③やまうちうどん店 @2017 四国巡礼その9

2017年5月20日 (土)

今年6度目の渡讃は一泊二日で巡りますが、2日目の今日は懐かしいお店を
中心に、新店や初訪問店も目指して頑張ります。

尚、タイトルの「その9」というのは今年のうどん県滞在が延べ9日目という
ことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホントに簡潔に!!


2日目の3軒目 8時35分着 8時48分実食  やまうち @まんのう町大口


先程のお店「麺の蔵」を出て、次の目的地に超久々、通算3度目の訪問です。

うどん県で食べ歩きを始めた頃、まずは巷で言うS級店というところから周りはじめ
ましたが、やっぱりこちらは当然出てくる訳で2度食べましたがそれほどの印象は
なく、暫く足が遠ざかっていました。
ところがなぜか最近チョット気になり訪問することに。

もう今はナビが当たり前となり、また精度も上がっているのでこんな写真がなくても
行けるんですが、初回訪問時はナビはなく地図を見ながらの訪問で、ドキドキもの
だったのを思い出します。 

土讃線と平行して走る県道197号線のこちらの標識を目印に線路を渡ります。
170520-IMG_4188.jpg

目印の看板
170520-IMG_4187.jpg

線路を渡ると直ぐこの看板がありホッとします。
170520-IMG_4189.jpg

線路を渡って1分も経たずに到着です。
170520-IMG_4192.jpg
着いてみると一昔前にタイムスリップしたような光景に出くわしますヨ。

いつもなのかどうかは分かりませんが、開店時間前から入店でき、店内で
待つことが出来ました。
170520-処理済~IMG_4202
昔と何ら変わってないよう。


170520-IMG_4198.jpg

「あつあつ」「ひやあつ」「ひやひや」宮武系のお店ではこの呼び名で注文します。
170520-IMG_4199.jpg
もちろん他の呼び方でも注文は通りますが ・・・・
こちらで修行した「山とも」でも全く同じような看板を見ることができますネ。

宮武系ではお馴染み「藤原屋」の天ぷらが勢揃い!!
170520-IMG_4200.jpg

厨房の奥には薪で焚く大釜がデーンと構えてます。
170520-IMG_4201.jpg
なんでも薪で焚くと火力が強く、麺が芯から茹で上がって独特のコシが生まれるとか。


お客さんが集まり始めた頃、定刻の9時より大分早く営業開始となりました。

☆ ひやひや & げそ天 (200+130=330円)
170520-IMG_4203.jpg

どうしてもあったらとってしまうけど、食べるのがうどん単独で食べより、倍ぐらい
遅くなるのが難点かな?
170520-IMG_4205.jpg

澄んだ出汁、そしてイリコ風味が漂い美味しそう!!
170520-IMG_4204.jpg

これがまた綺麗な麺で惚れてまうやろ!!
170520-IMG_4210.jpg

お出汁はしっかりイリコが効いていて旨味たっぷりの上品な味で丁度良い塩梅。

麺は適度な太さで以前より太くなったかな?
そして一口いただくとまずは力強いコシ感にビックリ!!
えっ、こんなに力強い麺やった?

なにぶんかなり以前の記憶なので殆ど忘れかけてますが、それでも今日の
麺と以前いただいた麺は別物と思っても良いぐらいの変わりよう。

勿論伸びもあり喉ごし抜群で、弾力もあり、何より見た目が男前の麺。
そしてイリコの効いたスッキリ出汁と相まって
メチャクチャ旨~~~い!!!

いやぁ~ホンマ美味しいネ!!
勿論げそ天も美味しゅうございました。

大満足の一杯、そしてご馳走様でした。
170520-IMG_4211.jpg

食べ終わって店を出る際にはプチ行列が出来ていました。
170520-IMG_4212.jpg


ビックリするくらいの薪の量。
170520-IMG_4213.jpg

なんか絵になるよねー。
170520-IMG_4194.jpg

170520-IMG_4216.jpg

たまには思い出して相当前に訪問したお店を再訪するのもいいもんですネ。
今回つくづくそう思いました。




《 やまうちうどん店 》

住   所: 香川県仲多度郡まんのう町大口1010
電   話: 0877-77-2916
営業時間: 9:00~麺切れ終了
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と、登り口当たりに専用Pがあり相当台数OK)
スポンサーサイト

四国巡礼その12 ④谷川米穀店

2015年7月21日 (火)

昨日(7月20日)に続き四国巡礼2日目です。

今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、「その12」というのは四国滞在が12日目
ということでご理解下さい。

前月と同様1泊2日の予定で、今回も行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、その
他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くまま自分1人自由に行動して食べ
歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


2日目 4軒目 10時16分入店 谷川米穀店 @まんのう町


四国巡礼の2日目の4軒目は「三嶋製麺所」を後にし、まんのう町のここまで来て、この
時間だったら皆さん普通なら当然こちら谷米に向かいますよね。

ということで2013年9月以来で通算5度目の訪問となります。

いつもだったらお店の前の坂にはお客さんがずらっと並んでるんですが、平日でしかも
かなり早い時間のため、まだどなたもいらっしゃいません。
150721(4)-DSC09658.jpg

150721(4)-DSC09659.jpg

お馴染みの米屋の登録証?ですね。
150721(4)-DSC09660.jpg

お店の前で写真を撮っていたら、中から女将さんが出てきて店内に案内して下さいました。
こんな空いている店内を見るのは初めてで、おそらく貴重な写真なんでしょう!

「谷川うどん」???
150721(4)-DSC09673.jpg

150721(4)-DSC09672.jpg

150721(4)-DSC09669.jpg

150721(4)-DSC09680.jpg

少し値上がりしたようです。
150721(4)-DSC09662.jpg

この油揚げが美味しそうで買って帰りたかったんですが、この後の予定や気温を考慮
すると、今回は見送ることに。
150721(4)-DSC09663.jpg

さて注文ですが、冷たいうどんは少し時間がかかるとのことだったので、まずは「温いの小」
をお願いしました。

少しの醤油と味の素を少しだけ振りかけていただきますが、残念ながらお店自慢の青唐辛
子は切れているようでした。
150721(4)-DSC09664.jpg

150721(4)-DSC09666.jpg

温の麺ですがプリプリして新鮮そのもの。
小麦の風味も感じられモッチリ感があって旨いネ。

”小” は量が少ないのであっという間の完食です。
150721(4)-DSC09668.jpg
 
そしてすかさずお代わりを注文しました。

次は「冷たいん小」をお願いしましたが、これは少しだけ待って出来上がりです。
150721(4)-DSC09674.jpg

瑞々しさが伝わるでしょうか?
150721(4)-DSC09675.jpg

水でしめた分、温に比べ幾分シャープになっているようです。
150721(4)-DSC09678.jpg

こんな綺麗な麺だったんですね。
5度目の訪問で初めて気づきました。
150721(4)-DSC09678.jpg

こちらの冷たい方は弾力が良くてコシ感が強いですね。
勿論ツルツル、シコシコで喉ごしもよく、こちらもあっという間に食べ終わりました。

御馳走様でした。
150721(4)-DSC09679.jpg

皆さんご承知だと思うんですが、こちらは後払いでお代わりを優先で受け付けてくれます。

人気店なので休日の訪問は1時間以上前に到着することをお勧めします。

それにしてもこれだけの超人気店で貸し切り状態で頂けるとは何と幸せなことか!



《 谷川米穀店 》

住   所: 香川県仲多度郡まんのう町川東1490
電   話: 0877-84-2409
営業時間: 11:00~13:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 日曜日 (不定期の休みあり)
駐 車 場 : あり (お店の近くに10数台は置ける) 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR