自家製麺 うどん 司 @吹田市片山町

2018年5月12日 (土)

本日のランチは4月21日にオープンした「自家製麺 うどん 司」に初訪問。

お店はJR 吹田駅から徒歩5分くらいのところ、大阪高槻京都線沿いにある
片山商店街からほんの少し入ったところにあり、以前は居酒屋としてのみ営業
されていましたが、この度お昼はうどん店としてオープンされたものです。

少し離れたCPに車を置きポールで入店。
180512-IMG_0571.jpg

店内の様子です。
180512-IMG_0573.jpg

奥のテーブル席からカウンター席をパシャ。
180512-IMG_0580.jpg
居酒屋さんとお見受けしていたので、雑多なイメージだったんですが、
綺麗に整理整頓されていて凄く好印象です。 

オープニングメニューでまだ絞っているようです。
180512-IMG_0578.jpg

ホワイトボードには本日のお勧めなんかもありましたヨ。
180512-IMG_0585.jpg

この日注文したのは↓↓でそんなに待つことなく登場しました。

☆ ちく天ぶっかけセッット(麺大盛り) (820+大盛り0=820円)
180512-IMG_0587.jpg
オープニングで麺大盛り無料となっていました。 

☆ かやくご飯
180512-IMG_0593.jpg
もう笑えるほど旨いやつ!!
なんでうどん屋さんのかやくご飯ってこんなに美味しいんやろ。 

こんな小鉢の付いてきて嬉しいですネ。
180512-IMG_0590.jpg

香の物までしっかりと。
180512-IMG_0591.jpg

出汁をかけてパシャ。
180512-IMG_0594.jpg
出汁をかける前に麺だけ少し食べてしまったのでトルネードが崩れちゃった。 

綺麗な麺やね!!
180512-IMG_0595.jpg

喉ごしの良いストレート麺は太くもなく細くもなく、伸びがあってエエ感じ!!

また弾力のあるコシ感が素晴らしく、ぶっかけ出汁もキレがあり新店とは
思えないほどのレベルでメッチャうま~~!!!

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
180512-IMG_0603.jpg



《お店までのアプローチ》

大阪高槻京都線沿いにある片山商店街
180512-IMG_0567.jpg

お店はこのタイムズと、やまもとやという酒屋さんを少し入ったところ。
180512-IMG_0613.jpg
大阪市内から高槻方面に向けて走りアサヒビール吹田工場を過ぎると
すぐにある、片山3丁目の交差点を越えて左側に見えてきます。

商店街からの入口にはうどんの幟はなく↓↓の小さな案内がありました。
180512-IMG_0569.jpg

お店を過ぎたところから吹田駅方面を覗くとこのような感じです。
180512-IMG_0607.jpg

この日お店の近くにあるCPの3か所はいずれも満車で止められず、
お店から5分程の所にある↓↓にお世話になりました。
180512-IMG_0566.jpg


お店の情報はいつも新店等をご紹介してくださっているこの方のブログ
知って興味津々で訪問しましたが、想像以上に良いお店でしたネ。

お店はご夫婦で営業されていましたが、うどん待ちしている際に聞こえてくる
ご夫婦の会話はホント仲が良さそうで、お店の中がほのぼのとした空気感で
居心地の良いお店だったのが印象的でした。 




《 自家製麺 うどん 司 》

住   所: 大阪府吹田市片山町3-31-23
電   話: 090-8938-8759
営業時間: 11:30~15:00 (LO14:50) ・・・・・ うどんだけの営業時間
定 休 日 :  暫くは無休 (うどんだけの定休日)
駐 車 場 :  なし (近隣にCPあるが満車が多いかな?) 
スポンサーサイト

さぬき手打ちめん処 衆楽 @吹田市山田南

2017年2月1日 (水)

今日は水曜日、茨木市に行く用事があるのでその前にランチをっと。

当然うどんを食べるんやけど、短い周期での同じお店は避けたく、2012年以来
超久しぶりに「さぬき手打ちめん処 衆楽」でいただきました。

お店はスーパーイズミヤ千里丘店の別館1Fにあり、JR千里丘駅より徒歩約20分、
車だったら大阪高槻京都線 千里丘7丁目の交差点(コカコーラのビルのあるところ)
を曲がって数分の所に立地します。

170201-IMG_1259.jpg

この一番上のセットメニューも魅力的!!
170201-IMG_1261.jpg

☆ 期間限定メニュー
170201-IMG_1265.jpg

最近は余り見かけなくなったディスプレイ。
170201-IMG_1262.jpg
改装されたんでしょうね、新しい感じがしました。

店内に入らなくてもこちらで玉買いが出来るようです。
170201-IMG_1308.jpg
コレも珍しいですね、関西のうどん店で玉買いが可能なお店って
何軒あるのでしょうか。
真っ先に堺の「かもめ」が浮かびますが、そこ以外はというとう~ん?

カウンター席はなく全てテーブル席となっています。
170201-IMG_1263.jpg

170201-IMG_1279.jpg

しっかり30分近く待ってうどんが登場しました。
☆ ちく天ぶっかけ冷の大盛り (600+大盛り150=750円)
170201-IMG_1281.jpg

こういう大箱店なので細麺と思っていたら太麺なんですね。
170201-IMG_1282.jpg

この生姜の量にはビックリ。
170201-IMG_1285.jpg
今まで色んなところで食べてきたけど、こちらの生姜の量がダントツでトップやね。
ただ本来の生姜の風味とは違っていたのはご愛敬。

半身のちく天が2本、なにか得したような気分。 
170201-IMG_1284.jpg

出汁を掛けてパシャ。
170201-IMG_1286.jpg
先に麺を数本食べたのでチョット乱れたけど無視してネ。

まずまずかな?
170201-IMG_1298.jpg 170201-IMG_1295.jpg

相変わらず下手くそな麺リフトなこと。
170201-IMG_1292.jpg

いざ実食すると麺は柔らかくてソフトな食感。
それでも麺の中心部には優しいコシが感じられ独特で面白い!!

ぶっかけ出汁はかなり甘めで、やや甘過ぎるかなと思ってしまうほど。
自分自身は甘めの出汁は好きなんやけど、チョット甘みの方向性が
違うかな?

大盛りはしっかり2玉分あり、凄いボリュームで最後のほうはチョット
飽きてきて、唐辛子をかけたりしたけど合わなかったネ。

うわぁ~お腹パンパンや、ご馳走様でした。
170201-IMG_1299.jpg

食べた後分かったけど、この器メッチャ大きいわ
170201-IMG_1301.jpg
割り箸は普通の長さで決して短かくはありません。 

☆ メニューのご紹介
170201-IMG_1270.jpg 170201-IMG_1278.jpg

170201-IMG_1272.jpg 170201-IMG_1276.jpg

170201-IMG_1274.jpg 170201-IMG_1277.jpg

この持ち帰りメニューって良いシステムですね。
170201-IMG_1269.jpg 170201-IMG_1267.jpg

このメニューの紹介は要らないかな?
170201-IMG_1266.jpg

かやくご飯のついたセットメニューがあればというメニュー構成でした。


170201-IMG_1310.jpg

初回訪問時のことは殆ど忘れているんですが、平日の昼前なのに店内の
テーブルはお客さんで埋まっているようで、しっかり地元に根付いた人気店
なんですね。
そうそう、鍋焼きうどんの注文率が高かったね。




《 さぬき手打ちめん処 衆楽 》

住   所: 大阪府吹田市山田南1-1 (イズミヤ千里丘店別館)
電   話: 06-6192-0777
営業時間: 11:00~21:00 (LO21:00)
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (イズミヤの駐車場、2時間無料) 

竹清 ららぽーと EXPOCITY店 @大阪府吹田市

2017年1月11日 (水)

今日は月に2回治療して貰っている茨木市の病院に行く前に、エキスポシティー
内にある「元祖 セルフうどんの店 竹清」で腹ごしらえ。

実は昨日青春18きっぷで香川入りし、竹清本店の近くのうどん屋を出て、竹清
本店に行こうかな?と思ったんですが、残念ながらお昼までに時間は十分あり
ながら、お腹の余裕がなくって泣く泣く退散したので、今日はそのリベンジとして、
住所こそ香川県と大阪府の違いがありますが、同じ竹清のうどん屋さんとして
訪問してきました。  

(いやぁ~、相変わらず面白みのない堅苦しい前触れの長い文章で、自分自身で
愛想を尽かしてます。)


うどんとは全く関係がないのにどうしてもこんな写真を撮ってしまうんやね。
170111-IMG_0551.jpg

170111-IMG_0553.jpg

お店はフードコートの一角ではなく、こんな所に店舗を構えています。
170111-IMG_0556.jpg

開店直前なんですがお待ちの方は私以外なし。
170111-IMG_0563.jpg

レギュラーメニューのご紹介
170111-IMG_0560.jpg

熱々がお好きな方向けで寒い時期にピッタリやね
170111-IMG_0558.jpg

前回訪問時にはなかったと思われるバルコニー席?が出来ていました。
170111-IMG_0565.jpg

定時にオープンです。
170111-IMG_0566.jpg

厨房は写真左手にあります。
170111-IMG_0568.jpg

奥の座席
170111-IMG_0578.jpg

店の奥からパシャ
170111-IMG_0580.jpg

注文口には天ぷらも揃っていますが「半熟卵天」「ちく天」「げそ天」は基本的に
注文を受けてからその都度揚げるスタイルです。
170111-IMG_0567.jpg

うどんを受け取り、温めるならセルフで湯煎します。
170111-IMG_0570.jpg

そしてすぐ右横に温かい、かけ出汁のタンクがあるので、こちらもセルフでどうぞ。
170111-IMG_0573.jpg

その隣にはぶっかけ出汁や、ひやひや用の出汁が準備されています。
170111-IMG_0576.jpg

最後にこちらで薬味を入れて出来上がり。
170111-IMG_0577.jpg

☆ かけ大+ちく天 (380+120=500円)
170111-IMG_0582.jpg

☆ 揚げ立ててホクホクでサックサクのちく天
170111-IMG_0585.jpg

薬味はたっぷり入れちゃいました。 (*^o^*)
170111-IMG_0583.jpg

なかなか元気いっぱいの麺という印象やね。
170111-IMG_0590.jpg

見た目通りセルフにしては珍しいくらいのエッジでしっかりしたコシ感。
あれっ以前より力強くなっているんじゃないの?

出汁も雑味のない上品な旨味がたっぷりで、麺と良くあっていて旨いネ。

出汁が美味しく、そして少しぬるかったので思わず途中で出汁を追加。
(勿論他のお客さんの邪魔は決してしてませんので。)
170111-IMG_0591.jpg

うんうん、丁度エエ温さになって更に美味しくなったみたい。
残っていた麺と出汁を一気にいただき、ご馳走様でした。
170111-IMG_0592.jpg

食べ終わり食器を返却した際、目に付いた小麦粉です。
170111-IMG_0594.jpg

最後にお店のこだわりをご紹介しておきましょう。
170111-IMG_0596.jpg




《 元祖セルフうどんの店 竹清 ららぽーと EXPOCITY店 》

住   所: 大阪府吹田市千里万博公園2-1
電   話: 06-4864-1870
営業時間: 11:00~22:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (エキスポシティー内に有料Pあり) 
        ※ 平日は2H無料

竹清 ららぽーと EXPOCITY店 @大阪府吹田市

2016年8月19日 (金)

大型連休9日目の麺活は、先程の「釜あげうどん 太郎」のあと、EXPOCITY内に
ある「竹清 ららぽーと EXPOCITY店」に今年3月以来、通算2度目の訪問です。

というのも、今日は嫁や娘に命令?され、EXPOCITYへのお買い物にアッシー君で
連れてこられ、それじゃーということで1軒目は「釜あげうどん 太郎」に行き、今度は
帰るのにEXPOCITYへ舞い戻ったのをいいことに、2軒目での訪問となりました。

160819-IMG_5361.jpg

この暑い炎天下、ガンダムも頑張ってますね。
160819-IMG_5364.jpg

前回訪問時はまだ工事中だった観覧車、ホントに大きいですね。
160819-IMG_5365.jpg

なんでも高さ123mは日本一で、全ゴンドラに冷暖房を完備し、世界初となる
免震構造を採用して安全性も十分だとか。


15時前の訪問です。
160819-処理済~IMG_5366

かけが280円と某大手**製麺より安いのは立派です。
160819-IMG_5368.jpg

天ぷらはこのような状態ですが、注文すると1つでも揚げてくれます。
160819-IMG_5369.jpg

かけ小(280円)を注文して麺を受け取り、セルフで湯煎しますが、今日は
3~4秒だけ温めていただきます。
160819-IMG_5370.jpg

かけ出汁もセルフです。
160819-IMG_5371.jpg

温かいかけ出汁の横には、冷たい出汁も用意され、冷やかけでもOKですね。
160819-IMG_5372.jpg

最後に薬味を入れて出来上がり。
160819-IMG_5373.jpg

竹清は全店無料の「わかめ」が提供されるのが嬉しいサービス、それにしても
チョット周りが汚いですね。

「わかめ」をタップリ入れて、わかめうどん?
160819-IMG_5374.jpg

綺麗なうどんです。
160819-IMG_5380.jpg

この時間なので麺の状態を心配しましたが、プリンとしたハリと弾力があり、
適度のコシ感もバッチリ!!

出汁も優しい味わいで麺との相性も良く、美味しいうどんです。

ご馳走様でした。
160819-IMG_5381.jpg

この時間でもお客さんはそこそこの入り。
(写ってないところにも、お客さん沢山いらっしゃいます。)
160819-処理済~IMG_5382

コストも当然ですが全体のパフォーマンスは立派、企業努力が窺えます。
そのうちまたアッシー君で連れてこられるのでしょうか? (*^o^*)



《 元祖セルフうどんの店 竹清 ららぽーと EXPOCITY店 》

住   所: 大阪府吹田市千里万博公園2-1
電   話: 06-4864-1870
営業時間: 11:00~22:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (エキスポシティー内に有料Pあり) 

讃岐うどん まごころ ららぽーとEXPOCITY店 @吹田市万博公園

2016年3月4日 (金)

竹清 ららぽーと EXPOCITY店」からの連食です。

こちら「讃岐うどん まごごろ」は3Fのフードコートの一角にあり、寿司・フレンチ・イタリアン
串カツ・ハワイアングルメバーガーそして宅配ピザのPIZZA-LA等を多角的に運営して
いるフォーシーズが手がけるお店です。

「まごころ」というと、宮武讃岐製麺所直営の「まごころ」や「いきいきうどん」がありますが、
その「まごころ」の直営ではなく、その職人さん達が厳選した小麦粉を使用しているらしく、
丸亀の「まごころ」とは間接的な関係のようです。

開放感のあるフードコートです。
処理済~160304(2)-IMG_0154

「日本初**」?
160304(2)-IMG_0155.jpg

○亀製麺より少しお高い価格設定です。
160304(2)-IMG_0156.jpg

160304(2)-IMG_0158.jpg

ちく天が大きくて美味しそう。
160304(2)-IMG_0157.jpg

さて先程のお店「竹清」ではかけうどんをいただいたので、こちらではぶっかけを注文。
(400円)

どうでしょう、ほぼデフォルトで麺の上にいっぱい乗っていて麺が見えません。
160304(2)-IMG_0159.jpg

綺麗な細麺です。
160304(2)-IMG_0161.jpg

う~ん、それにしても何やらいっぱい乗せすぎ、麺やぶっかけ出汁の味が分かりません。
麺は人によりよりいいコシと感じるかもですが、自分的には010麺のような気がしてしまい
ガッカリ。

現実的にはそんなことはないとは思うんですが、自分の馬鹿舌がそう思い込んでしまって
ます。

ご馳走様でした。
160304(2)-IMG_0163.jpg


「まごころ」の並びにある東京の超人気店で行列必至のお店。
食べようかな?と思いましたがメタボまっしぐらのためグッと我慢です。
160304(2)-IMG_0164.jpg


日本一高いシースルー大観覧車が出来るんですね。
160304(2)-IMG_0172.jpg

160304(2)-IMG_0178.jpg

今春営業開始予定なのでもうすぐ、次回来ることがあれば出来上がっているはず。
160304(2)-IMG_0181.jpg



《 讃岐うどん まごごろ ららぽーと EXPOCITY店 》

住   所: 大阪府吹田市千里万博公園2-1
電   話: 06-4864-8246
営業時間: 10:00~21:00
定 休 日 : 不定休
駐 車 場 : あり (エキスポシティー内に有料Pあり) 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR