②多田製麺所 @2017 四国巡礼その10

2017年6月24日 (土)

今年7度目の渡讃は日帰りでほぼ再訪問店ばかり、1軒だけ新店訪問を予定し、
いつものように一人旅で好き勝手に巡礼したいと思っています。

尚、タイトルの「その10」というのは今年のうどん県滞在が延べ10日ということで
ご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホンマ簡潔に!!


2軒目 7時23分着 7時26分入店  多田製麺所 @三木町池戸


うどん県在住の方のブログを毎日チェックしていますが、何度かこちらの記事があり、
またその中で珍しいメニューが出てきたり、早朝営業していることと、久しぶりというこ
ともあって今回訪問することに。

先ほどのうつ海から直ぐ近く、定刻の8時開店よりかなり早く到着しましたが、タイミング
良く、殆ど待つことなくポールゲットで入店できました。
170624-IMG_4617.jpg

こちらは製麺所側の出入り口。
170624-IMG_4618.jpg

店内奥の様子ですが、右側が製麺所。
170624-IMG_4619.jpg

奥から客席側の出入り口方向をみたところ。
170624-IMG_4622.jpg
製麺がメインなのでこぢんまりした店内です。

こんな面白い席も!!
170624-IMG_4625.jpg

いつの間にやら写真付きのメニューになってますね。
170624-IMG_4624.jpg
しょうゆ:150円 かけ&ぶっかけ&つけ:180円 釜玉:190円 
と超破格値での提供で頭が下がります。 

170624-IMG_4623.jpg

生まれて初めての「釜玉バターうどん小」 (240円)
170624-IMG_4629.jpg
ご承知の通り「うどんバカ一代」発祥と言われているこのメニュー(釜バター)
本家では確か490円であり、こちらの価格はどう考えても超破格値ですよネ。

急いで上の写真を撮り、マゼマゼしたところ。
170624-IMG_4631.jpg

醤油をほんの少々垂らしていただきましたがエエ塩加減。 
醤油の塩分なのか、バターの塩分なのかとにかくエエ塩梅です。

以前のブログにも書いてますが、こちらの麺は優しい麺なので、温だと更に優しさ
倍増、それに卵が絡み合い適度な塩分と相まって旨~~い!!!

途中で黒こしょうを振りかけると、これくらいの量でもピリッと味変で引きしまります。
170624-IMG_4633.jpg

いやぁ~早朝から美味しいうどん、ご馳走様でした。
170624-IMG_4634.jpg

お店はこの交差点のところに立地します。
170624-IMG_4635.jpg
そうそうこの住所、大きな声では言えませんが、息子の嫁の出身地でご近所
なんですよ。 
でも「いけのべ」って読むなんて知らなんだな。 




《 多田製麺所 》

住 所: 香川県木田郡三木町池戸2918
電 話: 087-898-5033
営業時間: 8:00~16:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前と横横に7~8台くらいかな)
スポンサーサイト

⑥かみなりうどん @2016 四国巡礼その9

2016年6月11日 (土)

今年7度目の渡讃はというと、
普段は朝起きるまでに途中で目を覚まさないんですが、前日は早く寝たこともあり
なんと夜中の3時過ぎに目を覚ませてしまい、そこから寝付かれなくて冷たいお水
を飲むと、うどんのことが頭の中をぐるぐるっと廻ってしまい「よっしゃ香川へ行こう」
と思い、急遽支度を整え聖地巡礼に行ってきました。

訪問するお店は定番の2店以外、行きたいと思っていたお店も数々あるんですが、
なにせ急でコースや開店時間のことを考慮した予定を立てられなかったので、思い
つきで行ってみようと思います。

尚タイトルの「その9」というのは今年の四国滞在の延べ日数でカウントしています。
ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


6軒目  11時31着  かみなりうどん @三木町田中


5軒目の「がもう」を食べ終え、高松市内の大好きなお店に行こうとナビをセットし、
走り出して暫くしてこちらのお店を思い出し、興味があったこともあり急遽予定変更
して訪問することに。

お店は三木町の田園風景が広がる県道13号線に面し、お店の周りには薪が大量
に何カ所かに分けて積まれており、またその薪の上にはソーラーパネルが屋根代
わりに設置されており何とも不思議な光景で、場所的には県外者が偶然に通りがか
るような場所ではありません。

こちらのお店は今年4月にOpenした新店なんですが、なんでも10年前に一旦閉店
されたのを、店主(女性)が還暦になったのを機に再Openしたとかで、チョットした話
題のお店のよう。


訪問時はまだお昼前ということもあって、車も2~3台だけ。
処理済~160611-IMG_3272

大量の薪の上にはソーラーパネルの屋根が!
160611-IMG_3269.jpg

店舗の右側にも薪が大量に積んであり、そちらにもソーラーパネルが設置されていました。
160611-IMG_3270.jpg

店舗前にはお勧めメニューがありました。
160611-IMG_3274.jpg

この ”かすうどん” というのがお店のお勧めらしい。
160611-IMG_3275.jpg

卓上にあったレギュラーメニューです。
かけが300円で高いと感じてしまうのは、香川県内の安いうどんに慣れてしまって
いるからでしょうか?
160611-IMG_3278.jpg

暫く待って注文した「竹の子うどん」 (400円) の登場。
160611-IMG_3281.jpg

まさかこんなに綺麗な、そしてビシッとした麺が出てくるとは思いもしませんでした。
160611-IMG_3287.jpg

破竹とわかめがタップリ入っているので、かけとの差額を考えるとお得感がUPします。
まずは破竹からいただきましたが何とも柔らかくて優しい味わい、美味しいですね。

そしてなんと言ってもこの綺麗な麺ですが、出汁に浸かっていても小麦が香りが!
また心地良い弾力がある、勿論コシもバッチリでこりゃ旨いやん!!

お出汁は旨味が詰まった深い味わいですが、麺のように洗練されてなく、なにかホッコリ
させてくれるよう。

いやぁ~素晴らしい一杯でした、そしてご馳走様。
160611-IMG_3290.jpg

店内の様子です。
処理済~160611-IMG_3293

食べる前まではまだ空いていて、後で撮ろうと思っていたら、食べ終わる頃には
こんな状況でビックリ。

いやはや失礼ながらこの場所でこんなにお客さんが集まってくるとは。
6月6日に「特選うどん遍路」(RNC放送)が放映された影響でしょうか?


店内には外の薪を思い起こす ”薪ストーブ” が展示されているんですが売り物なのかな?
160611-IMG_3292.jpg

こんな看板が立ててありました。
160611-IMG_3294.jpg

とにかくのどかな良いところです。
160611-IMG_3297.jpg




《 かみなりうどん 》

住   所: 香川県木田郡三木町田中3192-2
電   話: 090-9451-1977
営業時間: 10:30~14:30
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に約20台) ・・・・・・ 田舎道なので路駐も問題なし。

⑤鴻ノ池うどん @2016 四国巡礼その2

2016年2月12日 (金)

今年2度目の渡讃、1泊2日の予定で大好きな讃岐うどんを楽しみたいと思います。

今回は食べたい食べたいと思っていながら行けてなかったお店1軒と、もうすぐ閉店に
なってしまうお店をピックアップし、あとは何時ものように適当に巡礼してきました。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔に ・・・・・


5軒目 12時6分着  鴻ノ池 @三木町上高岡

先程のお店「カフェ シチフク」を出て、今回巡礼の目的の一店へ向かいます。
お店は三木町総合運動公園の近く、山間にある感じで周りはなにもありません。

そしてこちら、残念ながら3月31日に閉店されるようで、今回で2度目の訪問で
すが、しっかり味の記憶を残しておきたいと思っての訪問です。

こんな辺鄙なところですが道路を挟んだ駐車場、そして路駐している車も多く、
人気の高さが窺えます。
160212-DSC04234.jpg

お店を出た後、店の前の車が一瞬いなくなった際にパシャ。
処理済~160212-DSC04238

店内ほぼ満席で撮影は自粛しました。

そして注文したのは「ひやかけ」(220円)です。
160212-DSC04225.jpg

160212-DSC04228.jpg

エッジがビシッと立ち芸術的な美しさ。
やや細麺ですが結構な麺密度でガッシリとしたコシがあり剛麺好きにはたまりません。

ひやかけの出汁は少しエグミが出始めているようで、洗練されたスッキリ出汁とは言え
ませんが、このお出汁でいただく剛麺は美味しいですね。

ご馳走様でした。
160212-DSC04229.jpg

160212-DSC04221.jpg

そして出入り口に貼ってあったのがこのお知らせ。
160212-DSC04231.jpg

30年間お疲れ様でした。
(あれっこちらは平成11年のOpenではなかったっけ?)
そして美味しいうどんをありがとう。



《 鴻ノ池うどん 》

住   所: 香川県木田郡三木町上高岡1483-1
電   話: 087-890-3706
営業時間: 10:30~16:00
定 休 日 : 第3水曜日
駐 車 場 : なり (店舗前に数台分 他付近駐禁ではなし)

四国巡礼その11 ①多田製麺所

2015年7月20日 (月)

本日の麺活は橋を渡って四国へGO、今年8回目の渡讃でその内1泊2日が4回あり、
「その11」というのは四国滞在が11日目ということでご理解下さい。

前月と同様1泊2日の予定で、今回も行き先は2日目の3軒だけ確実に行く店を決め、
その他は候補を数点リストアップしておき、そこから気の向くまま自分1人自由に行動
して食べ歩きする予定です。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、簡潔にとは思っていますが ・・・・・


1軒目 7時44分入店  多田製麺所 @木田郡三木町池戸


さて今回の巡礼1軒目に訪問するのは三木町の「多田製麺所」で超久々2度目の訪問です。

暫く遠ざかっていたんですが、最近どなたかのブログを見ていて気になり出し、再訪問して
どういううどんだったのかを確かめたいと思います。

場所は琴電長尾線 農学部前駅から徒歩2~3分くらいで、香川大学の農学部の近くで、
また最近Openしたあの「なかむら屋」も直ぐ近くです。

今朝も早く家を出発し、とあるところで少し時間調整をしてお店の前には定刻の20分くらい
前に到着です。
150720(1)-DSC09461.jpg

定刻より早いんですが暖簾が掛かっていて「営業中」となっていたので早速入店します。
150720(1)-処理済~DSC09470

150720(1)-DSC09469.jpg

この作法に則り行動しましょう。
150720(1)-DSC09462.jpg

メニューと天ぷら(練り物)はこれだけです。
150720(1)-DSC09463.jpg

150720(1)-DSC09464.jpg

注文は「そのまま つけ小」 (180円) をお願いしました。
そして殆ど待つことなくうどんの登場で、このときに支払いは済ませました。

自分の好きな細ねぎ(浅葱?)がデフォルトで出汁にINされています。
150720(1)-DSC09465.jpg

150720(1)-DSC09466.jpg

150720(1)-DSC09468.jpg

麺は少しだけ暖かみがあり、出汁はぬるいようでなんだか凄く中途半端。

普段何気なくいただいている「ひやあつ」の中途半端とはチョット違うようでどう表現したら
いいのか変な違和感です。

麺は柔らかくコシを探すんですがありませんというか探しきれません?

かといってフニャッとしているのではなく、こちらの製麺所独特の昔ながらの製法で作られ
ていて、ご近所の皆さんが毎日食べるのに適したうどんと言えるのでしょう。

御馳走様でした。

処理済~150720(1)-DSC09471



《 多田製麺所 》

住 所: 香川県木田郡三木町池戸2918
電 話: 087-898-5033
営業時間: 8:00~16:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に7~8台くらいかな)

四国巡礼その17 ⑥矢田うどん

2014年11月8日 (土)

本日の麺活は日帰りの四国巡礼です。
今年11回目(そのうち一泊二日は6回)のうどん聖地巡礼となり、前回からほぼ1か月ぶりの渡讃。
タイトルの「その17」は今年の四国滞在が述べ17日目ということで捉えてください。

今回は我が家を4時半に出発し、香川市内まで行かずに東かがわ市をスタートのお店とし、その後
屋島と三木町を中心に(1軒だけ住所が高松市のお店ありましたが)麺活してきました。

今まで幾度となく渡讃していますが、高松市内まで行かなかったのは今回が初めてです。
なんか変な感じでチョット物足りない気がするのは私の感覚がおかしいのでしょうか。(笑)


6軒目 11時29分着 11時37分飲食 矢田うどん @三木町下高岡


先程のお店「嘉の家」さんの後、比較的近くにある「あずま」さんに行こうと考えていましたが、何度か
食べたことがあるので未訪問のお店をと思い、11号線沿いで以前より気になっていた「讃州讃岐屋」
さんに行くべく車を走らせていましたら途中でこの店とすれ違い、急遽Uターンして行くことにしました。

行くことにしたのは、ここも店の前を何度も通ったことがあり、以前よりお店の存在は知っていたのと、
また「讃州讃岐屋」さんの情報を調べると何やらボリュームがありそうだったので、今の腹具合を考え
たらあまり入らなそうだったのでこちらに決定しました。

DSC00866.jpg

入店するとお客様がそこそおられ、空いている大きなテーブルに着席。
処理済~DSC00868

処理済~DSC00869

何か変なテーブルの配置でした。
そしてメニューを眺めます。
DSC00870.jpg

DSC00867.jpg

こちらは一般店で、席まで注文を聞きに来て下さいましたので、ざる 400円 を注文。

食べログの情報を見ていたら、何やらコスパ高そうなことが書かれていましたが、そんなことはなさそう。
またこちらは注文を受けてから麺を湯がいているお店で、注文してから約10分でざるうどんが登場しました。
DSC00871.jpg

見るからに瑞々しい麺です。
DSC00872.jpg

うずらの卵が珍しいですね。
DSC00873.jpg

DSC00875.jpg

いざ頂きますと麺は柔らかく、コシを感じようとしましたが???、水っぽく自分には苦手な麺でした。
私の感覚がおかしいのかな?

ご馳走様でした。

食べている途中にはお客様が次々来られ、自分の食べているテーブルも近くで作業されていた
ガテン系のお客さんが座られ、ほぼ店内満席になりましたがテーブルの配置のせいなのか、
全く落ち着きませんでした。

DSC00864.jpg

もう来ることはないと思います。



【 矢田うどん 】

住   所: 香川県木田郡三木町下高岡2155-1
電   話: 087-898-2033
営業時間: 10:30~19:30
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 :  あり (お店の前にあり、満車なら隣のドラッグストアーにも?) 
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR