FC2ブログ

⑥手打ちうどん まるたけ @2020 四国巡礼その8

2020年6月6日 (土)


今月初めから首都圏を除き、県をまたいでの移動が解除となり、今年5回目の
巡礼とあいなりました。

もう解除 ”速” 行動を、と思ってたけど流石に諸事情があってそんなことは出来ず、
週末に日帰りで行くことに!

初訪問のお店はなく、サクッとご紹介したいと思います。


6軒目 11時55分入店 まるたけ @さぬき市大川町


先程のお店「ふる里」を出ていつものコースで鳴門インターを目指しますが、途中
こちらのお店の前を通るわけで、先程カレーうどんを食べ損ねてなにか物足りなく
感じていたこともありOpen当初以来、超久々入店することに。


県道10号線沿い、道の駅みろくの直ぐ近くでお昼時ということもあって駐車場は
いっぱい
200606処理済~IMG_2521


手前にカウンター席があって奥にはテーブル席のレイアウト
200606処理済~IMG_2525


オーソドックスなメニュー構成のよう
200606IMG_2524.jpg


美味しそうな天ぷらがズラッと並んでいますネ
200606IMG_2528.jpg


新鮮なネギがエエ感じ
200606IMG_2529.jpg


いただいたのは↓↓です。

☆ ざる & かき揚げ (280+120=400円)
200606IMG_2531.jpg


200606IMG_2532.jpg


喉ごしの良い中細麺は適度な伸びもあり優しいコシ感!!

こりゃ地元民に愛される麺やな、という感じでメッチャうま~!


☆ かき揚げ
200606IMG_2533.jpg

このかき揚げ、サクッと揚がり玉ネギの甘さが強烈で、お土産に
持って帰りたい程の旨さで印象的でした。 


ご馳走様でした
200606IMG_2537.jpg




《 手打ちうどん まるたけ 》

住   所: 香川県さぬき市大川町富田中3309-1
電   話: 0879-43-1154
営業時間: 9:00~15:00 (麺切れ終了)
定 休 日 : 水曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に約13台分あり)

スポンサーサイト



③さぬきうどん 羽立 @2018 四国巡礼その17

2018年9月8日 (土)

今年12度目のうどん県入りの2日目は、初訪問店は1軒だけで他は再訪問の
お店ばかりです。

例によって編集の負担が大きくならないようにサクッとお伝えしたいと思います。

尚「その17」というのは、今年のうどん県滞在日数が述べ17日目ということで
ご理解下さい。


2日目の3軒目 10時02分着 10時05分実食  羽立 
@さぬき市津田町



先程の「駅前うどん」を出て国道11号線を徳島方面に暫く走ると2軒目のお店
「羽立」に到着です。
こちらは10時開店なので途中で少し時間調整してきたら既に先客が!!

初回訪問が2014年なので随分久しぶり、今回で2度目の訪問となりました。

180908-IMG_2420.jpg

L字型カウンターのみのオープンキッチンです。
180908-処理済~IMG_2431

一般店でかけが250円なのでまずまずやね。
180908-IMG_2422.jpg

ざるとちく天をお願いしましたが、ほぼちく天の揚げ時間だけ待って登場です。

☆ ざる小 & ちく天 (300+100=400円)
180908-IMG_2427.jpg

ネギはたっぷりの提供やね。
180908-IMG_2425.jpg

見た目も美味しそうなやつ!
180908-IMG_2424.jpg

こんなにエッジが立ってたんや。
180908-IMG_2429.jpg

適度な太さの麺は瑞々しく伸びやかでソフトな食感、

それでいてしっかりしたコシ感があり弾力もバッチリ、

つけ出汁はキリリとしたものやけど甘くも醤油辛くもクセがなく

麺と出汁の相性はバッチリでメッチャうま~~!!

☆ ちく天
180908-IMG_2430.jpg
注文の都度揚げているのでサックサクで香ばしくってエエ感じ。
天つゆまで付いているけど全く必要なし。

「ご馳走様でした」って、写真撮るのん忘れたわ。 


お店は津田川沿いにあり静かなところです。
180908-IMG_2433.jpg

初回訪問時の印象が余りエエことがなかったので2度目の訪問を
ためらっていたけど今日で良い印象に変わりました。
やっぱり一度だけで判断したらあかんのやね。




《 さぬきうどん 羽立 》 (はりゅう)

住   所: 香川県さぬき市津田町津田2161-2
電   話: 0879-42-2766
営業時間: 10:00~14:00
定 休 日 : 金曜日
駐 車 場 : あり (お店の前に8~9台OK)

②野原製麺所 @2017 四国巡礼その17

2017年11月25日 (土)

今年12度目のうどん県入り。
当初22日と23日の一泊二日で巡礼しようとホテルも予約していたんですが雨模様の
うえ、どの店に行こうか全く決まらず断念!

ということで久しぶりに玉売り専門の製麺所を含め後は新店と、他は決まらなかったの
で好きなお店へ日帰りでレッツGO!!

尚、タイトルの「その17」というのは今年のうどん県滞在が延べ17日目ということでご
理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホントに簡潔に!!


2軒目 6時39分着 7:05再訪問着  野原製麺所 @さぬき市大川町


先程のお店「木下製麺」から鳴門方面にほんの少し走った(5分もかからない)ところ、
長尾街道から更に脇道に入り、細い生活道路沿いで双の池の土手沿いにある普通の
民家併設の製麺所が目的のお店ですが、ナビがなければ探すのが至難の業かも知れ
ません。 

最初6時40分頃に訪問したんですが麺はまだ出来上がってなく、もう少し時間がかかり
7時過ぎには出来そうだということで出直してきました。

写真手前が鳴門方面で向こう側が高松方面、そして写真正面左側の緑の土手が
双の池の堤防です。
処理済~171125-IMG_7281

↓の白い軽自動車の奥が製麺所になっています。
処理済~171125-IMG_7278

171125-IMG_7283.jpg

6時40分頃の訪問時はまだ↓の作業までで、茹であがりまではでもう少し!
171125-IMG_7273.jpg
今回は2014年以来2度目の訪問だったのでスンナリ作業場所まで行けましたが、
初訪問の際はこのロケーションなのでチョット躊躇した記憶があります。

時間調整して再訪問。
171125-IMG_7284.jpg
麺は既に茹で上がり今度はお二人で玉取の作業中、こちらから1玉分けて
いただきました。

この日は見なかったけど、日本蕎麦も中華蕎麦等も製麺されているようです。
171125-IMG_7285.jpg

☆ 1玉冷 (75円)
171125-IMG_7287.jpg
釜抜きでもOKだったようですが、水でしめたのをいただきました。

直ぐに食べたかったので製麺所の前の車内でいただくことに。 
171125-IMG_7288.jpg

これが製麺所の麺?と思わせるような切れ上がったエッジ!!
171125-IMG_7289.jpg

麺が綺麗ですね。エッジの立った細麺は瑞々しくてしなやか。
そこに小麦の風味が優しく香り
う~ん何とも言えない幸福感!!

前回訪問時は釜抜きの麺だったのでフワモチの印象が強かったんですが、
今回のはしっかりした、それでいて優しいコシ感が心地いいですネ。 

いやぁ~やっぱり玉売りの製麺所巡りは実に奥深いですナ!!

一番上の写真の反対方向(木下製麺からきたところ)から見た風景です。
171125-IMG_7293.jpg
屋外写真はいずれも再訪問時の少し空が明るくなってから撮影したものです。

県外者はこちらに向かう意思がなければ絶対と言うほど通らない生活道路で、
夜が明けやらぬ早朝にこういう製麺所を探し、そして美味しいうどんを頂くって
いやぁ~こういう巡礼もいいなって改めて思う今回の旅でした。 




《 野原製麺所 》

住   所: 香川県さぬき市大川町富田西2903
電   話: 0879-43-2164
営業時間: 6:30頃から茹で初め6:45頃がベスト (注文によって時間が変わる)
定 休 日 : 不定休
駐 車 場 : なし

①さぬき手打うどん 木下製麺 @2017 四国巡礼その17

2017年11月25日 (土)

今年12度目のうどん県入り。
当初22日と23日の一泊二日で巡礼しようとホテルも予約していたんですが雨模様の
うえ、どの店に行こうか全く決まらず断念!

ということで久しぶりに玉売り専門の製麺所を含め後は新店と、他は決まらなかったの
で好きなお店へ日帰りでレッツGO!!

尚、タイトルの「その17」というのは今年のうどん県滞在が延べ17日目ということでご
理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホントに簡潔に!!


1軒目 6時20分着  木下製麺 @さぬき市寒川町


こちら「木下製麺」は玉売り専門の製麺所で初訪問。

善通寺に「いなりや食料品店」という大好きなお店があったんですが数年前に閉店となり、
それ以来、玉売り専門の製麺所巡りも熱が冷め、最近はとんとご無沙汰だったんですが
この店の存在を知り、久しぶりにマイ丼・マイ醤油を持って行ってみようかと思い立ちました。

鳴門方面から高松市内に抜けるバイパス(さぬき東街道)と平行して走っている長尾街道
沿いに立地し、スーパーマルナカ寒川店のすぐ近く。
171125-IMG_7274.jpg
訪問時はまだ薄暗かったんで、この写真は後で撮影したもの。

初めてのところは今回も緊張しました。 
171125-IMG_7262.jpg
入口が2か所あり、この製麺している所の横の扉にはカーテンが掛かっていたので
もう一か所(元食堂のあったところ)の方から入店。

製麺室は結構大きく、整理整頓が行き届き、清潔なのがひと目で分かるほど。
男性1人、女性2人で作業されていました。
171125-IMG_7263.jpg

「お早うございます」と声をかけても作業中でなかなか分かってもらえず、やっと声が通じ
うどん玉を持参した発泡スチロールの容器に入れて頂き、支払いを済ませてお店を後に
しました。

車を少し移動させ、近くのスーパーマルナカの駐車場に車を止め車内でいただきます。

☆ 1玉 (70円)
171125-IMG_7265.jpg

ネギ・生姜は準備してなくて、しょうゆと七味唐辛子のみでいただきます。
171125-IMG_7266.jpg

171125-IMG_7270.jpg

平打ちの細麺ですね。
蒸籠から取られた麺ですがまだそんなに時間が経過してないようで
しなやかで瑞々しく、凄く優しい女麺という感じ。 

う~ん、こんな麺に出会えるから製麺所巡りも面白いんやね!!

近所のスーパーへの卸しや、土産物を製造販売しているようです。
171125-IMG_7277.jpg

こちら創業は1962年とかなりの老舗で、途中食堂を併設して営業されて
いたんですが、2009年に食堂をやめ現在の玉売り専門となったようで、
なかなかネット上には登場しない製麺所です。

あと玉売り専門店の未訪問店は私の知る限り、小豆島を除いて東かがわ市の
丸木製麺所だけとなりましたが、ここが電話しても要領を得ず、お店の場所まで
既に確認しているのに未だに攻略できていません。 
(というかこちらは諦めてます)

最近のネットを見ていてもなかなか製麺所の情報が出てこず、もっとあるはずだ
と思ってるんですがどうなんでしょう。
うどん通の皆さん、どんどん情報をアップしてくださ~い。 




《 さぬき手打うどん 木下製麺 》

住   所: 香川県さぬき市寒川町石田東甲975-6
電   話: 0879-43-2356
営業時間: 6:00頃~7:00頃
定 休 日 : ?
駐 車 場 : あり (お店の横に1~2台)

⑥八十八庵 @2017 四国巡礼その14

2017年9月15日 (金)

厳しい暑さにやっと終止符が打たれたような今日この頃ですが皆様いかが
お過ごしでしょうか?

そんなある日、今年10度目のうどん県に行ってきました。

本来は一泊二日の予定で行動しようと、かなり以前からホテルを予約していた
んですが、台風18号の影響で土曜日の豪雨が予想されたため、急遽ホテルを
キャンセルして日帰りでの巡礼です。

尚、タイトルの「その14」というのは今年のうどん県滞在が延べ14日目という
ことでご理解下さい。

ご紹介するブログは編集の負担を考慮し、今回からホントに簡潔に!!


6軒目 11時30分着 11時42分実食  八十八庵 @さぬき市


先程のお店「もり家」から車を走らせること約50分、以前から行きたいなと思い
ながら、場所的なことがネックでなかなか行けず、やっと訪問できた「八十八庵」
ふっ~ ・・・・・

お店は四国霊場八十八番目の札所「大窪寺」の門前にあり、女体山や矢筈山に
囲まれた山中の静かな場所に立地していて、秋には紅葉が見事に咲き乱れます。

お店ではさぬきの夢100%を使用しているようで、この小麦粉で作る「打ち込みう
どん」が有名とのこと。
野菜をいっぱい入れ、白味噌で炊きあげる讃岐の郷土料理で、美味しいと評判。
一般のお客さんもお遍路さんも召し上がる人気の品なんだそうです!!

こんな大きな、そして立派なお店だとは思わなかったのでビックリ!!
170915-IMG_6254.jpg


170915-IMG_6252.jpg

店内の一部だけご紹介。
170915-IMG_6261.jpg
所狭しとお土産物が並び、その横に大きなテーブル(写真手前にもあり)で
うどんがいただけますが、やはりお遍路さんがいらっしゃいますネ。

こちらの座敷席がメインのようで結構なキャパ。
170915-処理済~IMG_6272

メニューのご紹介。
170915-IMG_6260.jpg
やはりメニューのトップは「打ち込みうどん」やね。 

店内の物珍しさで目を白黒させていたらうどんが運ばれてきました。

☆ ざるうどん (550円)
170915-IMG_6264.jpg

麺がやや黒っぽく写っているのは「さぬきの夢」を使っているからなのでしょう。
170915-IMG_6266.jpg

薬味に海苔は普通付いてきますが、もみ海苔ではなく、こういう形状なのは
珍しいですね。
170915-IMG_6267.jpg

この麺、ただ者ではありません!!
170915-IMG_6269.jpg

一口食べて、
うわぁ~なに?? この弾力!!!
もの凄く力強いバネのような弾力があり、コシ感がハンパなく、
その上粘りゴシが凄いんです。 

ただ「ざるうどんと」して頂くにはつけ出汁が薄く、まとまりが
ないのが残念!!

この麺で白味噌仕立ての「打ち込みうどん」だったら美味しさが
想像出来そうです。

注文を間違ったかな?

というような、チョット拍子抜けしたような感じですがご馳走様でした。
170915-IMG_6271.jpg
卓上に醤油があったら足していたかも??


店内の私の食べている席から外を眺めると、大窪寺が目の前に!!
170915-IMG_6262.jpg
紅葉したら綺麗で見応えがあるんでしょうネ!!

大窪寺から見る八十八庵はこんな様子です。
170915-IMG_6284.jpg



《 八十八庵 》

住   所: 香川県さぬき市多和兼割93-1
電   話: 0879-56-2160
営業時間: 8:00~17:00
定 休 日 : 無休
駐 車 場 : あり (店舗横に大駐車場あり)

*************************************************************************
【四国霊場八十八番 大窪寺】

折角なので大窪寺にお参りしてきました。
170915-IMG_6273.jpg

☆ 八十八番結願所
170915-IMG_6275.jpg

170915-IMG_6276.jpg

170915-IMG_6277.jpg

170915-IMG_6278.jpg

170915-IMG_6279.jpg

もっと階段で上ってくとばかり思っていましたが、あっという間に本堂に到着。
170915-IMG_6281.jpg
「これからも美味しいうどんと巡り会いますように」なんて拝んでないよ!!

170915-IMG_6280.jpg

お参りを済ませ、下っていくと山門から八十八庵が見えてきました。
170915-IMG_6282.jpg

右側の屋根は八十八庵の目の前にある「野田屋」です。
170915-IMG_6283.jpg

こんな記事をアップしたら香里園の大将、思い出して懐かしいでしょうネ。 


-おしまい-
*************************************************************************
プロフィール

あまっこ0425

Author:あまっこ0425
当ブログへようこそ!
讃岐うどんが大好きで、関西と香川を主に麺活しております。
またTwitterでもつぶやいており、よろしかったらどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR