしてくれます。
141010-DSC00151.jpg

素敵な麺ですね。
141010-DSC00154.jpg

揚げたてでサクサクでしたが、油がチョット・・・・・
141010-DSC00152.jpg

細麺ながら力強いコシ、弾力とモチ感が合わさり喉ごしも良いですね。
出汁も麺とよく絡み、雑味なく美味しいです。

ただ期待していた天ぷらがチョット残念だったかな、ご馳走様でした。
141010-DSC00156.jpg

店内は4人掛けテーブル×4 と、こぢんまりしており、お昼前になるとご近所の作業員やら、
またお昼時には財田支所の方々大勢が一度に食べに来られ大渋滞必至となります。

食べに行かれる方は、なるべく早い時間にした方が無難です。

店内の様子とメニューはこんな感じです。
天ぷらはこの後、どんどん揚げられていました。
141010-DSC00149.jpg

作業員の方はそばを食べていらっしゃいましたね。
141010-処理済~DSC00157

年中そばがあるようですね。
141010-DSC00148.jpg

お店を出たところから財田支所を眺めた様子です。
141010-DSC00158.jpg

このお店の近くに「岡崎製麺所」がありますが、残念ながら営業時間が合わず連食は
難しいですね。

しかし活気のある良いお店です。
場所的に、また時間的にきついところがありますが、いつかまた訪問させていただきます。



【 橋村生麺所 】

住   所 : 香川県三豊市財田町財田上2208-1
電   話 : 0875-67-2030
営業時間: 11:00~13:00
定 休 日 : 日曜日・祝日
駐 車 場 : あり (道路を隔てたところにあり) 

四国巡礼その15 ⑦ おかむら

2014年10月10日 (金)

今日はお休みを頂き、明日は土曜日で休みなので一泊二日で渡讃して麺活してきました。
今年10回目(そのうち一泊二日は今回を入れて6回)のうどん聖地巡礼となり、前回から1ヶ月後の
渡讃です。
タイトルの「その15」は今年述べ15日目ということで捉えてください。

今回も「がもう」をスタートの店にしましたので必然的に行くお店が決まってしまいます。
っていうか、お店選びが邪魔くさいのと、またどうしても好きなお店に行きたいので、だいたい毎回同じ
ようなお店選びになってしまいます。


7軒目 11時01分着 おかむらうどん @ 三豊市高瀬町


先程の店「須崎食料品店」を出て、須崎の近くにある農産物の産地直売所「JA産直 あさの市」に
野菜や果物を買いに行きました。
須崎から車で5分もかからない距離にあります。

私が感じる香川県内で一番安いと思えるJAの産直市で、兎に角新鮮な野菜や果物がお手頃価格で
購入できるので、須崎に来た時には必ず購入するようにしています。

お店は須崎とこの産直市の途中にあるので、以前より気になっていたのですが、今日はほかに行く
ところを決めてなかったので訪問することにしました。

一般道に面した立派な建物です。
141010-DSC00143.jpg

141010-DSC00141.jpg

141010-DSC00128.jpg

こちらは一般店で昭和57頃創業と本に書いてありましたが、そこそこキャパのある
落ち着いた感じの店内です。

席に着きメニューを眺めていると注文を聞きに来てくれました。
ここでは「しょうゆうどん」 230円 を注文。

そんなに待つことなくうどんが運ばれてきました。
141010-DSC00135.jpg

141010-DSC00137.jpg

やや細麺で柔らかい中にコシがあるといった感じの麺で、特徴を表現するのが難しいです。
う~んご馳走様でした。
141010-DSC00138.jpg



店内の様子です。
141010-処理済~DSC00140

141010-DSC00139.jpg

メニューのご紹介。
141010-DSC00133.jpg

141010-DSC00134.jpg

次回訪問はあるのかな?
141010-DSC00127.jpg




【 おかむらうどん 】

住   所: 香川県三豊市高瀬町下麻904-3
電   話: 0875-74-7287
営業時間: 10:00~19:30
定 休 日 : 第2・4水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と裏にあり) 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR