自家製おうどん 三拍子 @近江八幡市江頭町

2017年3月31日 (金)

長浜市の「山石土平」で食べた後、次に向かったのは近江八幡市に今年1月
Openした新店「自家製おうどん 三拍子」に初訪問。

お店は彦根から野洲当たりまで東海道本線とほぼ平行して走る県道2号線沿い
の「江頭町」という交差点に立地し、分かり安いところです。

170331-IMG_3281.jpg

軽乗用車が止まっているところが出入り口。
170331-IMG_3282.jpg

写真右手には駐車場が約8台分確保されてます。
170331-IMG_3284.jpg

170331-IMG_3276.jpg

入店して真っ正面にメニューが見えてきます。
170331-IMG_3286.jpg

かやくご飯定食が750円とはまずまずかな?
170331-IMG_3287.jpg

170331-IMG_3288.jpg

170331-IMG_3289.jpg

こちらは券売機制となってますネ。
170331-IMG_3306.jpg
こちら、元ラーメン店(いっこく)だったところ、この券売機はその名残でしょうか?

処理済~170331-IMG_3307

店舗奥には製麺室が見えていて、自家製麺をアピールされてます。
170331-IMG_3305.jpg

約8分待ってうどんの登場。

☆ きつねぶっかけ小 (650円)
170331-IMG_3291.jpg

なかなかエエ感じやね。
170331-IMG_3292.jpg

ぶっかけ出汁をかけてパシャ。
170331-IMG_3294.jpg
うわぁ~美味しそうやん!!  

箸休め的にいただきましたが絶妙なジューシーさが光ります。
170331-IMG_3301.jpg

ヨダレが出てきそうな綺麗な麺肌と麺線!!
170331-IMG_3297.jpg

一口食べてビックリ。
うん??
あれっ??
美味しいやん!!

やや太目の麺のエッジは鋭く、ハンパない力強いコシ感は秀逸でクセになり
そうな心地良さ。

勿論弾力もバッチリで噛み切ろうとした後に反発する力はただ者ではなく、
口内暴力が楽しめます。 

きつねも上述したようにジューシーでさっぱりした甘さ、またこのスッキリと切れ
上がった出汁と麺ときつねを合体させるともう堪らなく
メチャクチャ旨~~~い!!!

正直前知識なく、そんなに期待せずに訪問したのでこの美味しさにはビックリ!!

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
170331-IMG_3303.jpg

目の前にゴマや天かすがあったんですが、余りの美味しさに食べ終わってから
気づいてしまうほど。
170331-IMG_3302.jpg


またまた楽しみなお店が出来てしまったやん。 
いずれ機会を見て再訪問したいけど、まだまだ行きたいお店がいっぱい
あるのでどうなることやら。




《自家製おうどん 三拍子 》

住   所: 滋賀県近江八幡市江頭町413-1
電   話: 0748-33-9383
営業時間: 11:00~14:30 (LO14:00)
        17:30~21:00 (LO20:30)
定 休 日 : 月曜日
駐 車 場 : あり (店舗横に8台分あり)
スポンサーサイト

うどん馳走 山石土平 @長浜市公園町

2017年3月31日 (金)

今日のランチは長浜市に2015年11月にOpenし、ずっと行きたかったお店
「うどん馳走 山石土平」にやっとこさ訪問することが出来ました。

お店はJR長浜駅から約300m、長浜町歴史博物館近くで公園町北交差点に
立地します。

長浜場跡にあるのは「長浜城歴史博物館」ですよね?
170331-IMG_3204.jpg
間違っていたらゴメンナサイ!!

公園町北交差点にお店はあります。
170331-IMG_3206.jpg

お店の右横には6台分の駐車場があります。
処理済~170331-IMG_3218

「山石土平」
珍しい店名ですね。
170331-IMG_3268.jpg
この店名は店主の名前が岩坪健一さんということで、この名字を分解して
岩 → 山+石    坪 → 土+平
となったようです。 (食べ終えて精算の際、笑顔が素敵な女将さんが教えてくれました。)

また「うどん馳走」の ”走” が赤文字になっているんですが、これもご主人に大きく
関係していますが、店主のブログをご覧になっていたら分かります。 



店内の様子はこんな感じです。

☆ 入店してすぐ右側にあるテーブル席
170331-IMG_3234.jpg

☆ 入店してすぐ左側の小上がり席
170331-IMG_3235.jpg

☆ 奥にあるカウンター席と厨房
170331-IMG_3233.jpg
このカウンター席の高さ、店主のこだわりがあってこの高さに落ち着いたようです。

そしていざカウンター席に着席すると、店主(大将)の目の前にいるにもかかわらず
「いらっしゃいませ」 「お待ちどおさまでした」等一言の挨拶もなし。
(駐車場で開店前から待っていたので厨房から丸見えのはずなのに。)
こんなんテンション下がるわ。 


メニューのご紹介

☆ レギュラーメニュー
170331-IMG_3223.jpg

☆ 限定うどんのメニュー
170331-IMG_3224.jpg

☆ こちらの一押しメニュー「讃岐天ぶっかけ」の写真が掲載されてます。
170331-IMG_3228.jpg

約5分待ってうどんの登場です。
☆ 野菜天ぶっかけ小 (780円)
170331-IMG_3239.jpg

170331-IMG_3240.jpg

透き通るようなシルキーな細麺。
170331-IMG_3248.jpg

一口いただきう~ん。
瑞々しく喉ごしの良い麺で、すごく優しい食感!!

しかしコシは何処へ行ったんでしょう?
「優しさの中にしっかりコシが ・・・・」と表現したいんですが。

とにかく優しい麺との印象が強く、地域に密着したうどんを目指すとこういう方向性
になったのでしょう。

ただ自分が勝手に思い描いていたものがあり、それと違っていたので、なにか
肩透かしを食ったような感じを受けました。
(あくまでも自分自身の主観です。)



野菜天の数々は揚げたてホクホクで甘くて美味しかった。

☆ にんじん天 & なす天
170331-IMG_3250.jpg 170331-IMG_3252.jpg

☆ ししとう天 & カボチャ天
170331-IMG_3254.jpg 170331-IMG_3256.jpg

☆ さつまいも天
170331-IMG_3259.jpg


ご馳走様でした。
170331-IMG_3261.jpg

お店の ”こだわり”
170331-IMG_3229.jpg

170331-IMG_3230.jpg

170331-IMG_3231.jpg

ブログ等のご紹介
170331-IMG_3270.jpg
こちらの大将、元市役所職員だったんですがある転機があってうどん屋さんに
転職したようで、退職前の様子や準備段階、また神奈川県の人気店「笑門」での
修業時代から現在に至るまで克明にブログで綴っておられます。

色々苦労され、現在の繁盛店に至っている訳で、今日も私が食べてる途中には
バタバタと席が埋まっていきほぼ満席に。
いやぁ~恐るべき人気店。


しかし「何でこんなに人気なん?」というのが本音かな?


第2駐車場のご案内
170331-IMG_3275.jpg




《 うどん馳走 山下土平 》 (やましたどへい)

住   所: 滋賀県長浜市公園町3-19
電   話: 0749-53-4639
営業時間: 11:30~14:30
        17:30~20:30 (夜は金・土のみ)
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (店舗横に6台分、そして第2駐車場に4台分あり)

本格さぬきうどん 亀楽屋 @滋賀県甲賀市

2016年8月14日 (日)

大型連休4日目の麺活は昨日から継続して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して
帰る予定で、昨日の①古蝶庵 ②うどんの花里 ③松吉 に続き、今回訪問した
のは「本格さぬきうどん 亀楽屋」で初訪問となります。

お店は信楽高原鉄道 信楽線の信楽駅より徒歩約5分くらいのところで、国道
307号線(近江グリーンロード)沿いに立地し、コタニ陶器株式会社が運営する
うどん屋さんで、お店の横は信楽焼を扱っている店舗になっています。

この写真前方の青い道路標識を左折すると突き当たりが信楽駅。
処理済~160814-IMG_5103

これでもかっというくらい信楽焼の置物でいっぱい。
160814-IMG_5048.jpg

店内もそこら中に焼き物が。
160814-IMG_5052.jpg

空いていたのでテーブル席に陣取りました。
160814-IMG_5053.jpg

入店して真っ正面、厨房の前には長いテーブル席がありました。
160814-IMG_5086.jpg

入店して右側には小上がりが。
160814-IMG_5069.jpg

まずは水を持って来てくれましたが、これがまた立派な信楽焼ですね。
160814-IMG_5055.jpg

注文したのは「月見山かけぶっかけ」の大盛りと「BIGちく天」
(760+大盛り150+BIGちく天240=1150円)
160814-IMG_5068.jpg

お出汁を掛けてパシャ。
160814-IMG_5070.jpg

BIGちく天は確かに大きかったけど味は普通。
160814-IMG_5077.jpg

BIGだったけど、偶々昨日食べた「古蝶庵」のが大きさも味も勝りすぎて
インパクトとしてはあったんですが全く普通という感じ。

どうですこの素晴らしい麺!
160814-IMG_5074.jpg

失礼ながらこの土地柄で!
まさかこんなに綺麗な麺と遭遇するとは全く想定外で嬉しい誤算。

しなやかな適度の太さの麺は伸びがあり、モチ感もあって心地良いコシ。
出汁はカツオ節が効いたやや甘めのスッキリ出汁で自分好み、また麺と
の相性もバッチリで
メチャクチャ旨~~~い!!!

えっ、ビックリするくらいほんまに美味しいやん。

またとろろが大和芋ということもあって粘りが強く、うどんを食べた後に残った
とろろを白ご飯にのせて、この出汁を掛けて食べたくなるほどこれまたうま~。

いやぁ~美味しかった、そしてご馳走様でした。
160814-IMG_5081.jpg

メニューのご紹介
160814-IMG_5057.jpg 160814-IMG_5087.jpg

160814-IMG_5059.jpg 160814-IMG_5060.jpg

160814-IMG_5061.jpg 160814-IMG_5062.jpg

160814-IMG_5063.jpg 160814-IMG_5064.jpg

160814-IMG_5065.jpg 160814-IMG_5056.jpg

店内では、こういう焼き物も販売されているようです。
160814-IMG_5089.jpg

お土産に信楽焼、いかがでしょうか。
160814-IMG_5091.jpg

道路向かいにあるコタニ陶器の大きな狸の信楽焼。
160814-IMG_5092.jpg


お店の印象が凄く良く、あとでネットで色々検索してみるとこちらの店主、
なんでも香川でうどんを食べ、美味しいこともあって惚れ込み、地元で
信楽焼の器をふんだんに使い、美味しい讃岐うどんを皆さんに食べて
貰いたいという思いで大和うどん学校で基礎を学び、その後丸亀で修行
を積んでこの地にOpenしたとのこと。

また「亀楽屋」というのは、丸亀の「亀」 信楽焼の「楽」をとり屋号にした
とか。


我が家からチョット遠いんですが、再訪問必至のうどん屋さんがまた出来
てしまいました。 (*^o^*)



《 本格さぬきうどん 亀楽屋 》 (きらくや)

住   所: 滋賀県甲賀市信楽町長野1248-1
電   話: 0748-82-2201
営業時間: 11:00~15:00 (土日は17:00まで)
定 休 日 : 火曜日 (祝日は営業)
駐 車 場 : あり (お店の前に10台分くらい?)

釜あげうどん そば 松吉 @滋賀県彦根市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して帰る
予定で、1軒目は「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」 2軒目は琵琶湖の西側の高島町に
ある「うどんの花里」 そして今日の3軒目は「釜揚げうどん そば 松吉」で勿論今
回初訪問となります。

お店は彦根城の直ぐ近く、表通りから1本入った一方通行の裏通りにあり、JR湖
西線 彦根駅より約10分くらいの所に立地します。

18時48分に着きましたが前客はいらっしゃいません。
160813-IMG_4998.jpg

店内は変形コの字型のカウンター席のみで16席くらい。
160813-IMG_5009.jpg

この注意書きをよく読んでおかねば! (古い字体を使ってますね)
160813-IMG_5010.jpg

こちらもしっかりチェックしておきます。
160813-IMG_5008.jpg

そばもうどんもあり、両方の組み合わせでお得なサービスとなるようです。
160813-IMG_5005.jpg

ざる小(500円)を注文すると暫くして、まずは薬味とつけ出汁が登場しました。
160813-IMG_5013.jpg

注文後11分でざるうどんの出来上がり。
160813-IMG_5016.jpg

細麺ではなく極細麺ですね。
160813-IMG_5019.jpg

一口いただくと凄く喉ごし良く、食べやすいですね。
勿論極細麺なので当然かも知れませんが、エッジを殆ど感じないのが一層食べ
やすくなっているかも?で、コシ感云々という次元のものではなく、喉ごしでいただく
ざるうどんで、つけ出汁の旨味が際立っているのでとっても美味しく、あっという間に
なくなってしまいました。


食べ終わった後はそば湯割りではなく、うどん湯割りして、つけ出汁を最後まで飲み
干します。
160813-IMG_5020.jpg

このうどん湯割り、出汁が元々美味しいだけにグビグビ飲んでしまいました!


ご馳走様でした。
160813-IMG_5021.jpg

お店を出る際は、すっかり日が落ちて良い雰囲気が漂っていました。
160813-IMG_5022.jpg



《 釜あげうどん そば 松吉 》

住   所: 滋賀県彦根市立花町2-37
電   話: 0749-26-4991
営業時間: 11:30~20:00
定 休 日 : 木曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に5台分?)

うどんの花里 @滋賀県高島市

2016年8月13日 (土)

大型連休3日目の麺活はチョット遠征して、うどん巡りと共に琵琶湖を一周して
帰る予定で、1軒目の「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」を後にして、やってきたのは
琵琶湖の西側、高島町にある「うどんの花里」です。

公共交通機関だったらJR湖西線の新旭駅下車で徒歩約30分といったところ。

結構辺鄙なところで、車で走っていても偶然通りがかるような場所ではなく、店
主のお考えがあり、あえてこの地でOpenさせたのでしょう。

160813-IMG_4980.jpg

とっても落ち着いた雰囲気で、周囲の環境に溶け込んでいます。
160813-IMG_4977.jpg

一歩店内入るとこぢんまりとしたアットホームな感じ。
160813-IMG_4948.jpg

160813-IMG_4946.jpg

160813-IMG_4947.jpg

まずはうどんを注文しつつ、テーブルの上にあった説明を読みます。
160813-IMG_4949.jpg

シンプルなメニュー構成。
160813-IMG_4960.jpg

☆ しょうゆうどん冷 (350円)
160813-IMG_4962.jpg

写真では分かりづらいですが、やや黒みがかっています。
160813-IMG_4964.jpg

表現の難しい麺リフトの写真。
160813-IMG_4971.jpg

しょうゆうどんを選んだのは初めてのお店だし、事前にネットでリサーチしていると、
国内産小麦粉をブレンドしているようで、シンプルで味が分かりやすいので選択。

麺が黒っぽかったので大将に聞くと讃岐の夢2009と、三重県産そして北海道産の
小麦をブレンドしているようで、なるほど讃岐の夢の色が出ていたんですね。

またブレンドした小麦を少し炒って喉ごしを良くしているそうで、勿論手打ち手切りの
完全手作業とのことで、手間暇がかかっています。

さていざ実食すると、まずは小麦の風味がフワッと鼻に抜けていきます。
そして適度な弾力のコシ感が絶妙で美味しいですね。

私の馬鹿舌ではこちらのうどんの本質の美味しさを伝えることが出来ません。
是非近くに行かれる際は食べてみて下さい。

店主のうどんに掛ける情熱のようなものを感じるうどんです。

ご馳走様でした。
160813-IMG_4975.jpg


160813-IMG_4976.jpg



《 うどんの花里 》

住   所: 滋賀県高島町新旭町深溝1435
電   話: 050-3610-4179
営業時間: 11:30~15:00
定 休 日 : 月曜日・火曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に3台分)

*************************************************************************
【追加備忘録】

「うどんの花里」を出た後、琵琶湖を一周すべく長浜方面へ向かい、琵琶湖の上の
方にある余呉湖の湖畔をジジイ一人で散策してきました。

160813-IMG_4983.jpg

160813-IMG_4985.jpg

160813-IMG_4986.jpg

連日の暑さで湖面には大量の藻が発生していたのが残念ですが、写真で見ると
夕暮れ時の静かな一時がゆっくり流れているようで良いもんですね。
160813-IMG_4989.jpg

こういう風景を見るのも久しぶりで、夕日の照らされた稲穂がとても印象的だった
ので思わず車を降りパシャっとしてました。
160813-IMG_4995.jpg


-- この後琵琶湖を一周するため、8号線経由で彦根方面を目指しました。--

*************************************************************************
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでは「あまたろう」でつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR