さぬき手打ち うどん屋晴れ @奈良市南京終町

2017年2月5日 (日)

雨降りの日、こんな日は遠くには行きたくないなと思いながら、正月明けに行けて
なかった「うどん屋晴れ」に昨年5月以来の訪問。

晴れの日だったら大将のバイク中間がいつも大勢来るので、あえて雨降りの日に
行って正解。
余裕でポールゲットし、お店の方には申し訳ないけどゆっくり食べることができ、
また大将ともゆっくりお話ができラッキー。

お店はJR「京終駅」から500m位の所にある「サンプラザ南京終」というマンション
の一角にあり、表通りではないので集客は大変でしょう。

170205-IMG_1381.jpg

カウンター9席のみのこぢんまりした店内。
170205-IMG_1386.jpg

またまたメニューを作り替えたんやね、写真付きでスッキリまとまっています。
170205-IMG_1383.jpg

大盛りの価格が書かれてませんが+100円でOK。
170205-IMG_1385.jpg
ちなみに1.5玉もOKで+50円となるようですよ。

凝り性の大将、とうとう昨年10月よりラーメンも始めちゃいました。
170205-IMG_1387.jpg

水曜・金曜・土曜の18:00~22:00は「讃岐そば 小鳥遊~たかなし~」として営業。
170205-IMG_1384.jpg

17~8分待って「げそ天ざる」の1.5玉の登場。 (800+50=850円)
170205-IMG_1393.jpg
天かすも提供されますが、つけ出汁の完成度が高いので使用せず。
大将に「こんな美味しいつけ出汁に天かす入れるのはもったいないで」と
忠告しておきました。 

この見事な「げそ天」、これが何とアオリイカを使用しているんです。
170205-IMG_1391.jpg
イカは昨今価格が高騰していますよね。
普通げそ天に使用するイカは「スルメイカ」なんですが、そこをあえて「アオリイカ」を
使用するなんて、原価率のことを考えると無謀とも思えることなんですが、これこそ
大将の大きなこだわりなんよね。

「こんな(辺鄙な)所にわざわざ食べに来て下さるのに、他店と差別化を図りたいと」
なんと泣けてくるやないの!! 

170205-IMG_1402.jpg

実際いただいてみると身が柔らかくてふんわりとして食感が心地良いのよね。
また自然な甘さでメチャクチャ旨~~~い!!!

麺も見てるだけで絶対美味しいやん!!
170205-IMG_1392.jpg

瑞々しくピチピチした極上の麺!!
170205-IMG_1398.jpg

まずは何も付けずに2~3本ズルズルッといただくとこれがどうよ。 

小麦の風味と共に心地良い弾力が!!
うんうん旨いネ!!

そしてつけ出汁に付けていただくとこれまたどうよ!!
もうイスからひっくり返りそうになったくらい衝撃の旨さ!!!

伸びがあり、グミ感を感じつつ心地良い弾力のコシ感がもう最高。
またつけ出汁が円やかで、尖ったところが全くなく、この極上麺と相まって
メチャクチャ旨いやん!!!

いやぁ~実に美味しかった、そしてご馳走様でした。
170205-IMG_1404.jpg
食べ終えてつけ出汁が少し残っていたけど全部飲んでしまったわ。
勿論無化調で、飲んだ後喉が渇くようなことはなくスッキリと。
なんと香川時代から継ぎ足し継ぎ足しで作っているとのこと、頭が下がります。

全く休みなしで営業されてます。
170205-IMG_1407.jpg

大将に体に気をつけてと言ってお店を後にしましたが、ホンマによう働くわ!!
うどんの部が水曜の昼だけ休みにして、水曜・金曜・土曜の夜はラーメンを
作ってるんやから一日たりとも休みがないやん。

とにかくご夫婦とも体に気をつけて頑張ってください。
特に奥さん、疲れてるからって丼に顔をうずめて眠らないようにネ。 
尼崎からジジイが応援しています。

あっ、お店で使用してる水のことを書くのん忘れてたわ。
これも大将メッチャこだわっていて ・・・・・
もうエエか!!




《 さぬき手打ち うどん屋晴れ 》

住   所: 奈良市南京終町7-522-2
電   話: 080-4760-0111
営業時間:  11:30~15:00
        18:00~22:00 (LO21:45) ・・・・・ 水曜・金曜・土曜のみ。
定 休 日 :  水曜日の昼 (うどんの部)
駐 車 場 :  あり (お店の前と横に数台分あり、大型バイクは別の場所)
        ※ 夜営業時の駐車場は昼とは違うので要注意。
スポンサーサイト

情熱うどん はるりん @奈良市北之庄町

2015年2月15日 (日)

本日の麺活は奈良市の北之庄町にある「はるりん」に昨年2月以来の訪問です。
公共交通機関だったらJR桜井線の帯解駅から徒歩25分くらい、車だったら国道24号線
沿いにあるイオンモール大和郡山を目標に行き、そこから5分もかからない場所にあります。

DSC03038.jpg

開店前でまだお客さんは私だけ。
DSC03039.jpg

お店を出る際に撮影しました。
DSC03060.jpg

お店の前にはおすすめメニューやレギュラーメニューの案内がありました。
DSC03058.jpg

DSC03059.jpg

今日はポールゲットで1人の客だったのでカウンターの一番奥に案内されました。

着席するなりパシャ。 (この後直ぐにお客さんが入店してきてこれ一枚だけ)
処理済~DSC03042

カウンター席6名、テーブルが3つで12名、計18名の客席です。
さておすすめメニューも気になるところですが、牡蠣・キノコ・唐揚げ全てダメで、結局
「ちく天ぶっかけ大」で1玉プラスを注文しました。 (680+120=800円)

暫く待ってうどんの登場です。
結構大きな器に情熱グループの証であるトルネード盛りがステキです。
(よく見たら麺の量が多くてトルネードになってない?)
DSC03048.jpg

器の角度を変えてパシャ。
DSC03049.jpg

麺のアップですが平打ち麺になってます。
DSC03050.jpg

麺肌・麺線が綺麗で見ているだけでも美味しさが分かります。
DSC03051.jpg

いざ実食すると「えっこんなに剛麺やったかな?」とビックリするような凄いコシ、伸びは少ない
もののグミ感もあってこれは凄く食べ応えがあって美味しいですね。
これくらいの剛麺だったら「良く噛んで食べましょう!」というような表現で良いのかな?

前回も訪問する前に鈴庵の大将から「はるりんの麺が良いよ」と聞いていたのですが、カレー
うどんをいただいたため、この剛麺になっていたのには気づきませんでした。

いや~今日で通算6度目の訪問ですが凄い麺が出てきたので驚き、訪問時余り期待していな
かっただけに嬉しい誤算でした。

ご馳走様でした。
DSC03054.jpg

店内にあったメニューを紹介しておきます。 
なお、上の写真と重複しているところがありますがご了承下さい。
DSC03044.jpg

DSC03045.jpg

DSC03046.jpg

DSC03047.jpg

このお店の周辺でも(チョット距離は離れますが)情熱うどんが2軒あり、もう1軒「荒木伝次郎」
も魅力的なお店で、更に「鈴庵」や「udon & cafe 麺喰」「高畑 たつや」「晴れ」「たぬき」等数え
たら切りがないんですが、いずれも美味しいお店ばかり、その内必ず再訪問させて頂きます。

駐車場のご案内。
DSC03041.jpg

来月のことですがご注意下さい。
DSC03057.jpg

この地図の下の方は西名阪 郡山ICになります。
DSC03064.jpg



《 情熱うどん はるりん 》

住   所: 奈良市北之庄町17-4
電   話: 0742-62-6503
営業時間: 11:30~15:00
        18:00~21:30
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と直ぐ横に計9台OK) 


*****************************************************************************
・・・・・おまけ・・・・・  

チョット速く着きすぎるようだったので写真だけ撮ってきました。
今は直ぐ近くに無料の大きな駐車場が出来ていて、車でも便利ですね。

DSC03065.jpg

DSC03032.jpg

DSC03034.jpg

DSC03037.jpg

さぬき手打ち うどん屋晴れ @奈良市南京終町

2015年1月4日 (日)

今年2軒目の麺活は奈良市にある「うどん屋 晴れ」で昨年10月末以来2度目の訪問です。

昨年9月18日にOpen したお店で、新年に相応しい店名なのと、うどんがどう変化したか
楽しみに来ました。

JR「京終駅」から400~500m位の所で「サンプラザ南京終」というマンションの一角にあり、
細い道路沿いに幟が1本だけ申し訳なさそうに立っていました。
DSC02304.jpg

前回訪問時はこれだけの案内でした。 (今日も幟の下にありましたよ)
DSC02303.jpg

開店早々に入店し、お客さん誰もいらっしゃらなかったので大将に撮影の許可を頂き店内をパシャ。
DSC02309.jpg

イスの数が9脚のこぢんまりしたアットホームなお店です。
DSC02310.jpg

メニューはこんな感じです。
DSC02313.jpg

DSC02314.jpg

DSC02315.jpg

さて注文ですが、前回伺った時に「次回訪問時は絶対げそ天ざるにするぞ」と決めていたんですが、
入口にこんなんが貼ってあって悩んだあげく「年明けうどん」に決定し「ひやあつ」でお願いしました。
処理済~DSC02308

待っていたら今日も可愛い女将さんが小さなテレビを持ってきて下さいました。 (写真は前回の使い回し)
DSC00590.jpg

うどんを待っている間、大将と結構お話しできました。
何でも以前は和食の職人でうどんは独学であるが、出汁は和食でたたき上げているので
大丈夫とか、結構食べ歩いたとか、最近麺も出汁もOpen当初より変えて自分自身の理想に
近づいてきたとか、私自身人見知りで余り話をしない方なんですが、気さくに話しかけて下さり、
とってもフレンドリーなナイスガイな大将でした。

釜の調子が悪かったようで、少し待っている間に麺切りも見ることができましたよ。
DSC02316.jpg

「これを少しかけて下さい」と持ってきて下さいました。
聞くところによると和歌山県の海南まで買いに行かれたようでとっても美味しいとのことでした。
DSC02317.jpg

「海南市のヤマモト」というのを聞いていたので後でネットで調べると「山本勝之助商店」のもので、
紀州産のブドウ山椒と、香川産の本鷹唐辛子をブレンドしたものらしいです。

さて暫く待って年明けうどんの登場です。
DSC02318.jpg

前回は天かすがデフォオルトで入っていたんですが別の容器での提供になったんですね。
DSC02319.jpg

麺がかなり細くなっていましたが、このくらいが大将の理想のようです。
 DSC02323.jpg

参考までに前回の麺はこんな感じで、やはり上の写真よりやや太く、そしてエッジがハッキリして
いました。
DSC00599.jpg

まずは出汁をいただきましたが自然な甘さを感じ、まろやかで深みがあり美味しい!
麺はコシを期待しているとあれっと思うんですが、これはこれでありですね。

細麺なので普段より多目に麺をほおばりますが、喉を通る食感は独特なものがあり良い感じ。
昨年末に高松の某店で食べたうどんが今日のうどんに通じるものがあり、こういうのもありだと
実感じています。

大将曰く、出汁はあごを使用しイリコも使っているが前面に出してないとのこと。
また甘さは「藻塩」(海水・海藻を使って作る塩)を使っているからと説明を受けました。
そして麺は大将のこだわりと共に客層のこともあり、特にコシを強調してないようです。

年明けうどんに付いていたちく天と梅干しの天ぷら?
DSC02321.jpg

ちく天は鯛かな? 結構甘みがあり軽く揚がっていて美味しい。
梅干しは口の中をリセットしてくれて、さわやかさを運んでくれました。

そうそう山椒入りの唐辛子を勧めて頂いたんですが、夢中で食べてしまって食べた後に思い
出す始末です。

ご馳走様でした。
DSC02324.jpg

駐車場はお店の前、こんな感じで写真に写ってないところにも2台分あります。
DSC02305.jpg

店を出る際大将に、次回は絶対ざるをいただくことと再訪問を約束してお店を後にしました。
帰り際、他のお客様がいらっしゃらないこともあり女将さんが車を見送って下さいました。
慣れないのでこそばい感じ。
有り難うございました。



【 さぬき手打ち うどん屋晴れ 】

住   所: 奈良市南京終町7-522-2
電   話: 080-4760-0111
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 水曜日 ・・・・・ 1/5~9は振替休日
駐 車 場 : あり (お店の前に7~8台位?)

さぬき手打ち うどん屋 晴れ @奈良市南京終町

2014年10月25日 (土)

本日の麺活は奈良市にある「うどん屋 晴れ」さんです。
9月18日にOpen したお店で、約1か月経過したのでそろそろ落ち着いたかなと思い初訪問
してきました。

場所的にはJR「京終駅」から400~500mくらいでしょうか?
「サンプラザ南京終」というマンションの一角にあり、今日は車で行きましたが、お店が道路から
少し奥まった所にあり、若干分かりづらく行き過ぎてしまう始末です。

道路側に「うどんの幟でもあれば良いのにな」と思ったりしましたし、また営業上絶対必要だと
思いました。
DSC00583.jpg

処理済~DSC00582

処理済~DSC00584

店内はL字型カウンターのみで、10名くらいのキャパでしょうか?
前店舗から居抜きでお使いになっているような感じです。
処理済~DSC00586

厨房はこんな様子ですね。
DSC00602.jpg

メニューはまだ絞っているようですね。
ざるがおすすめなんでしょうか?
DSC00585.jpg

DSC00587.jpg

DSC00603.jpg

さて注文ですが、こちらに来る前までは ”げそ天ざる” にしようと思ってたんですが、メニューを見ると
冷やかけがあるようなので ”きつねうどん大冷” と ”鯛ちくわ天” を注文しましたが ”鯛ちくわ天” はなく、
また ”きつね” が出来たてでまだ熱いとのことだったので普通の ”冷やかけ大” と ”特上ねり天” に
変更しました。 
500(冷やかけ)+100(大)+200(ねり天)-150(10/30まで割引) = 650円 です。

待っていたら女将さんがこんな小さなテレビを持ってきて下さいました。
こんな小さいテレビがあるんですね。
DSC00590.jpg

暫く待ってうどんの登場です。
DSC00593.jpg

小さめの丼ですが、結構量は入っているようです。
ネギ・天かす等はデフォルトで入っていました。
DSC00594.jpg

DSC00595.jpg

DSC00599.jpg

DSC00596.jpg

さて実食です。
丼が小振りなので出汁が少ないように思い(決して少ないことではない)麺からいただきました。

麺はやや細麺で優しい感じですが、麺の中心にはしっかりとしたコシが感じられ、また喉ごし良く
美味しいですね。
手切り感が伝わってくる麺です。

また出汁ですが、イリコを主張することなく、通常のかけ出汁を冷やしたような感じで、特別な印象を
持つことはありませんが、なにかホッとするように思います。

特上ねり天は、白身の上品な蒲鉾ですが、格別どうってことはありません。
宇和島の蒲鉾でしょうか?
食べ終わった後、チョット物足りないなと思っていたのですが、車の乗る頃にはお腹がはち切れそうに
なってきました。

奈良市まで来たのであと一軒と思っていたのですが、不覚にもお腹が膨れてきたのであきらめることに
しました。チョット残念。
そしてご馳走様でした。

次回は ”げそ天ざる” を絶対いただくことにします。
DSC00600.jpg

お店はイケメンの大将と、可愛い奥さん、そして厨房にもうひとり。大将の身内でしょうか、いまの
ところ3名で切り盛りされています。
ほっこりするお店なので、これから地元の方に愛されるようになって、リピータが付いてくることでしょう。
頑張って欲しいお店です。

それにしてもうどんの幟は必須ですよ!!!
現状はこれのみ。これでは知らないお客さんを呼び込むのは難しいでしょうね。
DSC00581.jpg

まだ一か月先の話ですが臨時休業の告知がありました。
DSC00605.jpg



【 さぬき手打ち うどん屋 晴れ 】

住   所: 奈良市南京終町7-522-2
電   話: 080-4760-0111
営業時間: 11:00~15:00
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に十数台)
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR